銭湯・温泉のタグまとめ

銭湯・温泉」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには銭湯・温泉に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「銭湯・温泉」タグの記事(14)

  1. 豊中市の銭湯「島田温泉」 - C級呑兵衛の絶好調な千鳥足

    豊中市の銭湯「島田温泉」

    豊中銭湯シリーズ。今回も電車で行こうとすると、ちょっと距離があるなぁ。豊中の銭湯といえば恒例の、阪急庄内駅下車。駅から西へてくてく歩き、もう豊中ICのそば。一時期、国を挙げて話題になったあの森友学園も近いわね。駅から少し離れてはいるけど、スーパー「サンディ」やコンビニエンスストアなどがある南北に走る広めの道路に出る。この通りにある銭湯が島田温泉だ。他の銭湯と違うのは、主副の関係はよく分からな...

  2. 豊中市の銭湯「長島温泉」 - C級呑兵衛の絶好調な千鳥足

    豊中市の銭湯「長島温泉」

    ナガシマリゾートの話じゃないぞ。豊中の銭湯シリーズ。今回は、阪急庄内駅の南東へ。阪急宝塚線と国道176号線とが交差するあたり、ここから東に向かうんだけど、狭い道が入り組む住宅街の中を進む。天竺川を跨いで、すっかり住宅街に溶け込んでいるんだけど、煙突見えてますよ~とやってきたのは長島温泉だ。「好きやねん おふろ」のキャッチフレーズを筆頭に、お風呂の種類を掲げたカラフルな看板が明るい感じでいいね...

  3. 豊中市の銭湯「七福温泉」 - C級呑兵衛の絶好調な千鳥足

    豊中市の銭湯「七福温泉」

    阪急庄内駅から少し歩くことになるんだけど・・・駅西口から南に下り、阪急バスの本社がある阪急バス本社前交差点を西へ。府道152号線からさらに南の住宅街の中へ。大黒町というエリアで、庄内南小学校の近くある銭湯「七福温泉」。「七福」と名のつく銭湯が豊中には2つもあるんだね。先日紹介をした豊南西にある「温泉七福」と、この「七福温泉」。こちら、下駄箱からの入口は男女に分かれているんだけど、番台ではなく...

  4. 豊中市の銭湯「温泉七福」 - C級呑兵衛の絶好調な千鳥足

    豊中市の銭湯「温泉七福」

    最寄りは阪急庄内駅。国道176号線も天竺川も跨ぎ、市道神崎刀根山線に出る。今回は、市立高川図書館の向かいにある銭湯「温泉七福」。駅からだと歩いて15分くらいかな。正面はなかなか横に広い構えで、毎日たくさんのお客さんが出入りしている感が漂っているぞ。ほー軟水オシで、美肌の湯が期待できるということですな。中に入ると、お!・・・入口引き戸の上、透明なガラスに鳥獣戯画をモチーフにした絵が描かれている...

  5. 十三の銭湯「新木川温泉」 - C級呑兵衛の絶好調な千鳥足

    十三の銭湯「新木川温泉」

    阪急十三駅から、阪急京都線にそって東へてくてく。もうすぐ南方駅じゃないのかというところに、木川というエリアがある。静かな住宅街が広がり、アーケードの木川本町商店街が突然に姿を現したりする。住宅の合間から、青空に伸びるシルバーな煙突が光る。銭湯好きには有名かな。やってきたのは、銭湯「新木川温泉」だ。家が密集する住宅街の中に、忽然と姿を現す、このノスタルジックな光景に驚く。木造校舎のようで、壁面...

  6. 三国の銭湯「第二末広湯」 - C級呑兵衛の絶好調な千鳥足

    三国の銭湯「第二末広湯」

    阪急三国駅。神崎川を渡って南側なので、ここは豊中市ではなく大阪市淀川区ですな。駅から西へ、そんなに歩く距離ではないんだけど、細かな道が複雑に絡む住宅街の中、どこだろうなぁとキョロキョロしながらやってきた。外の構えからして、昭和の良き時代を感じさせるなんとも懐かしい風情・・・銭湯「末広湯」だ。昭和20(1925)年に建てられたんだって。ほんと、ランニングシャツの鼻垂れ小僧が走り回ってそうな雰囲...

  7. 激旅!釜山2泊3日2017(4) - C級呑兵衛の絶好調な千鳥足

    激旅!釜山2泊3日2017(4)

    激旅!釜山2泊3日2017。海雲台エリアを離れ、地下鉄2号線→水営駅乗り換え→3号線→蓮山駅乗り換え→1号線・・・乗り鉄みたいなことになっているけど、ちょと北部に移動。写真は、オレンジカラーの1号線だ。釜山の地下鉄はホームドアが基本あるので、写真撮りにくいんだよね~で、海雲台から40分ほど移動してやってきたのは、温泉場駅。駅名でバレバレなんだけど、東菜温泉というところで、韓国最古の温泉街とし...

