読書のタグまとめ (426件)

読書のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには読書に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。
by 道草だより

 ニッカウヰスキーの創業者である竹鶴政孝とその妻リタの出会いから生涯を描いた本です。史実とは少し異なる部分もあるようですが・・・。この本は、管理栄養士さんの書いた「食の本棚」の中に、英国の食卓の描写が素晴らしので紹介してありました。それで読んでみることにしました。 NHKの朝どら「マッサン」と重なり、興味深く読み進めることができました。長編ではあったが、文章表現が理解しやすく読みやすい。久し...

by 空のように、海のように♪

「従軍慰安婦をめぐる30のウソと真実」(著・吉見義明・川田文子)日本軍は慰安婦制度をつくりアジアの女性に対する重大な人権侵害を犯してきた。従軍慰安婦問題は南京大虐殺とともに日本が犯した罪の最たるものだ。この出来事に対して、おかしな方向に行っているのは戦争肯定論だ。敗戦国となった日本はポツダム宣言を受諾した。その瞬間、戦勝国は善で敗戦国は悪とされた。それはおかしいと誰でも思う、日本には「喧嘩両...

by 日々是好日

オフなので散歩三昧。9時半に家を出て卸売市場の食堂で朝酒刺し盛りで燗酒流し込む。金山の床屋で髪を切って鶴舞の中華そば屋で昼飯。栄に移動してジャズ喫茶でLPを聴きつつビール休憩。大須に移動し焼鳥屋でビールと燗酒を流し込み金山のレコ屋で掘り帰宅。ぐっさん家とアド街を眺めLPを聴きバーボンも呑み。肴:クラッカー酒:フォアローゼズデイヴ・ブルーベック・クインテッド「TIME OUT」イーグルス「EA...

by 蛙軒

どうしましょう。人が来ない。ブログを書こう。今年も小田の銀杏祭に行ってきました。去年も行ったのだけど、大きなおおきな樹齢1000年以上もの銀杏の樹の下で、朝からおじいちゃん、おばあちゃんたちが蕎麦をうって、お餅をついて、お煎餅焼いて、それを銀杏の樹の下でみんなでワイワイ食べるのです。銀杏が舞う様はほんとに美しくて。ありきたりかもしれないけど、銀杏散るなり夕日の丘に、、て句が何度も浮かぶ。一枚...

いよいよ12月になりました。今年もあと1カ月。子ども達にとっては、12月は大好きな月のようですね。クリスマスイブまでのカウントダウンが始まった人もいるようです。今年のクリスマスプレゼントは何をお願いするのか聞いてみると、考え中という人や、内緒でサンタさんに手紙を書くという人がいました。良い子にして、楽しいクリスマスを迎えてね!!作文教室のこと。17時~のクラスも18時~のクラスも、今日の課題...

by tamazusaブログ

tamazusa_doの本棚 - 2016年11月 (15作品)きみの友だち (新潮文庫)重松清読了日:11月01日給食のおにいさん 浪人 (幻冬舎文庫)遠藤彩見読了日:11月06日駅前旅館 (新潮文庫)井伏鱒二読了日:11月07日胡蝶殺し (小学館文庫)近藤史恵読了日:11月09日ブラックボックス (朝日文庫)篠田節子読了日:11月12日秋萩の散る (文芸書)澤田瞳子読了日:11月15日お...

by Digital Diary

本棚整理をして、見た目はあまり変わらないけれど、使いやすくなったかなぁ...日当たりが良いので、多肉を置くスペースも作った。そして、Miaちゃんの居場所もね。

by うぃーく・えんど

シリーズ2作目。かなり地味ですが、捜査ってこんな感じ何だろうなと思わせる作品です。地味ですが、実際のところこんな風に進むんだろうな。主役の刑事は優秀に書かれてますが警官の不祥事は毎日のようにあるのはムカつく。

by 奥野宣之の実験室

『完全版・情報は1冊ノートにまとめなさい』『完全版・読書は1冊ノートにまとめなさい』の2冊の台湾版が出そろいました。じつは『情報は1冊』のほうは9月くらいに、見本が届いていたのですが、アップするのを忘れていました。きのう『読書は1冊』の見本が届いたので、晴れて2冊同時にアップ! というわけです。広く読まれることを願っています。台湾には行ったことないんですけど、行ってみたいなあ。 ☆11月は、...

by ふらんす便り

11月末の息子の誕生日が無事に終わりました。早いものでもう6歳。わたしのかわいい赤ちゃんがほんと、もう6歳になったのだね。そら乳歯もぐらぐらし始めるわ、、(もうすぐ抜けそう)。学校のお友達と1回、三人家族で当日に1回、仏家族と1回、計3回のお誕生日会のため、計4個のケーキ(バナナ、アプリコット、ココナッツ)を焼き、我が家の母の味パンダクッキーも焼いて、9人分の子供達のおやつの準備、12人分の...

