芥川賞のタグまとめ

芥川賞」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには芥川賞に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「芥川賞」タグの記事(4)

  1. 芥川賞受賞作 沼田真佑「影裏」 - ミニとベスパの4速アソビ

    芥川賞受賞作 沼田真佑「影裏」

    芥川賞受賞作 沼田真佑「影裏」_______________________________________書き出しが良かったので、「スッ」と物語に引きこまれた人物像はハッキリと浮かび上がり、分かりやすく話が進むのだが、最後がどうしても弱いもう少し筆量が多ければ作品としてグッと良くなる可能性があるし、文章のリズムも良いので次回作以降に期待出来る方だと感じたさて、これから選評を読もう

  2. 今楽しむ 沼田真佑「影裏」@文藝春秋「芥川賞発表 九月特別号」 - 梟通信~ホンの戯言

    今楽しむ 沼田真佑「影裏」@文藝春秋「芥川賞発表 九月...

    いちど37度超えを体験すると、昨日の31度はもう平気、けさの23度は涼しい。惜しむらくは、洗濯物をベランダに干そうとしたら霧雨、もういちど部屋干しし直すのが面倒なり、扇風機の当たり具合をみながら乾きにくいものを優先配置するのだ。昨日行った「栄湯」の玄関につながれていたワンちゃん。悪者がさらっていかないか、ちょっと心配。春に造成していた「サポート付家庭菜園」、青々と野菜が繁っている。キューリの...

  3. 沼田真佑作「影裏」を読みました。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    沼田真佑作「影裏」を読みました。

    第157回芥川賞受賞作品。沼田真佑作「影裏」を読みました。いつもながら、芥川賞を取る作家さんは文章が大変うまいです。この方も実に文章がうまい。冒頭の部分、主人公今野とその恋人?日浅が川で釣りをするシーンなどは、さながら映画「リバー・ランズ・スルーイット」を彷彿とさせる美しさです。しかし芥川賞作家といえば、その受賞作のみで鳴かず飛ばずになってしまう作家さんが多いです。吉田修一などは数少ない例外...

  4. 「太陽の季節」にビックリ - 憂き世忘れ

    「太陽の季節」にビックリ

     石原慎太郎さんは好きでした。都知事はやっぱ、文化人じゃないとダメだしと思っていたから。それが、ココに来て、小池さんも、朝堂院大覚翁も、あいつはダメとか言っている。 作家としての石原さんは、昔、ちょっと読んだ気がするけど覚えていない。 いったいどういう人なのか。「文は人なり」ということで、「太陽の季節」を、今日図書館で読んでみました。作家としてはあまり興味がなかったので、初めて読みました。石...

1 - 4 / 総件数:4 件

似ているタグ