記事のタグまとめ

記事」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには記事に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「記事」タグの記事(79)

  1. お菊さんの幽霊図を確認 - 世の中の動き

    お菊さんの幽霊図を確認

    関東大震災で焼失したとされていた日本画家、鏑木清方(かぶらぎきよたか)(1878~1972)の幽霊図「茶を献ずるお菊さん」が約1世紀ぶりに確認され、台東区の全生庵で展示されている。お菊は怪談「皿屋敷」に登場する幽霊で絵は東京都内の画廊が6月に入手した。同庵は三遊亭円朝の菩提寺。

  2. 何も書くことがない日のブログ - 幸せと笑顔を運ぶ 難病もちの理学療法士&アクティブカラーセラピスト さあらのブログ

    何も書くことがない日のブログ

    何も書くことが思いつかない日は「何も書くことがない」という記事が書ける。何も書くことがない日は何もなかったわけではないけれど何も書く気になれなかったり別に書きたくないわけじゃないけれどどうもうまく文章がまとまらない日だったり。そんなことをつらつらと書いているうちに「何も書くことがない日」という記事が1つ出来上がっている。何も書くことがない日もまた善き日なのでしょう。そんなあなたの上に平安あれ...

  3. 芥川賞と直木賞の選考基準の違い - 世の中の動き

    芥川賞と直木賞の選考基準の違い

    しばし、耳にするのが芥川賞=純文学、直木賞=エンターテイメントという図式。主催する日本文学振興会は、芥川賞は、新進作家による純文学の中・短編から、直木賞は新進・中堅作家によるエンターテイメント作品から選ばれとするが、その境目はあいまい。ウェブサイト「直木賞のすべて」を運営する川口に則弘さんは、直木賞は一般に考えられている大衆文学とは違う。大衆よりも文学に重きを置く傾向がある。数回の芥川賞候補...

  4. 飲食店の無断キャンセル - 世の中の動き

    飲食店の無断キャンセル

    飲食店が予約していた客が現れず、連絡も取れない「無断キャンセル」に頭を悩ませている。6千円のコースを午後8時半から予約していた15人が、時間になっても来店せず、電話もつながらない。忘年会シーズンで、何組も断った後。キャセル分の売り上げがゼロになった。ブラックリストを共有する」予約キャンセルデーターベース」サイトの登録店舗は2000店舗ほどになったという。

  5. 大学スポーツの収益を上げろ - 世の中の動き

    大学スポーツの収益を上げろ

    観客やグッズ販売を増やして収益につなげ、大学スポーツを盛り上げる動きが広がり始めている。台所事情が厳しい大学がある中、国も後押しに乗り出している。スポーツ庁は米国でテレビ放映権料など年間約14億円の収益を上げる全米体育協会(NCAA9をモデルに2018年度中に日本NCAAを創設する予定。グッズの売り上げ、放映権料など集めた、お金で、知名度の高くない大学も含めて支援する計画。

  6. 私達の知る関ヶ原合戦は江戸時代の創作 - 世の中の動き

    私達の知る関ヶ原合戦は江戸時代の創作

    現在伝えられている関ヶ原合戦はフィクションの可能性が強い。異説1、秀忠率いる隊は、しなくてもいい信州上田城を攻撃。→目的は信州方面の西軍力の平定で、上田城攻撃は既定の方針だった。異説2、小早川秀秋は、家康に鉄砲を撃ちかけられて攻撃を開始。→裏切りは開戦直後。鉄砲を撃ちかけられた事実は無い。有名なエピソードのほとんどは、江戸時代中期以降の「軍記物」にしか出てこない。小早川が開戦と同時に裏切り、...

  7. テレビドラマの保存の難しさ - 世の中の動き

    テレビドラマの保存の難しさ

    テレビドラマは、1953年の初放送から今年で64年になる。8月6日まで開催した「大テレビドラマ博覧会」。ドラマ展から収集保存の難しさが浮かんだ。70年代初頭までのドラマの映像はほとんど残っていない。ドラマ博は出演者が個人的に録画したものや、局に埋もれていた作品を発掘するなど苦労を重ねて実現した。ドラマは多くの出演者や製作者が関わり著作権や肖像権問題で収集できても許可を取れず公開出来ないことも...

