陶芸のタグまとめ (324件)

陶芸のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには陶芸に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。
by miitaの日記

孫が大好きなジージが二人で粘土遊び。心から楽しんでいる姿が表情に現れています。

by 陶工房スタジオ ル・ポット

以前にも陶芸教室にご参加くださったお客様です。3名様でご参加くださって、お一人は生まれたお子さんとご来店くださいました。 ちょうど2年ぶりの電動ろくろでしたが、作り方を少しずつ思い出していったようです。難易度の高いタンブラーに始まり、お茶碗や湯のみなども出来上がりました。1歳になったお子さんをおんぶしながらの電動ろくろはすごかったですね。私は初めて観ましたよ、おんぶしながらは。ある意味すごい...

by KOSA日記

ご来場ありがとうございました。

by 陶工房スタジオ ル・ポット

午後からの教室では丼作りや平皿など、少し大きめの作品づくりがメインの教室でした。交代制でしたので、自分で作るときと観られる時と、それぞれの時間を楽しんでいるようでしたよ。やっぱり自分で作ってみると楽しんですよね、あとで焼きあがった作品を実際に使ってみる楽しみもあります。是非完成を楽しみにしていてくださいね。

by 陶工房スタジオ ル・ポット

本日午前の教室では、徳利やお猪口、そしてごはん茶碗作りが行われました。徳利は首の部分が難しいですが、何度か試行錯誤して、一合ほど入る徳利が完成しましました。またお猪口も可愛らしい形のもので、ごはん茶碗はめおと茶碗のように大きさを変えて2つほど作ることができました。焼きあがった作品で美味しい料理を楽しんでくださいね。

by 陶工房スタジオ ル・ポット

電動ろくろで失敗してしまった粘土は、一度乾かして再利用することができます。粘土は焼くまで何度でも使うことができるんですね。写真では丸めて雪だるまのようになりましたが、それ以外はしっかりとした器を作ることができましたよ。丼なので色々な料理に使えそうですね。

by 陶工房スタジオ ル・ポット

先日手びねり体験にご参加いただいて、2回目の今回は電動ろくろにチャレンジされました。電動ろくろは手びねりとはまた違った作り方で、回転したろくろの上で粘土を伸ばして器をかたち作っていきます。指先でつかむ強さや、離すタイミングなど初めはコツが要りますが、同じ厚みで出来上がりました。前回の手びねりの作品と一緒に、焼き上がりを楽しみにお待ちくださいね。

by グータラ三日坊主の独り言

以前、加湿器がカビだらけになってから、カビを吸ってるのと同じだと…ペットボトル加湿器買いました。電源は電池かUSBなかなかいいです。陶芸初心者の頃作った青い四角形の皿急須のお茶漏れに使っています。カウンターが白の大理石なので、色が付いてしまうので、これも便利です。愛犬の服作製しました。2枚とも残り布です。便利な残り布は全て愛犬用になるのです。ひとり言( ; ; )人の事はどうでもいですが、お...

by 月夜飛行船

先日見学に行った施設の陶芸講師の件 ・・・なんと Qさんも断ることにしたそうです(゜0 ゜)ノノ 7割がた引き受けるだろうと思っていたのに 意外でした 自分の技術・体力で果たして勤まる仕事だろうか? 安請け合いして途中で「やはりダメかも・・」な状態になったとしても 一度引受けたからにはそうそう簡単に辞めますとは言えなくなるだろうし(。-`ω´-) ――と 私と同じように悩んだのだろ...

雨になりましたね。寒かったり、気温が急に上がったり、雨になったり。いよいよ春が近づいてきているのです。三寒四温。体調を崩さないようにしなければいけません。わたしの右手、ずいぶんいいのです。違和感が少しずつとれてきて、右手首のことを忘れている瞬間さえあります。よしよし、これなら大丈夫、行こう!グレーの空を見ながら、傘を持って出かけてきました。前回、ロクロ挽きした抹茶茶碗を削って仕上げました。抹...

by しんたろの陶芸記録帖

昨日から渋谷ヒカリエでGO KASAMASHIKO via TOKYOがはじまりました。オープンの瞬間から本当にすごい人でした。足をお運びいただきありがとうございました。初日終わりの段階であべの器はマグカップがひとつ残るのみになりました。週末にかけてお越しいただく予定だった方がいらっしゃいましたらごめんなさい。。追加の納品はありませんが、来月上旬の都内の個展(都立大学)がありますのでもしよか...

