読書のタグまとめ

読書」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには読書に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「読書」タグの記事(422)

  1. 蜜蜂王子に感激 - 合歓の風

    蜜蜂王子に感激

    買おうと思っていたら、とうとう図書館の順番が回ってきました。結局四日かかってしまったんですが、寝ても覚めてもこの本のことばかり考えていました。終わって欲しくないと思いつつ、ページが進んでしまいましたピアノ曲は大好きでしたので、「あ~そういう聴き方もあったんだなー」と感心したりその曲を始めて聞いた時の感動をありあり思い出したりしました音楽という一瞬に消えていくイメージを詩的言葉で綴った著者の努...

  2. 久々の投稿です! - 統失&自閉スペクトラム症&HSPゆちゃこ33歳の日々日記

    久々の投稿です!

    こんにちは!ゆちゃこです約1か月ぶりの投稿ですこの1か月間は子供の手足口病がうつって私自身高熱が出たり、就労移行支援に通ったり、MOSの勉強をしていたりと、何かと頑張っていました。ちなみにMOS試験は今月下旬です。今日は朝から修羅場でした数日前から私の調子が良くなく(疲労感、眠気、食欲がありすぎる、など)多分いろんなことのストレスが溜まっていたんだと思います。今朝爆発して実家に帰る、帰ると、...

  3. 蒼き海狼 火坂雅志 を読む - わたらせ

    蒼き海狼 火坂雅志 を読む

    時は鎌倉時代、元寇を2回目を追い返した翌年から物語が始まる。主人公朝比奈蒼二郎は祖父が幕府に使えていた鎌倉に戻ってきた。そして懐かしむ前に捕まって牢に入れられてしまうことから始まる。さらには三度目の元の進行があるか、元の支配している中国に渡り、諜報活動をし、その後、様々な成り行きからの大活躍を描いている。海狼ということで、船乗りの話と期待していたが、実際の海戦は深くは書いていないが、蒼二郎が...

  4. 雨の日は読書が一番 - シェーンの散歩道

    雨の日は読書が一番

    「フランク・デリク81歳の素晴らしき普通の人生」              J.B.モリソン「ためらい」 ジャン=フィリップ・トゥーサン「アウトサイド」 マルグリット・デュラス今日は一日中雨で、ようやく午後5時ごろに上がりました。こんな日はのんびり友人と一日過ごすのも楽しいものお互いの近況報告から始まって、HDDに録りだめてある山の映像から「剱岳」を観ながら彼の8回の剱岳登頂の話車の話あれこ...

  5. ノートルダムの鐘 - 【作文・小論文教室】今はじまる未来へ

    ノートルダムの鐘

    8月18日(金)ずっと楽しみにしていた「ノートルダムの鐘」を観てきました。DVDを見たり本を読んだりして予習をしてこの日を待っていて、劇団四季はこのお話をどのように表現するのだろうかと楽しみでたまりませんでした。私が観た回のカジモト役は田中彰孝さん。エスメラルダ役は岡村美南さんでした。美しいエスメラルダに負けないカジモトの存在感がさすがでした。観るまでは、醜いカジモトをどのように前面に出して...

  6. 一橋文哉「国家の闇」 - 湘南☆浪漫

    一橋文哉「国家の闇」

    聞いたことのある事件だけど、掘り下げるとドロドロしてる…。深いね…。

  7. 最近読んだ本(飛行士たちの話、性・差別・民族、Backcountry Ski Book) - blog版 がおろ亭

    最近読んだ本(飛行士たちの話、性・差別・民族、Back...

    この盆休みは雨続きでよく本が読めました。★飛行士たちの話〔新訳版〕何冊かシニカルな短編集を読んだことのあるロアルド・ダールの処女短編集。エピソードは第2次世界大戦で戦闘機に乗っていたダール自身の経験に基づいている。坊主によると「紅の豚」にも使われた話があるらしい。(「彼らに歳は取らせまい」)「あなたに似た人」という短編が最後にあって、ダールには同じ題名の短編集があるので気になった。夜の雨降る...

