錦織圭のタグまとめ

錦織圭」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには錦織圭に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「錦織圭」タグの記事(28)

  1. 錦織3年連続して棄権、土曜日のテストマッチ - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    錦織3年連続して棄権、土曜日のテストマッチ

    ゲリーウェバーオープンは3年連続して負傷棄権となった錦織圭であった。2回戦のカチャノフとの試合は出だしからショットも好調のようにみえ、サービスもまずまずだったと思う。2-2からの第5ゲームでデュースからアドバンテージを奪った直後のラリーで錦織は不自然な動きをしてポイントを失った。この動きの前に臀部に痛みを感じたそうだ。メディカルタイムアウトでトレーナーからマッサージを受けたが痛みはひかなかっ...

  2. 芝初戦、錦織白星発進 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    芝初戦、錦織白星発進

    テニスはウィンブルドンに向けて芝コートでのトーナメントがはじまった。錦織圭はその中、ATP500・ゲリー・うぇばー・オープンに参戦である。そしてその初戦が行われた。今シーズン3回目の対戦となるベルダスコである。過去2戦とも熱戦のすえ錦織が勝利している相手であるが芝コートでの対戦は初だそうだ。その第1セット、お互いにサービスをキープし試合はタイブレイクに持ち込まれた。しかし勝負所で錦織にミスが...

  3. あと3本、レアード月間MVP、錦織あと一歩 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    あと3本、レアード月間MVP、錦織あと一歩

    MLB・アストロズの青木宣親がロイヤルズ戦でヒットを打ち、日米通算2000本安打まであと3本となった。ロイヤルズは青木が所属していた球団だけに思い入れのある球場で記録達成と思っているが、残念ながら今日の試合はベンチスタートとなってしまった。この試合、アストロズの球団連勝記録がかかっていたが7-3とリードした8回にまさかの4失点、9回も2失点してしまい大逆転でのサヨナラ負けとなってしまった。そ...

  4. 観月あこに「関係者席から出て行け!」錦織圭、試合好調のウラに彼女の排除あり。 - 芸能スクープ☆激ヤバ情報

    観月あこに「関係者席から出て行け!」錦織圭、試合好調の...

    現在全仏オープンテニスに出場している錦織圭さんは、昨日2年ぶり2度目のベスト8進出を果たし、日本勢単独最多四大大会で7度目の8強入りという偉業を成し遂げました。10%OFF+送料無料■錦織圭 3DVD【錦織圭 in ATPワールドツアー 2015】16/2/17発売【楽ギフ_包装選択】そのウラで、恋人である観月あこさんに対し「関係者席から出て行け」という屈辱的な命令が出ていたと今週発売の女性...

  5. ウォーリアーズ連勝、錦織はベスト8 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    ウォーリアーズ連勝、錦織はベスト8

    NBAファイナル第2戦、ウォーリアーズ対キャブスはウォーリアーズが圧勝して2連勝をかざり、王者へ一歩近づいた。これでプレイオフにはいって負けなしの14連勝である。ここまでは下馬評通りの強さを魅せているウォーリアーズだが、キャブスもその実力の片鱗は魅せてくれている。第2Qで反撃を試み、58-59と1点差に詰め寄る場面を演出してくれた。同点(あるいは逆転)まで持ち込んでいればあわやという展開にな...

  6. 錦織辛勝、ルマンテストデイ、琢磨4位 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    錦織辛勝、ルマンテストデイ、琢磨4位

    2日にまたがった錦織の全仏オープン3回戦、本人もあのまま試合が続いていたら負けていたという。仕切り直しとなった一戦、鄭現のストロークに手こずりながらフルセットでベスト16に進出した。第4セットは0-6、そして第5セット、先にブレイクして5-3でむかえたサービスゲームをキープしていれば勝利だったがこれをブレイクされ、ブレイク数で追いつかれてしまった。しかし第10ゲーム、ブレイクポイントを握り最...

