邦画のタグまとめ

邦画」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには邦画に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「邦画」タグの記事(23)

  1. 【映画レビュー】人生フルーツ - A primrose by the river’s brim

    【映画レビュー】人生フルーツ

    http://life-is-fruity.com/だいぶ前に観た映画。あまりによくて、それから何度か足を運んだ。いい映画は、何度も映画館で観たくなる。上映館が少ないことと、その内容から年配の方を中心に、いつ行っても混んでいる。「還暦を超えてから、しょっちゅう映画を観に行くようになった」という方が多くなったのは、シニアサービスが浸透してきたからだろう。日本の存続のためには、シニアと外国人に頑...

  2. 【映画 追憶】 - お散歩アルバム・・梅雨の徒然

    【映画 追憶】

    公式サイトです: 追憶この前北陸新幹線に乗ったばかりだったので、すぐに場所が北陸だ!!と、わかりました(笑)これも随分前に公開された邦画ですが、まだ上映していたので時間帯が合ったから見てきました。6回見ると次は無料で見られるので、タダで見ました。お金を払っても良かったわ(^^♪降旗監督の名前は聞き覚えがありますが、ポッポやとかあなたを作った方なのですね。高倉健とのコンビなのかな~ 岡田准一が...

  3. 「22年目の告白ー私が殺人犯ですー」(17日本) - お留守番の女王

    「22年目の告白ー私が殺人犯ですー」(17日本)

    いやーー面白かった。面白かった。「あー面白かった!」と気持ちよく席を立って劇場を後にしたのは、久しぶり。1年も前から、ずっとずっと見るのを楽しみに待っていた私。「こんなに期待しちゃうと絶対いい感想でないだろーなー」と思ってたのに。いやいや全然面白かった。すごいわ。よかった。はっきりいって、藤原竜也という人のことは苦手なんです。だけど、「藁の楯」「るろうに剣心」見ちゃってるせいもあって、あの韓...

  4. 今月の映画鑑賞は「花戦さ」で - 続☆今日が一番・・・♪

    今月の映画鑑賞は「花戦さ」で

    隅田公園を通ったら紫陽花が見事でした。気のせいか今年は変わった花の付き方をする紫陽花を見かけることが多くなったような。外来種が増えたのかな。なんにしても四季折々、咲き誇る花たちには癒やされます。紫陽花づくしが出たところで先日、映画「花戦さ」観てきました。うーん、流れがキレイですね。byおテソン期待していた以上に面白かったです。結構笑いました。実在したといわれる伝説の花僧(かそう)池坊専好って...

  5. 【シネマ歌舞伎】東海道中膝栗毛(やじきた) - お散歩アルバム・・梅雨入り前の爽風

    【シネマ歌舞伎】東海道中膝栗毛(やじきた)

    サイトです: 東海道中膝栗毛(やじきた)退屈なので、何か面白い映画はないだろうか?と、109シネマズのサイトを見ると、土曜日から1週間シネマ歌舞伎の上映中でした。やじきた珍道中だそうなので、面白いかなと見に行きました。映画で歌舞伎というのは、皆さんがよくご覧いなっているので知ってはいましたが、どうしても見たい演目がなくて、ずっと指をくわえておりました。普通の映画ですとシニア割引で1100円で...

  6. 映画「美しい星」 - ハッピーテーブル

    映画「美しい星」

    5月26日の公開初日に、美しい星を観てきました!以下少しのネタバレとジャニオタ記事になりますので、ご興味のある方はお読みください〜初日は亀ちゃん目当ての女性たちよりも、男性おひとりさまが目立ったかな。有名な監督さんの作品だし、原作ファンもいるだろうし、映画好きの方もたくさん来るよね。三島由紀夫の原作はほんとうに苦労して読みました。抽象的な表現や哲学的な分が多くって、なかなか頭に入ってこない、...

