随想のタグまとめ

随想」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには随想に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「随想」タグの記事(36)

  1. UTC 23:00 March 18, 2017 - kobosssblog

    UTC 23:00 March 18, 2017

    UTC 23:00 March 18, 2017NewYork USAby Akemi Takeda18:00March 18, 2017Fujisawa Japanby Masayo Nabeshima08:00March 19, 2017© All rights reserve

  2. 日本三鳴鳥 - ゆかぷー の 脚下照顧

    日本三鳴鳥

    ちょっと気がめいったので、そんな時は楽しいこと考えようと、私の好きな趣味の世界から日本三鳴鳥について書いてみたいです。ウグイスの声がちらほらと聞こえてくる季節でもあるしね。昨日気付いたけれど、スーパーの中でもウグイスの声流していたんですよ、私としては頗る変だと思います。スーパーにウグイスの声は全く似合わないですよね!興味のない方はスルーしてください!三鳴鳥は、その囀りの美しさから三つの鳥の声...

  3. オットォ―と私と子供たちと・・・「家族」 - ゆかぷー の 脚下照顧

    オットォ―と私と子供たちと・・・「家族」

    誰しも、人生には消し去りたい時期というものがあるもんじゃないかな・・・その消去したい時期が、点や短い線分ならば、消しゴムや修正テープを使えば見えにくくはなるかもしれないが、ある点からずっと長く、そして今に至るまで続く長い線である場合、それを避けては通れないし、決して忘れることのできない問題なんですよね。何だか勿体付けて書きだしてしまったが、それが何であるかを一言で言うなら、オットォ―の病がア...

  4. 次男坊のこと - ゆかぷー の 脚下照顧

    次男坊のこと

    私には孫が3人います。今帰省中の長男に男の子二人の孫、そしてもう一人の孫は、次男の子です。次男は、我が家から車で20分ほどの所に住んでいますから、かなり頻繁に会うことが出来ます。この孫も男の子で1歳4か月、ちょこちょこと歩くくせにとても速い、全く目を離せません。今、階段に凝っていて、家に遊びに来れば、階段を上って降りてを繰り返します。だから孫の安全を確保するため、すぐ後ろにスタンバイして、一...

  5. UTC 23:00 March 11, 2017 - kobosssblog

    UTC 23:00 March 11, 2017

    UTC 23:00 March 11, 2017NewYork USAby Akemi Takeda18:00March 11, 2017Fujisawa Japanby Masayo Nabeshima08:00March 12, 2017© All rights reserve

  6. 諦めたら・・・だめだね! - ゆかぷー の 脚下照顧

    諦めたら・・・だめだね!

    もう絶対無理だと思う事、趣味のカメラ、それも大きな望遠レンズを抱えて鳥を撮影する事、結構険しい山道や雪深い農道へ行くために、車も四駆にした。2015年に手術してから、足に急にブレーキがかかることがあるから、一人で出かけることに自信がなくなった。こればかりは家族に付き合ってもらうことは出来ない。なぜなら、長い時間、鳥を求めてそれだけの動きをするから、趣味ではない人には耐えられないし、嫌な顔され...

  7. UTC 23:00 March 04, 2017 - kobosssblog

    UTC 23:00 March 04, 2017

    UTC 23:00 March 04, 2017NewYork USAby Akemi Takeda18:00March 04, 2017Fujisawa Japanby Masayo Nabeshima08:00March 05, 2017© All rights reserve

  8. 自転車 - ゆかぷー の 脚下照顧

    自転車

    私が生まれて育った東京だけど、30~50代くらいまでは、田舎暮らしだったから、その間の事はよく分からないが、この10年余り東京でも暮らすようになって、一番驚いたことは自転車の多さです。まるで、北京!!都内はスーパーや医療機関やその他の施設などに駐車場がないから、あっても有料だから、どうやら自転車を足とする人が多いのだろうなぁ~!それに、都内で車を持つことは高コストだし、公共の交通機関がこれほ...

  9. 或る女??? - ゆかぷー の 脚下照顧

    或る女???

    或る女といえば、有島武郎、でもここに登場する或る女とは全く無関係である(笑)彼女は大学卒業後、或るアパレル企業に就職したが、2か月で退職、その1年半後?、或る保育関係に就職(アルバイト)したが、1年足らずで退職、その1年後? 或る電波機器関係会社に就職したが、1年半で退職その1年半後、或る所に就職したが10日間で退職。彼女は親元から独立しレンタルマンションに住み、親の仕送りで生活。って、これ...

  10. 仙台の牛タン - ゆかぷー の 脚下照顧

    仙台の牛タン

    今日は、用事の帰り道に、池袋駅東口にある宮城県県のアンテナショップへ寄ってきました。東北の震災以来、意識的に寄るようにしている、店頭には募金箱もあり、少しは復興に関われるかな・・・?と思ったりして(*_*;今日は、笹かまぼこと牛タン、買ってきました。いつも不思議に思うのだけれど、牛タンが仙台名物になったのっていつ?私が初めて仙台へ行ったのは中3の修学旅行(東北1周の旅)の時だったけれど、確か...

