訳詞のタグまとめ (7件)

訳詞のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには訳詞に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。
by マイケルと読書と、、

プリンスの未発表曲(デモVersion)の和訳です。この曲は、1993年の映画『ハリウッド・トラブル(原題:I’ll Do Anything)』のために書かれたものなんですが、実際に発売されたサントラは『レインマン』や、『ライオン・キング』など数々の映画音楽で有名なハンス・ジマー作曲のもので、主演俳優のニック・ノルティが録音したバージョンも行方知らず・・・ただ、プリンスが、小さな娘に、父親と...

by マイケルと読書と、、

今年は最後の最後まで、一時代を築いた人の訃報が続く年でしたが、私の青春時代からずっとクリスマスシーズンの街に欠かせなかった曲を作ったジョージ・マイケルが、クリスマス当日に旅立ってしまうなんて・・・ジェームズ・コーデン(英国の俳優・コメディアン):僕は物心ついた頃から、ジョージ・マイケルが大好きだった。彼は絶対的なインスピレーションだった。常に時代を先取りしていた。ジョージ・マイケルが「Pra...

by マイケルと読書と、、

『インヴィンシブル』からの和訳12曲目は『2000Watts』。この曲は、共作者でもあるTyrese Gibson のアイデアから作られた曲で、Tyreseの「Watts」は、彼が育ったロスアンジェルスの黒人スラム街のこと。彼は貧困にあえぐWatts地区のために、「2000Watts」というタイトルの作品を考えていたようですが、このタイトルを気に入ったマイケルは、Tyreseが設立した基金に...

by マイケルと読書と、、

『インヴィンシブル』からの和訳11曲目。プリンスのあと、マイケルの訳詞を紹介すると、MJの言葉が軽く見えてしまわないか心配なので、ちょっぴり言い訳からwプリンスが書く歌詞は、彼が尊敬するジョニ・ミッチェルなどと同じく、英米詩人の系譜に連なるものですが、マイケルは大変な読書家でありながら、文学的に評価されるような様々なテクニックをほとんど使っていません。それは、プリンスが「One Song」で...

はい、ボブ・ディランのノーベル賞バンケット・スピーチ、なかなか面白かったですね。これでちょっと思ったのは、日本語の「文学」という言葉の定義と、「literature」の定義が違うんではないか、ということですね。広辞苑で「文学」を引いてみると、「詩歌・小説・物語・戯曲・評論・随筆など」となっています。英語の辞書で「literature」を引くと、「novels, plays and poems...

by マイケルと読書と、、

週末は、羽生選手の活躍で「Let's Go Crazy」を何度も聴かれた方も多いと思いますが、プリンスの訳詞11曲目は、それとはかなり雰囲気の違う「One Song」を。前回の「Last December」の2年前、1999年12月31日に、プリンスのウェブサイト「love4oneanother.com」で公開されたもので、アルバムには収録されていません。9分間ほどの曲のうち、歌が始まる前の...

by マイケルと読書と、、

クリスマスソングが流れる季節になりましたが、プリンスの「Last December」を紹介したいと思います。この曲が収録された『レインボウ・チルドレン』(2001)は、プリンスのアルバムの中で最も宗教的なメッセージにあふれたアルバムだと言われています。エホバの証人に改宗したことが大きな理由だとは思いますが、彼がこれまでの個人的な信仰から、教団の教義や仲間を求めた理由には、生まれたばかりの子供...

似ているタグ