花器のタグまとめ

花器」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには花器に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「花器」タグの記事(34)

  1. 大中和典展 2日目 (9月21日) - うつわ楓店主たより

    大中和典展 2日目 (9月21日)

    大中和典展 2日目です。今日は格別に爽やかないちにちになりました。湿度が低くて空気が澄んでくるとお花も長持ちするようになります。お花屋さんをのぞくともう秋のお花が並んでいるので迷う時間が永くなります。実のものや葉っぱだけも良く似合う大中さんのさりげない小振りな壷のご紹介をします。野焼きで煤の跡を焼き付けた壺に丁字草を入れました  高さ150ミリ  16200円背が低めの小壺たち  ころころと...

  2. 大中和典展 2日目 (9月21日) - うつわ楓店主たより

    大中和典展 2日目 (9月21日)

    大中和典展 2日目です。今日は格別に爽やかないちにちになりました。湿度が低くて空気が澄んでくるとお花も長持ちするようになります。お花屋さんをのぞくともう秋のお花が並んでいるので迷う時間が永くなります。実のものや葉っぱだけも良く似合う大中さんのさりげない小振りな壷のご紹介をします。野焼きで煤の跡を焼き付けた壺に丁字草を入れました  高さ150ミリ  16200円背が低めの小壺たち  ころころと...

  3. 新作のお花入れ - 工房正島ぶろぐ

    新作のお花入れ

    いつも個展時には幾つかの花器を持っていってます。小さい花器が好きなのか、この小さい花器なら私でも生けられるだろうという優しさからなのか 笑小ぶりなものを作るのが好きな克哉さんです。私もお花は好きですが、自然にさらりと飾って楽しむことができたら、そんな暮らしができたら、素敵だなぁと思っています。忙しいとなかなかお花を楽しむ余裕ができません。一輪の花をいけること目標にしていきたいです。今回の花入...

  4.  村上躍陶展 5日目(9/17) - うつわ楓店主たより

     村上躍陶展 5日目(9/17)

    村上躍 陶展は明日が最終日になりました。今日も雨の中を沢山のお客様が入らして下さいました。有り難うございます。昨日少し追加で届けて下さった作品のご案内です。135) 焼き締め長皿 335x140ミリ  縁の立ち上がり40ミリ   27000円133)白砂化粧花瓶   口元がすっと細くなっている花器  砂化粧の黄みがかった肌の柔らかな花器です径100xh130ミリ    16200円...

  5. 花と器 - 福美窯

    花と器

    こんな女性になりたい。

  6. 織部の花器、3点 - 「とうらく陶房」日々器

    織部の花器、3点

    まずはタタラの花器、2点。浮き彫りと面取り風のもの!どちらも赤土に織部釉を使用。部分的に黒釉を入れていますが・・写真だと分かりずらいかもしれません。こちらも黒釉と織部の面取り花器。こちらは同じ赤土でも、滑らかな土を使っています。釉薬も薄掛けしているため、赤土の風合いが強い作品です。タタラの花器2点は、水漏れをテストしたところ、底の部分に水が染みてきますので、このあと水止め剤を使ってみる予定で...

  7. ぶっちぎり! - 「とうらく陶房」日々器

    ぶっちぎり!

    妻の作品ですが・・今回の焼き上がりから2点ご紹介します。筒型の花器です。イッチンと呉須染付といった2つの技法を屈指した作品です。良い味を出していますね!綺麗に焼きあがりました。私もこの技法で何か作ってみたい・・ぶっちぎりです・・イッチンと瑠璃釉の組み合わせで良かったかどうか・・は、分かりませんが、他の追従を許さないといっても過言ではない、個性豊な作品です。ランキングに参加しています・・・ ポ...

  8. 磁土でてびねり - 冬青窯八ヶ岳便り

    磁土でてびねり

    (実はちょっとめげてます。作成したブログがあと少しのところで消えちゃいました。2回も。文字変換のキーを押している時のあっという魔の出来事) こんなもの作りました。手びねり花瓶 型で作った皿の内側に葉っぱ(白花マロウの小さめの葉)を押してあります。 同じ型で高さいっぱいかぶせて、今度は鉢。付け高台です。 ほかに、そば猪口3つ。 花2つ、ムクゲとハマナシ これ以上長くすると消えそうな気がするので...

  9. イッチン装飾の花器 - 「とうらく陶房」日々器

    イッチン装飾の花器

    これもコラボなんですけど・・水挽き後、妻に装飾を任せた花器です。暫くビニール内で保管されていましたがイッチンの装飾が施されました。裏面には、葉っぱに乗ったバッタがいます。それほど大きな花器ではありませんけど、装飾があると華やかになりますね。このあとの展開は聞いておりませんが完成を楽しみに待ちたいと思います。ランキングに参加しています・・・ ポチッっとお願いします ^^    にほんブログ村 ...

  10. タタラの花器・・今度はシンプルに - 「とうらく陶房」日々器

    タタラの花器・・今度はシンプルに

    前回より2cmほど低い17cm。最後の余りタタラ板を使って花器を作ります。今回は、シンプルな形状を念頭に、削りを少なめにしています。これで一応、完成なのですが・・こちらの面の上部が気に入りません。どうしたら格好良くなるか?削りを少なめに・・とは言っても、4面とそれぞれの角をエグルように削っていますので、それなりに削りカスが出ています。シンプルは難しい・・・結局、上部を手直し・・・良くなったか...