  11. 3.11から6年経ちました。 - ゆかぷー の 脚下照顧

    3.11から6年経ちました。

    6年前のあの時あなたはどこにいましたか?私は山梨の家にいて、何も被害がありませんでした。でも、怖いほど揺れましたよ!東京の家にいたオットォ~は仕事から帰宅すると、靴箱から靴が飛び出して、本箱から本が飛び出して、食器棚から食器が落っこちて割れて散乱していたそうです。冷蔵庫が、少し前に飛び出していたそうです。そして、自宅マンションの下の幹線254号線は帰宅難民の行列が一晩中たえることはなかったそ...

  12. UTC 23:00 February 25, 2017 - kobosssblog

    UTC 23:00 February 25, 2017

    UTC 23:00 February 25, 2017NewYork USAby Akemi Takeda18:00February 25, 2017Fujisawa Japanby Masayo Nabeshima08:00February 26, 2017© All rights reserve

  13. 行ったり来たり - ゆかぷー の 脚下照顧

    行ったり来たり

    昨日は山梨から東京への移動日でした。珍しく、中央道、首都高共に渋滞なし、door to doorで1時間45分でした。ベスト記録かも・・・大体2週間ごとに山梨↔東京を移動しています。こんな生活、もう10年余り経ちました。20年くらい前に、山梨に家を建て、ここでずっと暮らすつもりだったけれど、夫の気まぐれ?(というのとちょっと違うような・・・) 東京で仕事を始めた。それで、こんな生活になっ...

  14. 遠藤周作の「沈黙」に思う事 - ゆかぷー の 脚下照顧

    遠藤周作の「沈黙」に思う事

    マーティン・スコセッシ監督の「沈黙」を観てきました。2度目です。遠藤周作の「沈黙」は中学の頃から何回か読み返しました。後年、篠田正浩監督の映画「沈黙」もTVで観ました。今回はアメリカで製作された「沈黙 サイレンス」が、神の沈黙という問いかけにどういう答えを提示してくれるかという事に興味深々と言った心境だったのです。神はなぜ沈黙を続けるのでしょう・・・あなたのために阿鼻叫喚の苦しみを味わってい...

  15. UTC 23:00 February 18, 2017 - kobosssblog

    UTC 23:00 February 18, 2017

    UTC 23:00 February 18, 2017NewYork USAby Akemi Takeda18:00February 18, 2017Fujisawa Japanby Masayo Nabeshima08:00February 19, 2017© All rights reserve

  16. 64歳になりましたぁ~ - ゆかぷー の 脚下照顧

    64歳になりましたぁ~

           サンシュユ(山茱萸)ミズキ科の花で、秋には赤い実をつけヤマグミとも呼ばれる白やピンクの梅園の中にひときわ目を引く黄色の花、サンシュユという。冬の間の茶色い硬い蕾から春の気配を感じるとまるで弾ける様に黄色の花が顔を見せる。まるでびっくり箱の中から飛び出した人形たちのように私には見える。元気を絵にかいたような花だと私は思う。こちら関東は3月に入って急に春めいてきました、冬の間中蓄え...

  17. 桃の節句に - ゆかぷー の 脚下照顧

    桃の節句に

    今日は桃の節句、ひなまつりです。昨日のシトシト雨も上がり、今日はなんとも爽やかな3月の青空です。天気が良いと心も弾みますよね!1週間ほど前から久しぶりにお雛様を出そうかな・・・  せめてお内裏様と奥方様だけでもと思った(悩んだ)のだけれど、屋根裏収納庫から出すだけでも大変だし、それに何より、今は一人暮らしだし、週末には都内の家に移動することになっているから、すぐにかたずけなければならないし(...

  18. 写経 から思うこと   - ゆかぷー の 脚下照顧

    写経 から思うこと  

    私は時々写経をする。般若心経を!262文字のお経に秘められた小宇宙なんですって。でも私には、内容はさっぱりわからないけれど、とてもありがたいお経のような気がしますね。「色即是空・空即是色」というところだけは、自分なりに「あらゆる物は実は実体のないものであり、実体のないものこそが物の正体である。」なんて勝手に解釈して、物欲にとらわれてばかりいる自分を自戒している、それも漠然とですが・・・何はと...

  19. 天使たち - ゆかぷー の 脚下照顧

    天使たち

    私には3人の孫がいます。すべて男の子です。長男の子二人は2歳ともうすぐ1歳、青森県に住んでいるのでなかなか会えませんが、お盆、お正月、春休みなどに帰って来て、その度に見違えるように成長し、そのやんちゃ振りに拍手喝さいをするバアバであります。次男は近くに住んでいて、1歳3か月の孫君、最近歩けるようになって目が離せません。階段昇降が今一番のお気に入り、もちろん大人がしっかりガードしてですが。その...

  20. タイトル『脚下照顧』について - ゆかぷー の 脚下照顧

    タイトル『脚下照顧』について

    脚下(足元を)照顧(照らし顧みる)って言葉に初めて出会ったのは、確か山本周五郎の「モミの木は残った」を読んだ時だったと思う。NHKの大河をきっかけに読んだのだけれど、その中に出てきて心に掛かった言葉が「脚下照顧」高校2年の頃だった。何でも新しもの好きの私は、高校の卒業アルバムの寄せ書きに書いた気がする。含蓄があって、シンプルで、インパクトのある言葉だと思って選んだのだけれど、仲間たちからは「...

1 - 20 / 総件数:36 件

似ているタグ