スポーツ・アウトドアジャンル×野鳥のタグまとめ

野鳥」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには野鳥に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「野鳥」タグの記事(77)

  1. 海辺のチドリとミズナギドリ - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    海辺のチドリとミズナギドリ

    このところの都内は曇りがちで、時折雨も降るような天候ですから、ひところ続いていた熱帯夜が影を潜め、とても涼しい気候が続いています。まるで避暑のために訪れた高原で生活しているようです。夜もエアコンをかけずによく寝られますから、体が楽で助かります。関東地方以外のところでは、暑い日々が続いている所もあるようですが、テレビで高校野球の熱戦を見ていると、あの茹だるような暑さが蘇ってくるようです。夏の暑...

  2. 夷隅川河口のカワラヒワ - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    夷隅川河口のカワラヒワ

    お盆の帰省ラッシュで、高速道路はどこも大渋滞が発生しています。山の日に続く三連休は、北八ヶ岳ロープウェイを利用して、坪庭を散策しながら縞枯山(標高2,403m)に登って来ましたが、行きも帰りも高速道路の渋滞が予想されました。何とかこれを回避できないものかと考え、行きは自宅で昼食をとって午後1時過ぎに出発したところ、若干の渋滞はあったものの午後5時過ぎにロープウェイの山麓駅に到着することが出来...

  3. あっ!オオメダイチドリがいた - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    あっ!オオメダイチドリがいた

    7月最後の週末は、行こうと思って予定していた山の天気が悪くなったので仕方ありません、計画変更せざるを得ませんでした。それではどこか良い場所はないかと、お天気アプリで調べてみたところ、晴れマークが付いていた外房の海岸沿いで野鳥観察をしてみることにしました。特に情報があったわけではなく、行けば何かいるかもしれないという、そんな感じで出掛けてみました。3週間前には、やはり外房の九十九里浜を飯岡漁港...

  4. 大原漁港のウミネコ幼鳥 - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    大原漁港のウミネコ幼鳥

    7月最後の週末は、山登りをしてこようと思っていたのですが、直前に天気予報が変わって、悪天候が予想されました。高山植物などの撮影をしようと思っていたし、第一雨に降られては山登りも楽しくありません。それではどこか天気の良いところはないものかと探してみたところ、太平洋側はおおむね晴天のようです。それならば、少々暑いのは我慢して、房総半島の南側の様子を見てこようと行ってました。でも、7月の第2週に九...

  5. ビンズイの喧騒 - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    ビンズイの喧騒

    今日の都内の最高気温は37度の予報となっていて、今年最高の猛烈な暑さになりそうです。今朝家を出てから駅に向かう間に、既に汗を掻くほど気温が高くなっていました。朝のうちから気温が30度を超えているんではないかと思えるようです。これだけ暑いと熱中症の発生が危惧されます。テレビでも激しい運動は控えるように注意していますから、私も毎日の日課としているウォーキングは、何時もの駅より一駅先から歩くことに...

  6. 高原のゴジュウカラ - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    高原のゴジュウカラ

    奥日光で野鳥写真を撮りながら、自然観察して来た結果について紹介を続けていますが、訪問したのは7月15日(土)〜17日(月)の海の日の祝日までの3日間でした。毎度のことながら、車中泊により、2泊3日の時間を有効に使うことが出来ました。早朝から夕方遅くまで、あまり時間を気にすることなく、自然観察に没頭できます。時間を気にせず野鳥を探すことができると、気持ちの上でもすごい余裕が生まれて、終わってみ...

  7. 肖像(アオバズク) - 写真家 佐藤 圭 魂の叫び/北海道道北の自然と留萌の夕陽

    肖像(アオバズク)

    旭川、嵐山の北方野草園で生まれたアオバズクの雛です。元気に旅立ちました。

  8. 常念山頂のイワヒバリ - 今日の鳥さん+α(初心者野鳥写真集)

    常念山頂のイワヒバリ

    今年の山行は 常念岳小学生も登る楽なコース(一の沢口)を選びましたが、これが、結構きつくて…山頂からは 槍ヶ岳以下のオールスターが望めました***トリの方は、ライチョウを見たかったんですが、見つからず見つかったのは おなじみ イワヒバリ2017/07/16 常念岳イワヒバリ、メボソムシクイ、ミソサザイ声だけ コマドリ、ルリビタキ

  9. 2017 ブッポウソウ 6.25 - 遊

    2017 ブッポウソウ 6.25

    今年もブッポウソウにお世話になりました。今年より機材を変えてC社での挑戦でしたが、ブッポウソウはP社の色の方が私は好きです。

  10. 2017年7月 - 青梅から花鳥風景

    2017年7月

     ______2013年以前のページはこちら______写真はクリックで大きくなります。7月上旬ご近所散歩オナガが電線に、盗聴?こちらの思い込みか、電話線じゃないから盗聴は無理。たぶん頬がかゆいのかも。ギャージェー濁声、口の中も真っ黒、でも腹は白いのでご安心を、信頼できます。帰り、昨日は大雨、橋の上から濁った多摩川をみる。カイツブリ一家、この不透明な世の中を生き残れるか、がんばれー。車でぐに...

