観戦記のタグまとめ

観戦記」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには観戦記に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「観戦記」タグの記事(56)

  1. コラレスvsカステジャノス - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    コラレスvsカステジャノス

     ベルチェルトvs三浦のセミで行われたWBA世界スーパーフェザー級スーパー王座タイトルマッチ、ジェスレル・コラレスvsロビンソン・カステジャノスの感想を。 コラレスは1Rから距離が詰まると回転力のある左右の連打を繰り出していく。2Rにコラレスの左が入り、カステジャノスの腰が落ちる。コラレスはこの後も飛び込みながらの左を繰り返しヒット。 互いに手数を出していく展開となり、3Rはカステジャノスの...

  2. G1開幕戦 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    G1開幕戦

     G1 CLIMAX開幕戦を新日本プロレスワールドで視聴。毎年書いている気がするが、開幕戦からこんなことやって大丈夫か?と不安になるほどのレベルだった。 メインの内藤哲也vs飯伏幸太は飯伏のコンディションが不安だったが、その場跳びフットスタンプや三角跳びケブラーダを繰り出した時点で懸念は完全に払しょく。タイガーマスクWよりもいい動きしてるんじゃないのか? 内藤の雪崩式リバースフランケンと飯伏...

  3. 7月15日ツエーゲン観戦 - ユーキのいんぎらぁと日記

    7月15日ツエーゲン観戦

    護衛艦かがを見てからツエーゲン金沢VSファジアーノ岡山さんとの試合を観戦に行きました。結果から言うと1-2で惜しくも破れました。失点シーンはミスからでも無く完全に相手の技術によってやられた感じでした。CKから直接決められるんだから仕方ないよな…それよりも2点取られてから1点取り返した粘り強さと最後まで戦う闘志が見られたことに満足してます。次は勝ってほしい!!

  4. UFN113 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    UFN113

     メインだけ見たので感想を。グンナー・ネルソン×-○サンチアゴ・ポンジニッビオ(1R KO) じりじり前に出るポンジニッビオ。距離が詰まったところでネルソンがパンチ連打を繰り出し、ポンジニッビオ下がる。今度はネルソンが圧をかけていくが、相打ち気味のパンチが入りネルソンぐらつく!ケージ際に下がるネルソンを追いかけたポンジニッビオ、パンチを打ち抜いてダウンしたネルソンにパウンド!レフェリーすぐま...

  5. G1 Special - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    G1 Special

     新日本プロレスのロス大会「G1 Special in USA」を視聴。 初日のメインであるオカダvsCodyのIWGP戦は、さしものオカダもこの相手と試合を作るのは難しかったか…という印象。これまでの新日本での試合も同じような感じだけど、Codyは試合のリズムがもろにアメプロなので、やっぱり新日本勢と手を合わせるとリズムの違いが目に付いてしまう。それでもCodyのレインメーカー、オカダのク...

  6. 三浦またも激闘!されどベルトに手は届かず! - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    三浦またも激闘!されどベルトに手は届かず!

     WBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ、ミゲル・ベルチェルトvs三浦隆司をライブ観戦。 1Rから圧力をかけ続ける三浦。ベルチェルトはボンバーレフトを警戒してか下がる場面が多いが、三浦も手数が出ない。1Rはこのまま終了か…と思ったところで、ベルチェルトの打ち下ろすようなフックが入り三浦がダウン!ダメージはさほどなさそうだが、もったいない展開でスタート。 2R以降も三浦は動きが固く、前進し...

  7. UFN112の感想 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    UFN112の感想

    BJ.ペン×-○デニス・シヴァー(判定) シヴァーがシングルレッグに行くが、BJ耐える。BJのジャブが入るが、シバーの右もヒット。BJが徐々に下がり始める展開で1R終了。 2Rもシバーがローとパンチで攻勢。しかしBJは下がりながらパンチを返すと、ジャブが立て続けにヒット。さらにシバーの入り際に右アッパー!ダウンしたシバーのサイドを奪うが攻め切れずにラウンド終了。 BJが流れを引き寄せたかに見...