  8. 発売前に無料で公開 - 世の中の動き

    発売前に無料で公開

    「発売前の本を無料で読んでみませんか?」。電子書籍やサイトで作品に目を通してまらい、ツイッターなどを通じて評判を拡散させる狙い。「腕に覚えのある読者のお力をお借りしたい」。発売前の小説「ルビンの壺が割れた」を電子書籍やサイトで全文無料で公開。限定2週間の期間中、ダウンロード数は1万を超え、キャッチコピーや感想は計6千件を超えた。又、あるイタリアの作家の作品が世界43カ国で計550部だが。今の...

  9. 街ピタに掲載して頂きました(*^-^*) - 『OH! ブクロ』 大袋駅から徒歩5分 パソコン市民IT講座 大袋教室ブログ

    街ピタに掲載して頂きました(*^-^*)

    こんにちは!大袋教室Aです(^^)『ピタットハウス大袋店・とらや住宅』さんのブログ『街ピタ』に大袋教室が掲載されました~!(*^-^*)大袋駅西口から歩いて1分の『ピタットハウス大袋店・とらや住宅』さん。地元を愛し地元に密着して、様々な不動産サービスを提供されている会社です。街ピタは、スタッフの方が地域のオススメ情報をアップされているブログです。大袋教室を紹介していただき、大変光栄で嬉しいで...

  10. ゾンビ関係の書籍が続々 - 世の中の動き

    ゾンビ関係の書籍が続々

    映画や漫画、ゲームから現実社会のイベントまで、「ゾンビ」について考察する書籍が相次いでいる。奈良県立大准教授の岡本健さんの「ゾンビ学」は、世界初の総合的学術研究所をうたう。ドラキュラなどのモンスターと異なり、ゾンビは群れとして描かれることが多い。ゾンビはハイチ共和国におけるブードゥー教に端を発している。ジョージ・A・ロメロ監督の映画「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド」(1968年)において...

  11. 高性能マシンになって戻ってくる - 世の中の動き

    高性能マシンになって戻ってくる

    全国の高校球児に愛されてきたピッチングマシンが、レベルアップして戻ってくる。ピッチングマシンの製造を手掛けていたのは栃木県足利市の「スナガ開発」。ところが、経営不振などから1月の事業停止し、3月に倒産。多くの野球選手に夢を届けたいと関係者が復活に奔走し、新しい会社を立ち上げた。新機種は球速、球種を自在に操り、有名選手の投球内容をそのまま再現できるという高性能マシンだ。

  12. 温泉成分の泡入りジェットコースター - 世の中の動き

    温泉成分の泡入りジェットコースター

    温泉と遊園地を一体化させた「湯~園地」が7が29日、大分県別府市の遊園地「別府ラクテンチ」にオープンし、約3千人が詰めかけた。座席に温泉成分入りの泡を敷き詰めたジェットコースターなど温泉にちなんだ12のアトラクションを楽しんだ。31日の期間限定で行った。今年2月からクラウドファンディングや一般寄付などで約8200万円を集め、実現にこぎつけた。入場できたのは8千円以上の支援金を出した人達。当日...

  13. 地獄・極楽案内 - 世の中の動き

    地獄・極楽案内

    平安時代の僧・源信(げんしん)(942~1017)が残した著書「往生要集(おうじょうようしゅう)」によって地獄・極楽の世界観を表した。往生要集は念仏修行者らに向け、極楽へ行くための案内書として書かれた。ただ往生要集には三途(さんず)の川や閻魔(えんま)による裁判、子供が河原で石を積む場面は出てこない。往生要集で輪廻(りんね)の考えがある。しかし、キリスト教にも天国と地獄があるが、仏教のような...