  11. 6月のミサゴ - 遊

    6月のミサゴ

    なかなか思う画が撮れません、これからも修行します。

  12. コルリが・・・、 - 遊

    コルリが・・・、

    ある日遠征で、ターゲットは違ったんですが、珍しいシーンに出くわす事になりました。コルリちゃん夫婦がせっせと餌運びをしてました。珍しいシーン托卵托卵とは、 「カッコウの仲間(ホトトギス科・・カッコウ、ホトトギス、ジュウイチ、ツツドリ)は どの種も自分で巣を作らず他の鳥の巣にその卵を産みつけて育ててもらいます。これを托卵と言い育ての親を仮親と言います。ホトトギス類は、仮親(托卵の相手)が卵を産み...

  13. チャイナより参りました♡  〜 画美鳥 〜 - 忠告なんてご無用ぉ

    チャイナより参りました♡ 〜 画美鳥 〜

    昨今、日本でも外来生物の問題が言われてますな。最近の困った話題では、ヒアリ って言うんですか? 刺されると深刻な被害を及ぼす蟻とかね。ワールドワイドの世界で、もはや外来種の侵入は不可避なんでしょうかね。特に船便でやって来る輸入品コンテナーなどに紛れて来られてはね、ほとんど水際で駆除するのも容易ではないのではなかろうか。山の頂の水場に行ったら、珍しいお客さんがやって来たよ。中国からやって来た ...

  14. コアジサシ - tokoya3@

    コアジサシ

    空中で狙いを定めて...ホダリングして...水中へ...ナイスキャッチ!

  15. 江井ヶ島の田圃で亜麻鷺 - いい男の「歩々是道場」

    江井ヶ島の田圃で亜麻鷺

    タマシギには出会えませんでしたが少し離れた田圃にアマサギが3羽車の助手席から撮らせてもらいました。真横に移動して車内からだと近づいてもあまり警戒しないのでじっくりと観察する事ができた。ドア窓を全開にして、肘を窓枠など硬い所に押し当てて安定させて撮る。田植えシーズンに撮れてなくてずっと後回しにしておりました。来年は耕運機とからめて撮りたいです。この後、撤収するためドアを開けて片足を出したとたん...

  16. 2017年6月 - 青梅から花鳥風景

    2017年6月

     ______2013年以前のページはこちら______写真はクリックで大きくなります。6月上旬有名避暑地軽井沢へ、とはいってもかなり奥の方へ。一軒宿でひっそり、観光客がいないので期待ができる。心配なのは天気もよう。ウィークデーということもあり、歩いている人はいない。森に入るとさっそくオオルリのさえずり。葉が茂っていてなかなか見つからなかったが、近くにいた。曇りで少し暗い樹上に。大きな声で盛...

  17. ハーブ園にも鳥はいる... - 忠告なんてご無用ぉ

    ハーブ園にも鳥はいる...

    ハーブ園は、ちょっと小高い山の上の方にある。小高いぐらいなので、徒歩で充分に歩いて行ける程度の所。正直、野鳥に関しては期待はしてないし、実際に おぉ!!って出会いもない。そんな中でも、囀りをしっかり聞いたし、その場所を見定めてカメラを覗くと.....ふっ.....いたよ。お久しぶりな、ホオジロ でしたね。冬枯れの河原なんかで見て以来、今はこのような場所に滞在してるんだね。木々の天辺で囀ってる...

  18. ジャパニーズ・パラダイス・フライキャッチャー  〜 ご馳走はまさにフライ w 〜 - 忠告なんてご無用ぉ

    ジャパニーズ・パラダイス・フライキャッチャー 〜 ご...

    サンコウチョウの巣、概ねどれも高い杉などに造る事がほとんど。空を睨む対空砲のような、超望遠レンズ群が樹上の巣を狙い、サンコウチョウの飛来を待つ....抱卵から雛が羽化すれば、そこに必ず来る訳だから写せるチャンスではある。どっちかと言えば、オイラはこういう「待ち」はあまり好きじゃないんだけどね。ターゲットは遠いし、カメラのレンズにも限界があるし......腕も悪いと来てるしさwでも何も撮れない...

  19. 花とカワセミ - 遊

    花とカワセミ

  20. 夏鳥賛歌 - 忠告なんてご無用ぉ

    夏鳥賛歌

    森に入るとね、聞こえて来るよ。鳥たちの、今を精一杯生きてるよっていう歌が。ある者は チヨチヨヴィー... チヨチヨヴィー と歌ってるよ.....またある者は、ツキヒィホシ、ホイホイホイ......と 歌ってるのが聞こえる。それは時に遠くから.....ある時はすぐ近くで......。そして歌い手は、ひらひらと地上に舞い降りたのだ。少年合唱団のソリストの如きその鳥は、音もなくまた空へ舞い上がって...

1 - 20 / 総件数:77 件

似ているタグ