  7. 錦織ひどいマナー、佐藤は8位 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    錦織ひどいマナー、佐藤は8位

    全仏オープン3回戦、錦織の相手は韓国の新鋭・鄭現であった。タイプは錦織と同タイプのようでストローク戦を得意としているという。試合を観ていてもストロークでミスすることは少なく、自然とラリーも長くなっていく試合であった。錦織はストレスを抱えながら(思い通りに試合をコントロールできないもどかしさが垣間見えた)、7-5、6-4と2セットを連取した。第3セットにはいり、鄭現のファーストサーブの確率があ...

  8. 交流戦勝越しスタート、錦織は3回戦へ - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    交流戦勝越しスタート、錦織は3回戦へ

    プロ野球交流戦の1カード目が終わった。初日はセ・リーグ3勝、パ・リーグ3勝と五分の星勘定で今シーズンの交流戦は白熱しそうな予感はあったが、2日目、3日目と日が進むごとにパ・リーグが実力を発揮しはじめている。というよりは、例年と同様の結果となっているといったほうがいいのかもしれない。1カード目が終了してパ・リーグからみて12勝6敗となっている。日本ハムの交流戦、初戦のカードはDeNA、1勝1敗...

  9. 錦織初戦突破、インディの次はルマン - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    錦織初戦突破、インディの次はルマン

    全仏オープン、錦織圭の初戦の相手はコキナキスであった。ジュニア時代は同郷のキリオスらと次代は彼らの時代であろうといわれた逸材であったという。それが怪我~手術の影響で世界ランクから外れ、今回はプロテクト・ランキングでの出場だそうだ。錦織にとってはいきなりの難敵である。試合もそのような展開となってしまった。第1セット第3ゲームでいきなりブレイクされてしまった。それも最後はダブルフォルトでゲームを...

  10. テニスのおじさま - ゆっくりと加速

    テニスのおじさま

    テレビのニュースで、錦織圭の試合を見ることがある。見るたび、近所のテニスコートで軟式テニスに興じるおじさんたちとは、球の勢いが違う!と、当たり前のどーでもいいことにすごく驚くんですが・・・ww

  11. 日本ハム連敗ストップ、チーフス引き分け、錦織敗れる - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    日本ハム連敗ストップ、チーフス引き分け、錦織敗れる

    日米通算2000本安打まで後10本となっているアストロズの青木宣親が地元で開催されたタイガース戦に先発出場した。まずは守備で魅せてくれた。初回の守備、二死2塁でレフトに飛んだヒットをホームへ好返球して2塁走者を刺し、先制点を防いだ。MLBトップとなる6捕殺である。そして打撃ではタイガースの好投手・バーランダーから2安打(1本目は幸運な中前であったが2本目は完ぺきに打ち返した中前であった)を放...

  12. 錦織準々決勝は鬼門、土曜日に2勝目を目指して - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    錦織準々決勝は鬼門、土曜日に2勝目を目指して

    今シーズンの錦織圭はATPシリーズで準々決勝が鬼門のようだ。開幕戦こそ決勝にすすんだが、それ以外のトーナメントでは準々決勝の壁が大きく立ちはだかっていた。そしてジュネーヴオープン、その準々決勝の相手はアンダーソンであった。過去の対戦成績もよく相性のよい相手であったがやはり壁は存在するのか、第1セット第4ゲームをブレイクされてしまった。2-5で迎えた第8ゲームもブレイクされなんとこのセット2-...

  13. 敵地で惜敗、錦織は勝利 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    敵地で惜敗、錦織は勝利

    今シーズンの日本ハムの成績をみると顕著な結果となっている。ホームゲームが14勝7敗に対してビジターゲームが4勝16敗と大きく負け越している。Aクラス、そして優勝を狙うにはこのビジターの成績を最低でも5割にしなければいけない。その大切な西武戦であった。日本ハム先発の加藤は前回の楽天戦での登板の反省をしっかりしたとみえ、秋山に先頭打者ホームランを浴びてしまった以外はピンチをつくるが得点は許さなか...

  14. WRCラリー・ポルトガルはじまる、錦織は完敗 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    WRCラリー・ポルトガルはじまる、錦織は完敗

    WRC第6戦ラリー・ポルトガルがはじまった。事前に行われたシェイクダウンテストでトヨタの3選手はラトラバが3番手、ハンニネンが8番手、そしてこのラリーがデビューとなるラッピは11番手のタイムであった。シェイクダウンテストで3番手タイムをだしたラトラバはラリーにいい感触を得たようである。そして未明にラリー初日恒例のスーパーSSが行われ、ラリー・ポルトガルのディ1がスタートした。スーパーSSを3...

