鑑賞のタグまとめ

鑑賞」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには鑑賞に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「鑑賞」タグの記事(12)

  1. 170624 小学3年生が全国公募の美術展で新人賞 - ア カプリチョ

    170624 小学3年生が全国公募の美術展で新人賞

     土恋処の仲間のお子さん(小学3年生)が全国公募団体IAC(INTENATIONAL ART CENTER)主催の第41回美術展で一般応募の絵画部門で作品「たんぽぽ」が新人賞を受賞した。他にも二点「ハワイの花々」「山・空・風」が展示されていた。いずれも大胆なタッチの抽象画で、私には良く分からないが目を引く作品。 展示会場の安曇野市豊科近代美術館 同館脇の広い庭園には時期咲のバラ園は5月の...

  2. ずるい、ポンペイ遺跡を訪れたくなっちゃうよね。 - 有座の住まいる

    ずるい、ポンペイ遺跡を訪れたくなっちゃうよね。

    2017年06月8日ポンペイ展@福岡市立博物館の壁画は、素晴らしく大満足だったのです。会場を出て、モニターのプロモーションビデオをみると、ポンペイ遺跡の鳥瞰や内観、競技場内美術館に魅せられてしまって。ずるいね。絶対行きたくなる!館内すべて写真OKでした。公共美術館では初めてではなかしら?美しい!その空間にいるような展示も素敵!アレキサンダー大王が教科書で習った同じ顔で描かれていて可笑しかった...

  3. 野島伸司月間 - 天井桟敷ノ映像庫ト書庫

    野島伸司月間

     『未成年』をみています。青春の甘酸っぱい痛みに満ちた鮮烈なドラマ。カーペンターズの楽曲が懐かしく胸に響く。あのころ野島伸司作品の独自の感性がすきでした。みんな孤独で真剣で。時々思い出したように摂取したくなるのは、とてもダークな人間賛歌だから。パッションと純粋さを補給するため。いままで未見だった本作をおすすめしてくれたのは、好きなものが似ている同僚さんで、わたしから彼女へは佐々木丸美の『花嫁...

  4. ふみくらの奥をのぞけば 文学館・珠玉の300選展 - 天井桟敷ノ映画館ト書庫

    ふみくらの奥をのぞけば 文学館・珠玉の300選展

     北海道文学館創立50周年記念特別展に出かける。 文学館の”ふみくら(文庫・収蔵庫)”に保存されてきた30万点を超える収蔵品のなかから、自筆原稿や色紙、貴重本など300点を選りすぐり、北の大地の文学の魅力を届ける展覧会。会場を幾つもの小部屋に仕切って、作家ごとテーマごとの貴重な品々が所狭しと並ぶ。よっぽどでない限り《複製》はなく、どのブースも見応えじゅうぶん。森田たまコーナーにあった古びた人...

  5. バスケ - 天井桟敷ノ映画館ト書庫

    バスケ

     人生初のプロバスケットの試合へ。Bリーグ。レバンガ北海道VS千葉ジェッツ。かなり早めにでかけて、会場近くの有名ラーメン店でつけ麺をいただいてから、試合がはじまるまでのあいだ、豊平公園内をゆっくりと散策してあるく。木蓮、コブシ、梅、レンギョウ。ぽつりぽつりと花のついた木を愛でて、地味だけれど心地よい日和のなか。試合は、生ビール片手に、けっこうたのしいものだった。地元レバンガを応援してるのに、...

  6. 幸せなひとりぼっち - 気分は上々

    幸せなひとりぼっち

    GWが始まり、天気もまずまず。連休には映画を観ようと決めていたので高松ホールソレイユに出かけた。ここはマイナーな映画を上映するので私は好きな映画館だ。今回観たのは「幸せなひとりぼっち」59歳で43年勤めた会社をクビになり、妻にも先立たれ生きる希望を失ったおじさんの話だ。このおじさんはいちいち口うるさく、近所でも評判の鼻つまみ者。しかし隣に越してきた家族にやむを得ずかかわることになり、いつしか...

  7. 用意された日 - ままごと日記

    用意された日

    今日は、展示巡りの1日でした。「草間彌生 わが永遠の魂」新国立美術館 (六本木)→「猫のおしゃべり」奥野ビルギャルリーラー(銀座)→「えがしらみちこ 絵本原画&作品展」弘重ギャラリー(恵比寿)日比谷線で巡りました 👍そんな、展示巡りの1日で終わるはずの今日。私には時々、まるで用意されたような、プレゼントのような日があるのですが、今日は、まさにそんな日になりました。銀座...

  8. ウィーン・プレミアム・コンサート - ままごと日記

    ウィーン・プレミアム・コンサート

    トヨタ・マスター・プレイヤーズ・ウィーン「ウィーン プレミアム コンサート」 於オペラシティ本公演のために、ウィーンフィルのメンバーを中心に、ヨーロッパで活躍するアーティストも加わった30名で編成された世界最高水準の室内オーケストラの演奏でした。プログラムはこれ。指揮者がいない(弾き振りでもない)演奏。華やかな指揮者の振りがないのは、ビジュアル的に寂しい(笑)一方、指揮者がいなくてもあんな...

  9. サカナクション・山口一郎さんの本箱  - 天井桟敷ノ映画館ト書庫

    サカナクション・山口一郎さんの本箱 

     せんじつ、大学生の姪っ子が帰省してわが家に遊びにやってきました。彼女の希望はJRに乗って小樽へいくこと。あいにくの雪模様だったけれど、車窓から海を眺めながら小樽へ出かけてきました。一通り観光したあと。わたしの提案は小樽文学館へ寄り道すること。ここはぜひおすすめしておきたいスポットなのでした。ちょうど、企画展『サカナクション・山口一郎さんの本箱展』開催中。いつも聴いてるわけではないけれど、サ...

  10. 最終日5日前やっと来れました「池田学展 The Pen」 - 有座の住まいる

    最終日5日前やっと来れました「池田学展 The Pen」

    2017年03月16日行きの友は折り紙川崎敏和最新版「おとぎの国の夢折り紙」より羊部分向かったのは佐賀県立美術館「池田学展 The Pen」平日でもこの人出撮影許可が出てる珍しい展示空間。驚異の緻密さ、時間軸が絡み合う世界観に圧倒される絵画達でした。部分は血が通ったリアル、全体は歴史も地理も時空も超え絡み合う。作者が蓄えた知識、経験、想像がちりばめられたよう。伊藤若冲、レオナルド・ダ・ビンチ...

  11. 妖精展 - ままごと日記

    妖精展

    銀座奥野ビル ギャルリーラーでの『妖精展』たくさんの方にきていただいて、感謝です。今日は、母が来てくれたので早目に失礼し、母とお茶をしました。写真家、いや、写心家の永田知之さんは、ずっと在廊してくださって、お世話になっています。今回は「妖精展」だけれど、永田さんの猫写真は絶大な人気なので、猫写真もこっそり出展してくださっています。フォトブック「まんまる まる子」を注文し、「まんまる まる子」...

  12. 3月はAクロスの会作品展 - 有座の住まいる

    3月はAクロスの会作品展

    2017年03月01日3月恒例「Aクロスの会作品展」は3月6日~11日です。会場はアクロス福岡、天神に出たついでに寄ってくださいね。全日程、在廊しています。

1 - 12 / 総件数:12 件

似ているタグ