輸入のタグまとめ

輸入」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには輸入に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「輸入」タグの記事(97)

  1. こういう玄関ドアの処は、意外と多い - 只今建築中

    こういう玄関ドアの処は、意外と多い

    これは、輸入住宅の玄関ドアのドア・ラッチの受け金物を撮った写真です。右端に見える黒いゴムのようなものは、気密パッキン材のウェザーストリップ。ですから、左側が屋外側ということが分かりますね。通常、ラッチ受け(ラッチ・ストライクと呼びます)は、ドア枠よりも少し屋外側に飛び出していて、ラッチの爪がドア枠に当たらないように施工されているのが一般的。でも、こちらのおうちのように、ドア枠の外側に付ける飾...

  2. 浴室の防水メンテナンス - 只今建築中

    浴室の防水メンテナンス

    台風一過という訳ではないですが、昨日雨が降ったせいか今日の名古屋は風も涼しい快晴の空となっています。そんないい天気ですが、今朝は日進市のお客様の浴室にお邪魔しております。以前、シャワー水栓を開けるとボコボコという音と共に、床のタイルのところから水(お湯?)が出てくるので見て欲しいという相談を頂いていたのですが、大工さんが忙しく延び延びになっていました。今回、仕事の合間をみて、こちらの浴室メン...

  3. サッシ・メーカー不明の網戸用金物 - 只今建築中

    サッシ・メーカー不明の網戸用金物

    こちらは、先日お客様が弊社に突然いらした際にお預かりした不具合部品。丁度部品の中央付近で割れてしまっているのが分かると思います。こちらの部品は、輸入の掃出しサッシに付いている網戸に鍵を掛けるロック用ラッチを受ける為に使用されるストライクと呼ばれる受け金物なんです。こうした部品は輸入サッシではよく使われるのですが、形状や大きさが様々で同じものを見付けるのが結構大変です。更にこのサッシのメーカー...

  4. この幅広でこの厚み - 只今建築中

    この幅広でこの厚み

    昨日、オスモ&エーデルが販売するドイツ製樹脂サッシについて記事を書かせて頂きましたが、今回は同社のフローリングをご紹介しましょう。現在、お値打ちに販売されているオーク(楢)の床材は、ロシアなどで伐採されて中国で加工されたものが多く出回っています。最近は加工技術も上がっており、雑な感じは少なくなりましたが、短い材料を接着剤でつないで作った「ユニ」と呼ばれる床材であったり、木が呼吸出来ないウレタ...

  5. 性能差は、一目瞭然 - 只今建築中

    性能差は、一目瞭然

    先日、自然オイル塗料のオスモとドイツ製樹脂サッシ、エーデル・フェンスターを扱う「オスモ&エーデル」さんへ商品を見学に行きました。オスモは私も昔使ったことがありますから、特段目新しいことはないだろうと思っていました。(でも、実際は新商品もあり面白かったです。これはまたの機会にご紹介しましょう)今回のメインは、エーデル・フェンスターというサッシだったんですが、北欧のサッシと同じような部材が使われ...

  6. 大分日帰り、結構きつい - 只今建築中

    大分日帰り、結構きつい

    確認申請や融資手続きもようやく完了した大分市のU様邸。いよいよ、レンガ積み輸入住宅の工事が始まることとなりました。それに先立ち、日曜の昨日地鎮祭を行いました。担当頂く大工さんや電気屋さんも現場にいらして頂いたので、せっかくですから皆さん参加頂きました。勿論、職人さんたちを指揮する地元の輸入住宅ビルダーさんも一緒です。初めてお会いする方たちでしたが、お話ししてすぐに分かりました。この人たちと、...

  7. どんな色なのか?それはあなたが決めること - 只今建築中

    どんな色なのか?それはあなたが決めること

    今日、とあるお客様から「P2075-4は、どんな色でしょうか」というご質問を頂きました。その方に、先日色見本帳であるカラーチャートをお送りしたので、見本を見てご連絡を頂いたようです。P2075-4は、ヘリテージ・コレクションのカラーチャートに記載がありますが、単独で見た場合はほぼ白にしか見えないでしょう。但し、その周囲に何らかの色がある場合、その色に目が影響されて少しクラシックな白に見えたり...

