虔十公園林のタグまとめ

虔十公園林」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには虔十公園林に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「虔十公園林」タグの記事(3)

  1. 第15回ワンコイン朗読会&朗読広場 ~報告~   - ばぶなばぶ

    第15回ワンコイン朗読会&朗読広場 ~報告~  

    昨日5/20予定通り無事開催できました。発表の他に新たな提案もありました。今回はご常連の参加者が5人他の用事等とのブッキングで欠席でした。けれども、一方、初参加の方が4人ほどありました。 朗読&語り作品並びに絵本の読み聞かせは以下の通りでした。①白い門のある家 (小川未明・作)②だるまさんが (かがくいひろし・作)③東の果て天のかなた (中国の民話)④嘘をつくのが上手な男&嘘を言わな...

  2. 虔十公園林・考 ⑨ 雨が降っては、透き通る冷たい雫を、短い草にぽたりぽたりと落とし   - ばぶなばぶ

    虔十公園林・考 ⑨ 雨が降っては、透き通る冷たい雫を、...

    「虔十公園林」は、宮沢賢治の短編童話です。賢治が亡くなった翌年(1934年/昭和9年)に発表されました。 周囲の人たちの目からは虔十は、『おかしくもないのに笑ってばかりいて知恵が足りない』と、馬鹿にされています。通常私たちにとって「おかしくもないのに…」と見えている世界も虔十さんの目から見たら世界は不思議と驚きにあふれた面白い楽しい世界そのもので、「ひとりでに笑えて仕方ない」程なのです。乳幼...

  3. 虔十公園林・考 ⑧虔十さんが運んだバケツ500杯の水は?   - ばぶなばぶ

    虔十公園林・考 ⑧虔十さんが運んだバケツ500杯の水は?  

    『虔十』というキーワードでいろいろ検索していましたら正に「虔十」という名そのもののカフェが月島にありました。そしてその店で月に一回宮沢賢治作品を花巻弁で読むという朗読会があるという情報を得て4月19日(水)例会に参加しました。賢治さんのファンは根強くいます。そして皆さん賢治さんが好きな方たちばかりです。参加者は朗読をする演者も含めて21名。いい感じの規模です。自分も年6回『ワンコイン朗読会&...

1 - 3 / 総件数:3 件

似ているタグ