  8. 大鳥居の銭湯「宝湯」(大田区の銭湯15) - C級呑兵衛の絶好調な千鳥足

    大鳥居の銭湯「宝湯」(大田区の銭湯15)

    京急大鳥居駅のすぐ北側にある銭湯「宝湯」。「観音湯」よりも駅に近いんだけど、住宅街というかちょっとした商店街?というか、そんな通りにさりげなくある。「宝湯」とはいかにも銭湯って感じの名前なんだけど、あ・・・住宅の中にありながら、四角四面のビル感満載な銭湯なんだな・・・暖簾をくぐって中に入る。フロントスタイルで、手前にはちょいと広めの休憩スペースが設けられている。脱衣場は、ぴかっと光るワックス...

  9. 糀谷の銭湯「小町湯」(大田区の銭湯14) - C級呑兵衛の絶好調な千鳥足

    糀谷の銭湯「小町湯」(大田区の銭湯14)

    京急糀谷駅の南、ちょくちょく買い物にやってくる糀谷商店街を抜け、魚介が安い「魚悦」の交差点を東へ折れる。すると、今度は萩中通り商店街が賑わいをみせる。ホント、東京って商店街がたくさんあって、しかも賑わいをみせてますな。この通りを少し歩いて、萩中2丁目の交差点を左にまがると「小町湯」がある。何だか、唐破風でなくこういったトタン屋根タイプもなかなか味があっていいですなぁ。建物の横に回ってみると煙...

  10. 大鳥居の銭湯「観音湯」(大田区の銭湯13) - C級呑兵衛の絶好調な千鳥足

    大鳥居の銭湯「観音湯」(大田区の銭湯13)

    なんか、もー入口から斬新だわ・・・京急大鳥居駅から、糀谷にもどる形で西へ。三徳稲荷神社があるところまでやってきた・・・そのすぐ隣りにある糀谷観音堂が、ちょっといい雰囲気。聖観音を祀っているんだけど、夕方に灯る提灯が落ち着く。さて、そのすぐ近くにある銭湯「観音湯」にやってきた。さっきの観音堂にちなんでついた名前なのかしら。詳しいことは分からないけど、あの屋根の雰囲気からすると歴史のある銭湯なん...

  11. 銭湯「新呑川湯」(大田区の銭湯11) - C級呑兵衛の絶好調な千鳥足

    銭湯「新呑川湯」(大田区の銭湯11)

    銭湯は、生活に密着しているから成立するのであって、決して、交通の利便性がいいところにあるとは限らない。そういや、東京にきて思ったけど、鉄道の駅から結構遠いのに、とても栄えた商店街があったりするんだよね。今回もその一つ。京急大鳥居駅から京急大森町駅を結ぶ国道131号線(産業道路)沿いにあって、どの鉄道駅からも遠いわけ。なので、京急蒲田駅前から蒲36系統森ヶ崎行きのバスに乗っていくことに…銭湯入...

  12. 蒲田の銭湯「蒲田温泉」(大田区の銭湯5) - C級呑兵衛の絶好調な千鳥足

    蒲田の銭湯「蒲田温泉」(大田区の銭湯5)

    うちからはちょっと遠いのは遠いんだよな…でも、ちょっとした中毒みたいなもんで、あの激アツにお見舞いされたい衝動に駆られることがあるんだよなぁ。JR蒲田、京急蒲田から線路に沿うような形で南へ下って…どうかなぁ15分はあるくかな。蒲田本町というエリアに入ると、アーケードのない商店街に入っていく。そうは言っても住宅街で、飲食店が林立しているようなところじゃない。静かで暗い夜道なれど、急にぼわっと赤...

  13. 蒲田の銭湯「ヌーランドさがみ湯」(大田区の銭湯4) - C級呑兵衛の絶好調な千鳥足

    蒲田の銭湯「ヌーランドさがみ湯」(大田区の銭湯4)

    東京であれば一度、高尾山には行ってみたいと思い、朝早くから出かけ、1日仕事で帰ってきた。途中、だんご屋があったりして楽しいなぁとか思ったけど、まー、山にあれだけの人がいると興ざめするね。頂上なんか、街中の風景くらい人がわーってなってるし。ほどよく、身体も疲れたところで、家まで戻ってきたけど、最後は銭湯で締めなきゃな。今回の場所は、蒲田駅というよりは雑色かな…「ヌーランドさがみ湯」だ。銭湯とい...

  14. 豊中市の銭湯「たこ湯」 - C級呑兵衛の絶好調な千鳥足

    豊中市の銭湯「たこ湯」

    ここ最近、ちょくちょく曽根にある銭湯「たこ湯」に行ってるな。銭湯にも色んな個性があるけど、ここは街中の銭湯でありながら、バラエティに富んだ浴槽があって、プチスーパー銭湯のよう。建物側面のたこのイラストがキュートだ。入口の横では赤提灯がぶらさがり、たこ焼きが販売されていて、銭湯の中の休憩スペース前の売店を兼ねている。このたこ焼きが名物ということで、銭湯の名前も「たこ湯」となっている。フロント形...

1 - 14 / 総件数:14 件

似ているタグ