  8. ジェルドウェンの掃出しサッシのロックレバー - 只今建築中

    ジェルドウェンの掃出しサッシのロックレバー

    以前、ミルガード(Milgard)のスライディング・パティオドアのロックレバー部品を紹介させて頂いたことがありますが、今回はジェルドウェン(Jeld-Wen)社のレバーです。こうしたロックレバーは、鍵を開閉する為の爪が、鋳物などの金属で出来ていますが、それ故折れたり欠損したりするリスクが大きくなります。勿論、部品が折れる程強い力で操作しなければ大丈夫なんですが、ロック・ラッチの位置がずれたり...

  9. これは、古いですねぇ - 只今建築中

    これは、古いですねぇ

    20年近く前に施工されたクイックセット(Kwikset)社の内鍵付きのドアレバーとドライブイン・ラッチ。こちらは、日進市の輸入住宅にお住まいのお客様のトイレ用に設置されていたものですが、バネが弱くなってレバーが戻らなくなったので交換しました。このデザインのレバーは、10年以上前に廃番になっているもので、同じ形の新品は存在しません。ですから、現行デザインの少し優雅なコモンウェルスというレバーに...

  10. 窓枠をそのままに、新しいサッシュに交換します - 只今建築中

    窓枠をそのままに、新しいサッシュに交換します

    一昨日、ハード(Hurd)社製ダブルハング・サッシを新しいものに入れ替える為のリプレースメント・キットについて、ご紹介しましたが、こちらはそれを使って実際に入れ替えを行っている様子です。手前側には木部の腐りが発生して取り外したサッシュ(建具)が置かれています。奥にある2つの窓ですが、左側の窓はサイド・ジャム(バランサーが内蔵されたスライド・レール)を取り外した状態で、窓枠の木製下地が露出して...

  11. こういう所が要注意! - 只今建築中

    こういう所が要注意!

    昨日取付け作業を行ったハード(Hurd)社のアルミクラッドダブルハング・サッシ。取付け前に外装のアルミ枠を防水処理しようとした際の写真がこちらです。マスキング・テープを張って、防水コーキングが周囲に付かないようにしてありますが、矢印の場所をご覧下さい。アルミ枠同士がぶつかるつなぎ目に、少し隙間が空いているのが分かりますでしょうか。こちらは屋外に面する側ですから、この小さな隙間から雨が風と一緒...

  12. 今日は、5ヵ所も入れ換えました - 只今建築中

    今日は、5ヵ所も入れ換えました

    アメリカ ハード(Hurd)社のダブルハング窓を交換する際に使うリプレースメント(Replacement)キット。建具(障子)の他に、窓のサイド・ジャム(側枠)も付属しています。実は、古いハードのダブルハングは既に生産がされておらず、ガラスが割れたり、木製建具が腐ってきたりして、建具を交換しなければいけない場合には、新しい建具が挿入出来るように、側枠も新しくする必要が生じます。この側枠の装着...

  13. マーヴィン社製フレンチドアのハンドル&ロック - 只今建築中

    マーヴィン社製フレンチドアのハンドル&ロック

    真っ白に塗装されたアルミクラッドの木製ドアには、やっぱりゴールドが似合いますね。両開きのフレンチドアは、輸入サッシ・メーカーの各社で販売されていますが、どこの製品も値段は非常に高いですよね。だからこそフレンチドアは、人気があるのかも知れません。Marvinのこのドアに付いているハンドルは、ロックセットと一体型になったタイプで、強固なデッド・ロックが採用されています。このロックだと、泥棒さんも...

  14. 10年経ったら、輸入サッシも防水処理を! - 只今建築中

    10年経ったら、輸入サッシも防水処理を!

