陶芸のタグまとめ

陶芸」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには陶芸に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「陶芸」タグの記事(338)

  1. 陶芸クラブで釉掛け★初めて雨に降られました - 月夜飛行船

    陶芸クラブで釉掛け★初めて雨に降られました

    二度としないだろうと思っていた陶芸を再開↓してほぼ1年 最初の頃のぎこちなさや戸惑いもなくなり 20年のブランクもなかったかのようにすっかり馴染んでいます 今日は丸浅鉢に緑釉(マットなグリーン)を重ね掛けしようと 容器の底に溜まった釉の塊を粉砕するのに3時間・・(´ロ`ノ)ノ 他の作業も色々やりながらでしたが それにしても3時間もバール(金梃)と格闘していたのでした 根性と忍耐でよ...

  2. 中尾心啓 - Gallery I

    中尾心啓

    https://www.facebook.com/Kyoto.GalleryI/photos/a.112963972220315.15149.108158529367526/658710437645663/?type=3&theaterDaily sceneryPhoto : Gallery I2016年展覧会【中尾心啓 陶展「- tea time - お茶の時間」】風景よりhttp...

  3. スゲ蓋の芯 - よしのクラフトルーム

    スゲ蓋の芯

    振り出しの菅蓋、芯を削りました。材は桐、これなら柔らかくてペーパーで落とせるので太さの調整も簡単。もうすぐ連休なので、その間に仕上げましょうかね。昨日、滴翠美術館からメールが。5月から始まる網袋教室、4名の申し込みがあり定員に達したそうです。それまで、2名だけだったので今回は定員割れかなと思ってましたが、これで、仕覆と網袋、どちらも教室を始めて以来、ずーっと満席。嬉しいですね。がんばろー。右...

  4. 陶器市に向けて - 小林雄一 西山奈津 陶芸日記

    陶器市に向けて

    窯焚き終わりました!!前回の窯ではバッキバキに割れて出てきた西山の織部手びねりの花器も、ようやく完成!今後発表できそうです。釉薬がとてもきれいに流れたし、生地のところも緋色が出ていい感じ。お気に入り☆こちらは小林の作品。年始の還元の窯で出土品の様になってしまった花器に思うところがあり、新たに花器を作ってみました。ちょっとオシャレなの作りたいな・・・なんて最近思っていたのですが、やはりこういう...

  5. Rose Farm KEIJI の 和ばら♪ - Salon de deux H

    Rose Farm KEIJI の 和ばら♪

    サロンルームに生けた新たなお花達☆Rose Farm KEIJI の 和ばら♪「千(セン)」「友禅(ユウゼン)」「ひな」「つきひ」ばら作家、國枝 啓司(くにえだ けいじ)氏 が生み出す「和ばら」達は、花開く様がどれも美しい♪敢えて、後ろ姿も~☆華やかな薫りがサロンルームを包み込み、豊かな気持ちに♪ 花器は、陶芸家「清水 善行 / しみず よしゆき」さん の「須恵の花入れ」趣ある風合いにパス...

  6. 赤い織部★釉掛け - 月夜飛行船

    赤い織部★釉掛け

    先日信楽で買ってきた織部釉の原液の色は 赤 でした 容器ごと振ってよく混ぜ溶かし・・たつもりだったのに混ざってなかったようで 粉っぽくなくて塗りやすいわ~と思いながら筆で重ね塗りしました 後で他の容器に移し替えてしっかり混ぜ直してから 丸浅鉢を浸し掛けしたときの液はかなり濃いめで厚掛けになりました ↑これに緑釉を重ね掛けする予定 艶あり織部+艶なしの濃い織部→重なった部分は黒っぽくなる予...

  7. 美ピッチャー - schizzo schiribizzo schiribillo

    美ピッチャー

    お花を飾るのがさらに嬉しくなるわ〜♥ニヤニヤが止まりません。Das machst mich grins :)         

  8. 薫風祭 - schizzo schiribizzo schiribillo

    薫風祭

    薫風祭に行ってきました。西大寺、清浄院Sadaisiji-temple Seijoinお目当ては福井さんの器。信楽を拠点に活動してはります。実は、彼女と私は、10年以上も前、グリーンコーディネート会社で一緒に働いていたのです。今はりっぱな陶芸家さんです。器の印象は、美しくて落ち着いてる。安心感がめっちゃあります。作り手そのものやと思う。schöne Töpferei! Aki Hukui h...

  9. 【展覧会情報】陶工房鳴海作陶展@東桜会館 - KOSA日記

    【展覧会情報】陶工房鳴海作陶展@東桜会館

  10. 銀鱈の西京焼と葉つきの矢生姜(はじかみ)☆ - Salon de deux H

    銀鱈の西京焼と葉つきの矢生姜(はじかみ)☆

    銀鱈(ぎんたら)の西京焼☆白味噌のほんのりとした甘みと香りが程よく染み込んだ西京漬け♪京料理に欠かせない西京焼に 葉つきの金時生姜 矢生姜(はじかみ) をあしらえて、蓮芋の葉 をかいして、盛り付けました♪矢生姜もお味噌を付けて♪頂きます☆(*^▽^*)☆*:・'°☆.:*:・'°☆.:*:・'°☆.:*:・'°☆.:*:・'°☆.:*:・'°☆以下、しつらえ品は、全て 当店 取扱い品 です...

