貝類のタグまとめ

貝類」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには貝類に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「貝類」タグの記事(16)

  1. 何だか分かる? - Beachcomber's Logbook

    何だか分かる?

     御前崎で見つけた面白いもの・・・それがこれ。昨日のぐるぐる同様に、螺旋の美しい形をしています。 これ、長径は14.7mm、短径は11.9mm、厚さ3.8mmのものでした。 一見して、サザエ類の蓋と思いましたが、磨耗が激しく、あめ色っぽく石化しており、半化石化したものかもしれません。 御前崎のあたり、地層的には化石があっても不思議ではない場所なので、ちょっと悩みます。.

  2. ぐるぐる~! - Beachcomber's Logbook

    ぐるぐる~!

     御前崎周辺の浜辺には、中新世-鮮新世にかけての泥岩を中心とした堆積岩の岩礁があり、タカラガイ類やイモガイ類の多産する場所です。そして古くなった貝殻は、磨耗したり、割れたりを繰り返していきます。 そうして出来上がったのが、こんな形のモノ! ビーチコーマーの皆様なら、ご存知と思いますが、イモガイ類の螺塔ですね。イモガイが普通に転がっていても、そう気にはしませんが、磨耗して残ったこれはどうも可愛...

  3. ネジガイ - Beachcomber's Logbook

    ネジガイ

     浜辺を歩けば、波型になったビーチカスプのベイ(湾入)部分に貝殻の寄っている場所があります。 そんな場所では一箇所に集中して、貝が寄り集まっていることがあります。 そんな場所で、久しぶりに見つけたのはネジガイ、イトカケガイの仲間です。渥美半島の表浜海岸では、そんなに多くない貝なので、ちょっこし嬉しくなりました。 老眼になってくると、ザクロガイのサイズの貝は難しいのですが、この程度なら、まだO...

  4. 大物~ジンガサ! - Iターンで漁・猟師(直売有)の主人と離島暮らし

    大物~ジンガサ!

    台風3号接近前夜・・雨の中、ジンガサを獲りに行った主人過去最高記録9.3㎝!!隣の集落の宮大工さんの記録は7㎝だったからこれは、大幅に記録更新~✨と深夜に浮き立つ大人二人こちら外側、表面にはフジツボがついてる。年数たってるのかしら・・*6年はこえてるらしいので、移住してからの私達と同じ学年??ひっくり返すと・・お布団から顔出して寝てるみたいでしょ☆彡この姿、可愛いんですけど、、熱湯にくぐらせ...

  5. 593 広州市 ~絶品の貝~ - 眼遊記

    593 広州市 ~絶品の貝~

    今日は広州市で食事をした。香港からまた再び国境を越えて広東省へ。仕事場からすぐ近くの安くて美味しいレストランで昼食をとる。ここの味付けは本当に美味しくて、日本人の舌にもぴったりだと思う。広東料理は本当に好きだ。昨晩ここで食べた貝の炒めものが美味しすぎて、またリクエストしてみた。■ イヨスダレ (Undulate Venus) Paphia undulata横に長い貝殻で、殻の表面には三角形の...

  6. 浜の - Beachcomber's Logbook

    浜の

     タイトルが間違ってないかって?これでいいんですよ。 「浜の」ですからね。 ほらね。 日長で見つけたツメタガイの卵・砂茶碗はまさにひらがなの「の」の字になってましたから。ツメタガイの繁殖期真っ最中ですね。知多半島では、ツメタガイを「うんね」とも呼び、味噌煮にして食べることもあります。.

  7. 590 Haifeng ~トゲノコギリガザミを食らう~ - 眼遊記

    590 Haifeng ~トゲノコギリガザミを食らう~

    今日はHaifeng(海豊県)で食事をした。出張で広東省に来ている。午前中は香港からこちらへ来るときに、高速道路のトンネル内でタイヤがバーストしてしまうという、九死に一生を得るようなトラブルに見舞われた。いや一死に九生くらいかな。それでも自分の人生で10本の指に入る冷や汗事件だった。そんなトラブルを経て、無事今日の仕事も終わり、チームみんなでディナー。初めてのレストランだが、とっても美味しい...

  8. ツメタガイ、蓋付きです。 - Beachcomber's Logbook

    ツメタガイ、蓋付きです。

     赤羽根のロングビーチでビーチコーミングしていたら、久しぶりに蓋付きのツメタガイを見つけました。 巻貝には蓋のあるものと、無いものとがあります。 その蓋もサザエのように石灰質の蓋を持つタイプがあれば、有機質からなる角質タイプの蓋を持つタイプもあります。 さて、ツメタガイの仲間・タマガイ科は両方あってややこしいのです。タマガイ科では、エゾタマガイ、ハイイロタマガイ、ホウシュウノタマガイ、フロガ...

