謎のタグまとめ

」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには謎に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「謎」タグの記事(9)

  1. 海外のガラス碍子? - ヤングの古物趣味

    海外のガラス碍子?

    まるでお皿みたいな形のガラス空き地の端っこの盛り上がり部分から少しだけ見えていたガラスを掘り出すと出てきました[St HELENS CANNINGTON SHAW & Co Ld]裏側はこんな感じ、気泡が多くてシワもよっているので古そうではありますイギリスのディギング動画を見ていると同じ形の何かしらが出てきているのを発見、海外の碍子はガラスでできているものもあるので恐らくその一体型ではないか...

  2. この写楽は難問です。 - 憂き世忘れ

    この写楽は難問です。

      今日は一日、メールの不具合とつきあって、ああ、疲れた。PCは苦手です。負け惜しみではありませんが、ITって、どうも信用できません。ドローンなんて、電波妨害で簡単に墜落しそう。 クロスワードのカギ風にいうと、 三歳児が、人工知能に勝った!いったい何で? 答えは「じゃんけん」。 グチはこんくらいにして、この写楽の間違い、解りますか。 男の右脛の後ろ、白いままです。 「刀の後ろが白い」は唐の李...

  3. トボケた顔してバババ〜♪ - 憂き世忘れ

    トボケた顔してバババ〜♪

     この写楽はどうでしょう。「間違い」ではないけど……フザけ過ぎだぞ、写楽。そういうところ、最高に好き。大胆素敵!!! よーく見てくださいね。 ギャグ漫画みたいでしょ。こーゆーことするって、絶対北斎でしょ。 歯が出ているのは別にいい。問題は形です。ありえへーん!!! でもね、何を表しているか気づくと作者のセンスにビックリなんですよ、これが。

  4. この写楽はどこが変? - 憂き世忘れ

    この写楽はどこが変?

     「間違い探し」が得意だという方、コレはどうでしょう。 衿に注目です。紫色に変化しています。 私は、気づくのにかなり時間がかかりました。「絵を見る」と云いますが、どれだけ漠然としか見ていないか、自覚させられました。 

  5. 写楽の心を知る - 憂き世忘れ

    写楽の心を知る

     これもオカシイところがあります。探してみてね。 ウルウルした「上目づかい」にダマされないように。 前の相撲絵と同じ、刀を握った手の後ろが「白いまま」です。 刷りのミスでは断じてありません。  刀の裏が白い=「唐の李白」と読みます。 写楽の絵が何を描いているか解っているから、「あっ、そうか」となります。解らないと印刷ミスでスルーでしょう。 扇の骨がバラバラも、燭台の足が変なのもね、実は「それ...

  6. 写楽「変なとこ探し」超難問 - 憂き世忘れ

    写楽「変なとこ探し」超難問

     これは難問です。「碁盤が長方形」ではありませんよ。碁盤は長方形アリですから。「ミッケ」でもこんな細かいのあったかなあ。思わずルーペでのぞきました。印刷ミスかもと思い、ネットで他の画像を見てみましたら、同じでした。よーく見ると、フックが縦棒に付いている部分が白いままです。

  7. 写楽で「変なとこ」探し、もう一発 - 憂き世忘れ

    写楽で「変なとこ」探し、もう一発

     これはちょっと難問です。よーく、目をこらして見てね。 カンザシの部分のアップです。挿しているのが6本なのに、先が5本しか出ていません。気づきましたか?「ミッケ」で、白木の上に白木を置いた写真がありますが、同様のテクですね。  ねっ。人間って、視点を変えないと「気づかないもの」でしょ!

  8. 写楽は、鑑識課のような目で見よう - 憂き世忘れ

    写楽は、鑑識課のような目で見よう

     多くの人が写楽の謎について書いています。謎は謎でも、写楽は誰かということね。写楽に興味を持って、絵そのものをじっくり見た、自身が画家やイラストレーターだという人はいるのでしょうか。 「間違い探し」のパズルと思って、下の絵をじっくり見てください。  変でしょ。子どもでも解ります。 扇の骨を見てください。どうみても、手に隠れている「かなめ」の部分が壊れて骨がバラバラです。縦横の外側の骨の長さも...

  9. アクセス数急上昇の謎 - ゆねり庵

    アクセス数急上昇の謎

    今年初となるブログの更新。しかし、なぜか日記をまめに更新していた時よりも1日あたりのアクセス数が増えているのだ。しかも、数十倍という勢いで、コメントも一切なしに。いったい、なにが起こったのだろう?そもそも、内容もゆるやかなものばかりで、エロやグロの要素は皆無なのに(笑)。アクセスが作品に偏っているのは、ありがたいが、ある意味、恐怖である。

1 - 9 / 総件数:9 件

似ているタグ