錦織圭のタグまとめ

錦織圭」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには錦織圭に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「錦織圭」タグの記事(22)

  1. WRCラリー・ポルトガルはじまる、錦織は完敗 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    WRCラリー・ポルトガルはじまる、錦織は完敗

    WRC第6戦ラリー・ポルトガルがはじまった。事前に行われたシェイクダウンテストでトヨタの3選手はラトラバが3番手、ハンニネンが8番手、そしてこのラリーがデビューとなるラッピは11番手のタイムであった。シェイクダウンテストで3番手タイムをだしたラトラバはラリーにいい感触を得たようである。そして未明にラリー初日恒例のスーパーSSが行われ、ラリー・ポルトガルのディ1がスタートした。スーパーSSを3...

  2. ダルビッシュがMLB50勝、錦織はイタリア国際に出場 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    ダルビッシュがMLB50勝、錦織はイタリア国際に出場

    ダルビッシュがMLB通算50勝を達成した。昨日のフィリーズ戦に先発したダルビッシュ、初回から制球もよくフィリーズ打線を抑えていく。打線も効果的に得点を重ね、ダルビッシュは2回以降毎回の9奪三振、7回を投げ1失点の好投で今シーズン4勝目をあげた。レンジャーズは7連勝で勝率5割復帰となった。一方ダルビッシュは、この勝利でMLB通算50勝目、日本人投手としては最速となる109試合目での達成である。...

  3. 大勝日本ハム、錦織は棄権、そしてARC - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    大勝日本ハム、錦織は棄権、そしてARC

    借金返済を目指す日本ハムは東京ドームでロッテと対戦した。日本ハムの先発は浦野、先週約2年ぶりに勝利をあげ、ローテーション入りを目指す登板である。一方のロッテは涌井、こちらはロッテの開幕投手を務め、毎試合好投するものの打線の援護が乏しく勝利につながらない今シーズンである。投手戦が予想される試合であったが、結果は一方的な試合となった。初回、二死から四球、ヒットで二死1、3塁と先制のチャンスをつく...

  4. 錦織ベスト8、日本代表香港戦メンバー発表 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    錦織ベスト8、日本代表香港戦メンバー発表

    ATP1000・ムチュア・マドリッド・オープン3回戦、錦織圭の相手はフェレールであった。比較的相性のよい相手ではあるが2回戦のような試合運びだと接戦となりそうで手首の不安もありちょっと心配であった。しかしその錦織、出だしからサービスゲームをブレイクするなど順調であった。第5ゲームもブレイクし、錦織第1セットは楽勝かと思われたが、第6ゲームは30-0とリードしながらフェレールの逆襲を受けてブレ...

  5. 2019W杯プール組分け決定、錦織復帰戦勝利、連敗ストップ日ハム - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    2019W杯プール組分け決定、錦織復帰戦勝利、連敗スト...

    ラグビーワールドカップ2019(RWC2019)日本大会プール組分け抽選会が京都迎賓館で実施された。抽選の結果、日本代表はAグループとなり、アイルランド、スコットランドと同一のグループとなった。スコットランドとは2015年W杯で対戦して唯一の負けを喫してしまったチームである。その後も試合をしているが日本で行った2試合はいずれも惜敗であった。アイルランドにはまだ勝ったことはないが、6月に2試合...

  6. サンウルブス惜敗、MotoGP、錦織の復帰戦 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    サンウルブス惜敗、MotoGP、錦織の復帰戦

    スーパーラグビー第11節、サンウルブスは南アメリカのジャガーズと対戦した。昨年は記念すべき初勝利をあげた相手だけに今年は敵地ではあるが2勝目をあげたいものである。その予想は開始早々のトライ(&ゴール)で正夢とあんりそうだった。試合は点の取り合いとなり、ジャガーズが逆転すると、サンウルブスも追いつき、追い越す一進一退の内容で前半は25-22で終了した。後半にはいってもその流れは変わることなくど...

  7. 青木宣親絶好調、ラグビー2題そして錦織圭 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    青木宣親絶好調、ラグビー2題そして錦織圭

    MLBアストロズの青木宣親が好調である。自身も好調だがアストロズも好調でアリーグ西地区で首位(4月26日現在)にたっている。もともとアルテューベやコレアが在籍しており激戦の西地区でもトップクラスの実力を持っていた。そこに今シーズン青木の他にもヤンキースからマキャン、ベルトランの移籍もあり、シーズン前から優勝候補に挙げられていた。その実力通りに試合で発揮されてトップを快走、青木も昨日の試合では...

