観戦記のタグまとめ

観戦記」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには観戦記に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「観戦記」タグの記事(62)

  1. ロリマク完全復活 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    ロリマク完全復活

     書いていなかった週末の観戦記を順次消化。まずはベラトールのメイン。ローリー・マクドナルド○-×ポール・デイリー(2R チョークスリーパー) 1R、ロリマクがパンチを打ち込んでからのシングルレッグでデイリーを寝かせると、ラウンド終了まで立ち上がる隙を与えず肘・パウンドで削り続ける。盤石の内容で1Rを終了。 2Rもロリマクは積極的に打撃を出しつつ、デイリーのパンチにどんぴしゃのカウンタータック...

  2. 井上激勝。モンスターは無人の荒野を突き進む。 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    井上激勝。モンスターは無人の荒野を突き進む。

     ボクシングフェス二日目を視聴。 まずIBF世界ライトフライ級王座統一戦、八重樫東vsミラン・メリンド。とはいえこれは経過を描写するほどの時間が経つ前に終わってしまった、としか言いようがない試合。八重樫は時おり脆さも見せる試合をしているだけに意外というよりは「こうなっちゃったか」という感じではあるが、やはり激闘によるダメージの蓄積が影響しているのかなあ。試合後の本人のサバサバしたというか達観...

  3. 村田戴冠ならず。ボクシングの神は金メダリストを見放したか。 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    村田戴冠ならず。ボクシングの神は金メダリストを見放したか。

     WBA世界ミドル級王座決定戦、村田諒太vsアッサン・エンダムを視聴。 1R、エンダムはサークリングしながらジャブ。村田は圧力はかけるものの終了間際に右ストレートを出しただけでほとんどパンチを出さずに終了。計算通りに動いている感じではあるが、どこから攻勢に転じられるか。 2Rは、圧力を強めた村田が右ストレートから左ボディを入れるが、エンダムも連打を返す。3Rは村田がボディストレートと右のショ...

  4. UFC211の感想 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    UFC211の感想

     息子のわんぱく相撲を応援した後、家に帰ってからUFCを追っかけ観戦。格闘技三昧(?)の日曜。エディ・アルバレス△-△ダスティン・ポイエー(ノーコンテスト) 1Rからポイエーの右が繰り返しヒット。アルバレスは打撃戦ではやや分が悪いか。2Rはアルバレスがタックルから組み付きにいくがテイクダウンは奪えず、逆にポイエーの左フックがヒット!グラつくアルバレスにポイエーは追撃のパンチ連打を仕掛けるが、...

  5. ははのひピンク★5.14 - 野々乃之歌乃

    ははのひピンク★5.14

    気が付いたらここは放置で、気が付いたら一か月経っていた。色々と忙しかったり、体力がなかったり。大変なのです。試合には行っているけど、ここまでたどり着かない日々が続く。という状態。暖かくなって、母の日。母の日といえば、ピンク!!ということで、年に一度のピンク姿に釘付け。いや、いつもの事でもあるけど。やる気なく、練習見学へ行ったら、荒波さんがちょうど打撃でウハウハ↑↑それだけで低かった血圧も上が...

  6. KHAOS.2の感想 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    KHAOS.2の感想

     旗揚げ戦は見逃したKHAOSをAbemaTVで視聴。かねてから思っているのだが、これだけの格闘技観戦インフラを構築した功績をもって安倍政権はサイバーエージェントに何らかの表彰をすべきだと思う。佐野天馬○-×里見柚己(判定) 1Rはローの蹴り合い。佐野の圧力がやや強いか。2Rにさらにプレッシャーを強めた佐野が、左右のボディ連打から打ちおろしの右を入れダウン奪取!立ち上がった里見になおも追撃の...