  11. ザックザク - 冬青窯八ヶ岳便り

    ザックザク

     曇りながら雨もない一日だったので小さな畑のジャガイモを掘り起こしました。 掘り起こした面積からすれば、大小取り混ぜザックザクと出てきました。 種芋を買って植え付けたので、虫で穴があいている以外表面の傷もなく、上々な男爵でした。 手前の人参畑は間引しなかったので細いのばかりですが、こちらはぼちぼち抜いていきます。 じゃがいもの後には大根と、写真のとは違う種類の人参を蒔きます。  制作は今日も...

  12. 丸型花器の削り - 「とうらく陶房」日々器

    丸型花器の削り

    削って磨いてみました。最近、ちょこちょこと作っている丸い花器、一輪挿しです。先日、水挽きしたものを削ってから、サンドペーパーをかけて磨いてみました。磨くといっても、サンドベーパーの粉を手ぬぐいで落としただけ。もうひとつ水挽きした長めの花器は・・少しエッジを効かして、こんな形に!水挽き直後は、ぼやっとした雰囲気でしたが、削り後は、引き締まった印象でしょうか。奥のものは、もっと細長かった方が良か...

  13. 丸い花器の水挽き - 「とうらく陶房」日々器

    丸い花器の水挽き

    少しずつですが・・練習を兼ねている一輪挿しの水挽きです。球体と上部だけが球体っぽいもの!丸いものは、水挽きも削りも難しいです。ちょっと雰囲気を変えて背の高めのものも・・どちらも然程大きなものではありません。背の高い方は、削りで少々、形を変えてみようと思います。ランキングに参加しています・・・ ポチッっとお願いします ^^    にほんブログ村 陶芸http://art.blogmura.co...

  14. 最近は - 陶芸の領域

    最近は

    午前中しか作陶できる時間がなく、小作品ばかり作っています。これらはプランターになる予定です。ご訪問ありがとうございます。クリックしていただけるとはげみになります。人気ブログランキングへにほんブログ村

  15. まる葉ちゃん、ふさふさ - warble22ya

    まる葉ちゃん、ふさふさ

    憶えていますか?まる葉ちゃん。松屋ビルの店舗の時に店内にあったおおきな木。まだ名前がついてないくらい日本では珍しいゴムの木だったのです。大事にしなよ~と言われてました。が、こちらへ越して店内が狭いため仕方なく外へ。この冬を越そうとがんばってました。葉はほぼ落ちて、でも新芽が小さく見えていたので大丈夫、大丈夫と見守っていました。でも春が来ても一向に芽吹きません。それどころか枝はカスカスしている...

  16. 髙田裕之陶展ー日々ー - くわみつの和み時間

    髙田裕之陶展ー日々ー

    髙田裕之陶展 ー日日ー2017年7月9日(日)~7月18日(火)11:00~18:00 会期中無休今回で二回目になります笠岡市の髙田裕之さんの個展です。今回のタイトルは『日々(にちにち)』使うことによって育つ器!日々お使いいただきたいという思いでつけました。土と炎の織り成す偶然の風合いは備前焼ならではの魅力です。遊び心のある花器もお楽しみください。

  17. お花 - 乙女屋店主の日記

    お花

    先日の記事(http://otomeyanet.exblog.jp/25875141/)は、大きな意味でも小さな意味でも、いつも思い出す。たとえば。私はガラスが好きで、古い物も新しい物も気に入った形があるとついつい買ってしまう。使い道は考えなくて、惹かれたら、それはもうオブジェを求めるような気持ちで手元に置きたくなる。割れた硝子の瓶なんかも、気に入るとそこそこいいお値段でも買ってしまい、戸棚...

  18. 柏葉紫陽花 - 益子のはしっこから

    柏葉紫陽花

          藍釉四面花入 今年も、もっさりたわわに咲きました。 益子の器屋さん、城内坂のもえぎさんの店先にも 重そうに首をもたげた柏葉紫陽花が立派で、 前を通るたびに見惚れます。 なかなか紫陽花映えする お天気になりませんが、 そろそろ梅雨らしくなるのでしょうか。。 雨が滴るような花器を選びました。

  19. 釉掛けしました。 - 「とうらく陶房」日々器

    釉掛けしました。

    白のぐい呑みに釉掛け!装飾後の器に白磁系の釉を掛けました。釉掛け直後の写真なので、ピンホールが多々ありますが、釉薬が完全に乾いたところで表面を擦って釉薬を馴染ませてから本焼きです。妻の花器も釉掛け完了です。底にはしったヒビの補修部分が本焼きでどのようになるか心配ですが、夏らしい朝顔の装飾・・焼き上がりが楽しみです。ランキングに参加しています・・・ ポチッっとお願いします ^^    にほんブ...

  20. 今日から常設展示になりました - うつわ楓店主たより

    今日から常設展示になりました

    ガラス・木・磁器 三人展は月曜日で終了致しました。ガラスのアキノヨーコさん、木のstudio fujinoさん、磁器の副島微美子さん 三人の作品の組み合わせは、清々しい雰囲気を作り出し心地よい展覧会になりました。ご来店下さいましたお客様も同じように感じて頂けていましたら幸いです。有り難うございました。2日間お店はお休みをし、今日から常設展示になりました。店内の様子です。秋谷茂郎さんのピッチャ...

1 - 20 / 総件数:34 件

似ているタグ