  8. 予約の順番が一気に回ってきました! - tamazusaブログ

    予約の順番が一気に回ってきました!

    図書館の予約の順番が一気に回ってきました!実は、自分の市の図書館と、隣の市の図書館、両方を利用しているので、両方一気に回ってくるとピンチです。お盆でいろいろ家族イベントなどあり、先に借りた本がなかなか進まなかったし、どれも後ろに待っている人がいるので早く読まなくてはいけません。とはいえ、上の4冊のうち3冊は、ずっと読んでいるシリーズ物なので、表紙をめくって懐かしい世界に入ると「帰ってきたーー...

  9. 「火星の人」アンディ・ウィアーを読む - わたらせ

    「火星の人」アンディ・ウィアーを読む

    「火星の人」は原題”The Martian(火星)”で邦題”ODYSSEY”で映画公開された。もともと、ウィアーが2009年に執筆を自分のウェブサイトに無償公開していった。一章ずつ公開とあるので全26章なのでの26回に分けて書き進めたことになる。電子書籍として読みたいという声に答えてアマゾンのキンドル版を作成したそうである。SFを映画化されたものを見るとがっかりすることが多いので、「オデェッ...

  10. サロメ - 【作文・小論文教室】今はじまる未来へ

    サロメ

    8月16日(水)今日は「五山送り火」があります。暑い暑い夏にひとくぎり。私も送り火を見届けながら、先祖の魂との再会を、家族の健康を、世界の平和を祈ろうと思います。さて、今日は本の話。最近読んだ本の中から、おすすめしたいような、おすすめできないような、刺激的な本について書きます。この本ね。サロメ原田 マハ/文藝春秋undefined「愛する人の生首がほしい」そんな狂気に満ちた話です。。。愛と憎...

  11. 彼女がその名を知らない鳥たち - Scrap!

    彼女がその名を知らない鳥たち

    Kindleで読み始めた沼田まほかるの「彼女がその名を知らない鳥たち」。たまたまKindle unlimitedに出てて、映画化されるのも知らず読み始めたけど、主人公始めどいつもこいつもゲスいクズ級人間ばかり。読んでてあまりの不快さに削除しようと何度も思うけど、でも怖いもの見たさについつい読み進んでしまう。

  12. 『鴨川物語―哀惜新選組』子母沢寛 - Tomomoの備忘録

    『鴨川物語―哀惜新選組』子母沢寛

    ・内容(「BOOK」データベースより)京都の母なる川、鴨川で髪結の店を開く兄弟や、岡田以蔵たちによって、この川で凄惨な最期を遂げる公卿、目明かし。幕末絵巻の中に、新選組の面々や勤王の志士たち、そして彼らをとりまく人々の人生が鮮やかに浮かび上がる。幻の名作復活。・メモ司馬遼太郎の『燃えよ剣』を読み終わったので、違う視点から新選組の動きを知るために、以前から名前だけは知っていた子母沢寛の作品を読...

  13. 「浸食捜査」(読書no.227) - 空のように、海のように♪

    「浸食捜査」(読書no.227)

    「浸食捜査」 (著・安東能明)水死体で発見された若い女性の胸に小さなあざのような刺青が?赤羽署安全課の疋田は入水自殺と思われた遺体から事件性を感じる。物語は警察小説の期待を裏切らず、病院詐欺や患者取り違え事件等をからませ絶妙な展開で読者を引き付ける。美容整形失敗に見せかけた殺人の背景に病院の隠蔽体質と過去の犯罪調査の過ち、疋田がそれを暴いていく。手術台に乗った患者に殺人者となった医師のメス...

  14. 羽田圭介「成功者K」 読了 - ミニとベスパの4速アソビ

    羽田圭介「成功者K」 読了

    羽田圭介「成功者K」 読了_______________________________________長文になりそうそして、未読の方は読まない方がいいでしょう久しぶりに読了後頭が混乱している実によく練られた作品だ最初の仕掛けは装丁に始まっておりあくまでも主人公を羽田氏本人に置き換えて読むように仕組まれている僕は図書館で借りたので、帯はあとでで見た「これは実話かフィクションか?!」と書かれて...

