辰野のタグまとめ

辰野」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには辰野に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「辰野」タグの記事(63)

  1. 170903 神戸へ出発前の一仕事 - ア カプリチョ

    170903 神戸へ出発前の一仕事

     今日神戸へ帰るのだが、一仕事残っていた。6時前から畝を作り漬物用の高菜を種蒔、今年は例年の半分位にしたが明日から水遣りが出来ないので無事発芽して育つのか心配だが。 29日に蒔いた青首大根の芽が出始めた。ここ数日の天候と毎日の水遣りのお陰か。 11時前に出発、渋滞も無く、途中4回の休憩を摂り16時半無事我が家に到着、シャワーを浴び、出前の寿司で喉を潤す。

  2. 170902 神戸へ帰る準備 - ア カプリチョ

    170902 神戸へ帰る準備

     明日神戸へ帰るので、その整理と準備に忙しい一日となった。 先ず、畑仕事で残っているホウレンソウとニンジンの種蒔、一本の畝を作るのに耕運機を運ぶには面倒くさいと手作業で畑を耕しマルチを架け、三条畝に種蒔をする。残滓を一輪車に一杯運び午前の作業は終わり。 昼食を兼ねて、今晩と明朝の食料を仕入に出掛ける。図書館へ借りた本を返却、八乙女産地直売場で白桃、ニコリコで杏の干し菓子を土産に買う。 夕食用...

  3. 170901 北斜面の草刈り - ア カプリチョ

    170901 北斜面の草刈り

     午前中は畑の整理、キャベツの収穫、オクラは収穫時を逸した実を整理して食べ頃の物を収穫、カボチャの収穫等々、今年は白い島ゴウヤが豊作で貰い先を探し乍ら押し付けている。 午後から、難関の北斜面の草刈りをするが、その前に民進党の新党首選びの放映に眼が移り、前原氏が選ばれるのを見終えて作業にかかる。蓮舫氏の後を引き継ぐ事になるが、誰が選ばれても、今のいやこれまでの経済界との密着体制での安倍独裁政治...

  4. 170831 タクアン用とネズミ大根の種蒔 - ア カプリチョ

    170831 タクアン用とネズミ大根の種蒔

     朝から、初の試みでタクアン用大根を育てて見ようとトウモロコシ畝の後に畝幅50㎝、高さ30㎝程の高畝を作る。一条植えで11穴で11月中頃には収穫出来る見込み、続きの畝に三条12穴でネズミ大根の種を蒔く。 土恋処も今年が最後の年、引き上げる11月末迄には収穫が終わるように、これからの種蒔、苗植えには種類が限られてくるので、一抹の寂しさがある。

  5. 170830 定植と種蒔 - ア カプリチョ

    170830 定植と種蒔

     早朝から昨日畝立てをした二本の畝にマルチ架けを行う。一本はキャベツ(6株)と白菜(4株)用で即定植と防虫網のトンネルを架ける。もう一本は大根用で、秋祭、信州地大根と紅心の種蒔を終える。 午後から、昼食を兼ねて今井の里へドライブしたが生憎定期休業日で食事にも有りつけず、併設する農協で苗と種を物色したが求める物は無し、先ずは食事と松本方面に出て有りついたのは14時になっていた。 カインズホーム...

  6. 170829 草刈の後片付けと畝作り - ア カプリチョ

    170829 草刈の後片付けと畝作り

     昨日刈った草を残滓置場へ捨てに行く。草が伸び過ぎていたので目溢しが多く刈残しはその都度削り取り、一輪車に過積載で2回、小屋から残滓置場まで遠いので体にコタエル。 午後から、白菜、キャベツと大根類の畝作り、二本の畝を作るのに休憩が多く結局マルチ架けは明日の早朝にして4時半頃に切り上げ風呂へ行く。

  7. 170828 草刈と秋野菜畝の準備 - ア カプリチョ

    170828 草刈と秋野菜畝の準備

     6時過ぎに起き小屋の片付を終えて7時から畑の草刈りをする。草刈払機の鋸刃を手持ちの刃に交換して畝間の谷に生えた草を生え際から削り取る。自前の鋸刃だからチップが欠けるのには遠慮はいらない、朝食を挟んで12時半頃に終えることが出来た。 昼食と昼寝を1時間半取り、キャネツ、白菜や大根の秋野菜の畝作りに堆肥やクンヤン、化成肥料を撒き耕運機で耕す。今日はこれまでにして風呂へ行き汗を流す。

