虔十公園林のタグまとめ

虔十公園林」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには虔十公園林に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「虔十公園林」タグの記事(5)

  1. 虔十公園林・考 ⑨ 雨が降っては、透き通る冷たい雫を、短い草にぽたりぽたりと落とし   - ばぶなばぶ

    虔十公園林・考 ⑨ 雨が降っては、透き通る冷たい雫を、...

    「虔十公園林」は、宮沢賢治の短編童話です。賢治が亡くなった翌年(1934年/昭和9年)に発表されました。 周囲の人たちの目からは虔十は、『おかしくもないのに笑ってばかりいて知恵が足りない』と、馬鹿にされています。通常私たちにとって「おかしくもないのに…」と見えている世界も虔十さんの目から見たら世界は不思議と驚きにあふれた面白い楽しい世界そのもので、「ひとりでに笑えて仕方ない」程なのです。乳幼...

  2. 虔十公園林・考 ⑧虔十さんが運んだバケツ500杯の水は?   - ばぶなばぶ

    虔十公園林・考 ⑧虔十さんが運んだバケツ500杯の水は?  

    『虔十』というキーワードでいろいろ検索していましたら正に「虔十」という名そのもののカフェが月島にありました。そしてその店で月に一回宮沢賢治作品を花巻弁で読むという朗読会があるという情報を得て4月19日(水)例会に参加しました。賢治さんのファンは根強くいます。そして皆さん賢治さんが好きな方たちばかりです。参加者は朗読をする演者も含めて21名。いい感じの規模です。自分も年6回『ワンコイン朗読会&...

  3. 虔十公園林・考 ⑦人としての虔十の輝き - ばぶなばぶ

    虔十公園林・考 ⑦人としての虔十の輝き

    虔十公園林・考 ⑦人としての虔十の輝き 作中から引用しますと『…雨の中の藪を見ては、喜んで眼をぱちぱちさせ、青空をどこまでもかけていく鷹を見つけては、跳ね上がって手を叩いて、みんなに知らせました。…』虔十さんにとっては自然界の森羅万象は驚きと感動に満ち溢れたものなのです。わー雨だ。冷たいな。気持ちいいなぁ。藪が雨に濡れてきれいだぞ。まぶしいくらいにきれいだなぁ。…わぁ、『鷹だぁ』青い空をどこ...

  4. 虔十公園林・考 ⑤虔十さんちの裏の野原 - ばぶなばぶ

    虔十公園林・考 ⑤虔十さんちの裏の野原

    『…さて、虔十の家の後ろに、丁度大きな運動場ぐらいの野原が、まだ畑にならないで、残っていました。』どんな野原なのでしょうか?広さはだいたいわかりました。家というものは条件さえ許されれば南向きに建てられているものです。その裏にあるのですからとりあえずこの裏の野原も南向きと想定しましょう。その野原の北側には平二の畑があります。『…おまけに杉は、とにかく南からくる強い風を防いでいるのでした。』とあ...

  5. 虔十公園林・考 ④虔十さんの「縄の帯」と私の勝手な想像   - ばぶなばぶ

    虔十公園林・考 ④虔十さんの「縄の帯」と私の勝手な想像  

    このお話しの冒頭です。『虔十はいつも縄の帯を締めて、笑って、森の中や畑の間をゆっくりと歩いているのでした。』冒頭の文の中の「いつも」も「笑って」も多分そのようであったんだろうなと想像が付きますが、それにしても、何故「縄の帯」なのでしょう?クイズの答えを考え出すように皆さんもそれぞれにこの問いに御自分なりの解釈を添えてみてください。ここからは私流の解釈を添えてみます。実はこの縄はある付加価値の...

1 - 5 / 総件数:5 件

似ているタグ