裁判のタグまとめ

裁判」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには裁判に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「裁判」タグの記事(15)

  1. 猫ほど素晴らしいものはないんだぞ! - 音作衛門道楽日記

    猫ほど素晴らしいものはないんだぞ!

    低周波音問題は裁判にならんって法律がないから?参照値が邪魔するから?聞こえない音の範疇だから??ほんと、この国は物理も化学も理論も判例も、何もない日本国だぞ時代は次々 変異していくこの河川敷見てみろ老朽化して、インフラ工事よ今年も一本桜が咲いているけれどコンクリを打ってるでしょゲリラ豪雨に耐えれるんか?この一級河川は???川底の重機はちっこいので、そんな身体的異常は感じない今かかってる鼻風邪...

  2. 進展なさすぎの大阪弁護士会だな - 音作衛門道楽日記

    進展なさすぎの大阪弁護士会だな

    ああ、、バカバカしいこの弁護相談なぁ何年も前から全く進展しない有様お猫先生が来てくれた時から、何も変わってないんだよ程度低すぎでぷっつん切れる音作衛門!そんなことを被害者に要求するな!頭の中 真っ黄色のレイボーカラー今ひとつわけわからん凡庸な弁護士ってことはわかってんだよそれを納得させないと、勝てないってこともわかってるよお猫カラーを見れもせんと判例的にはどうかはわからんが理論的には勝ってん...

  3. ノラ子ちゃん 姿を見せないわぁ - 音作衛門道楽日記

    ノラ子ちゃん 姿を見せないわぁ

    冬の間、ドクダミ屋敷に住み着いていたノラ子はぱったり姿を見せなくなりました。野良猫って移動するからね・・・これが最後の映像ですねぇ周辺で見かけた野良猫は一斉に姿を見かけなくなりそのくせ 鳥の鳴き声も聞こえませんなんか、異様な感じで、変!人間より勘が鋭いので、何か危険を察知して逃げたかでも2、3日前にちょっと姿を見せてまたプッツン姿が切れてしまいました元気だったらいいんだけれど・・・・と思って...

  4. 立場が違うとねえ、 - 音作衛門道楽日記

    立場が違うとねえ、

    医者は医者の立場でこの状況を見るしそれは弁護士でも同じことやね・・・・先のことはわからないけれど僕はこう分析するってそういうことになるやんか未知数で、やってみないと何も始まりませんってそれを信じる善良な一般人ここにお商売が生じるかな音楽家は演奏会で勝負弁護士や検事は裁判で勝負医者は手術やなんかで勝負しようとするけれどそれが決定的な人生の決め手にはならないでしょう猫は可愛いけれど、猫はいつまで...

  5. 高浜再稼働認める 大阪高裁3,4号機仮処分取り消し /東京新聞 - 瀬戸の風

    高浜再稼働認める 大阪高裁3,4号機仮処分取り消し /...

    今日、ご紹介するのは東京新聞の記事。ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。ちょい遅れだが、重要な情報源 【 要約 】 3月28日大阪高裁は、昨年3月の大津地裁の仮処分について、取り消す決定をした。稼働中の原発を止めた全国初の司法判断は約1年で覆った。関電は早ければ4月上句にも運転を再開する見通し。 山下邦夫裁判長は、「事故から得られた教訓を踏まえ、最新の科学・技術的知見に基づ...

  6. 韓国不二越第3次訴訟一審 原告勝訴判決! 2017.3.16 - 第二次不二越強制連行・強制労働訴訟を支援する北陸連絡会

    韓国不二越第3次訴訟一審 原告勝訴判決! 2017.3.16

    3月16日午前10時、韓国ソウル中央地裁において不二越第3次訴訟(原告・李春綿さん)の判決が出されました。原告が不二越で働いていた事実を認定し、原告を動員し被害を与えた過ちを挙げ、原告に損害賠償金として1億ウォンを支払えという原告勝訴判決です。不二越訴訟は、第2次世界大戦末期に不二越が当時植民地だった朝鮮から、女子勤労挺身隊として少女たちを強制連行し強制労働させた責任を問い、被害者と遺族が起...

  7. 韓国不二越第3次訴訟一審 原告勝訴判決! 2017.3.16 - 第二次不二越強制連行・強制労働訴訟を支援する北陸連絡会

    韓国不二越第3次訴訟一審 原告勝訴判決! 2017.3.16

    3月16日午前10時、韓国ソウル中央地裁において不二越第3次訴訟(原告・李春綿さん)の判決が出されました。原告が不二越で働いていた事実を認定し、原告を動員し被害を与えた過ちを挙げ、原告に損害賠償金として1億ウォンを支払えという原告勝訴判決です。不二越訴訟は、第2次世界大戦末期に不二越が当時植民地だった朝鮮から、女子勤労挺身隊として少女たちを強制連行し強制労働させた責任を問い、被害者と遺族が起...