  8. 170827 土恋処の元住人 - ア カプリチョ

    170827 土恋処の元住人

     実は昨日、駆除して貰ったスズメバチの巣(3個)に生き残りのスズメバ蜂が巣のあった処周辺飛廻っているので、うかっに外へ出れなく身辺近くで飛廻るハチは殺虫噴霧器を使う一日であった。 昼頃に、5年程前まで土恋処に居られ隣人であったNKさんご夫妻が昼食用の弁当を持参で来訪され、西隣であったYDさん4人で公園の東屋でその弁当を頂き乍ら談笑の一時を過ごす。

  9. 170825 朝から草刈 - ア カプリチョ

    170825 朝から草刈

     昨日に続き早朝から草刈をする。南側の斜面、道路、続いて東の斜面と北側の道の脇。幸い曇り空だが夜露で草が濡れているので刈り難い。パワーを上げるが刈残しが出てトラ刈に。昼頃から予報より早く雨が降り出す。これ幸いと?と、小屋で休み乍ら掃除や整理をする。 夕食に、ゴーヤチャンプルに挑戦して見る。今年はゴーヤが豊作で如何したものかと急遽の一策、木綿豆腐の代わりに残り物の絹豆腐を使い、これにジャンボズ...

  10. 170824 草刈で汗を掻く。 - ア カプリチョ

    170824 草刈で汗を掻く。

     早く朝食を済ませ草刈りに掛る。2週間の間とは思えない伸びようだ、狩り払い機の歯の切れ具合の悪さもあって伸びた草は刈り難い。管理人はもう少し器具の管理にも気を配って欲しい。小屋回りの庭と南の道路、東斜面を刈り終えるのに昼過ぎまで掛かる。昼食後は何時もの様に昼寝入り。15時からは、オクラの整枝やゴーヤ、ズッキーニ等の収穫をする。

  11. 170823 サルが持ち去ったのか - ア カプリチョ

    170823 サルが持ち去ったのか

     早朝からトウモロコシ郵送の荷造りをする、送り先は、千葉、京都と大阪の三ヶ所、収穫が一週間は遅かったのか絹糸が黒くなり内には傷んでいる物もあり、凡そ50本から30本程の良品を選びミニトマトも添えて近くの郵便局へ持ち込む。 午後から、畑仕事に本格的に始動、トマトや秋ナス等の整枝、スイカ、カボチャやゴーヤのつるの整理をしていると、南斜面の電柵際のスクナカボチャが二つ無くなり根元からもぎ取られた様...

  12. 170822 サツマイモのつる返し - ア カプリチョ

    170822 サツマイモのつる返し

     下の畑のサツマイモのつる返しをする。二週間前に東側へつる返しをして神戸へ帰ったのだが、効果があったのかツルが立派に成長して1㍍程隣の畝までツル先が伸びている。今回は西側へ株元まで返し、雑草を抜いて風通しを良くしてやる。 後は、ぼちぼちと草抜きをして午後からは長めの昼寝をする。

  13. 170821 畑の様子 - ア カプリチョ

    170821 畑の様子

     朝食前に二週間空けていた畑の様子を見に行く。  先ずは、草が思いのほか伸びている 心配していたトウモロコシはやはり絹糸が黒くなり、収穫時を逸していた トマトは熟した赤色が畑で目立つが枝元から割れている キュウリはジャンボに、これでは食べれない ゴーヤは大きくなっている、中には完熟も オクラは市場サイズをはるかに超えてこれでは硬くて食べられない 何から手を付けるか考えも付かず、思いつくままに...

