観戦記のタグまとめ

観戦記」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには観戦記に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「観戦記」タグの記事(49)

  1. UFN116の感想 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    UFN116の感想

     この3連休は北海道旅行。格闘技の方も興業ラッシュでしたが、観戦記は随時消化。まずUFCから。ヘクター・ロンバード×-○アンソニー・スミス(3R KO) かなり身長差があるスミスに対し、ロンバードはお構いなしに距離を詰めると左右のパンチとロー。スミスも打撃を返していくものの、ロンバードが圧力をかけ削っていく。2Rもロンバードのペースで進むが、ラウンド終盤にスミスのパンチが入りロンバードが体勢...

  2. スーパーフライ級ウォーズ大炎上! - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    スーパーフライ級ウォーズ大炎上!

     WOWOWで見たボクシング・スーパーフライ級ダブル世界戦の感想。まずはWBO、井上尚弥vsアントニオ・ニエベス。 1Rから全く固さを感じさせない井上は、ジャブを面白いように突き刺すとそこから右ストレート、左ボディ。いつも通りの動きでニエベスを呑んでかかる。 井上の強打を警戒したニエベスはガードをがっちりと固め、相手の打ち終わりを狙っていく戦法。それでも井上はガードの隙間をくぐるように左ボデ...

  3. Krush.80の感想 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    Krush.80の感想

     Abema TVで視聴。卜部功也○-×ヤニック・レーヌ(判定) 蹴り合いからスタートしやや静かな展開が続くが、1R終盤に功也の右ハイがヒットしレーヌがグラつく。チャンスを迎えた功也だが、攻め切れずにラウンド終了。 2Rに入ると功也の左が繰り返しヒット。レーヌは下がりながら防戦一方となるが、功也も上体の動きでかわすレーヌを捕えきれない。3Rも功也が攻め続けるものの、あと一打が出ないまま終了。...

  4. ロマチェンコ、強し! - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    ロマチェンコ、強し!

     エキサイトマッチの感想を。まずWBO世界ライト級タイトルマッチ、テリー・フラナガンvsピーター・ペトロフ。 頭を振りながら接近するペトロフに、フラナガンはショートパンチを合わせていく。2Rも懐へ飛び込もうとするペトロフに、フラナガンは距離を取りつつ左をヒット。しかしラウンド終盤にはペトロフのパンチがフラナガンの顔面を捉える。 この後も頭から飛び込むようにしながら左右のパンチを振るうペトロフ...

  5. Krush.79の感想 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    Krush.79の感想

     名古屋大会、トリプルメインイベントの感想を。KANA○-×エミリー・マシュー(1R KO) 圧力をかけていくKANAに、マシューは細かいロー。構わず前に出続けるKANAが左右のボディを入れるが、マシューの返しの左がヒット。しかしKANAはなおもロープ際に詰めると、右フックを打ち抜く!一撃でグラついたマシューに追撃の右!マシューが倒れた瞬間セコンドがストップをかける、文句なしのKO。カウンタ...

  6. UFN115の感想 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    UFN115の感想

     オランダ大会、メインの感想を。アレクサンダー・ヴォルコフ○-×ステファン・ストルーフ(3R KO) ヴォルコフはローからパンチ。ストルーフの懐に入り込んで細かい連打を狙うが、ストルーフも右ストレートをヒット。思ったよりスタンドでストルーフが攻め込んでいる。ストルーフはさらに跳びヒザを狙うが、防いだヴォルコフが足払いでテイクダウンするとパウンドで猛攻。ストルーフかなり削られたか。 2Rはスト...

  7. コットvs亀海 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    コットvs亀海

     WBO世界スーパーウェルター級王座決定戦、ミゲール・コットvs亀海喜寛を視聴。 1Rから距離を詰めていった亀海が左ボディを連打、さらにワンツー。コットも打ち返し手数では五分だが、亀海は物怖じせずいい動きができている。 しかし2Rに入るとコットがギアを上げ、左フックや右ストレートで攻勢。亀海も単発でいいパンチは入れるが、手数で劣勢の印象になってしまう。愚直に前に出続ける亀海だが、とにかくコッ...