  8. さらに昔は不倫で慰謝料請求の相談が立て続けに来たことが・・・ - 【初回無料相談】司法書士・行政書士 今野智喜 / 相続 遺言 裁判 少額訴訟 / 青森 八戸

    さらに昔は不倫で慰謝料請求の相談が立て続けに来たことが・・・

    そういえば、むかし、立て続けに「不倫の慰謝料請求したいんですけど」って相談が来たときもありました。多重債務関係はともかく、なんか「波」みたいなのがあるんですかね・・・。不思議なものです。=====業務案内のサイトはココをクリック初回は無料相談です。相談予約電話  0178-45-3389 (「こんの」宛にお電話ください)相談予約メールはここをクリック=====

  9. 稲田朋美弁護士が敗訴ばかりに納得する国会答弁のお粗末 - 楽なログ

    稲田朋美弁護士が敗訴ばかりに納得する国会答弁のお粗末

     これは既に拙書『防衛医大の場合は』で詳しく述べたことだが、裁判の尋問で「ほんとうにそうですか」「間違いありません」「それならこれは何なんですか」と書面をつき出すのは常套手段だ。 「同意書が無ければ手術は絶対にできない。この同意書をとっている」  「これがその同意書ですか」 「そうです」 「手術を執刀したあなた自身で実際に書いたものですか」 「間違いありません。これは確かに私の字です」 「で...

  10. やったことで裁かれるようにならないとね! - 見たこと聞いたこと 予備3

    やったことで裁かれるようにならないとね!

    yahoo:「横浜小1死亡事故、「高齢ドライバー」不起訴の見通し…「認知症」立件が困難な背景」横浜市港南区で2016年10月、集団登校していた児童の列に軽トラックが突っ込み、小学生ら7人が死傷した事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の容疑で逮捕された88歳の男性について、横浜地検は処分保留で釈放した。報道によると、男性には認知症の疑いがあるが、これまで運転をやめるよう家族から注意される...

  11. 連絡会ニュース73号発行(2017年2月号) - 第二次不二越強制連行・強制労働訴訟を支援する北陸連絡会

    連絡会ニュース73号発行(2017年2月号)

    ニュース73号を発行しました。内容は・11/23 韓国二次訴訟判決 一審原告勝訴判決・韓国二次訴訟原告 イソクウさんインタビュー・韓国民衆の戦いにどう応えるべきか 日韓「合意」と戦争法をめぐって・投稿 「平和の少女像」がみつめる先にあるもの 西中誠一郎・投稿 マスコミを頼らない 畑 真理子 【投稿】韓国民衆の闘いに、どう応えるべきか日韓「合意」と戦争法をめぐって  韓国・光化門での35万キャ...

  12. 韓国、原発延長取り消し 建設30年超 行政裁が判決 /東京新聞 - 瀬戸の風

    韓国、原発延長取り消し 建設30年超 行政裁が判決 /...

    今日、 ご紹介するのは東京新聞の記事。ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。ちょい遅れだが、重要な情報源【 要約 】2月7日30年を経過した月城原発1号機の運転延長の無効化を住民らが求めた裁判で、一審のソウル行政裁判所は延長を取り消す判決を言い渡した。行政裁判所は、法令が求める書類が不足していた。適切な決済が行われなかった。原子力安全委員のうち、委員の資格がないにもかかわらず審...

  13. 「区長とシモキタ開発見直しを協働する市民の会」(準)が保坂区長に申し入れ - 木下泰之ブログ

    「区長とシモキタ開発見直しを協働する市民の会」(準)が...

    「区長とシモキタ開発見直しを協働する市民の会」(準備会)は、1月13日に保坂区長宛ての「申し入れ書」を世田谷区長室に届け、木下を含め同事務局メンバー6名は同区長室長と懇談を行いました。申し入れた文書は以下の通りです。///////////////////2017年1月13日世田谷区長 保坂展人 様「区長とシモキタ開発見直しを協働する市民の会」(準備会)世田谷区代田4-24-15-102 ℡0...

  14. 『日本会議の研究』の販売差し止めと名誉毀損訴訟の不公平 - 楽なログ

    『日本会議の研究』の販売差し止めと名誉毀損訴訟の不公平

     菅野完著『日本会議の研究』によって名誉毀損されたという訴えに対し、裁判所が販売の差し止めを命じたと報じられている。 これは、一か所だけ真実とは認められない記述があるということだった。他の争点では、すべて著者側の主張が認められたということだ。だから、著者と出版社は、言い分のほとんどが裁判で認められたことを強調している。 それなのに、一か所だけの問題で販売差し止めになるとは、どういうことか。そ...

  15. 裁判所に行く途中で見た虹 - 名古屋・弁護士加藤英男法律事務所 弁護士日誌余白

    裁判所に行く途中で見た虹

    平成28年12月27日は、桑名簡易裁判所で調停がありました。今年最後の、弁護士としての裁判、調停です。(実は、その後、他の簡易裁判所での司法委員としての出廷があったので、出廷自体はそちらが今年最後) 桑名駅東口に虹が出ていました。 裁判所出廷前に、良い外応(兆し、象徴)だと、思わず撮影しました。 我々弁護士は、依頼者から頼まれて、裁判や調停を通じ、依頼者の権利利益の実現を手助けします。結果の...

1 - 15 / 総件数:15 件

似ているタグ