蝶 (シジミチョウ科)のタグまとめ

蝶 (シジミチョウ科)」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには蝶 (シジミチョウ科)に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「蝶 (シジミチョウ科)」タグの記事(7)

  1. 雨になりそうな田畑歩きで - 星の小父さまフォトつづり

    雨になりそうな田畑歩きで

    昨日 ( 07/30 ) は、朝には降っていた雨も日中は上がっていて、気温もあまり上がらないままで、今までに比べれば比較的過ごしやすかった。午後、どうせまたいつ降ってくるか分からないので、近場で撮ろうと三ツ寺公園に車を置いて農耕地帯を歩いてみた。最初のうちこそ明るい曇りだったけれど、だんだん雲も厚くなりどんよりしてきた。おかげでチョウたちも動きが鈍く、なかなか出てくれない。でも、見つければ逃...

  2. 箕輪城跡で花とチョウ - 星の小父さまフォトつづり

    箕輪城跡で花とチョウ

    「戻り梅雨」って、季語になっているのかな?これを使って俳句でもひねってみたいくらい、ジメジメべとべと蒸し暑い。でも、俳句って、毒舌先生にコテンパンに言われてしまいそうで、怖くてうっかり世間に晒せない気もするしなぁ、やめておこう。閑話休題、昨日 ( 07/25 ) も雨の止み間を利用して、久しぶりに箕輪城跡で撮ってみた。運よく、ジャコウアゲハがウマノスズクサに卵を産むシーンが撮れて、それだけで...

  3. 高崎郊外で花とチョウ - 星の小父さまフォトつづり

    高崎郊外で花とチョウ

    昨日から今日にかけては、梅雨が舞い戻ったかのような蒸し暑い雨天中心の日になった。家にいても不快なだけなので、思い切って出かけてみると、ちょっと車で走り出すと間もなく小降りになり、さらに進むと降ってない。「所により」が実際に体験できて、なるほどねと感心する。ひところ使われなくなったというこの天気予報用語が、復活したのも仕方ない。たかが群馬の狭い地域内でも「所により」降るか否かは差が出るのだもの...

  4. ヒメシジミいっぱい - 星の小父さまフォトつづり

    ヒメシジミいっぱい

    昨日 ( 07/12 ) は前夜から蒸し暑くて、ろくすっぽ眠れなかったので、睡眠不足と体力の消耗を避けるため、日中は榛名湖畔で過ごした。かつては竹久夢二も過ごしたという避暑地だから、だいぶ過ごしやすい。この日はたくさんのヒメシジミが遊んでくれて、癒された。時折雨粒が落ちてきたが、そのうちどうも本降りになりそうな予感がして、車に戻り、しばしゆっくりドライブをしていると、案の定降って来た。降る前...

  5.     農道伝いに - 星の小父さまフォトつづり

        農道伝いに

    昨日 ( 06/18 ) は、太陽の形が肉眼で判るほどの曇り空だったけれど、結局、期待していた雨は降らなかった。余計な影が出ないから接写にはちょうど良いかな、と高崎の山手方面の農道を歩いてみた。コヒルガオだのワルナスビだのヒメジョオンだの・・・・、帰化植物が多いのは人間が生活している地域は共通している。特にここも!ハルジオンが駆逐されヒメジョオンに席巻されていた。キク科の白い花はお姫様ばかり...

  6.    空梅雨に拾う - 星の小父さまフォトつづり

       空梅雨に拾う

     つゆを「梅雨」と書くのは良く知られているけれど、それに関してちょっと述べてみたい。群馬県はウメの有数な産地でもあって、特にわが安中とかお隣の高崎は、そこかしこに当たり前のようにウメの木がある。子供の頃、皆ほとんどだれしも飢えた餓鬼んちょだったから、食べられそうなものは何でも食べたがったものだ。そんな子供たちに小学校の先生が、くどいほど言い聞かせていた言葉があった。「入梅になるまではウメの実...

  7. 蝶々 - ぷんたのかあさん Photo徒然草

    蝶々

    ルリタテハ(越冬個体) コツバメヒオドシチョウ(越冬開け)ミヤマセセリ最後は春らしい背景でスジグロシロチョウ更新が2ヵ月も空いてしまいましたいろいろと雑務もあったり儘成りませんが合間を縫って少しは見ることができました

1 - 7 / 総件数:7 件

似ているタグ