英語教材のタグまとめ

英語教材」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには英語教材に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「英語教材」タグの記事(22)

  1. Dubliners (Audible) - 香炉待薫記

    Dubliners (Audible)

    なぜか「ブレンダン・コイル」の検索で来てくださるかたがいるので何かのお役に立つかと思い書いてみます。Audibleアメリカでジョイスのダブリナーズをダウンロードして聞いています。DublinersはAudibleだけでも数種類出てるのでどれにすればいいのか迷ったのですが、Harper Audio Editionにしました。各短編をそれぞれ違う朗読者が読んでくれます。アイルランド俳優もいますが...

  2. Audible退会しようとしたら引き止められた - 香炉待薫記

    Audible退会しようとしたら引き止められた

    Audibleアメリカにお試しで入っています。そろそろお試し終了の30日になるので退会しようとすると、「本当に退会するんですか?あと三か月7.49ドルで提供しますが続けてみませんか?」と解約防止されてしまいました。通常$14.95/月のところ三か月だけ$7.49/月・・・これはお得かも・・・としばらく続けることにしました。しかしそのまま継続してたら$14.95/月の契約になってしまうわけで、...

  3. Day17 栄えある御代 「氷と炎の世界」 Audible+kindle - 香炉待薫記

    Day17 栄えある御代 「氷と炎の世界」 Audib...

    (自分用メモなのでお構いなく)スタニス・バラシオンの出番が少なくて悲しいと思ったが、スタニスはまだしも名前が三回くらい出てきたのに、レンリーは名前すら出してもらってないと思う。スタニスが “I will not be a page in someone else's history book"って言ってた気持ちが分かるわ~。今日の進み具合:チャプター41王位についたロバート・バラシオン(Ro...

  4. Day16 終わり 「氷と炎の世界」 Audible+kindle - 香炉待薫記

    Day16 終わり 「氷と炎の世界」 Audible+...

    (自分用メモなのでお構いなく)章のタイトルが「ジ・エンド」なんですよ・・・今日の進み具合:チャプター40鳥が飛び、早馬が走ってザ・ルビー・フォードの結果を告げました。報告を受けたエイリス二世(Aerys II)はドーンのルウィン・マーテル(Lewyn Martell)がレイガー(Rhaegar)王子を裏切ったと思い込みました。王は懐妊中のレイラ(Rhaella)王妃と、兄の死によって世継ぎと...

  5. Day15 ロバートの反乱 「氷と炎の世界」 Audible+kindle - 香炉待薫記

    Day15 ロバートの反乱 「氷と炎の世界」 Audi...

    (自分用メモなのでお構いなく)「ロバートの反乱」って通称かと思ってたら正式な歴史的名称のようです。なぜ「バラシオンの乱」とかじゃないのか?笑う嵐と混同しないため?今日の進み具合:チャプター39以下この本に書いてあることを書き並べてゆくのですが、小説とかwikiの説明と違うところがあります。レイガー(Rhaegar)王子がライアナ・スターク(Lyanna Stark)を誘拐したあと、リカード・...

  6. Day14 ドラゴンの没落 「氷と炎の世界」 Audible+kindle - 香炉待薫記

    Day14 ドラゴンの没落 「氷と炎の世界」 Audi...

    (自分用メモなのでお構いなく)The World of Ice & Fireの朗読をAudibleで聞いて感想を書くという誰の益にもならない記事です。終了時にはブログ主の英語リスニング能力とターガリアン王家の家系知識が上昇する予定。今日の進み具合:チャプター38偽りの春(The Year of the False Spring)と呼ばれる281AC。ハレンホールの馬上試合(Tourn...

  7. Day13 エイリス、タイウィン、ステフォン 「氷と炎の世界」 Audible+kindle - 香炉待薫記

    Day13 エイリス、タイウィン、ステフォン 「氷と炎...

    (自分用メモなのでお構いなく)今日から四章にわたってエイリス二世。若いころの治世は爽やかで清々しい青春群像。あとの悲劇との落差の大きさに驚かされます。今日の進み具合:チャプター37エイリス二世(Aerys II)は18歳の若さで鉄の玉座に座りました。ナインペニー・キングズの戦いの時には勇敢に戦ったハンサムな若者で、その魅力で多くの友人を得ていました。しかし彼が王位についたその運命の年、262...

