陶磁器のタグまとめ

陶磁器」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには陶磁器に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「陶磁器」タグの記事(19)

  1. 和風 洗面ボール 赤萩 - プロップアイズ小道具リスト

    和風 洗面ボール 赤萩

    品番:BA-10-5C品名:和風 洗面ボール 赤萩サイズ:φ31cm 高さ11cm 排水金具付(排水パイプはついていません)料亭、和風家屋、ナチュラル系のセットにもマッチします!在庫:1発注後中一日のお渡しとなります。

  2. 「豆腐餻での晩酌♪」 - Salon de deux H

    「豆腐餻での晩酌♪」

    当店にご来店頂いたお客様から、沖縄の珍味として有名な「豆腐餻(とうふよう)」を頂き、仕事終りに晩酌を楽しませて頂きました (*^^*ゞお客様が沖縄にお住いになられていた頃、色々と豆腐餻を食べ尽くされ、辿り着かれた「あさと屋」さんの豆腐餻~(⌒∇⌒)ノ""古代、琉球王国では、王侯貴族しか口に出来なかった 珍味中 の 珍味 の 宮廷料理 なんだとか… f(^_^; 上流貴族の間で王府秘伝の高貴な...

  3. 無花果とグラノーラとミルクと - クラフト・ルウルウ

    無花果とグラノーラとミルクと

    無花果が大好きです。皮をめくると乳濁の果汁がジワっとでてきてきます。子どものころにバカみたいに雑草を摘んで遊んでましたが、植物の茎をちぎると白い汁が染み出してくる様子をジッと見つめていたイメージが浮かびます。だからか私にとって無花果はちょっと野生的で原始的な感じ。こういう果実には、てびねりの土っぽい器が合うと思います。あまり野生的な食べ物を好まない夫のために、時にはシナモンを振りかけて、ミル...

  4. 新作「有栖窯 陶芸家 中村明久」作「瑠璃地 銀彩」 - Salon de deux H

    新作「有栖窯 陶芸家 中村明久」作「瑠璃地 銀彩」

    李朝時代に用いられた 瑠璃地 …白い素地 (粉引) の上に、釉薬に 呉須(ごす) を混ぜ 瑠璃釉 としたものを 刷毛 で彩色したのが 瑠璃地 と呼ばれ、朝鮮李朝時代に用いられた技巧…。祭器や文具など、特別なものにしか使われなかった「瑠璃地…」は、当時、釉薬に使われる 呉須 が 非常に 高価 であった為、節約の術として、刷毛で塗られながらも 綺麗な深い青 を表す技術が研鑽されてきた…。中村 ...

  5. 小さな福助さん - ハナイカダの海辺の一歩

    小さな福助さん

    潮が引き、普段は行けない岩の向こうまで歩くと白い福助人形が横たわっていました。 足袋や靴下メーカーで有名なあの福助ですね。それから、お店で見かけるので商売繁盛の縁起物でしょう。縦横3センチくらい、奥行き2センチ足らずの小さいもので前後で型合わせしてあり、底の中央に爪楊枝くらいの穴が開いています。いつ頃のものでしょうか、玩具だったのかな?小さいけれど存在感は十分です。お座布団を作って飾ってあげ...

  6. 陶器製 ラウンド型の馬のブローチ - vintage & antique スワロー商會 〜 スワログ

    陶器製 ラウンド型の馬のブローチ

    馬をモチーフにした陶磁器製のヴィンテージブローチ。墨色の釉薬にたてがみと尻尾の金彩が効いていて 和風な趣も感じます。SOLD本日14時頃 こちらへUP致します → スワロー商會....

  7. オーナーパティシエ「大村 壮史 (おおむら たかし)」さん に 器をお買い上げ頂きました♪ - Salon de deux H

    オーナーパティシエ「大村 壮史 (おおむら たかし)」...

