近松門左衛門のタグまとめ

近松門左衛門」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには近松門左衛門に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「近松門左衛門」タグの記事(3)

  1. 植木屋さんご精がでますね 文楽「お初徳兵衛 曾根崎心中」@国立劇場 - 梟通信~ホンの戯言

    植木屋さんご精がでますね 文楽「お初徳兵衛 曾根崎心中...

    「何メートルあるんだろう?」「15メートルくらいですかねえ」「怖くないのだろうか」「そりゃ、怖いでしょうね」見張りの若者がにっこり笑って答えた。昼下がりの美容室でヴァイオリンを弾く女性、今度ここに行ってみよう。お初が打掛の裾に徳兵衛を隠して天満屋の縁の下にそっと入れ、自分は上り口に腰掛けて、座敷で悪い奴・九平次が徳兵衛の悪口・フエイク・オルタナニュースをしゃべり散らすのを聴く。徳兵衛は歯を食...

  2. なるほど近松門左衛門は天才だ 文楽「冥土の飛脚」@国立劇場 - 梟通信~ホンの戯言

    なるほど近松門左衛門は天才だ 文楽「冥土の飛脚」@国立劇場

    国立劇場の文楽・近松名作集、「冥土の飛脚」を観た。なるほど近松門左衛門は天才だ。ダメな男、それはほとんどの男のことだが、が、身勝手にも哀しい定めにある女郎を地獄に引きづり込む。迫力のあるストーリー展開、セリフの妙、これは客を夢中にさせる(今もなお)。「淡路町の段」、飛脚屋・亀屋の忙しそうな様子から一転、客から金の催促があいつぎ、どうやら店になにか変調をきたしているらしい、きつそうな養母妙閑が...

  3. もう一人の俊寛を見た 文楽「平家女護島」 - 梟通信~ホンの戯言

    もう一人の俊寛を見た 文楽「平家女護島」

    きのうは人形町のカミヤで昼間から鬼無里会の29年目を迎える新年会。老若男女(老のほうが増えつつあるのだが)25人ほどか、いつものようににぎやかに笑いの絶えない4時間だった。休日閉店を空けてもらって、鍋に刺身に焼き鳥が山盛り、破格の料金がありがたい。そのまま帰るのが名残惜しくて8人ほどでカラオケ、もう声が出ないなあと思いつつも二三曲歌った。飲みすぎた翌日は節制、これ幸いと明日内視鏡検査を予約し...

1 - 3 / 総件数:3 件

似ているタグ