郊外のタグまとめ

郊外」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには郊外に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「郊外」タグの記事(31)

  1. 初老の蹉跌 - ひつじ雲日記

    初老の蹉跌

    東京都・練馬区、としまえんにてとしまえんは、紫陽花の名所らしい。最近、梅雨時になると、盛んに宣伝している。祝日もなく、夏休みの書き入れ時まで間のある、この時期。閑散期の、来園者対策なのだろう。遊園地なので、入園料が必要。1,000円也、遊園地としては、そんなものだろう。でも、純粋に紫陽花だけを見るには、少々お高い。そんなわけで、何年か、行きそびれていた。しかし。何気なく、広告を眺めていたら、...

  2. 水田と農具小屋 - 風と雲

    水田と農具小屋

    2017-6-16 「水田と農具小屋」166x242mm(17-069)ブログ京都情報ランキング

  3. 大原野の農具小屋 - 風と雲

    大原野の農具小屋

    2017-6-16 「大原野の農具小屋」166x242mm(17-068)ブログ京都情報ランキング

  4. ミニアチュアな百合 - ひつじ雲日記

    ミニアチュアな百合

    長野県・茅野市、八ヶ岳にてツバメオモトの花。小さいが、百合の仲間だという。そういわれると、確かに、百合の姿形である。精巧なミニアチュアのような、まさしく小百合。小さく白い花は、目立たない。いや、僕が気が付かないだけなのだろうが。つい、見落としてしまう。でも、一旦、目につくと、辺りにたくさん咲いている事に気が付く。日常の幸せ、みたいなものか。

  5. 農具小屋がある風景 - 風と雲

    農具小屋がある風景

    2017-6-16 「農具小屋がある風景」205x297mm(17-067)ブログ京都情報ランキング

  6. 北嵯峨の民家がある風景 - 風と雲

    北嵯峨の民家がある風景

    2017-6-13 「北嵯峨の民家がある風景」23x31cm(17-066)ブログ京都情報ランキング

  7. 旅する、絵 - ひつじ雲日記

    旅する、絵

    神奈川県、箱根町にてクロード・モネの「睡蓮」を想わせる、光景。モネは数多くの「睡蓮」を描いている。上野の国立西洋美術館にも所蔵され、日本でも馴染み深い。ジャポニズム ~主に西洋で、日本の様式美を取り入れた美術~ の代表ともいえるこの絵は、如何にも日本人好みだ。いうなれば、美意識の逆輸入なのだから、日本人の感性に合うのも道理だろう。モネの「睡蓮」は、フランスと日本を行き来している。西洋美術館の...

  8. 北嵯峨の水田風景 - 風と雲

    北嵯峨の水田風景

    2017-6-6「北嵯峨の水田風景」242x333mm(17-061)ブログ京都情報ランキング

  9. 洛西大原野の風景 - 風と雲

    洛西大原野の風景

    2017-6-5「洛西大原野の風景」205x333mmブログ京都情報ランキング

  10. 草か、木か - ひつじ雲日記

    草か、木か

    ※写真をクリックすると、拡大してご覧いただけます。神奈川県・箱根町、箱根湿性花園にてクサタチバナの花。花の姿は、タチバナに似ているけれど、名の如く草である。木と草の違いは、ざっくり言えば、年輪ができる、つまり幹が太くなるかかどうか、で区別される。もっとも、竹には年輪はないが、「木」に分類されるので、厳密には違うのだが。草木の区別は、大きさではない。たとえば、バラ科の植物は、木に分類される。桜...

  11. 道草の、エーデルワイス - ひつじ雲日記

    道草の、エーデルワイス

    神奈川県・箱根町、箱根湿性花園にてエーデルワイスの花。海外の花を手軽に見られるのは、植物園ならでは。日本にも、ウスユキソウの仲間は幾つかあるが、それに比べ、かなり大きい気がする。植物園は、一般に生育が良く、大きくなる傾向がある。だからなのか、元々、種として大きいのかは、判らない。エーデルワイスは、日本で一番有名な高山植物、かもしれない。コマクサを知らない人でも、エーデルワイスは知っている。や...

  12. 空高く、空蒼く - ひつじ雲日記

    空高く、空蒼く

    神奈川県・箱根町、湿性花園にて釣り鐘のような、サラサドウダンの花。ツツジの仲間というと、レンゲツツジやシャクナゲを思い浮かべる。でも、バリエーションが豊富で、釣り鐘風の花も多い。ドウダンやヨウラクの仲間や、コケモモもツツジの仲間。これらは、釣り鐘形をしたツツジだ。このサラサドウダンは、割と背が高かった。ならば、下から覗きこむように、撮ってみようか。すると、青空も見えた。梅雨前の、あと少しすれ...