    京都 御所南 地区 の イタリアン や フレンチの店舗が建ち並ぶ、夷川 御幸町 にて、イタリア の スイーツ「Dolce / ドルチェ」を コース スタイル で 楽しむ 新店舗 をオープンされる オーナーパティシエ の「大村 壮史 (おおむら たかし)」さん♪その新店舗オープンに向けての 器選び に当店をご利用頂き、器をお買い求め頂きました♪これまでに 大村さん は、京都イタリアンの名店「 ...

  8. 京都 祇園祭、最終日…。 - Salon de deux H

    京都 祇園祭、最終日…。

    本日、7月31日は、7月1日の「吉符入」に始まり、一ヶ月に渡っての「祇園祭」が幕を閉じる最後の行事…「疫神社 夏越祭」。蘇民将来をお祀りする、八坂神社 境内 の「疫神社」において「夏越祭」が行われ「茅之輪守 ( 蘇民将来 子孫 也 護符 )」と「粟餅」が社前で授与されます。これは、八坂神社の御祭神、スサノヲノミコト(素戔嗚尊) が南海に旅をされた際、一夜の宿を請うたスサノヲノミコトを裕福で豊...

  9. 梅雨明けの向日葵♪ - Salon de deux H

    梅雨明けの向日葵♪

    梅雨が明け、本格的な夏となり、益々、暑さ厳しい日々が続きますが…「Tomoyuki Flowers / トモユキフラワーズ」さん に「夏らしく… 暑くとも… 楽しめるお花を…」という、お言葉に誘われて… 「向日葵」を 沢山♪買わせて頂きました♪(*^^*ゞ「ひまわり(ビンセントタンジェリー)」「ひまわり(ビンセントネーブル)」「トルコ桔梗(レイナピンク)」「ラ シャンス(薔薇)」「スタースイ...

  10. 青木良太 展『復活のBijoux』 開催しております - 工房IKUKOの日々

    青木良太 展『復活のBijoux』 開催しております

    連日の30℃を超える暑さにみなさまお身体の調子など崩されていませんか?また、日に日に状況が明らかになる大雨の影響…。特に被害の大きい九州のみなさま一日も早く、日常を取り戻されるよう切に願うばかりです。petite Bijouxさて、先週末よりしました展覧会、青木良太 展『復活のBijoux』暑さ厳しい中、お足元の悪い中県内はもちろん、ご遠方からもお出かけくださり誠にありがとうございます。日々...

  11. 青木良太 展 『復活のBijoux』 明日から始まります - 工房IKUKOの日々

    青木良太 展 『復活のBijoux』 明日から始まります

    明日から工房IKUKOでは青木良太 展 『復活のBijoux』を開催致します。副題にあります 『Bijoux』とは…DMにもなりました赤ちゃんのおしりのような、何かの果実のような…優しいフォルムのシリーズです。以前は真っ白の白磁で発表されていた作品が今回は「黒」で復活です。本展の見どころですのでこの機会にご高覧頂ければ幸いです。この他にも釉薬使いが見る者を魅了する酒器や、茶盌、華器、CUP&...

  12. 京料理「北大路 おたぎ」さん にて…② - Salon de deux H

    京料理「北大路 おたぎ」さん にて…②

    引き続き、京都市北区 の 京料理「北大路 おたぎ」さん にて…。京都の名料亭「鳥居本」で研鑽を積み、同じく京都の名料亭「和久傳」では、料理長を務められた 馬場一彰さん の お店。京都にかぎらず、遠方からも各方面の料理人やグルメ通達が足繁く通い、2014年から絶えることなく、2017年度も ミシュラン1つ星 を獲得、現在、予約困難の名店です。店内は、和情緒に満ちた佇まいで、白木が美しい檜のカウ...

  13. 2017年7月に予定しております企画展のご案内 - 工房IKUKOの日々

    2017年7月に予定しております企画展のご案内

    6月も明日で最後ですね。7月に入るといよいよ夏本番‼日に日に暑さも厳しくなりますのでみなさまくれぐれもお身体を大切にお過ごしください。さて、工房IKUKOでは来月も様々な展覧会を企画しております。お楽しみ頂ければ幸いです♫*****************************○ 石川昌浩 展 a kind of blue  会期:~2017年7月2日(日)○ 青木良太 展 『 復活のBi...