  8. 史上最大の「敗者なきビッグマッチ」。メイウェザー、マクレガーを寄せ付けず。 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    史上最大の「敗者なきビッグマッチ」。メイウェザー、マク...

     フロイド・メイウェザーvsコナー・マクレガーをDAZNで視聴。格闘技好きだがこれまで有料動画コンテンツに一切関心を示さなかった知人が今回ばかりはこの試合のためにDAZNと契約し、このカードの経済効果の高さを思い知らされた。 最初に向かい合った時点でマクレガーの肩幅・胸板の厚さが目立ち、「リーチ差がある」というより「デカい」という印象。1Rはガードを上げて様子見のメイウェザーに、マクレガーが...

  9. 梅野vsロートレック - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    梅野vsロートレック

     KNOCK OUT vol.2、梅野源治vsロートレック・ジャオタライトーンを視聴。 1R、梅野はパンチからロー、さらにアッパー。ロートレックはじりじり前に出ながらローを返す。2Rもロートレックが前に出ながらロー連打。梅野はミドルからインローを入れるが、ロートレックは蹴り終わりにスピードのあるローとパンチを返す。 3R、ロートレックがワンツースリーからロー。左右のパンチが梅野を捉える場面が...

  10. 山中陥落。またも立ちはだかる「13」の壁 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    山中陥落。またも立ちはだかる「13」の壁

     WBC世界バンタム級タイトルマッチ、山中慎介vsルイス・ネリをテレビ観戦。 1R、出だしから山中のジャブがネリの顔面を捉える。そこから左へつなげるが、ネリはスウェーで回避。ネリの左右のフックが入るが、山中はダメージはさほどでもないか。 2Rは山中はジャブからボディストレート。攻撃を上下に散らしているのは悪くない。ネリが右フックを振るうが、山中はヘッドスリップでパンチを殺しているか。 3R、...

  11. G1両国(最終日) - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    G1両国(最終日)

     最終日は新日本プロレスワールドで視聴。チケットの大幅値上げはツイッター上でも話題になっていたが、最終的に満員の入りになったので経営戦略として正解だった、という結論にたどり着くのでは。個人的にはG1最終戦の会場観戦は以前から諦めているので、プラチナチケット化するのもまあ有りなのかな、と思っている。 セミまでは今後のタイトル戦線へのストーリーをつないだ、盛りだくさんの展開。ウォーマシンの優良外...

  12. RIZIN観戦記③ - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    RIZIN観戦記③

    ギャビ・ガルシア△-△オクサナ・ガグロエヴァ(ノーコンテスト) 開始直後にギャビの指がガグロエヴァの目に入ってしまい、そのままノーコンテストに。ガグロエヴァは「スパーリングか?」というような格好でリングインした時点で期待値ゼロだったが、これはさすがに消化不良だなあ。ギャビはSBに続き7月だけで2度のノーコンテスト。まあ今回は偶発的なのであんまり攻めてもしょうがないんだが。アミール・アリアック...

  13. G1両国(2日目) - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    G1両国(2日目)

     今日は小1の息子と一緒に観戦。いやあ、ここまで手塩にかけて育ててきた甲斐があった。 Bブロック公式戦最終節、まずはジュース・ロビンソンがエルガンの猛攻を耐え、パルプリフリクションで3カウントを奪う大金星。今年上半期に突如発生した会社側のよく分からないジュース推しが今後も続きそうだなあ。 一方でSANADAはタマ・トンガ相手に、パラダイスロックの掛け合いに始まるスピーディーな試合を見せつつ最...