  7. 修斗の感想 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    修斗の感想

     AbemaTVでセミから視聴。「ここまで神興業だけど残り2試合大丈夫か」と思っていたら、神興業のまま最後までいってくれた。征矢貴×-○清水清隆(3R KO) 序盤から圧力をかける征矢。清水がタックルからバックを奪うが、これを堪えた征矢は清水が踏み込むところにカウンターの右。清水が一瞬ヒザを着く。 2Rは征矢がタックルに行ったところで清水が払い腰からテイクダウン。征矢の立ち上がり際にヒジを狙...

  8. マティセ&レミュー - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    マティセ&レミュー

     昨日のボクシング、前座の感想を。まずルーカス・マティセvsエマニュエル・テイラー。 出だしこそテイラーの手数に押され気味だったマティセだが、3Rにどんぴしゃの右ストレートを打ち込みダウンを奪取。ダメージの残るテイラーにマティセはこの後も攻め続け、4R終盤にはアッパーをヒット。最後はロープに詰めて打ちおろしの右から連打を入れたところでテイラーが倒れ勝負あり。怪我もあって久々の試合となったマテ...

  9. カネロvsチャベス - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    カネロvsチャベス

     ゴールデンウィークのトリを飾る(?)サウル・カネロ・アルバレスvsフリオ・セサール・チャベスJrを視聴。 序盤にペースを握ったのは予想通りカネロ。1Rから的確なジャブを次々と突き刺すと、2Rには左右のアッパーを立て続けにヒット。体格に勝るチャベスだが、パワープレーに持ち込む前にジリ貧になりそうな雰囲気が早くも漂ってくる。 カネロのペースは変わらず、アッパーから顔面、さらにボディも混ぜたコン...

  10. レスリングどんたく2017 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    レスリングどんたく2017

     新日本プロレスワールドでメインとセミを視聴。 メインのオカダ・カズチカvsバッドラック・ファレは、ファレの巨体とパワーに圧倒されながらもオカダが最後はレインメーカー→ジャーマン→レインメーカーを決めてV5を達成。ファレのツームストンパイルドライバーは迫力があったが、今年の東京ドーム以降のタイトルマッチと比べるとどうしても見劣りしてしまった感じ。見ている側のハードルが上がり過ぎていることは自...

  11. 井岡&大森 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    井岡&大森

     TBSのボクシングダブル世界戦の感想。まずはWBO世界バンタム級タイトルマッチ、マーロン・タパレスvs大森将平。  1R、大森が左右のボディから右。タパレスも右ボディを出すが、大森はガードを上げて相手をよく見ている。 2Rは圧力を強めたタパレスがアッパーからフックのコンビネーション。上下とも変則的な角度からパンチが飛んでくるが、大森もワンツーからボディを返す。この後も圧力をかけるタパレスに...

  12. ゴロフキンvsジェイコブス - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    ゴロフキンvsジェイコブス

     3団体統一世界ミドル級タイトルマッチ、ゲンナディ・ゴロフキンvsダニエル・ジェイコブスの感想を。 開始からガードを高く構えてじりじり前に出るゴロフキン。ジェイコブスはゴロフキンの打ち終わりに右を合わせようとする。2Rも圧力をかけるゴロフキンはジェイコブスをコーナーに詰めるが、手数があまり出ない。 3Rはゴロフキンのジャブが繰り返しヒットするが、ジェイコブスも伸びのある右フックから回転力のあ...

  13. 巨星・クリチコ墜つ!ヘビー級戦線、正真正銘の新時代へ! - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    巨星・クリチコ墜つ!ヘビー級戦線、正真正銘の新時代へ!

     WBA・IBF世界ヘビー級タイトルマッチ、アンソニー・ジョシュアvsウラディミール・クリチコをWOWOWで視聴。 開始と同時に前に出て先手を取るクリチコ。ジョシュアはやや慎重な立ち上がりだが、ラウンド後半は細かいパンチを返していく。 続く2Rは開始早々、クリチコの右ストレートがヒット!しかしジョシュアは徐々にジャブの手数を増やし、そこから右へつなげる。クリチコはヒットはもらっていないものの...