    マーヴィンやアンダーセンといった有名メーカーのアルミクラッド木製サッシは勿論のこと、輸入住宅にたくさん施工された無数のアルミクラッド窓についても、10年経ったら窓の防水処理を実施しましょう。ご覧の写真は、カナダ キャラドン(Caradon)社のサッシですが、アルミ同士のつなぎ目などが開いてきていました。また、アルミ枠とガラスとの間に入れてあった気密パッキン材も隙間が明いたり劣化したりしてきて...

  15. 雨漏れかと思ったら、湿気だった - 只今建築中

    雨漏れかと思ったら、湿気だった

    三重県四日市市にある輸入住宅のダイニングで、天井に無数に点々と汚れがあるというので、原因を探りに現地調査を実施しました。確かに直径数ミリの黒や黄色い点が、いくつも天井に付いています。ダイニングに面した外壁には、緑色の藻のようなものが付着していましたから、日陰になる少し湿気った場所であることは確かです。そういう観点から、何等かの水が外壁のどこかから入り込んで、1階のダイニングの天井や壁の裏側に...

  16. 折れ戸が開閉出来なくなったら、金物を交換しよう - 只今建築中

    折れ戸が開閉出来なくなったら、金物を交換しよう

    輸入住宅の収納ドアとして用いられるバイフォールド・ドア。幅が狭い処には2枚折れ戸、広めの処には4枚折れ戸が使われます。今回の相談は、岐阜県海津市のお宅です。折れ戸が、上枠のレールから脱落してしまい、開閉が出来なくなったということでした。バイフォールド・ドアは、通常ピボットと呼ばれる2つの支点部品によって、ドアの固定とドアの開閉の両方を実現します。通常は2つのうち1つだけが破損するというケース...

  17. 新兵器、登場! - 只今建築中

    新兵器、登場!

    輸入サッシの技術を導入して製造された樹脂製シングルハング窓。窓の側枠の溝に仕込まれたコイル・バランサーが破断した為、静岡県沼津市まで交換作業にやってきました。IMS(アイエムエス)カナダという九州にあったサッシメーカーの窓なんですが、既に倒産した為アフター・メンテナンスはありません。そこで私たち ホームメイドが、アメリカから交換部品を取り寄せて遠く名古屋から車を飛ばして伺いました。今回は、交...

  18. これがないと交換出来ません - 只今建築中

    これがないと交換出来ません

    こちらは何だか分かりますか。この小さな部品は、テイクアウト・クリップ(Take Out Clip)というパーツで、輸入サッシのシングルハング(下窓だけが上下する窓)の窓枠に付けられています。プラスチック製のものもあれば、金属製のものもあるのですが、普通に窓を開け閉めしている分には、この部品を使うことは全くありません。窓枠の両サイドに装着されている金属の棒状のチャネル・バランサー(窓の上げ下げ...

  19. ホビークッキングフェア&ライセシングエキスポジャパン - 安井レイコの鍋社長ブログ おいしい物語

    ホビークッキングフェア&ライセシングエキスポジャパン

    そうそう先週のこと、東京ビッグサイトの西館で輸入のお友達が、東館では料理の友達が催事をしていたので、お出かけしてきました~。ライセンスの展示会では、見たことあるキャラやアイドル、これから色々なライセンスを取るであろう商品がずらり。華やかな会場でした。(ライセンスだけに写真はNGだけど、輸入のお友達と一緒にパチリ)東館の「ホビークッキングフェア」では、『趣味の料理』って何???と疑問いっぱいで...

  20. 着色出来るか、テストです - 只今建築中

    着色出来るか、テストです

    アルミクラッドの輸入サッシや木製玄関ドアといった屋外用の木部を防水塗装するのに使われるパラペイントのティンバーケア。国産のものは耐久性や防水性、耐紫外線性という点で、このティンバーケアを超えるような塗料は存在しませんが、色は白か少し黄色みがかったナチュラル・クリア色しかありません。最近、日本の住宅トレンドは、ナチュラル色からダークブラウンへと変化してきていますから、いくら高性能なティンバーケ...

1 - 20 / 総件数:97 件

似ているタグ