  14. 100歳前後の女性の本が続々ベストセラー - 世の中の動き

    100歳前後の女性の本が続々ベストセラー

    高齢の筆者が人生をつづる本が売れている。近年のベストセラーには高齢の筆者が目立つ。幻冬舎の鈴木さんは、これらをアラハン本と呼ぶ。アラウンドハンドレッド、つまり100世前後の著者による本だ。読者は60~80代の女性が中心。フリーライターの永江郎さん(59)は「社会の周縁にいる人達の言う事に世間は同調する。今は、それがおばあさんなのです」と言う。

  15. 富士登山道に誤った矢印 - 世の中の動き

    富士登山道に誤った矢印

    富士山の静岡側にある須走口の本7合目付近で、正しい登山道とは別の方向を示す矢印の落書きが見付かった。矢印が白いペンキで書かれていた。矢印の示す方向は足場が悪く、滑落の恐れもあるという。約300㍍にわたって岩などに書かれ矢印や丸印が42カ所あったという。実際に落書きに従って、迷った登山者が出ている。

  16. 髪は女の命 - 世の中の動き

    髪は女の命

    女性が多彩な髪型を手にするまでには、時代に翻弄(ほんろう)されながらも新しいスタイルに挑戦した先人達の姿がありました。今は、ショートカットが珍しくない。だが戦前の価値観は違った。大正の終わり頃から登場したモダンガール達だが、断髪(ボブスタイル)の女性は異端児扱いされていたようだ。長い髪を切ることは女性自身にとっても抵抗があったようだ。結局、ショートカットが広まったのは太平洋戦争後の50年代の...

  17. 7年ぶりに相馬野馬追(のまおい)が開幕 - 世の中の動き

    7年ぶりに相馬野馬追(のまおい)が開幕

    福島県相馬地方の伝統行事で国の重要無形民俗文化財の相馬野馬追が7月29日開幕した。31まで。原発事故後中断していた騎馬武者行列が7年ぶりに再開された。29日は、相馬小高神社に武者姿の人々が集まり、出陣式が行われた。避難先から帰還した住民らは沿道から盛んに拍手を送った。

  18. 高価なので、ウナギの不正相次ぐ - 世の中の動き

    高価なので、ウナギの不正相次ぐ

    日本人が最もウナギを食べる土用の丑(うし)の日は今年、25日と8月6日。国際自然保護連合が2014年にニホンウナギを絶滅危惧種に指定し、消費者にも資源に対する理解は広がりつつある。一方、高値で取引される稚魚をめぐって、不正が相次ぐ。普段食べるウナギが合法的な稚魚から育ったと証明するのはほぼ無理。国内で稚魚を捕るには都道府県知事の許可が必要。水産庁によると、無許可での密漁の他、採捕者が指定され...

  19. シロイルカの水吹きショー - 世の中の動き

    シロイルカの水吹きショー

    暑さが続く中、横浜市の八景島シーパラダイスで、シロイルカの「クルル」が口から水を吹きだしたり、コビレゴンドウが尾びれで水を掛けたりして、涼を届ける「スプラッシュショータイム」が行われている。クルルが飼育員の合図で、口に含んだ水を勢いよく客席に吹きかけると、集まった子供達はずぶぬれになって歓声を上げていた。八景島シーパラダイスへ行きたいと以前から思っていました。この度、来月19日に行く予定です...

  20. 築地市場のネズミが銀座へ移動 - 世の中の動き

    築地市場のネズミが銀座へ移動

    築地市場の移転によって、ネズミが目と鼻の先にある銀座界隈の繁華街へ大移動が始まるかもしれない。市場を管理する都によると、ネズミは閑散時の午後を中心に姿を見せるという。ネズミが周辺に引越しするのを食い止めるため、移転ギリギリまで駆除を続けたいと、都の担当者は説明する。築地市場の周辺1㌔圏内には銀座の高級飲食店などが立ち並ぶ。今回、ネズミが拡散すれば、こうした店にも悪影響が出かねない。

1 - 20 / 総件数:79 件

似ているタグ