by シェーンの散歩道

今日は雨が降り始める4時まで木々の雪囲いで忙しく過ごしました。雪のたよりはまだありませんが、早めにやっておくに越したことはありません。「いったいぜんたい、どうしてこんなことをしてきたのだろうか。」       ロバート・フルガム    ‛「人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ」の著者が贈る    究極のエッセイ’「つつましい英雄」 マリオ・バルガス=リョサ「鋼鉄の罠」 バヴァル・ヘル...

by 空のように、海のように♪

「戦争と読書」(著・水木しげる・荒俣宏)水木しげる出征前手記。20歳の水木しげるが出征直前まで考え続けた死ぬ意味、戦争の無意味。話題の映画「この世界の片隅に」を観た時、水木しげるの戦記と同じ感覚を得た。楽天的だがそこはかとない悲しさが流れる、普通の人たちが言葉にできない重苦しさの中で生きて行く姿があった。この映画を観た人たちの中で「これは反戦映画ではないからいい」といった感想があるらしいが、...

こんにちは!Maluです**********寒い寒い夜は自宅で読書・・・東京は”街”も”人”も時が早く動いていますストレスフルな東京では息ぬきが大切今夜は強制的に自分の時間をとめてみる・・・(本の紙の手触りが好きなのでBookカバーをはずします)時間を止めたい日は読書をする本日の本『ほかならぬ人へ』白石一文さんの文章は好き嫌いが分かれると思います日本人の読書離れが増加しているそうです正しい日...

by おなすインフォメーション

全国100万人 おなすインフォ読者の皆さま、こんにちは。エネルギー(波動)からのアプローチは、SHINGOさんのブログを読んでもらいたいです。すばらしく価値あることの惜しみないシェアと同時に、とても分かりやすく書いてくださってます。204日目 Happyちゃんからの秘伝(『人生は魂(ハート)に聞こう!』より) 本(ほんわかしたマンガ)で伝えているのはこちら『ワクワク! マンガで引き寄せDre...

今週も始まりました。月曜日恒例のたとえ(まるで~のよう)の表現を紹介しますね。たとえのレベルもどんどん上がってきていますね。使えそうな表現は、どんどんまねして使ってね。「わたしは、まるでかぜのように大なわにはいりたいです。」「かわいいマグネットがたくさんあったので、そのマグネットを手にとって、さっそく家にかえってつけてみると、まるでしんだ虫がじごくにおちるかのようにポロッと二秒でおちてしまい...

by うぃーく・えんど

革命シリーズとうとうラストです。最終巻でやっとサーシャの思惑がわかったが、なんか物足りんな。長かった割にはあっさりと終わってしまった。すみれがあんまり目立ってないのと大川が目立ってるのがなんか残念。

by quelque chose

2016年10月の読書メーター読んだ本の数:12冊ようこそ、映画館へ読了日:10月3日 著者:ロバート・クーヴァー楽しい夜読了日:10月4日 著者:ある投票立会人の一日読了日:10月8日 著者:イタロ・カルヴィーノイエスの幼子時代読了日:10月9日 著者:J・M・クッツェー誰もいないホテルで (新潮クレスト・ブックス)読了日:10月11日 著者:ペーターシュタムホテルワールド読了日:10月1...

by Xtra ELate VISitor!

キノの旅 (19) the Beautiful World (電撃文庫)まぁ、キノとエルメスは「いつも通り」(´ε`;)でも、そうだな。ふと気づくと キノの冷酷なまでの(?)攻撃性、ちょっと鳴りを潜めたかな―あの容赦ない感じも嫌いじゃあなかったのだけれど。さて。やはり、ここのところ存在感増し増しなのは、フォト&ソウ。「助けに来た国」何百年単位で離ればなれになっていた―“人間”と“獣人”の物語...

by うわのそら

 午前中、一家で図書館へ行きました。次女の絵本をたくさんと、それから長女がいまハマって4巻まで読んだ『かいぞくポケット』の5~7巻と、同じくハマっているモモちゃんとアカネちゃんシリーズの『ちいさいアカネちゃん』を借りました。かいぞくポケットはフリガナのない漢字があって自分では読めず、寝かしつけのときに読んでいるのですが、毎回ハラハラドキドキの展開なので、今日も「続きが気になりすぎて眠れない!...

夕べから、また良寛へ戻る。途中、浮気して他の本へ行くのだが、このところ良寛が面白い。今朝もまた朝食後から。良い詩があったら書きつけて、、、模索。。その繰り返し。自分なりの良寛像が形作られて。。

似ているタグ