観戦記のタグまとめ

観戦記」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには観戦記に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「観戦記」タグの記事(64)

  1. 梅野vsワンマリオ - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    梅野vsワンマリオ

     MXでKNOCK OUTの試合映像をチェックしたので感想を。まず梅野源治vsワンマリオ・ゲーオサムリット。 1R、梅野が強烈なインロー。さらにボディストレート、ミドルで攻勢。2Rに入るとローをもらったワンマリオが早くもバランスを崩す。梅野はパンチ、ヒザ、ミドルと上手く攻撃を散らしていく。最終ラウンドもペースを崩すことなく攻め続けた梅野が完勝。 梅野の「KOイコール正義じゃない」という発言自...

  2. 斎藤vs宇野 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    斎藤vs宇野

     先日の修斗、メインの感想を。斎藤裕○-×宇野薫(判定) 最初にテイクダウンを取ったのは宇野。しかし斎藤はすぐ立ち上がると、組んでから投げ飛ばすようにテイクダウン。上から細かいパンチを入れ続けて1Rを終える。 2Rに入ると斎藤は組んでからボディへのヒザを連打。宇野が下になるとパウンドを入れ、宇野のタックルはがぶる。ポジショニングで圧倒した斎藤が、宇野を徐々に削り始めた。続く3Rも斎藤は執拗に...

  3. PANCRASE 286の感想 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    PANCRASE 286の感想

    ISAO○-×マルコ・ブルシッチ(2R TKO) 組み付きからテイクダウンしたISAOが、トップキープしたままガード越しにパウンドと肘を落とし続ける。2Rもパンチから組み付いてあっさりテイクダウンしたISAO。ハーフガードから肘で削るとサイドに回りアームロック。これは逃げられるが、最後はバックマウントからパウンドで滅多打ちにしたところでレフェリーストップ。 これでタイトルマッチ挑戦は確定か?...

  4. UFN108の感想 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    UFN108の感想

     今日はUFC・修斗・パンクラスに加えボクシング世界戦まで。俺を観戦疲れで殺す気かこのヤロー!というわけで観戦記は少しずつ消化していきます。オヴァンス・サンプレー○-×マルコ・ホジェリオ・デ・リマ(2R ヴァンフルーチョーク) 1Rはリマがローとミドルで攻勢。サンプレーは距離を取りながら飛び込んでのパンチは試みるが、手数が少なすぎる。ラウンド終盤にようやくサンプレーのパンチがヒット。 2R、...

  5. まさかの足立区ドリーム!武居由樹、K-1王者に! - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    まさかの足立区ドリーム!武居由樹、K-1王者に!

     K-1のスーパーバンタム級王者決定トーナメントを視聴。本命不在のトーナメントなので何が起きてもおかしくないとは思っていただが、それでもこの展開は想像すらしていなかった。石田圭祐○-×チャールズ・ボンジョバーニ(2R KO) 序盤から前に出続けた石田がローを効かせ、1R終盤にはボディからパンチの連打。押せ押せモードの石田は2Rにボディ連打でボンジョバーニを悶絶させダウンを奪うと、最後は左ボデ...

  6. ロマゴン敗れる。不敗神話の唐突な終焉 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    ロマゴン敗れる。不敗神話の唐突な終焉

     19日のボクシングダブル世界戦はライブ観戦できなかったのだが、終わってみれば2試合とも大きな節目になる試合だった。まずはWBC世界スーパーフライ級タイトルマッチ、ローマン・ゴンザレスvsシーサケット・ソールンビサイ。 1R、ボディを起点に攻めるロマゴンに、シーサケットもボディから強いパンチを返していく。1R終盤に近距離でパンチが交錯するが、ロマゴンの足が揃ったところにシーサケットのボディが...