  8. UFC213の感想 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    UFC213の感想

    ロブ・フォント○-×ダグラス・シウバ・デ・アンドラジ(2R ギロチンチョーク) 1R、フォントがタックルからテイクダウンを奪うと立ち上がり際にギロチン。スタンドに戻った後もパンチと組んでのヒザで先手を取り続ける。 2Rもフォントが前に出ながら左ジャブを突きさし、距離が詰まるとボディへヒザ。ケージに詰まったアンドラーデをテイクダウンすると、抱え上げられながらもギロチンチョークを離さずに締め上げ...

  9. やりすぎゲイジー! - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    やりすぎゲイジー!

     TUF25フィナーレの感想を。グレイ・メイナード○-×石原夜叉坊(判定) ジリジリ前に出る夜叉坊だが、メイナードにタックルを入れられテイクダウン。何度か立ちあがりかけるものの、そのたびにメイナードにしつこくタックルに入られ、トップポジションを許し続けたまま1ラウンド終了。 スタンドの展開に持ち込みたい夜叉坊だが、2R以降もメイナードにいいようにタックルを決められ、簡単にテイクダウンされてし...

  10. PANCRASE288の感想 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    PANCRASE288の感想

    近藤有己○-×ミノワマン(判定) ジリジリ圧力をかける近藤に、下がって距離を取るミノワマン。ほとんどコンタクトがない。ラウンド終盤にミノワマンが浴びせ蹴りを出すが不発。2Rも同じ展開で、ミノワマンは時おり飛び込んでパンチを出すが、ほとんど手数が出ない。 3R、ミノワマンの入り際に近藤の右がヒットし、ミノワマンがダウン。上を取った近藤に、ミノワマンはアームロック狙い。近藤が凌ぎ続けて試合終了。...

  11. パッキャオ敗れる。名王者も逃れられない「引き際」の泥沼。 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    パッキャオ敗れる。名王者も逃れられない「引き際」の泥沼。

     WBO世界ウェルター級タイトルマッチ、マニー・パッキャオvsジェフ・ホーンを観戦。 1R、積極的に攻めていくのはホーン。前に出てノーモーションの右ストレートや距離を詰めてのボディを繰り出し、思い切りよく戦えている。パッキャオはやや様子見か。 ホーンの体格差に手を焼きつつも、パッキャオは2Rに入るとタイミングをつかみカウンターが入り出す。3Rにはホーンの入り際にパンチを合わせるようになり、パ...

  12. ヒョードル&シウバ、ニューヨークに沈む - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    ヒョードル&シウバ、ニューヨークに沈む

     BellatorNY、セミとメインの感想。エメリヤーエンコ・ヒョードル×-○マット・ミトリオン(1R KO) じりじりと圧力をかけるミトリオンに対し、ヒョードルなかなか懐に入れない。互いに手数は出ないがミトリオンがヒョードルを動かしているか…というところで互いの右が相打ちになりダブルダウン!しかし先に起き上がったミトリオンが上を取ってパウンド!ヒョードルの意識が飛び、レフェリーストップ! ...

  13. 那須川vsシェーハン - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    那須川vsシェーハン

     FUJIYAMA FIGHT CLUBで那須川天心vsライアン・シェーハンのISKAタイトルマッチを拝見。 開始早々に右でシェーハンの顔面を捉えた那須川。そこからパンチの回転を上げシェーハンを下がらせると、ややガードが上がり気味のところに顔面への右ストレート→左のボディストレートを叩き込む。吹き飛ばされたシェーハンはそのまま立ち上がれず10カウントを聞き、那須川が72秒KOでタイトル防衛。...