  11. 彩り華やかな花びら素麺♪ - Salon de deux H

    彩り華やかな花びら素麺♪

    富山県 伝統の手延べ素麺♪「大門素麺(おおかどそうめん)」夏場だけでなく、年中、食され♪油を一切使わない…150年もの歴史を誇る郷土料理☆茹でる前の形状がまるで、昔の女性の髪型の「丸髷(まるまげ)」のような形をしており、故に まるまげ素麺 とも呼ばれ♪その茹で上がりは、つやつやとした茹で上がりにて、大変、コシがあり!冷たくも、温かくしても、美味しく頂ける♪今回は 出汁に、梅干しとワカメを入れ...

  12. コツコツつづける - いちじく日記*てんかんをご存知?*

    コツコツつづける

    朝、ううぅっと痛い腰をさすりながらようやく起き上がりました。夢見が最悪だったし、調子の悪さは続いているのだけど、月に3度の陶芸教室だけは欠かしたくないのです。お白湯をすすっていたら「あさイチ」のゲストがキムタクでした。朝から珍しいなとついつい見入ってしまい、元気そうでホッとして、なんでホッとするんだろうとおかしくもなり、いけないいけないしたくしたく。怪しい空模様を見て折りたたみの傘をバッグに...

  13. 花 - 趣味の部屋0074

    薔薇を表現してみました。柔らかい花びらを表現するのがとても難しく神経をすり減らしながら作った作品です。茶碗や皿だけでなく花のオブジェの陶芸も素敵だと思います。

  14. アイ陶芸倶楽部作品展。。。 - GroovyLife

    アイ陶芸倶楽部作品展。。。

    4月20日プロの陶芸作家である友人の生徒さん等の作品展が加東市のパナホームで本日より開催されてる。(DMも描かせて頂きました。)早速バイクでお邪魔して来ました。。。到着した時友人は新聞社のインタビューを受けてて近日中に紙面に載るようです。。。今回で15回目もう恒例ですね。。回を重ねる度に生徒さんの作品のクオリティーが上がってます。今すぐにも買い手が付きそうな素敵な作品も。。。もちろん、師の作...

  15. 完成作品のご紹介② - 陶工房スタジオ ル・ポット

    完成作品のご紹介②

    2色使いの作品や、形では片口やマグカップなど、こだわりの作品がたくさん出来上がりました。

  16. 完成作品のご紹介① - 陶工房スタジオ ル・ポット

    完成作品のご紹介①

    一日体験教室に参加されたお客様の完成作品のご紹介です。今回はほとんどが電動ろくろによる作品です。ぜひ力作をご覧ください。

  17. 本日の陶芸教室 Vol.644 - 陶工房スタジオ ル・ポット

    本日の陶芸教室 Vol.644

    電動ろくろに挑戦されたお客様です、カップや平皿、ごはん茶碗などを制作されました。形によって若干の難易度の違いがありますが、2つ3つと作って行くうちに、大きい形から小さいものまで、合計で7つの作品が出来上がりました。普段使いで使いやすそうな器だと思いました。

  18. 本日の陶芸教室 Vol.643 - 陶工房スタジオ ル・ポット

    本日の陶芸教室 Vol.643

    本日の陶芸教室は、手びねり体験に2名のお客様がいらっしゃいました。二つ制作したコーヒーカップはプレゼント用に、スタンプで装飾したオーバル皿は自分たち用に作りました。カップ作りが大変そうでしたが、最後は綺麗な形に仕上げることができて、とても満足そうでした。

  19. ニギニギして、ペタペタ - チクチククチート

    ニギニギして、ペタペタ

    粘土遊びが大好きな娘、2歳2ヶ月。昨年のクリスマスに貰った粘土で普段は遊んでいるのですが、楽しんでくれるかも〜と、陶芸の粘土を渡してみました。コロコロしたり叩いたりして面白い形になったらいいなぁと、粘土の塊を渡してみたら、、、指でつまんで引きちぎる! そして、指をプスっと突き刺す! と、予想外にアーティスティックな物体が出来上がりました。乾燥させて、私が加工した後、娘が釉薬を筆でペタペタしま...

  20. 侘助(わびすけ)☆ - Salon de deux H

    侘助(わびすけ)☆

    椿(つばき)の一種 :「侘助(わびすけ)」 古今に通じて茶人に愛されるお花♪一重、筒咲きなど種類も多く、小型な花が茶人に愛され、よく茶の湯の席に用いられます。花期が初冬の 炉 の始まり(十一月位…)から、晩春の 風炉 の始まり(五月位…)まで及んでいることも、茶事に都合もよく、控えめで静かな趣(おもむき)も愛される由縁… 情緒ある姿が 陶芸家「古谷 朱里 / ふるたに あかり」さん の「テ...

1 - 20 / 総件数:338 件

似ているタグ