  8. Day12 オームンドとステフォン・バラシオン 「氷と炎の世界」 Audible+kindle - 香炉待薫記

    Day12 オームンドとステフォン・バラシオン 「氷と...

    (自分用メモなのでお構いなく)今日の進み具合:チャプター36エイゴン五世の跡を継いだジェイへイリス二世(Jaehaerys II)は病弱で在位三年で若死にするのですが、彼なりにせいいっぱい王家のために力を尽くした王です。長生きしてほしかった。兄ダンカンが父王とともにサマーホールで夭折したためお鉢が回ってきたジェイへイリス二世の最大の試練は、ナインペニー・キングたちとの戦い(War of th...

  9. Day11 笑う嵐の乱 「氷と炎の世界」 Audible+kindle - 香炉待薫記

    Day11 笑う嵐の乱 「氷と炎の世界」 Audibl...

    (自分用メモなのでお構いなく)今日の進み具合:チャプター35エイゴン五世(Aegon V)の最初の仕事はブラッド・レイヴンことブリンデン・リヴァーズを王の手から解任し、壁に送ることでした。直近のブラックファイアの反乱のときブラッド・レイヴンは赦免を餌に首謀者をおびきよせて殺してしまったのですね。王室の名誉に背く行為として処罰されました。エイゴン五世の兄メイスター・エイモンがブラッド・レイヴン...

  10. Day10 エッグとダンクの時代 「氷と炎の世界」 Audible+kindle - 香炉待薫記

    Day10 エッグとダンクの時代 「氷と炎の世界」 A...

    (自分用メモなのでお構いなく)今日の進み具合:チャプター33~34「七王国の騎士」のエッグとダンクの時代ですね。こんな背景があったのか!と驚くことがいろいろあります。デイロン二世の世継ぎの太子はベイロー・ブレイクスピア(Baelor Breakspear)。「七王国の騎士」の日本語訳では「槍砕きのベイラー」と訳されている人です。あの小説を読んだ人ならベイローがどれほど心正しく、勇敢で、騎士道...

  11. Day9  愛人大杉問題「氷と炎の世界」 Audible+kindle - 香炉待薫記

    Day9  愛人大杉問題「氷と炎の世界」 Audibl...

    (自分用メモなのでお構いなく)一日一時間を目安に聴いていますが、日ごとに時間あたりの登場人物の数が増えている気がする。特に今日は愛人が900人もいたという王様の登場で愛人と私生児がインフレ状態です。今日の進み具合:チャプター29~32ベイロー一世は妹のデイナ(Daena)と結婚していましたが、信仰に生きる王は女性の誘惑をさけるため王妃をThe Maidenvaultってところに幽閉していまし...

  12. Day7&8 ひきつづきヴェラリオン家など「氷と炎の世界」 Audible+kindle - 香炉待薫記

    Day7&8 ひきつづきヴェラリオン家など「氷と炎の世...

    (自分用メモなのでお構いなく)今日の進み具合:チャプター24~28エイゴン二世が死んだ(毒殺らしい)あと、弱冠十一歳の甥のエイゴン三世が王位につきました。エイゴン三世の時代は摂政時代と呼ばれ、何人もの権力者が入れ替わり摂政を務め、政治は大混乱したようです。摂政の内には「海蛇」と呼ばれたコーリス・ヴェラリオンがいます。彼はエイゴン征服王の親衛隊長だったご先祖にちなんで名付けられ、若いころは世界...

  13. Work on Your Accent: Clearer Pronunciation for Better Communication - 香炉待薫記

    Work on Your Accent: Cleare...

    Work on Your Accent: Clearer Pronunciation for Better Communication HarperCollins UK (2012/8/1)久しぶりに教材のレビュー。教材はケンブリッジ派だった私ですが、しばらく前にコリンズを好きになってしまい、最近はもっぱらコリンズばかり買っています。Work on Your AccentはDVD付きで英語の...

  14. Day5&6 ダンス・オブ・ザ・ドラゴンズ&ヴェラリオンの美女たち「氷と炎の世界」 Audible+kindle - 香炉待薫記

    Day5&6 ダンス・オブ・ザ・ドラゴンズ&ヴェラリオ...