  14. UFN110の感想 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    UFN110の感想

    ストラッサー起一×-○ザック・オットー(判定) ストラッサーは序盤からスタンドでパンチをもらい続け、組んでもテイクダウンが奪えない苦しい展開。2Rに蹴り足をつかんでテイクダウンに成功するが、ラウンド後半は上を取り返されバックマウントからチョークを狙われる。3Rは序盤からテイクダウンを取ったストラッサーがバックマウントをキープし続けるが、反撃も届かずスプリットの判定負け。 後半は追い上げること...

  15. K-1 WORLD GPの感想(トーナメント編) - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    K-1 WORLD GPの感想(トーナメント編)

     今年のK-1トーナメントにハズレなし、を継続する素晴らしい試合の連続だった。城戸康裕○-×ルーク・ウィーラン(3R KO) 序盤はウィーランの伸びる左に押され気味だった城戸だが、奥足へのローで徐々にリズムをつかむと、2Rにボディへのテンカオをクリーンヒット。下がるウィーランにテンカオとボディの連打を入れダウンを奪う。3Rに城戸はなおもローを効かせると、最後は左ミドルをグサリ。紹介Vを見た時...

  16. ウォードvsコバレフⅡ - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    ウォードvsコバレフⅡ

     WOWOWオンデマンドで生観戦。まずWBA世界スーパーバンタム級王座統一戦、ギジェルモ・リゴンドーvsモイセス・フローレス。 身長ではフローレスが10センチ以上上回るが、リゴンドーは序盤から飛び込んでのパンチを繰り出し、身長差を苦にしないいい動きを見せる。しかし1R終盤、リゴンドーがクリンチアッパーを連打しレフェリーが割って入ると同時にゴングが鳴るが、リゴンドーは既にモーションに入っており...

  17. オカダvsオメガ - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    オカダvsオメガ

     新日本プロレス・大阪城ホール大会の感想を。何はなくとも、メインのオカダ・カズチカvsケニー・オメガによるIWGPヘビー級タイトルマッチ。 「東京ドームにはやや及ばない内容の試合でオメガが勝利」というのが大方の予想しているラインだった…と勝手に思っているのだが、とにかくフルタイムドローという結果を予測できていた人は皆無だったのでは? 前半はオカダが膝を痛めたブックを挟みつつ意外と抑え目の展開...

  18. UFC212の感想 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    UFC212の感想

     メイン以外の感想を。エリック・シウバ×-○ヤンシー・メデイロス(2R KO) 1Rにメデイロスのワンツーでシウバがダウン。シウバはここからミドル・ローを起点にパンチで反撃。2Rに入るとシウバのリズムが良くなりミドルからパンチのコンビネーションが入るようになる。が、メデイロスの左一発でダウンしてしまい、パウンドをもらったところでストップ。ダメージの蓄積があるかなあ。パウロ・ボハシーニャ○-×...

  19. KUSHIDA vs オスプレイ - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    KUSHIDA vs オスプレイ

     今年のBOSJはリーグ戦をほとんどチェックできていなかったのだが、優勝決定戦だけでも新日本プロレスワールドで視聴。 序盤はランカシャースタイルの攻防から側転・空中ドロップキックの応酬で場内の空気を温めるKUSHIDAとオスプレイ。こいつら最高。ここからKUSHIDAがコーナー最上段からの場外トペコン、かつてオライリーが使っていた雪崩式アームロックでまずは主導権を握る。 しかしオスプレイも場...

  20. アルド陥落! - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    アルド陥落!

     UFC212、メインの感想を。ジョゼ・アルド×-○マックス・ホロウェイ(3R KO) ホロウェイが前に出てくるが、アルドはホロウェイの飛び込み際にパンチを合わせ、ホロウェイのパンチはバックステップでかわす。ホロウェイは離れ際にも左フックを出してくるが、アルドは回避。アルドのワンツーが入り、下がったホロウェイにアルドが連打から跳びヒザ!ホロウェイはなんとか凌ぐが、ペースを握ったのはアルド。 ...

1 - 20 / 総件数:56 件

似ているタグ