by ものづくりの館「温々悠々」

時代の流れに遅れながら、いよいよ、スマホデビューすることにした。これまでは長年使ってきたガラケーとデータ通信の出来る格安SIMの2台を持ち歩いていた。でも、これって、相当に不便!それに2台分だとそれなりに費用もかかる。最近はスマホにも格安通話プランが出て来たので思い切って切り替えることにした。ついでに、インターネット接続も利用会社を統一すると更に利用料が割引される。長年使ってきた、アサヒネッ...

by 月夜飛行船

昨日はボランティア仕事の見学に行くという陶芸仲間Qさんにくっついて 自分も一度詳しく見てみたかった施設に行ってきました リサイクルをテーマにした工房がいくつもあり その中の陶芸教室で講師を募集しているのだそうです 再生土を使って作る というテーマです 見学だけかと思っていたら仲介役の方から施設の職員の方に紹介されてしまい 会社訪問のようなことになってしまいました Qさんはかなり乗り...

by コロニヘーヴ

グラタン皿に続き、もういっこ焼きあがったものがありました。ハンコを押したところに白化粧を塗りこんだ「三島手」という技法。霞がかったような、ボヤッとした雰囲気にしたくてその調整が難しいです。焼く前に、ハンコを押して白化粧を塗ります。素焼き後。この時はほとんど模様も見えなくて真っ白に見えるんだけど、本焼きしたら結構透ける。教室の白化粧はいつも濃度が違うし、調整が難しいところ。細かく入ったヒビ模様...

by 陶工房スタジオ ル・ポット

本日の陶芸教室は、電動ろくろ体験に2名のお客様がいらっしゃいました。目標の形はコーヒーカップ、湯呑み、タンブラー、そしてお酒のためのぐい呑です。はじめは小さい形から練習して、徐々に大きい形へとステップアップして目的の形を完成させることができました。

by しんたろの陶芸記録帖

一週間ほど前だったか、笠間でも積雪がありました。でも少しずつ日も伸び、日中の日差しも少し変わった気がします。明日から渋谷ヒカリエでGO KASAMASHIKO via TOKYOがスタートします。笠間と益子、車だと30分くらいで行き来できるところにある2つの産地は東京から最も近い窯業地です。その2つの産地を編集したものが今回の企画展です。合わせて40名以上の作家がヒカリエを中心とした店舗に集...

by チクチククチート

週に1回、陶芸教室に通っています。毎月一度、窯入れがあるので、頑張れば毎月新しい作品を作ることが出来ます。お皿やら飯茶碗やらコーヒーカップ、まあ、欲しいものを作る訳なのですが、たまに、やりたい技法、使いたい道具や材料が先にあって、これを使って何作ろう?ってこともあります。今回は、ガラスを使いたかった。素焼きしたものに釉薬を掛け、底にガラスを置き本焼きしてもらいます。出来た!偶然なのですが、ガ...

by 小林雄一 西山奈津 陶芸日記

GO KASAMASHIKO via TOKYO理想のクラフト郷へー笠間と益子の魅力ー会期:  2017.2.16thu-2.22wed会場:  渋谷ヒカリエ8F     8/COURT出店作家笠間:酒井敦志之、額賀章夫、小堤晶子、根本幸一、近藤文、Keicondo、船串篤司、桑原典子、桑原哲夫、鈴木美汐、沼野秀章、山崎さおり、阿部慎太郎、小林耶摩人、西村峰子、佐々木恒子、杉山洋二、小林東洋...

by 小林雄一 西山奈津 陶芸日記

二窯目ヒカリエ用作品、三窯目つかもと個展用作品の窯、無事終わりました。死ぬほど疲れた・・・ヒカリエ用作品は問題なく終わりました。つかもと個展用作品は織部を中心に作品を作りました。最近織部は3種類の薬を使っていて今回の窯でそれぞれの薬の面白味が出せたかなと満足しています。こちらは透明感がありながら釉の流れがきれいに見える薬。ただ・・・発表は次の機会になりそうです。こちらは濃いところが透明でない...

by 陶芸の技法とレシピ 第3章

教室の方が秋刀魚皿に重曹振りかけて、焼いてみました。生地が出てる部分は重曹を溶いた溶液をぬって、重曹の粉末を盛り上げ。信楽のカネリの赤一号、還元焼成。いい感じに焼けました。水溶液の影響は余り出なかったので、もう少し濃く塗ってもよかったかも。

似ているタグ