  15. 暑中お見舞いのはずが・・・ - プリプエママのHAPPYな一日

    暑中お見舞いのはずが・・・

    なんだか 夏らしくない(梅雨らしい?)お天気が続いていますね。暑いのも辛いですが なんかここまで来ると 拍子抜け?最近読んだ本。。。そして 先週の今日の夜から すご~~~く蒸し暑くなって 先週の水曜日は 37.1度もあったのですよね~。その 先週火曜日夜 前から暑気払いをする約束で でもその前も なんだか涼しい日が続いていて 暑気払いらしくないと思っていたら あの暑さだったわけで。去年 多く...

  16. 最近読んでいる本 - 休日ダンスと忘備録(ホラーなトイレ。映画付きグリコ自動販売機)

    最近読んでいる本

    時間を潰すため入った本屋に、"又吉直樹'の"劇場"と芥川賞受賞作"火花"の文庫本が、積み重ねてありました。"火花"は受賞当初から興味があり読みたい本でしたが、今回も購入には至らず、後日、その"火花"を読もうと図書館へ行きました。さっそく本の所在を確認すると、予約が30人以上入っていて1冊も無く、順番待ちをしてようやく借りる事ができ、・・読み終えました。評価は賛否両論ありますが、情景が丁寧に描...

  17. Hummingbird coffee/学芸大学 - 平日、会社を休んだら

    Hummingbird coffee/学芸大学

    ***************************Instagramで読書記録用のアカウントを作りました。hon.to.cafe***************************どうしてもここで読みたい本があったので思い立って行ってきました。「Hummingbird coffee」今回も店主さんが笑顔で迎えてくださいました。前回と同じ席で、窓際の2人席へ。あんバタートーストと緑茶ベー...

  18. 光る表現(先週のたとえ) - 【作文・小論文教室】今はじまる未来へ

    光る表現(先週のたとえ)

    8月14日(月)甲子園では、高校野球がもりあがっていますね。私も、掃除機やアイロンをかけたり、お茶をしたりと何かをしながら時々見る程度でしたが、どの学校も必死に野球をしていて、つい見入ってしまう場面に遭遇しました。もう少し気温が低かったら見にいくのになぁ。。。お盆休みでおじいちゃんおばあちゃんちに行っている人も旅行中の人もいるかと思いますが、今週も音読を毎日頑張ってね!!それでは、月曜日恒例...

  19. 『岳飛伝 八 龍蟠の章』を読んだ -  All About 身辺雑事

    『岳飛伝 八 龍蟠の章』を読んだ

    岳飛伝 八 龍蟠の章 (集英社文庫)北方謙三/集英社undefined岳飛伝も巻を重ねること8冊目。梁山泊軍、南宋、金国の三大勢力に、西遼、大理、南越等の周辺国の情勢も盛り込まれ、いよいよ事態は複雑化していきます。とは言っても、実際の武力衝突はなく、やがて来るべき「決戦」を見据え、各勢力が様々な方法で力を蓄える姿の記述が中心となっています。水陸ともに設備、体制を整え、商流の充実により「資本主...

  20. 世間は夏休みですね! - 【作文・小論文教室】今はじまる未来へ

    世間は夏休みですね!

    8月13日(日)三連休の最終日、夏休みの折り返し日というおうちの人も多いのではないでしょうか。我が家は静かな三連休です。娘は地獄の合宿中で留守ですが、お父さんは夏休みでのんびりと高校野球をテレビ観戦しています。お父さんにとって、初めてのまったりとした夏休みではないかと思います。去年は息をひそめていましたし、一昨年までは海や山へ遊びに行っていたのでね。私の夏休みはもう少し後、もうひと踏ん張りで...

1 - 20 / 総件数:422 件

似ているタグ