  9. 587 愛宕山公園 ~2種類のカタツムリ~ - 眼遊記

    587 愛宕山公園 ~2種類のカタツムリ~

    今日は愛宕山公園に行ってきた。天気もよく、今日は撮影日和。今日の撮影場所は平田町にある愛宕山公園。この公園はとても小さな動物園があり、トロントに住んでいたときに通っていたハイパークを思い出させてくれる素敵な公園だ。最近楽しくなってきた昆虫を撮影しようと、マクロレンズをセットして公園を歩く。早速石垣にキセルガイの仲間をみつけた。実はこんな姿でもカタツムリの仲間になる。■ ナミギセル (Phae...

  10. 581 島根県産 ~スルメイカを買って~ - 眼遊記

    581 島根県産 ~スルメイカを買って~

    今日は家で写真を撮った。最近アニサキスが話題のようだ。アニサキスとは海に住む回虫の仲間で、色々な生物の身体に寄生しながら一生を送っている。最初はオキアミに寄生し、そのオキアミを食べた魚やイカに寄生、そして最終的にその魚やイカを食べたクジラやイルカに寄生し、卵を産んで一生を終えるという、綱渡りのようなライフサイクルを持っている。アニサキスに寄生されている魚やイカを生で食べ、生きたアニサキスが胃...

  11. ハマグリ、元気です。 - Beachcomber's Logbook

    ハマグリ、元気です。

     一時期、愛知県の海岸では、ハマグリがほとんど見られなくなり、ハマグリの殻は貝塚とか、白っぽくなった昔の貝殻ぐらいしか出会うことがありませんでした。 ところが、数年前から知多市の日長や常滑市の一部地域で生息が確認できるようになりました。 ここ日長では殻長が8cmに成長したハマグリや合弁の殻もあり、潮干狩りの時には生貝も取れるようになりました。そして嬉しいことに殻の表面に「ハ」型の模様もある個...

  12. アメフラシ上陸中! - Beachcomber's Logbook

    アメフラシ上陸中!

     梅雨の時期が近づくと、大き目のアメフラシが寄りますね。春先には小さなものしか見かけませんが、この時季は、「よくぞここまで!」と思うサイズが漂着します。 30cm弱にまで成長したアメフラシ、このサイズになると打ち上げられて、そこに小波が寄せても、寝返りがうてない感じ。 ここ、知多市の日長から新舞子にかけての海岸にはアメフラシがたくさん寄ってきます。生きていたので沖合いに放り投げても、弱ってい...

  13. 559 宍道湖自然館ゴビウス ~カワヤツメがみれた~ - 眼遊記

    559 宍道湖自然館ゴビウス ~カワヤツメがみれた~

    今日は宍道湖自然館ゴビウス(Shinjiko Nature Musium Gobius)に行ってきた。今年初のゴビウス。家から30分で来れること、年間パスポートを持っていることから、ついつい時間があれば行ってしまう。今日はどんな生き物がみられるかなぁ。中海周辺ではとても美味しい魚として有名なめばることクロソイ (Korean Rockfish)。□ クロソイ (Korean Rockfish...

  14. ハマグリ涌いてるよ! - Beachcomber's Logbook

    ハマグリ涌いてるよ!

     連休の表浜、波は大したことなかったのでサーファーの数はともかく、釣り人は多かったですね。 ちょっと前から、渥美半島の表浜ではハマグリが涌いてると、FBなんかでは話題になっていました。 このハマグリ、和名のハマグリではなく、チョウセンハマグリです。連休に歩いたところ、潮の引いたところでは貝掘りの人にも会いました。そして合弁のチョウセンハマグリの多さが、涌いたことを物語っていました。チョウセン...

  15. 腕足類 - Beachcomber's Logbook

    腕足類

     腕足類という生物群をご存知でしょうか?アサリなどの二枚貝と同様な、二枚の殻を持つベントス(底生動物)ですが、二枚貝とは違った仕組みを持っています。 オレのフィールドの一つである福井県でも、海で腕足類の漂着を見ることができます。漂着する腕足類の中で最もポピュラーなのが嘴殻目のタテスジホオズキガイです。 タテスジホオズキガイのよく見られるのは、敦賀湾一帯で、分離した片方の殻だけではなく、合弁の...

  16. ユキノカサ - Beachcomber's Logbook

    ユキノカサ

     カサガイの仲間もイロイロありますが、真っ白なユキノカサは真横から見た高さもあり、端正な形をしています。 その名前や、『関東以北』とあった昔の図鑑の分布域から、北方系の貝のイメージがありました。 けれども、ユキノカサは福井で見られるのです。若狭から福井まで、広範囲で見られる貝で磯や、ポケットビーチなどで見つかります。 ただ、浜歩きをしているオレの感覚では、最近は減少気味です。定量的な調査をこ...

1 - 16 / 総件数:16 件

似ているタグ