金石範のタグまとめ

金石範」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには金石範に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「金石範」タグの記事(6)

  1. 原爆忌に読み終えた 金石範「火山島」Ⅶ - 梟通信~ホンの戯言

    原爆忌に読み終えた 金石範「火山島」Ⅶ

    イギリスのオープンカレッジに行くユイが羽田空港からメールをくれた。飛行機が遅れているらしい。はあちゃんは滋賀のおじいちゃんのところ、タイキもまもなく行くらしい。それぞれの夏休み、俺はひたすら無事を祈る。(昨夕、自由が丘)きのう風呂でシャワーを浴びていたらピーターバラカンが、ゲストに「いまあなたのお父さんが生きていてこの世界をみたらなんというでしょうか」と尋ねている。じゃあじゃあ、シャワーの音...

  2. 古狸が狐の弁護をする加計国会 金石範「火山島」Ⅵ - 梟通信~ホンの戯言

    古狸が狐の弁護をする加計国会 金石範「火山島」Ⅵ

    衆院予算委員会閉会中審査を聞きながら。そうとう周到な準備をしたとみえ小野寺の質問は加戸(日本会議・歴史修正主義)前愛媛県知事の多弁演説をメインにあとは忖度組・取りこまれ組をうまく配列して、関係者のすべてが加計学園を歓迎しなんの不満や疑惑を持っていない、加計学園はむしろ悪政を糺した快挙だといわんばかり、前川が枯れ尾花を幽霊と見間違ったか、むしろ岩盤一味であるかのような「印象操作」をした。規制を...

  3. 韓国の人たちにお礼を言いたい チョ・ジヒョン写真集「猪飼野 追憶の1960年代」 - 梟通信~ホンの戯言

    韓国の人たちにお礼を言いたい チョ・ジヒョン写真集「猪...

    猪飼野、古代の百済郡、現在の大阪市生野区鶴橋、桃谷、中川西、中川、田島。5世紀、百済系渡来人が集住し、1921年から23年にかけて水はけを良くして工場や住宅地にするための大拡張工事に、慶尚道から多くの労働者が安い賃金で連れてこられた。1922年には済州島と大坂間に定期連絡船”君が代丸”が就航し、済州島から多くの労働者、女工たちが渡日してきた。「火山島」の著者・金石範も1925年済州島から単身...

  4. 風雲急を告げる済州島 金石範「火山島」Ⅴ - 梟通信~ホンの戯言

    風雲急を告げる済州島 金石範「火山島」Ⅴ

    休肝日の翌朝の気分の良さと言ったら!この味わいのために酒を飲みつづけたい。「煙草をやめると肥るというので煙草を吸ってみている」。カミソリだけどもインテリヤクザの苦み・ユーモアもある、「瘠せたソクラテス」だった先輩が真面目な顔でいったことがある。パンパン、洗濯物をベランダに干しながらその先輩のことを思い出して、また楽しくなった。「火山島」五巻を読了。ひがなソファに座って中庭を見ている高等遊民に...

  5. 第一級の人物が北に行った 金石範「火山島」第四巻 - 梟通信~ホンの戯言

    第一級の人物が北に行った 金石範「火山島」第四巻

    スイスで脱原発の国民投票、2050年までにすべて(4基だったかな)の原発を廃止する、と同時に国民は省エネ生活を甘受するという。3・11に学ぶ遠い国に敬意を表するとともに共謀罪に突っ走る美しい日本が情けない。「火山島」第4巻、なかなか終わらない。遊び歩いているからだ。1948年8月13日、アメリカの信託統治下にあった南朝鮮は、北朝鮮との統一を果たせないまま大韓民国として独立する。李芳根(イ・バ...

  6. 「ソウル」が恋しくなる 金石範「火山島」Ⅳ - 梟通信~ホンの戯言

    「ソウル」が恋しくなる 金石範「火山島」Ⅳ

    「火山島」第四巻が届いた、今回も細字二段組み560頁、楽しみでもあり覚悟も必要な読書だ。日本植民地から解放されたのに、それを喜ぶ間もなく、アメリカは旧日本軍の統治システムをそのまま踏襲、建物も組織も使って南朝鮮を支配する。親日派の連中は復讐や追放の憂き目にあうどころか再び支配側に廻る。済州島、日帝支配下の1919年3月1日に爆発した3・1独立運動の28周年記念行事において、警察と米軍当局は一...

1 - 6 / 総件数:6 件

似ているタグ