    (自分用メモなのでお構いなく)ダンス・オブ・ザ・ドラゴンズの故事はウェスタロスの歴史と伝承にも入ってて何度も聞いているのですが、まったく頭に入らない。応仁の乱みたいな学習者のやる気を急速減退させる戦いです。前回記事Day4 レッド・キープ城作ったん誰か知ってるか~?「氷と炎の世界」 Audible+kindle今日の進み具合:チャプター20~22ダンス・オブ・ザ・ドラゴンズは半きょうだいの間...

  15. Day4 レッド・キープ城作ったん誰か知ってるか~?「氷と炎の世界」 Audible+kindle - 香炉待薫記

    Day4 レッド・キープ城作ったん誰か知ってるか~?「...

    (自分用メモなのでお構いなく)エイゴンはドラゴンストーンに絵地図テーブルを作ったり、敵の剣で鉄の玉座を作ったり、ものづくり大王だったみたいですね。エイゴンの征服のところでは戦いの描写の後に必ず「敵の武器を回収した」と書いてありました。資材調達の達人。前回記事Day3  エイゴンの征服 「氷と炎の世界」 Audible+kindle今日の進み具合:チャプター13~19今日から皇帝本記です。が、...

  16. Day3  エイゴンの征服 「氷と炎の世界」 Audible+kindle - 香炉待薫記

    Day3  エイゴンの征服 「氷と炎の世界」 Audi...

    (自分用メモなのでお構いなく)雰囲気出すためか、ときどき手書きのスクリプトがまざるのですが、スマホだと文字がくっついてて読めない。前回記事Day2 「氷と炎の世界」 Audible+kindle今日の進み具合:チャプター11~12「ザ・征服」ザがついて大文字で始まる、「征服っていえばあれしかないあの征服」ですね。まずよく出てくるBCとかACの説明がありました。何のことはないYears bef...

  17. Murphy's Law シリーズ4 - 香炉待薫記

    Murphy's Law シリーズ4

    (ネタばれしています&恒例画像勝手に)アイルランド俳優のジェームズ・ネズビットがとても好きなのですが、彼がリアム・カニンガムと共演してるドラマがあるので視聴してみました。アイルランド出身の役者には出身地あんまり問われない人と、必ずアイルランド人役の人がいるように思います。ネズビットは後者。しかも北アイルランド出身と限定されてたりして。今回ご紹介するMurphy's Lawの主人公トミー・マー...

  18. Day2 「氷と炎の世界」 Audible+kindle - 香炉待薫記

    Day2 「氷と炎の世界」 Audible+kindle

    (自分用メモなのでお構いなく)今日は二日目にしてすでに重大歴史的イベント連発です。朗読版の良いところは、メイスターに個人教授してもらってる気分になれるところです。声が年配男性なのも雰囲気が盛り上がりますね。前回記事Day1 「氷と炎の世界」 Audible+kindle今日の進み具合:チャプター9から10まで。「一万隻の船」このお話の主役はナイメリア(Nymeria)。アリア・スタークのダイ...

  19. Day1 「氷と炎の世界」 Audible+kindle - 香炉待薫記

    Day1 「氷と炎の世界」 Audible+kindle

    (自分用メモなのでお構いなく)AudibleでThe World of Ice & Fireを聞き始めました。ざっと聞いてみたところ、思ったより面白いです(失礼)。とくに鉄諸島のとこが愉快、隙を見せるとすぐ反乱を起こす鉄人たち、何かというと襲撃されるラニスポート。しかしやはり耳で聞くだけではよく分からない部分もあり(とくに人名と地名)、テキストがほしいのでkindleも購入しました。...

  20. スタニス ドラマと原作のちがい シーズン1 - 香炉待薫記

    スタニス ドラマと原作のちがい シーズン1

    (ネタばれしています&うろ覚えで書いてるので間違ってたらすいません、でも大勢に影響ないしね)この記事書くためにまたシーズン1を最初から見ています。アホですね。マジスター・イリリオ役がロジャー・アラムと最近気づいてびっくりです。こんなチョイ役に・・・もったいない・・・ドラマであまりに悲惨な目にあっているスタニス・バラシオン陛下に代わって弁明する企画です。自分だけのために書いてますのでお気遣いな...

1 - 20 / 総件数:22 件

似ているタグ