  14. RIZIN観戦記② - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    RIZIN観戦記②

    北岡悟×-○矢地祐介(2R KO) 序盤に北岡がシングルレッグに行き、逃れようとする矢地の足首を離さず強引にテイクダウン。そのままトップキープしパウンドを入れる得意の展開に持ち込むが、4分過ぎに矢地が脱出。スタンドに戻すと、左ストレートを中心にパンチを入れていく。北岡はひるむことなくスタンドで前に出ていくが、クリーンテイクダウンを奪えず徐々に苦しい展開に。 2Rに入ると流れは矢地に傾いていき...

  15. G1両国(初日) - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    G1両国(初日)

     G1-CLIMAX両国3連戦、今年は初日と2日目を会場観戦。3連休ということもあり、初日から満員の客入り。 Aブロック最終節、まずは最後のG1となる永田がバッドラック・ファレと対戦。ここまで1勝7敗と苦戦している永田はエクスプロイダー、バックドロップ、さらに久々のナガタロックを披露するものの、最後はファレのバッドラック・フォールを食らい3カウント。 最後は有終の美を飾らせてあげれば会場も大...

  16. UFN114の感想 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    UFN114の感想

     メインの感想を。セルジオ・ペティス○-×ブランドン・モレノ(判定) 1R、蹴り足をつかんだモレノがテイクダウン。そのままバックをキープし、四の字フックからチョークを狙い続け1ラウンド終了。 2Rはペティスが圧力をかけミドルとハイで攻勢。蹴り足をつかみモレノを倒すが、深追いはしない。モレノに再びテイクダウンされるものの、今度は下から三角や腕十字を仕掛けていく。 3Rも圧力をかけるペティス。距...

  17. アンカハスvs木下 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    アンカハスvs木下

     パッキャオvsホーンのセミで行われたIBF世界スーパーフライ級タイトルマッチ、ジェルウィン・アンカハスvs帝里木下の感想。 1Rから積極的にパンチを振るうアンカハス。帝里は手数が欲しい。2Rにアンカハスは接近戦でボディ連打、さらに右ストレートを突き刺す。帝里はカウンター狙いだが、早くもカットで流血。 3Rもアンカハスはボディからワンツーで攻勢。攻撃にそこまで凄味を感じるわけではないが、リズ...

  18. RIZIN観戦記① - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    RIZIN観戦記①

    テオドラス・オークストリス×-○カール・アルブレックソン(1R 肩固め) 序盤からアルブレックソンが繰り返しテイクダウン。立ち上がってスタンドの攻防へ戻すオークストリスだが、何度目かのテイクダウンでアルブレックソンが遂にマウントを奪取。バックチョークを狙った後、最後は肩固めに切り替え一本。海賊王子、強いじゃねえか。ライトヘビー級が回転休業状態なのが残念だが。真珠・野沢オークライヤー○-×シー...

  19. UFC214の感想 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    UFC214の感想

     メイン以外の感想を。今年に入ってから初めてと言っていい面白いナンバーシリーズだった。ジミ・マヌワ×-○ヴォルカン・オズデミア(1R KO) マヌワがケージに詰めるが、オズデミアのクリンチアッパーがヒット。下がるマヌワにすぐさま追撃のパンチを入れ、パウンドでフィニッシュ。驚異の2試合連続秒殺KO。 オズデミアは底が見えないというよりは「よく分からないけど毎回勝っちゃってる」という印象。ともあ...

  20. 招かれざる王の帰還。悪童ジョーンズ、再びオクタゴンの頂点へ。 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    招かれざる王の帰還。悪童ジョーンズ、再びオクタゴンの頂点へ。

     UFCもRIZINも見どころ沢山だったのだが、観戦記は随時消化。まずはUFC214のメイン、ダニエル・コーミエvsジョン・ジョーンズのライトヘビー級タイトルマッチ。  開始からジョーンズが関節蹴り、パンチ、ローで攻勢。コーミエが組み付いたところでジョーンズがテイクダウンするが、コーミエすぐ立ち上がる。この後もジョーンズはパンチ・ロー・前蹴りと上下左右全方向から打撃を繰り出していく。コーミエ...

1 - 20 / 総件数:49 件

似ているタグ