  8. 錦織圭マイアミもベスト8止まり、プロ野球はいよいよ開幕 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    錦織圭マイアミもベスト8止まり、プロ野球はいよいよ開幕

    ATP1000・マイアミオープン準々決勝が行われた。錦織圭の相手はフォニーニ、格下であるが、4回戦で身体に違和感を感じていただけにどんな試合をするか注目していた。ただ身体の違和感は足だけではなかったそうだ。なんと右手首にも痛みがでていたそうで、錦織の武器のひとつである回転をかけたサーブを繰り出すことができない状態であった。そんな中試合ははじまり、第4ゲーム、ラブゲームでブレイクされてしまった...

  9. 日本代表快勝でW杯出場近づく、錦織ベスト8 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    日本代表快勝でW杯出場近づく、錦織ベスト8

    ロシアW杯アジア最終予選B組、日本はUAE(アウェイ)、タイ(ホーム)の2試合を行った。結果は2連勝、残り3戦を残すがB組首位にたち、予選突破(2位までがW杯出場)が近づいてきた。侍ブルーで一色となったさいたまスタジアムで日本代表は4-0と快勝したが、前半終了間際にはタイの攻撃を浴びてしまい失点するかもと思ってしまうシーンもあった。後半終了間際にもPKのピンチを迎えてしまったが、GK川島がフ...

  10. 奇跡の優勝、稀勢の里、中上が表彰台、錦織はベスト16 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    奇跡の優勝、稀勢の里、中上が表彰台、錦織はベスト16

    まさに奇跡の優勝であった。13日目に右腕を負傷し、休場も考えられた怪我であったが、稀勢の里は強行出場した。14日目の相撲を見るといつもの相撲は取れないことは明白で一気に土俵を割ってしまい2敗となって初優勝は遠のいたと感じられた。一方の照ノ富士も14日目は立ち合いに変化して勝利をおさめるとファンや協会からも不満の声が噴出して千秋楽の一番は声援の数からいえば稀勢の里が圧勝していた。しかし勝負は照...

  11. モータースポーツ本格スタート、錦織も好スタート - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    モータースポーツ本格スタート、錦織も好スタート

    今週末からF1、MotoGPとモータースポーツシーズンが本格的にスタートする。ホンダにとってはMotoGPクラスはチャンピオンとしてF1は挑戦者として挑むわけだが好対照のシーズンインとなりそうだ。F1では先の合同テストでエンジントラブルが続出してしまい、マクラーレン・ホンダのパフォーマンスが100%テストできない状況であった。開幕戦オーストラリアGPでは初日のフリー走行ではトラブルなくラップ...

  12. 昨季とは違うサンウルブス、チーフス逆転、そして錦織ベスト8止まり - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    昨季とは違うサンウルブス、チーフス逆転、そして錦織ベス...

    昨シーズンの経験が活きた戦いをしているここ2試合のサンウルブスであった。ただまたしてもアウェイでの初勝利とはならなかった。PGで先制したまではよかったがその後に逆転され追加点をとられる苦しい流れであった。しかし前半終了間際にFB福岡のシーズン4個目となるトライで14-17とした時点で勝利の予感がした。後半開始直後にブルズが退場者をだしたときはこれでサンウルブスの勝利が近づくと思ったが、14人...

  13. 侍ジャパン、アメリカへ、日本ハムは若手が活躍、錦織はベスト8 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    侍ジャパン、アメリカへ、日本ハムは若手が活躍、錦織はベスト8

    WBCも2次ラウンドにはいり熱戦が繰り広げられている。アメリカラウンドでは注目の試合が行われた。第3回WBC決勝の再現である。4年前は全勝優勝のドミニカであった。それから無敗が続き、現在11連勝、一方準優勝だったプエルトリコも今大会1次ラウンドは3連勝と調子は上向きであり、どちらが勝つか注目の試合であった。試合は3-1でプエルトリコが勝利し、ドミニカの連勝を止めたが、プエルトリコの勝因は捕手...

  14. 死闘を制してアメリカラウンドが見えた、大谷復帰特大アーチ、錦織3年連続16強 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    死闘を制してアメリカラウンドが見えた、大谷復帰特大アー...

