西洋美術・洋画のタグまとめ

西洋美術・洋画」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには西洋美術・洋画に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「西洋美術・洋画」タグの記事(6)

  1. 深海からのお土産 - UTAGAWA式せかい

    深海からのお土産

    今日も今日とての猛暑の中、かはく"深海展"へ行ってきました。なんだかもう慣例になってますが、展示会場内は写真撮影OKです。私の興味は専ら生物標本なのですが、その中でも特に凄ぇぞコレ!!!というモノの中から一部をUP。後ろに見えてるのがダイオウイカ。4年前に観た勇姿そのままですが、今回の主役は手前のオンデンザメ(だったよね?)あまりの姿に隣に居た女の子が『作り物でしょ?これ』と言ってましたが、...

  2. 先月の事ですが - UTAGAWA式せかい

    先月の事ですが

    国立新美術館のジャコメッティ展、渋谷区立松濤美術館のクエイ兄弟展を観て来ました。うぬ、どっちも立体造形物で独自表現。繋がってますね。コレは前売り券購入時に貰った言わば軽パンフレット。それでも中々要点を突いてあります。本物の図録購入は後で考えるとして「今日はこれで足りるゎ」という位私にとっては充実。見た瞬間「鼻が!」と思いましたが、タイトルはズバリ『鼻』『生きていると同時に死んでいる何ものか』...

  3. なぜか水っぽいモノが揃ってしまった。。。 - UTAGAWA式せかい

    なぜか水っぽいモノが揃ってしまった。。。

    昨日は久し振りに国立西洋美術館へ。この時点では中々の上天気、公園内は相変わらず大勢の人。これの看板を見たのは雪降っている最中でした。やぁっと来たよ〜〜〜何故か撮影用に巨大垂れ幕。ミュシャ展でも出していましたが、流行?中は勿論、撮影不可です。このシャセリオーという画家、日本では初公開だそうです。アングルの弟子だったと言う割にはラファエル前派っぽいな?と思ったら、途中でロマン主義に目覚めたらしい...

  4. 後の祭ではありますが - UTAGAWA式せかい

    後の祭ではありますが

    二科埼玉展 他の部門を しかし今回あまり写真がないですな。。。全方向から観られると云う意味で、彫刻は作る際だけでなく展示位置もバランスが重要だと再認識。勿論、この作品もぐるぐると回って鑑賞しました。自然に根付く神様か物の怪か、という感じでしょうか。本物の林の中にあったら臨場感抜群。絶対吃驚します。羊ちゃん。木の部分は木製 羊は御影石(だったかな?)木の虚ろの部分。後から入って来てるのがい...

  5. いきなり始まりました - UTAGAWA式せかい

    いきなり始まりました

    二科埼玉支部展です。いやぁココのところサーバーが途中で落ちたり、写真UPに時計が延々と回り続けたりと、パソが絶不調であまり弄りたくなかった次第。しかし展示は始まっちまいましたので、途中でブチ壊れない様に祈りつつのブログ書きです。昨日5/1は決起集会で大混雑だった北浦和公園。今日は上天気だし、平和そのものです。デザイン部展示室。ぐるっと左回りにむ!間が抜けてたッココ↓2段は 新人さん(一般から...

  6. 大英博物館が出張して来てるので - UTAGAWA式せかい

    大英博物館が出張して来てるので

    かはくの大英自然史博物館展に行って来ました。っていきなり最後の写真パネル、、、コレ、後で遊べる!世界で最も優れた博物学標本コレクション。事実そう思いますが、、、乱獲で絶滅した動物の剥製を見ると、ちょっと複雑な気分。特に日本海域にいたニホンアシカとかオオウミガラスとか、もしかしたら北海道付近でなら普通に見られたかもしれない子だった。などと考えてしまいます。って事でニホンアシカとオオウミガラス。...

1 - 6 / 総件数:6 件

似ているタグ