  7. UFC on FOX24の感想 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    UFC on FOX24の感想

     メイン枠の感想を。ジェレミー・スティーブンス×-○ヘナト・モイカノ(判定) 2Rから見始めたのだが、その2Rはスティーブンスが徐々にスタンドで圧力を強め優勢。 勝負の3R、まずモイカノがテイクダウンを奪うがスティーブンスが立ち上がりスタンドへ。圧力と手数はスティーブンスだがパンチが大振りで、逆にモイカノは下がりながらも目立つ有効打を入れる。どっちに転んでもおかしくない展開の末、モイカノがス...

  8. RIZINの感想 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    RIZINの感想

     地上波で視聴。全体の感想を先に言うと、ハラハラする試合も度胆を抜かれる試合もあり、満足度の高い大会だった。7月のさいたまアリーナは日程を調整して足を運ばなくては。浅倉カンナ○-×アレクサンドラ・トンシェバ(判定) タックルを次々ときめた浅倉が腕十字、肩固め、チョークスリーパーで次々と攻勢。ここまで攻めたのなら一本取ってほしかったが、完勝と言っていい内容でRIZIN初勝利。KINGレイナ○-...

  9. SAKURA GENESIS の感想 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    SAKURA GENESIS の感想

     昨日の新日本プロレス両国大会の感想を。語りどころの多い大会だった。  メインのオカダvs柴田は期待通りの攻防を期待以上の密度で見せてくれる、見応え十分の名勝負。終盤のバックドロップとドロップキックの我慢比べ、柴田のレインメーカー式PK、PKに行こうとする柴田を引き戻してのレインメーカーという攻防は密度が濃すぎて呼吸するのを忘れそうになった。今年に入ってからのオカダは相手の持ち味を120%ま...

  10. UFC210の感想 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    UFC210の感想

    ウィル・ブルックス×-○シャーウス・オリベイラ(1R 裸絞め) 前に出るブルックスだが、オリベイラが組み付きから足を刈ってテイクダウン。立ち上がりかけるブルックスを再び倒すとバックに回り、おぶさりながらのチョークを極めて一本。ブルックスは同体重の相手に言い訳の効かない完敗。どうしてベラトールからの移籍組はこうも結果が出ないのか。チアゴ・アウベス○-×パトリック・コーテ(判定) 右のオーバーハ...

  11. Glory38の感想 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    Glory38の感想

     FightPassでGloryのアーカイブも見れるので、久々に海外キックをチェック。マーセル・グローエンハート○-×トンチャイ・シッソンピーノン(3R KO) 左右のフックを振るうグローエンハートに、シッソンピーノンは組んでのヒザ。パンチからヒザをもらったグローエンハートが倒れるが、これはローブロー。再開後なおも攻め込もうとするシッソンピーノンにグローエンハートがフックを打ち抜く!この後は...

  12. Krush.75の感想 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    Krush.75の感想

     メインの-65キロタイトルマッチの感想を。小宮由紀博×-〇中澤純(判定) 1R、ジリジリ前に出る中澤に小宮はローやミドル。中澤は距離が詰まるとパンチを強振し、さらに右ハイからテンカオを浅くヒットさせる。 2Rは小宮がボディストレートを起点にパンチを増やす。中澤も引き続き圧力をかけながらパンチを返し、二段蹴りのようなハイキック。ここまでほぼ五分の展開。 最終ラウンド開始早々、中澤が左右のロー...

  13. ゴーバーvsレスナー - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    ゴーバーvsレスナー

     ここ何年かはレッスルマニアで一番面白そうだった試合の動画をネットで探してチェック、というのが恒例行事になりつつあるのだが、今年も早速ゴールドバーグvsブロック・レスナーを視聴。 開始と同時にレスナーがスープレックス3連発。しかしゴーバーがスピアー2連発を返すと、場外スピアーでフェンスを破壊。リング上に戻って互いにジャックハマーとF5を逃れた後、ゴーバーがスピアーからジャックハマー!しかしレ...