  13. フタリを懐かしみ、ヒトリ去る - ひつじ雲日記

    フタリを懐かしみ、ヒトリ去る

    神奈川県、藤沢市にてフタリシズカの花。この写真だと前後に重なり分かりにくいが。通常、花の穂がふたつある。故に、フタリシズカと呼ばれる。勘の良い人ならば、ヒトリシズカという花もあると、推測出来よう。ちょっと雰囲気は違うが、こちらも清楚な花だ。ヒトリシズカは、花名としても意味合いとしても納得できる。でも、フタリシズカは、ちょっと、不自然な気もする。唐突だが。人は、シズカに死を迎えるのが、幸せなの...

  14. 野球観戦~劇的なサヨナラ弾! - kenのデジカメライフ

    野球観戦~劇的なサヨナラ弾!

     今日は足をのばして、所沢の西武球場へ野球観戦に出かけた。 毎年、この時期に西武球場へソフトバンク戦を見に行く。 なぜか、観戦した試合は、ソフトバンクは全敗。  球場に着いたときは、4対0で西武がリード。 6回の表にソフトバンクが逆転するが、その裏に同点。 7回の両チームの応援が熱を帯びてきました。  ソフトバンク側は黄色一色。  ライオンズ側は、赤と青の二色攻勢。 8回裏に西武リードするが...

  15. エビネの園 - ひつじ雲日記

    エビネの園

    神奈川県、藤沢市にて色とりどりの、エビネの花。雑木林を利用した、植物園で撮った。かなり作為的、良く言えば、それなりに、工夫した写真。さすがに、自生のエビネだと、ここまで、都合良く植わっていない。だから、植物園ならではの写真、ともいえる。余談だが。今、この文章は、とある山小屋で書いている。標高2,400m程度、電気は自家発電、水道も通っていない山小屋。しかしながら、何故か、電波の状態が良い。東...

  16. 幸せの佇む庭 - ひつじ雲日記

    幸せの佇む庭

    ※写真をクリックすると、拡大してご覧いただけます。神奈川県、藤沢市にて野原一面の、シロツメクサ。ここには、いくつの四つ葉のクローバーが、隠れているのだろうか。少し前、子供の時に暮らしたあたりを、車で通った。昔の街道筋の、対面通行こそ出来るが、街中を縫うように造られた道。昔は、とっても広いと思っていた道は、狭かった。小供にとっての道とは、車がやっと通れるような、路地だ。いや、軒下と軒下の間に、...

  17. 花言葉の、邪険な考察 - ひつじ雲日記

    花言葉の、邪険な考察

    神奈川県、鎌倉市にて春を彩る藤の花。花言葉は、「恋に酔う」「優しさ」「歓迎」「決して離れない」だそうだ。夢見る乙女のような、ロマンチックな言葉が連なる。しかし。藤は、別名「絞め殺しの木」と呼ばれる。つる植物らしく、他の木に絡まって枝を広げる故の、命名。以上、断片的な情報を、再構築してみると。恋に酔い、優しさと受容が度を越し、カッと熱くなる。そして、しつこく付きまとい、最後は「絞め殺す」。おお...

  18. サブちゃんの、意外なる頑張り - ひつじ雲日記

    サブちゃんの、意外なる頑張り

    ※写真をクリックすると、拡大してご覧いただけます。埼玉県、加須市にて僕がメインで使っているカメラは、ー眼レフ。様々な状況に応じた撮影も、ソツなくこなし、信頼性も高い。画質的にも、繊細な色も再現するし、きめ細かい。早い話、優等生的な奴なのだ。そんな奴にも、難点がある。重くてかさ張る。僕の旅行や山登りは、写真を撮るのも、大きな目的。歳をとって体力が落ちたら、どうなるか、分からない。でも、今は取り...

  19. ふたつの空色 - ひつじ雲日記

    ふたつの空色

    ※写真をクリックすると、拡大してご覧いただけます。静岡県、東伊豆町にて夜明け前の海。かすか、東雲色に染まる空を映す。藍色の西空は、未だ夜の余韻を引く。ふたつの空色を波は砕き、空漠たる時を奏でる。

  20. ツツジの園 - ひつじ雲日記

    ツツジの園

    東京都・文京区、六義園にて東京都区内のツツジの名所、といえば、根津神社が有名。最盛期には、屋台も並び、人出も多い。根津神社もよいが、そこから地下鉄でひと駅先にある、六義園のツツジも素晴らしい。六義園は、枝垂れ桜が有名で、4月の初めはとても混む。でも、半月ほど後の、ツツジの季節は空いている。有名か否か、人が集まる理由は、案外単純なのかもしれない。六義園へ向かう途中、通り雨に遭った。大気の状態が...

1 - 20 / 総件数:31 件

似ているタグ