  7. 【今頃見ました】人生フルーツ【港南台シネサロン】 - お散歩アルバム・・初夏のさざめき

    【今頃見ました】人生フルーツ【港南台シネサロン】

    公式サイトです: 人生フルーツもうすっかり忘れていたのですが、昨日千疋屋にパフェを食べに行く時に、今は何がかかっているのかな?と、バーズの入口のシネサロンの案内に目を止めると、「人生フルーツ」でしたよ。キャ!ここで見られるんだわ~!!ラッキー♪ダニエル・ブレイクも同時上映していて、もう1日早く気が付けば両方見られたのにと残念でしたが、とにかく 人生フルーツ それから時間があれば ダニエル・ブ...

  8. 2回目も爆笑した帝一の國 - アラサー独身OLのぼくみた。

    2回目も爆笑した帝一の國

    毎月14日はTOHOの日で映画1,100円なので、帝一の國を観てきた。2回目だけど、やっぱり面白い!好きなシーン、ベスト5はやっぱこうなるかな。①外部試験対決の父親との掛け合いシーン②マイムマイム事変③大鷹弾が白票の説明をするシーン④美美子との糸電話シーン⑤氷室ローランドが飛び降りて、帝一用にマットを用意したと光明が明かすシーン惜しくもベスト5には入らなかったけど、和太鼓のシーンも一体感がも...

  9. 会いたくても、会えなかった、愛する人へ—— --追憶 - Sweets and Books

    会いたくても、会えなかった、愛する人へ—— --追憶

    タイトルの「会いたくても、会えなかった、愛する人へ——」は映画のキャッチコピーです。映画を観終わったあとに改めて見ると、すごく秀逸なコピーだなと思います。もうこのブログでは何回も公言しているのですが、V6の岡田くんのファンです。故に、岡田くんの出演する作品は欠かさず観るというのがライフワークの一つになっています。(ちょっと大げさ。でもほんとう)8月にもまた映画があると予告編で知りました。今度...

  10. 映画「追憶」 - マチの、映画と日々のよしなしごと

    映画「追憶」

    GWの土曜日の朝「サワコの朝」のゲストが岡田准一君。で、やっぱり観る予定じゃなかったけど、その気になってしまって、駅前のイオンシネマまで自転車走らせて見に行って来た。「映画、どうだった?」って訊かれたら「う~ん、オーソドックスにフツウ~」って答えるしかないかな。それと気になったのが、音楽が映像を煽りすぎ、盛り上げすぎで……もっと抑え気味に使って欲しかったなってのは私の感想。劇場の音響調節もた...

  11. 「彼らが本気で編むときは」 - It's a wonderful cinema

    「彼らが本気で編むときは」

     2017年/日本 監督/荻上 直子 出演/生田 斗真    桐谷 健太 母親が家を出てしまい、置き去りにされた11歳のトモは、叔父のマキオ(桐谷健太)の家で暮らすことになる。彼は恋人のリンコ(生田斗真)と生活していた。トランスジェンダーのリンコはトモに優しく接する。トモは少しずつリンコに心を開いていく…というストーリー。 良作だと思います。「違う」ことを受け入れること。日本人って特にそれが...

  12. これは是非見たい! - 美味しいもの見つけた!        --- ドローン空撮の「FLEX」 北海道札幌市 ---

    これは是非見たい!

    昨日病院待合で読んだ新聞で目にした記事。藤沢周平ファンとしては是非とも見ておきたい映画です。朝日新聞ありがとう。

  13. 自分で一手を選ぶこと --3月のライオン 後編 - Sweets and Books

    自分で一手を選ぶこと --3月のライオン 後編

    いろんな家族が出てきて、後編のテーマは“家族”だったように思います。川本家のために奔走する零くんは、原作よりもさらに空回り(笑)。でも一所懸命だからこそ格好悪い姿は、逆説的に素敵だなと思います。川本家の幸せの象徴が食事のシーンに凝縮されていると思うのですが、原作でも何度も登場する食事のシーン、気取らなくて、庶民的で、でもとても温かくて、とても好きです。零くんが言っているように、ひなちゃんを形...