  15. ダルビッシュがMLB50勝、錦織はイタリア国際に出場 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    ダルビッシュがMLB50勝、錦織はイタリア国際に出場

    ダルビッシュがMLB通算50勝を達成した。昨日のフィリーズ戦に先発したダルビッシュ、初回から制球もよくフィリーズ打線を抑えていく。打線も効果的に得点を重ね、ダルビッシュは2回以降毎回の9奪三振、7回を投げ1失点の好投で今シーズン4勝目をあげた。レンジャーズは7連勝で勝率5割復帰となった。一方ダルビッシュは、この勝利でMLB通算50勝目、日本人投手としては最速となる109試合目での達成である。...

  16. 大勝日本ハム、錦織は棄権、そしてARC - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    大勝日本ハム、錦織は棄権、そしてARC

    借金返済を目指す日本ハムは東京ドームでロッテと対戦した。日本ハムの先発は浦野、先週約2年ぶりに勝利をあげ、ローテーション入りを目指す登板である。一方のロッテは涌井、こちらはロッテの開幕投手を務め、毎試合好投するものの打線の援護が乏しく勝利につながらない今シーズンである。投手戦が予想される試合であったが、結果は一方的な試合となった。初回、二死から四球、ヒットで二死1、3塁と先制のチャンスをつく...

  17. 錦織ベスト8、日本代表香港戦メンバー発表 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    錦織ベスト8、日本代表香港戦メンバー発表

    ATP1000・ムチュア・マドリッド・オープン3回戦、錦織圭の相手はフェレールであった。比較的相性のよい相手ではあるが2回戦のような試合運びだと接戦となりそうで手首の不安もありちょっと心配であった。しかしその錦織、出だしからサービスゲームをブレイクするなど順調であった。第5ゲームもブレイクし、錦織第1セットは楽勝かと思われたが、第6ゲームは30-0とリードしながらフェレールの逆襲を受けてブレ...

  18. 2019W杯プール組分け決定、錦織復帰戦勝利、連敗ストップ日ハム - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    2019W杯プール組分け決定、錦織復帰戦勝利、連敗スト...

    ラグビーワールドカップ2019(RWC2019)日本大会プール組分け抽選会が京都迎賓館で実施された。抽選の結果、日本代表はAグループとなり、アイルランド、スコットランドと同一のグループとなった。スコットランドとは2015年W杯で対戦して唯一の負けを喫してしまったチームである。その後も試合をしているが日本で行った2試合はいずれも惜敗であった。アイルランドにはまだ勝ったことはないが、6月に2試合...

  19. サンウルブス惜敗、MotoGP、錦織の復帰戦 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    サンウルブス惜敗、MotoGP、錦織の復帰戦

    スーパーラグビー第11節、サンウルブスは南アメリカのジャガーズと対戦した。昨年は記念すべき初勝利をあげた相手だけに今年は敵地ではあるが2勝目をあげたいものである。その予想は開始早々のトライ(&ゴール)で正夢とあんりそうだった。試合は点の取り合いとなり、ジャガーズが逆転すると、サンウルブスも追いつき、追い越す一進一退の内容で前半は25-22で終了した。後半にはいってもその流れは変わることなくど...

  20. 青木宣親絶好調、ラグビー2題そして錦織圭 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    青木宣親絶好調、ラグビー2題そして錦織圭

    MLBアストロズの青木宣親が好調である。自身も好調だがアストロズも好調でアリーグ西地区で首位(4月26日現在)にたっている。もともとアルテューベやコレアが在籍しており激戦の西地区でもトップクラスの実力を持っていた。そこに今シーズン青木の他にもヤンキースからマキャン、ベルトランの移籍もあり、シーズン前から優勝候補に挙げられていた。その実力通りに試合で発揮されてトップを快走、青木も昨日の試合では...

1 - 20 / 総件数:28 件

似ているタグ