  14. ランペイジvsモー - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    ランペイジvsモー

     今日のベラトール、メインの感想を。クイントン・ランペイジ・ジャクソン×-○キング・モー(判定) じりじりと前に出るモー。ランペイジはモーのパンチをスウェーでかわすが、組み付いたモーはダブルレッグからテイクダウン。立ち上がったランペイジのバックにつくとパンチを入れ、さらにシングルからテイクダウン。体重差は相当あるが、組み付けばどうにかなりそう。 2Rもスピードに勝るモーがランペイジのサイドに...

  15. リナレスvsクロラⅡ - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    リナレスvsクロラⅡ

     WBA世界ライト級タイトルマッチ、ホルヘ・リナレスvsアンソニー・クロラをライブ視聴。 前回は序盤からクロラが圧力をかけ続ける展開だったが、今回は1、2Rとクロラが思ったほど前に出てこず、意外と静かな立ち上がり。リナレスがコンビネーションを入れていくものの、あまり噛み合っていない印象。 ポイントは取っているもののリナレスもあまりリズムに乗れていないか、と思った3Rにリナレスがガードの隙間か...

  16. 覇彌斗vs田丸 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    覇彌斗vs田丸

     修斗後楽園ホール大会のセミをAbemaTVで観戦。いや、チェックしておいて本当に良かった。覇彌斗△-△田丸(ドロー) ジリジリ圧力をかけた田丸が蹴りからパンチ、さらにタックルへとつなげテイクダウンを狙う。覇彌斗が払い腰で投げるが田丸はすぐ立ち上がり、さらに覇彌斗に上を取られかけるものの、足関節を仕掛けると立ち上がり際にギロチン。覇彌斗が巴投げのような動きで脱出しかけるが、田丸はすぐさまバッ...

  17. NEW JAPAN CUP決勝 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    NEW JAPAN CUP決勝

     NEW JAPAN CUP決勝、柴田勝頼vsバッドラック・ファレを新日本プロレスワールドで視聴。今年のNEW JAPAN CUPはタイミングが合わずここまで試合映像を見れなかった。 試合内容から言うと、まあこんなもんかなあ…という感想。昨年の内藤や一昨年の飯伏のようなカタルシスは残念ながら感じられず。 柴田の優勝という結果もちょっと唐突というか、先日の大田区でベルトを全て失ったんだから一息...

  18. UFN107の感想 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    UFN107の感想

     昨日から泊りがけの家族旅行だったので諸々の興業はライブ観戦できず。感想は順次消化していきます。まずはUFCロンドン大会。ブラッド・ピケット×-○マルロン・ベラ(3R KO) 1R、ピケットがケージに押し込んで抱え上げるようにテイクダウン。スタンドに戻った後も圧力をかけながらピケットが攻勢。跳び膝にいったベラが着地したタイミングでピケットが左フックを入れダウンを奪う!ベラも細かくパンチやミド...

  19. UFN106の感想 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    UFN106の感想

    エジソン・バルボーザ○-×ベニール・ダリウシュ(2R KO) ミドルとパンチで攻めるバルボーザだが、ダリウシュは引くことなく前進しながらパンチ連打。バルボーザの攻撃も入るのだが構わず突進してくるダリウシュが近距離でパンチを振るっていく。打ち合いから被弾する場面の増えたバルボーザは徐々に手数が減ってくる。 2Rもダリウシュが圧力と手数で押していき、バルボーザにとっては苦しい展開。ダリウシュのパ...

  20. PANCRASE285の感想 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    PANCRASE285の感想

    上田将勝○-×ビクター・ヘンリー(判定) スタンドから上田がどんぴしゃのタックルを入れテイクダウン。しかしヘンリーはラバーガードから三角の体勢へ。がっちり極められピンチの上田だが、何とか凌ぐと終盤は反撃。 2Rも上田がタックルからテイクダウンを取ると、ヘンリーにバックを奪われそうになりつつもアームロックへ。ヘンリーが一度はバックを奪うが、上田はバックを取り返すとヘンリーの片足を四の字フックで...

1 - 20 / 総件数:64 件

似ているタグ