茶道のタグまとめ (70件)

茶道のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには茶道に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。
by wonderful life

先日のお茶のお稽古。薄茶棚点前 釣釜棚は、吉野棚。季節の変化に合わせてお道具も変えていく。いいなぁ、、ってしみじみ思う。着物は紬。この着物は、シャリシャリしすぎて袂さばきが難しかった。

by 別冊 社内報

4名。次回は4月22日。

3月は利休忌の月です。千利休の祥月命日である旧暦2月28日は、いまで言うと3月か4月。表千家では新暦3月27日に利休忌を催しているそうですよ。ですから、私たち皐月会では、3月になると利休にまつわるお軸をかけ、菜の花を床の間に飾って利休忌を行います。利休に茶を供え、一同で薄茶をいただき、利休をしのぶ行事。※本来は菜の花と利休画像のお軸ですが、この日は用意ができず違うものです〜。簡単に今日のお稽...

by よしのクラフトルーム

昨日の茶筅筒作り、クリとサッチーネの2本でした。栗は木が柔らかく(杉や檜など針葉樹ほどは柔らかくないですが)ペーパーだけでは綺麗に仕上がりませんね。やっぱり浸透性塗料の併用は必要です。ぼちぼちですが、これで目標の半分くらいは削れましたかね。

by よしのクラフトルーム

茶筅筒の削り、少しづつ進んでます。昨日は花梨、寄木、サッチーネの3つ。塗装はもう少しまとまってからします。かたちも決まり順調です。

by よしのクラフトルーム

従妹が茶籠希望で、道中籠がもらわれていきました。もう何年も前に組み込んでいた2組のうちひとつです。少し大きめの籠なので茶入も入ってフルセットに近い。自分の家で眠っているより、嫁いで大事にされる方が良いですよね。もう一セットは置いときます。

先日から菓子切りの撮影用に、菓子皿を探していました。ようやく納得できたお皿を見付け購入。黒と赤の菓子皿です。銀細工・一点もの専門店【AGUL-Engrave Silver】 菓子切り 近日完成次第UP予定です。アクセサリーも制作中。新情報は【NEWS】のページをご覧ください。売り切れになっておりました【魚のシルバーフリーリング】再販いたしました。受注制作にさせていただきます。お支払日から2週...

by よしのクラフトルーム

続いて3個目の茶筅筒を削る。材はサッチーネ(ブラッドウッド)南米産の赤が美しい木です。かたちは少し変えて下をなだらかなカーブにしました。私の茶筅筒「バットみたい」と言われるけど、この茶筅のを入れるならそう成らざるを得ないですよね。他のかたちはイメージ湧かないし、木を薄く削れない。さて、今日は滴翠美術館での網袋教室3日目です。がんばろう。茶筅筒も持っていってみますね。

by よしのクラフトルーム

黒檀の茶筅筒を削りました。黒檀は比重1、水に沈む重い木です。十分薄く削り込こんで軽くします。出来上がったのを計ってみると32g。1作目のブナとうウォールナットは35gだったので、それより軽くなりましたね。まずまず。次は赤い木、サッチーネあたりを削ってみます。

by よしのクラフトルーム

今かかってる茶筅筒づくり、1個目を削りました。ブナとウオールナットの寄木、6mmのウオールナットを縦に通してアクセントにします。茶筅は官休庵天目用、10mm柄を短くしました。次は黒檀を削ります。これを削ると周囲が真っ黒になるんですよね。服も黒く汚れて嫌がられます。

by  one's heart

1枚のガラス戸を入るだけで静かな空間になるお茶室は大好きです。3月は渦巻き模様の生菓子ほんのり甘くモチモチでした。にほんブログ村

by よしのクラフトルーム

振出しが必要になってきたので作ります。教室に来てる方からも欲しいという声がありますので。長く陶芸から遠ざかってるので轆轤もリハビリ、茶入を轢けるよう練習も兼ねてです。取敢えず6個。釉掛けと上絵はOさんにやってもらいます。あと、よろしくお願いしまーす。

by よしのクラフトルーム

滴翠美術館での第6回仕覆教室、初日が始まりました。2回目、3回目の方も多くなり、型紙作りは順調に進んで時間内に終了。次回来れない方がいらっしゃるので、今日欠席の方と合わせて補講考えますね。

一昨年から茶道を習っています。去年は約1年間お休みを頂いたので、茶道歴は約1年半という所かな。まだまだ初心者ですが、仕事が休みの時は参加させていただいています♪今月はお休みがなかったので初めてのお稽古。掛け軸がお雛様かわいい!!こういうのだったら場所も取らないし、いいなぁ。欲しい!もうすぐ一時帰国なので、もしかしたらひな祭りに使えそうなものが売ってないかなーと思ってるけど、もう日本は桜のグッ...

by よしのクラフトルーム

茶筅筒の制作に使う茶筅を預かってきました。武者小路千家流(官休庵)には天目茶碗に使う茶筅があります。細身でちょっと小型の茶筅。普段あまりお目にかかれない茶筅ですが他の流派にも有るのでしょうか?これを少し短くして茶箱に入れる茶筅に流用します。さー、茶筅筒にかかります。官休庵天目用茶筅

いつもお立ち寄りありがとうございます(^^♪地元で白磁の上絵付けとポーセリンアートを教えています。作家として活動中のRikoです皆さんに暮らしの中で楽しく使えて、ほっこり和むような器つくりを提案したいと思っております。先日、ポーセリンを体験してくださった皆さんの京焼き・お茶碗が 焼き上がりました華やかな桜柄、有田の柄 九谷のシール 柿右衛門など  京焼きの飴色の茶碗と和柄がなんとも品がよく素...

by よしのクラフトルーム

黒柿の杵から作る棗、3個目が完成。大棗です。重さは80g、今回はわりとすんなり出来ましたね。続けて3個目なので慣れてきたのかな?あと1個で完了だけど茶筅筒にかかりたいので棗はしばらく休憩です。高台部分チャックに付けたままギリギリまで削ります切り離して底の削りキヤッチ防止にテールストックを忘れずにテールストックを外して高台部分の仕上げ左:大棗w81mm h82mm右は前作の小棗

by 小宮山建築通信

”木ノ芽(琥珀)”山椒がピリリと効いて、春を感じるお菓子でしたあたたかい火を皆さんと囲んでまた一歩前進利休さん、どうぞ温かい目で見守ってください(笑_________________________________________お問い合わせは こちら から。 電話やメール、FAXでもOK☆棚板一枚のリフォームから、何でもお気軽にご連絡ください♪ご相談・お見積もりは無料です♪________...

by よしのクラフトルーム

茶筅筒削りの前準備。まだ中身の茶筅が手に入いってないのですが、貫通穴をあけておきます。使ったのは20mmのビット。単純な穴あけ作業だけど木工旋盤だと時間がかかる。奥の方では摩擦熱で煙も出てくるし。5本あけたところで中断、やっぱり単純な繰返しは苦手です。残りは又後日ということで。

by よしのクラフトルーム

蓋の裏を削り終えて身と合わせ外を削る。だいぶかたちがはっきりしてきました。ほぼ決まったところで厚みをチェックしてみると、、、蓋の天端がちょっと厚いなー。裏をもう少し削っておいた方が良かったみたい。今からは削りにくいけど、チャッキングを工夫して削ってみるかも。失敗する可能性もあるから冒険ですね。左:制作中の大棗w:80mm右:小棗w:65mm

似ているタグ