  14. 将棋を通して対話する --3月のライオン 前編 - Sweets and Books

    将棋を通して対話する --3月のライオン 前編

    原作の漫画が好きで、全巻持っています。その実写映画化ということで、とてもワクワクして観に行きました。羽海野チカさんがすごく好きだったかというとそうでもなく(ハチミツとクローバーはまだ読んだことがないです。3月のライオンが初めて読む作品)、将棋がすごく好きというわけでもなかったのに、気がつくとあれよあれよと全巻揃えてしまいました。正直将棋のことはわからないです。素人です。駒の動かし方くらいしか...

  15. 恋妻家宮本 - 吾唯足知な日々

    恋妻家宮本

    見たいなぁと思っていたら、移住先で上映してくれました。天海祐希は給食シェフのドラマで面白い人だと免疫付けたので、彼女に関しては最後まで好印象。が、阿部ちゃん!君は1人でアタフタしてからにぃ〜。そして話が夫婦の話、夫婦の若いころの話、学校の話、生徒の家庭事情、料理学校の話、ファミレスの話、などなど。笑最後は歌ってインドか!佐清か!(笑ったけど)既婚者なら面白く見れるのかな?ワタシは阿部ちゃんの...

  16. にがくてあまい - リラクゼーション マッサージ まんてん

    にがくてあまい

    こんにちは。有楽ビル店店長 相馬 です。久っっっしぶりに、DVDを借りました。しかも、ラブコメ!そして、邦画!の 笑「にがくてあまい」野菜嫌いのキャリアウーマンと、ベジタリアンのゲイとの同居ラブコメディです。男性側がゲイなので、いわゆる恋愛映画とは違い、広い意味のラブコメです 正直、なんか惜しい !といった感想なんですが 笑ゲイ役・林遣都くんがそれはそれは丁寧に演じてくれているので、やっ...

  17. 3月 「3月のライオン」 - 金魚の小さなおうち

    3月 「3月のライオン」

    羽海野チカさん原作「3月のライオン」のアニメをずっとNHKで見ていた。平日はどうしてもニュースやら経済を取り扱うWBSの方をチェックしたくて、それはKも同じで。きっと私もKも余裕がないんだろうね。で、この3月のライオンは土曜の夜23時にNHKで放送されていたから、ゆったりした気分で見ることが出来ていた。2人して内容も好きで、毎週ほぼ欠かさず見ていた。それを神木隆之介くん主演で実写化するとい...

  18. 人生フルーツ - 吾唯足知な日々

    人生フルーツ

    大好評で上映期間が延長されてました。おかげで観ることができて、身体がホカホカしました。なんといっても、「わたしは、ダニエル・ブレイク」の後に、すぐに観ることができ救われました。そして、たいへん人気で満席でした。 アントニン・レーモンドの自邸風に建てた平屋詳細はフライヤーやHP見れば分かりますので書きませんよ。新聞で紹介されていて作品を知りました。あー、これは見たいなー、と思っていたけど、きっ...

  19. ラ・ラ・ランドと彼らが本気で編むときは - ハッピーテーブル

    ラ・ラ・ランドと彼らが本気で編むときは

    久しぶりに映画をたて続けに観ました!まずは、ラ・ラ・ランドとても楽しい映画でした。ロスやハリウッドの素敵な街並み、夢を応援したくなるようなストーリー、オープニングの高速道路での圧巻のダンスシーン、耳に残る音楽の数々、カラフルでかわいい衣装、そして意外な結末。20年くらい前の時代の話に感じられたんだけど、プリウスに乗ってたから現代なのかな。昔、ハリウッドのスタジオ見学ツアーに行ったこと、ほぼ忘...

  20. 人生フルーツ - きょうのできごと

    人生フルーツ

     映画 人生フルーツ ある建築家と雑木林のものがたり  溝端修一さん 90才 英子さん87才 風と雑木林と建築家夫婦のものがたり 人生は だんだん 美しくなる 2016年3月にTV放送され第42回放送文化基金賞番組部門最優秀賞受賞したドキュメンタリー番組を劇場版として 再編集されたものだそうです溝端ご夫婦のように 生き生きと生活できるなら長生きしたいなぁと 思いましたとても 素敵なご夫婦でし...

1 - 20 / 総件数:23 件

似ているタグ