  14. 170820 辰野へ移動 - ア カプリチョ

    170820 辰野へ移動

     18日の夜中に、中央道の屏風岩PC(瑞浪~恵那)の近くで起きた土砂崩れで通行止めになっていた区間が今朝開通した(朝6時の情報では今だ開通見込が立たない様子だったが)。中央道脇の一般道を走る覚悟をしていたので、この朗報で早速10時に出発する。途中名神の京都、大津付近の渋滞以外は車の流れも良く、予定通り16時過ぎに土恋処へはいる。荷物を降ろして早速かやぶきの館の風呂へ。

  15. 170805 ナスとピーマンの切り返し剪定 - ア カプリチョ

    170805 ナスとピーマンの切り返し剪定

     明日から二週間の予定で神戸へ帰るので、朝食前の一時間程を掛けて小屋周りの草刈をする。食後、キューリ、ナスビ、ピーマン、ゴーヤ等実の大小に関わらず収穫をする。又ナスビとピーマンは秋にも収穫が出来るように短く剪定(所謂、切り返し剪定)をして追肥をする。トマトとブルーベリーは明日の朝一番で収穫する。 神戸へ持ち帰るものを整理や室内の掃除で又一汗を流し早目の風呂へ行く。

  16. 170804 トウモロコシのカラス対策 - ア カプリチョ

    170804 トウモロコシのカラス対策

     朝からトウモロコシの収穫とその発送荷作りにかかる。昨日選んだ物よりランクを下げて収穫、発送する4軒には優先的に良い物を充てる。近くの川島郵便局へ持ち込んだのが11時前、午前は11時に郵便物を集めに来るとの事で宛名書きを職員も手伝ってくれたので何とか間に合った。 午後からは、残っている2畝のカラス対策、細い鉄製のワイヤーをほぼ50センチ幅で張る。 既に収穫を終え放置していた2畝を草刈りを兼ね...

  17. 170803 神戸へ帰る準備で忙しい - ア カプリチョ

    170803 神戸へ帰る準備で忙しい

     6日(火)に2週間程神戸へ帰るのでその準備に忙しい一日だった。先ずは昨日収穫して陰干しをしていたジャガイモの土を拭き取りながら不良品を選別する。 明日に発送予定のトウモロコシを選び目印に尖端を切落し良品を数えて見ると38/72本、5等分するには少ないので多少の未熟品を加えるか、今回の発送先を減らすか明日の事にする。 キュウリとゴーヤのネット際の草ムシリをして根元の風通しを良くしたり、ショウ...

  18. 170802 やっとジャガイモが収穫出来た - ア カプリチョ

    170802 やっとジャガイモが収穫出来た

     雨続きで、控えていたジャガイモがの収穫をする。地上部はスッカリ枯れ微かに株元が残る畝のマルチを剥し昼からの作業に備え土を乾かす。 午前中は、畝脇の草取と、空いている畝をレタスの定植用に耕す。遅めの昼食の後昼寝、気が付くと14時を廻っている。スコップを担いで下の畑へ、土は比較的に乾いており株元を持って引き抜くと殆どのイモが付いてくる。堀残しが無いようにスコップで掘り起こし子芋も地中に残さない...

  19. 170801 スイカ畑に囲い - ア カプリチョ

    170801 スイカ畑に囲い

     朝の涼しい内にと夜露で濡れた葉っぱが乾くのを待って、カボチャに薬の散布を始める。二ヵ所の畑の葉っぱの裏表、茎や地面にも散布する。7日後位にもう一度散布するのがベターだがその頃は神戸へ帰っている。結局は気休めで終わるかもしれない。 噴霧器を管理小屋へ返しに行くと昵懇の農講師さんと出会い暫く談笑、成長がバラっいているトウモロコシの収穫時期について教わる。そこでトウモロコシと朝鮮ピーマンを頂く。...

  20. 170731 うどんこ病対策でバタバタ - ア カプリチョ

    170731 うどんこ病対策でバタバタ

     朝の涼しい間にカボチャにうどん粉病の薬を散布しようとTVで天気は、今日は夕方から雨、週末も芳しくないとの予想、薬の持続性を考えて展着剤を若松屋に買いに行く。ところが、購入したベンレーレを開封して添付の説明書を読むと対象作物名に”カボチャ”が無い、製造元に電話をするとベンレートはカボチャには効果がないとの事で薦められたのは、最近売り出した”パンチヨTF”か”モレスタン”が予防と治療に効果があ...

1 - 20 / 総件数:63 件

似ているタグ