追憶のタグまとめ

追憶」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには追憶に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「追憶」タグの記事(9)

  1. 暑中お見舞い申し上げます - 日々のしをり

    暑中お見舞い申し上げます

            PMF/屋外コンサート(札幌市・芸術の森)突然私ごとですみませんが、私、今度生まれ変わったら、ミュージシャンとか音楽の演奏家とか言われる人になりたいなぁ・・・と思っています。(その二つがどう違うんだと言われるでしょうが、私の中では違うんです)また昔の話で恐縮ですが、その頃はもうサラリーマンになっていたんですけど、学生の時から大ファンだった『サンタナ』のコンサートに行ったのが、...

  2. 本当の黒船 - 名もなき道

    本当の黒船

  3. 「追憶」降旗監督が富山を舞台に・・・ - 新丸子の不動産屋、 マンション管理士です

    「追憶」降旗監督が富山を舞台に・・・

    降旗康男が岡田准一、小栗旬、柄本佑らを迎えてメガホンをとった彼らは子供のころ富山で育った過去にある犯罪に関わった青年を演じる今は刑事になった篤を岡田が北陸で土建業を営む啓太を小栗東京で硝子店を経営する悟を柄本が演じる篤と悟が富山で偶然再会した後悟が遺体で発見される刑事である篤が捜査に参加過去の記憶とともに彼らの過去の事件が明かされていくこの映画は刑事ドラマではないので犯人探しが目的ではないの...

  4. 「追憶」 - ここなつ映画レビュー

    「追憶」

    オープニング、海の荒波の風景が映し出され、「ザ・日本映画」の様相を呈している。そして内容ももちろん「ザ・日本映画」なのであった。こんな風に、故郷と、隠された過去と、解かれていく運命の糸とが交錯し…これぞ「ザ・日本映画」!富山を舞台とした作品である。富山と輪島と珠洲。北陸の美しい街を舞台にしているが、撮影監督が「劔岳」の木村大作であることで納得がいく。本当に素晴らしい、そこだけ切り取ってそれで...

  5. こんな夢を見た(第七話) - 日々のしをり

    こんな夢を見た(第七話)

          札幌は大通公園でもうすぐ「ライラック祭り」だろう。カードのポイントがまだ多少残っていたので、それを使って注文していた同じ著者の古本が2冊届いた。どちらもエッセイのようなもので、ソファに寝転びながらゆったりとページをめくっていた。著者が同年代なので、語っている子供時代の人や町の様相が手に取るように判って、とても懐かしい。              ●どうやら途中で寝ちゃったらしい。...

  6. 追憶 - 笑顔がいちばん ♪

    追憶

    先日の『第10回 東京バーバーズショウ』はとても良かった。ゲストカルテットのRingmastersはショウ始まって以来のスタンディングオベーションだったそうだが、本当に素晴らしかった!若さ溢れるRingmastersの演奏に対して東京バーバーズの演奏はいぶし銀の輝きといったところでしょうか。個人的に心に残ったのは『The Way We Were』という映画「追憶」のテーマ曲です。(Jammi...

  7. 映画『追憶』 - 麻生舎(あさぶや)日記 聞き耳ずきん

    映画『追憶』

     刑事、容疑者、被害者という形で25年ぶりに再会した幼なじみの3人。彼らは、少年時代に起きたある過去を誰にも言えずに生きてきたが…という、サスペンスでもあり、人間ドラマ。日本映画界で数々の名作を送り出してきた降旗康男監督と名カメラマンの木村大作のコンビによる作品で、久々に、タイトルがいいな〜と思った。最近の日本映画は、コミックが原作で、高校生が主人公の胸キュンで、やたらと長ったらしいタイトル...

  8. 「追憶」  「リバース」 - ほろ酔いにて

    「追憶」 「リバース」

    もう5月だけれど4月中に読んだ本2冊。岡田君主演で明後日から映画始まるよ〜。面白くて2時間程で一気読み。本編は北海道が舞台で、それも札幌・小樽方面。ふむふむ、あの辺ね〜と思い浮かべながら読めたので、余計に楽しい。ただし映画は北海道が舞台ではなく富山らしい・・・ぶー。(>_<)観に行きたいなー。車で10分、スッピンで行ける映画館がクローズしてしまってから全然映画観に行ってないなー。...

  9. ピアノと革命 - 日々のしをり

    ピアノと革命

        ジェームズ.M. ホイッスラー『ピアノに向かって』(1958–59)前回アップした等伯の霧に包まれた松林の屏風絵のせいで、眠っていた記憶がまた一つ、ふーっと呼び起こされた。私の学生の頃は、まだ高度経済成長の途上にあって、一方では全共闘による学生運動も盛んな、良くも悪くも社会が動的だったように思われる。そんな時代、学校には出掛けて行くものの、それはほとんど友人と会うためで、授業にはあま...

1 - 9 / 総件数:9 件

似ているタグ