  14. 久保vsセルメニョ - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    久保vsセルメニョ

     WBA世界スーパーバンタム級タイトルマッチ、ネオマール・セルメニョvs久保準の感想を。 1R、久保が左ボディストレート。セルメニョが右フックを入れるが、すぐさま久保が連打を返し、立ち上がりから悪くない動き。 2Rも久保が左ストレートと左ボディで先手先手を取っていくが、セルメニョは右を入れてからの連打で反撃。キレはないが一発一発体重を乗せている。3Rは久保が徹底した左ボディ攻めでリード。 4...

  15. 森井vs村田 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    森井vs村田

     KNOCK OUT Vol.1の森井洋介vs村田裕俊をMXで視聴。 村田はガードを固めてロー。距離が詰まるとヒジを出し、2R終盤はミドル連打を叩き込む。3Rに入ると距離を詰めた森井が左ボディ、ワンツーからローのコンビネーション。村田をコーナーに詰めて有効打の数を増やしていく。 4Rもローの蹴り合いになるが、村田は奥足へのローが徐々に効いてきた様子。村田が左ヒジを入れるが、森井もヒジを入れ返...

  16. レスリング豊の国 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    レスリング豊の国

     新日本プロレス別府大会を視聴。ベルト乱立の新日本だが、このGWのシリーズは各タイトルマッチを上手く散らしている印象。日頃からこういう使い方ができていればいいのに。 IWGPインターコンチネンタル選手権、内藤哲也vsジュース・ロビンソンは序盤から内藤が徹底したヒザ攻め。ジュースはペースを握らせまいと切り返しはするものの、技のレパートリーが豊富なわけでも一発の見栄えがいいわけでもなく、正直微妙...

  17. 梅野vsワンマリオ - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    梅野vsワンマリオ

     MXでKNOCK OUTの試合映像をチェックしたので感想を。まず梅野源治vsワンマリオ・ゲーオサムリット。 1R、梅野が強烈なインロー。さらにボディストレート、ミドルで攻勢。2Rに入るとローをもらったワンマリオが早くもバランスを崩す。梅野はパンチ、ヒザ、ミドルと上手く攻撃を散らしていく。最終ラウンドもペースを崩すことなく攻め続けた梅野が完勝。 梅野の「KOイコール正義じゃない」という発言自...

  18. 斎藤vs宇野 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    斎藤vs宇野

     先日の修斗、メインの感想を。斎藤裕○-×宇野薫(判定) 最初にテイクダウンを取ったのは宇野。しかし斎藤はすぐ立ち上がると、組んでから投げ飛ばすようにテイクダウン。上から細かいパンチを入れ続けて1Rを終える。 2Rに入ると斎藤は組んでからボディへのヒザを連打。宇野が下になるとパウンドを入れ、宇野のタックルはがぶる。ポジショニングで圧倒した斎藤が、宇野を徐々に削り始めた。続く3Rも斎藤は執拗に...

  19. PANCRASE 286の感想 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    PANCRASE 286の感想

    ISAO○-×マルコ・ブルシッチ(2R TKO) 組み付きからテイクダウンしたISAOが、トップキープしたままガード越しにパウンドと肘を落とし続ける。2Rもパンチから組み付いてあっさりテイクダウンしたISAO。ハーフガードから肘で削るとサイドに回りアームロック。これは逃げられるが、最後はバックマウントからパウンドで滅多打ちにしたところでレフェリーストップ。 これでタイトルマッチ挑戦は確定か?...

  20. UFN108の感想 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    UFN108の感想

     今日はUFC・修斗・パンクラスに加えボクシング世界戦まで。俺を観戦疲れで殺す気かこのヤロー!というわけで観戦記は少しずつ消化していきます。オヴァンス・サンプレー○-×マルコ・ホジェリオ・デ・リマ(2R ヴァンフルーチョーク) 1Rはリマがローとミドルで攻勢。サンプレーは距離を取りながら飛び込んでのパンチは試みるが、手数が少なすぎる。ラウンド終盤にようやくサンプレーのパンチがヒット。 2R、...

1 - 20 / 総件数:62 件

似ているタグ