  14. 【トロントの陶磁器博物館 Gardiner Museum】 - Plaisir de Recevoir フランス流 しまつで温かい暮らし

    【トロントの陶磁器博物館 Gardiner Museum】

    以前行った博物館のお話を。どの国に行っても、陶磁器博物館という名のミュージアムがあれば、他の人と別れて行動する事になろうとも、絶対に訪ねてしまう。地球中どこでも、人が料理をして家族と食べて来た歴史に触れるのが大好きなのだ。家族はこんな私につき合うのは慣れているので、トロントにいたある寒い雨の日、私が陶磁器博物館に行きたいと言っても、みんな何も言わずついてきてくれた。異議を唱えたところでどうに...

  15. 心癒される紫陽花の花々… - Salon de deux H

    心癒される紫陽花の花々…

    儚く淡い色合いの美しい紫陽花(あじさい)が咲き拡がる季節… 当店も紫陽花をはじめとした淡い色合いの花々を生けさせて頂きました。「紫陽花(フレッシュエメラルド)」「あじさい」「トルコ桔梗(もりのしずく)」「トルコ桔梗(ラピアージュ)」「ポンポン菊(スプレーマム)」「小菊」梅雨を不快に感じる心もこの時期ならではの風情ある美しい花々を愛でることで、心癒され穏やかな気持ちとさせてくれます… (*^^...

  16. 「虹と雨」展 渡邊亜紗子さんとの出会い - IRONIHOFU BLOG  色匂ふブログ

    「虹と雨」展 渡邊亜紗子さんとの出会い

    6/16(金)~20(火) 代々木上原 Do Progettoさまにて開催する第47回展覧会「虹と雨」展 詳細はコチラ出品予定作品一覧 コチラ陶 渡邊亜紗子 6/20(火)在廊 プロフィール 硝子 吉村桂子 6/17(土)18(日)在廊 プロフィール 藍染 梅崎由起子 在廊なし プロフィール七宝 小島亜伊 在廊なし プロフィールジュエリー IVY 在廊予定有 プロフィール特別出品 marco...

  17. 「虹と雨」展 渡邊亜紗子さん プロフィール - IRONIHOFU BLOG  色匂ふブログ

    「虹と雨」展 渡邊亜紗子さん プロフィール

    渡邊亜紗子さん今回当店初出品となります。作品への想いとプロフィールです。website http://watanabeasako.com/人・動物をモチーフとした不可思議な造形物と、彫り・色釉で装飾した優しい色合いの器を中心に制作。子供の頃から 動物の気分や言葉を考えたり、物語の中の風景や登場人物を想像するのが好きだった。だからか、アートワークは語りかけてくれそうなものを目指している。見る...

  18. 当店のルーツとも言える… - Salon de deux H

    当店のルーツとも言える…

    日本の勲章「旭日小綬章(きょくじつしょうじゅしょう)」受章者であり、服飾図案界の巨星「故) 林 大功 (はやし たいこう)」氏 の 絵画を後ろに活けさせて頂きました。花器:「陶芸家 柴垣六蔵 (しばがき ろくぞう)」作「灰釉 耳付花入」花:「花菖蒲」「トルコ桔梗 (エリオラベンター)」「スプレー菊 (オペラ ピンク)」当店のルーツとも言える偉大な方の作品を前に、とても、考え深いものを感じます...

  19.    三戸綾乃作品の 花や生き物 - 星の小父さまフォトつづり

       三戸綾乃作品の 花や生き物

    昨日 ( 05/31 ) は、少し早く家を出て、栃木県益子町で開催されている、三戸綾乃さんの作陶展を見に行った。2010年ころからファンになり、年に最低2回は見るのが習慣化していて、昨日は今年の1回目。最終日にやっと間に合って、良かったぁ~。今回は初めてカメラを持ち込んで、本人の了解も得られたので作品を撮影させてもらえた。カメラは、元々帰りがけに壬生の公園で花などを撮るつもりだったから、いつ...

1 - 19 / 総件数:19 件

似ているタグ