    侍ジャパンはキューバ相手に苦戦してしまった。1回裏今までの不振がうそのような山田の先頭打者ホームランで幸先よく先制点を奪った侍ジャパンであったが、先発した菅野の調子が悪かった。2回にすぐに逆転の2ランを浴びてしまった。侍ジャパンも3回山田の2塁打で二死3塁とチャンスをむかえ、筒香のタイムリーで2-2の同点に追いついた。ところが菅野がピリッとしない。4回に一死満塁のピンチを招いてしまった。続く...

  15. 文字通りの死闘、錦織3試合ぶりの勝利 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    文字通りの死闘、錦織3試合ぶりの勝利

    5時間近い試合であった。WBC2次ラウンド初戦、侍ジャパンの相手はオランダであった。オランダの先発はソフトバンクのバンデンハーグ、プロ野球に精通しており侍ジャパンにとってはやっかいな相手である。そして侍ジャパンの先発はロッテの石川、1次ラウンドの好投の再現を期待したい。2回に侍ジャパンは秋山の犠飛で先制するとオランダもその裏一発ですぐに同点に追いつく。そして3回、侍ジャパンは中田が3試合連続...

  16. 勝ちきれない錦織圭 - 白血球数にこだわっています。

    勝ちきれない錦織圭

    四国徳島からです。当院の基本方針①抗菌薬の適正使用②改善しない鼻腔・副鼻腔疾患には手術を提案。③糖質制限の提案・普及。テニスプレイヤー、錦織圭 選手に、注目しています。 錦織に何が足りない?決勝戦で6連敗“どん詰まり症候群”克服を!スポニチアネックス 2/21(火) 7:01配信  ◇男子テニス アルゼンチン・オープン(2017年2月19日 ブエノスアイレス) 決勝で、世界ランキング5...

  17. 岡に初ヒット、久光はフルセットで首位に、錦織6連敗 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    岡に初ヒット、久光はフルセットで首位に、錦織6連敗

    プロ野球キャンプも終盤にはいり日本ハムは宜野座に遠征、阪神との練習試合を行った。阪神の先発は藤浪、対する日本ハムは高梨とローテーションを担う投手が先発と会って、宜野座のスタンドは超満員の盛況であった。日本ハムの先発メンバーは中田翔、田中賢介などレギュラー陣は名護に残り、若手中心でのメンバーであった。そのせいか藤浪に対して1周り目は無安打5三振と手も足もでなかった。一方の高梨は2回を2安打無失...

  18. サンウルブス辛勝、アジア大会開幕、錦織は決勝進出 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    サンウルブス辛勝、アジア大会開幕、錦織は決勝進出

    スーパーラグビー開幕1週間前、昨年同様サンウルブスのプレシーズンマッチが行われた。相手は昨年同様トップリーグ選抜チームであるがHCにはジョゼフ日本代表HCが担当しておりひと味違った試合を期待していた。またトップリーグ選抜の選手の背番号も来シーズンから試験的に利用検討がなされている固定番号制が採用され、キャプテンの山田章仁はサンキューの意味もあり39を採用して試合に臨んだ。立ち上がりPGで先制...

  19. 錦織ベスト4、サンウルブス始動 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    錦織ベスト4、サンウルブス始動

    アルゼンチン・オープン準々決勝が日本時間の早朝に行われた。錦織の相手はソウザであった。過去1敗の相手だが、その1敗も錦織の怪我による途中棄権だっただけに初顔合わせといってよい相手であった。第1セットからエンジン全開の錦織は連続ブレイクで4-0とリードした。そしてこの第1セットはそのままリードを守り6-1で難なく勝利すると、第2セットはソウザもサービスゲームをキープするどちらかといえばソウザペ...

  20. 錦織クレーで始動、高梨は通算53勝目、そしてKIAとの練習試合 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    錦織クレーで始動、高梨は通算53勝目、そしてKIAとの...

    3週間ぶりの実戦となった。錦織が選んだのは連覇中のメンフィスオープンではなく、クレーコートのアルゼンチン・オープンであった。第1シードの錦織の初戦となる2回戦の相手はランク50位の地元のシュワルツマンであった。いきなり2-0とリードしこれは圧勝かと思ったが、その後2度サービスゲームをブレイクされてしまい5-7で第1セットを落としてしまった。続く第2セットは第5、第7ゲームをブレイクして6-2...

1 - 20 / 総件数:22 件

似ているタグ