雑言のタグまとめ

雑言」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには雑言に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「雑言」タグの記事(10)

  1. 「ローマの休日」改め「老婆の休日」改め「老婆の手術」 - 西蔵坊だより

    「ローマの休日」改め「老婆の休日」改め「老婆の手術」

    過日、夕食時、母が「明後日、大学病院で手術をするから、付き添って欲しい。高齢なので大学病院で、と言われた。」と言う。当然、「えっ!」となる。すかさず坊守が「ごめん、言うの忘れてた。私も今日聞いたんだけど。」と。という訳で、急遽、坊守と妹とボクで段取りして、なんとか交代で対応。無事手術が終わり、担当の先生に呼ばれる。「X病院のデータと、実際の患部の様子が異なっていましたが、対処しました。ところ...

  2. 将軍さまとパソコンとプリンターとボク - 西蔵坊だより

    将軍さまとパソコンとプリンターとボク

    お昼、おまいりから帰ってくると、将軍さまが食卓にノートPCを置いてお仕事中。その後、ファイルが完成したのか、プリントの実行ボタンを押して、どこかへ。プリンターは、印刷をはじめましたが、しばらくすると用紙不足の催促。どこからか戻ってみえた将軍さまは、机の上を片づけたいらしく、「もうプリントの命令出したんだから、大丈夫だよね。」と、PCをスリープ状態にしてを閉じ、机の上から別の場所に移されました...

  3. 草と闘う - 西蔵坊だより

    草と闘う

    しゅうまつ天気が崩れるらしいということ。少しまとまった時間ができたこと。ゴールデンウイークが近いこと。何より、草の勢いがいいこと。天気がいいこと、等々。上記条件が整ったので、3時間、草と闘いました。境内は、草刈り。墓地は、草刈りと除草剤散布。桜吹雪の中、気持ちのいい作業でした。草刈り後、お位牌を書いたのですが・・・。手が震えてビブラートのきいた字になりました。                ...

  4. カレーライスを食べて、世界のありようを考えた - 西蔵坊だより

    カレーライスを食べて、世界のありようを考えた

    「個人が狂うことはあまりないが、集団はだいたい狂っている。」と、ニーチェは言った、そうだ。ボクは、個人もたいがい狂っていると思う。問題は、みんな、ボクの狂い方と異なる狂い方をしていることだ。「事実というものはなく、ただ解釈があるだけだ。」とも、ニーチェは言っている、そうだ。次女が突然帰ってきた。母がカレーライスを作った。珍しく、家族揃って夕食。ボクは、カレーにソースを掛けて食べるのが好きだ。...

  5. 四つ葉のクローバー - 西蔵坊だより

    四つ葉のクローバー

    四つ葉のクローバーをめぐる会話。嘘ではないと思うのですが。A:四葉のクローバーを見つけるために、三つ葉のクローバーを踏みにじってはいけない。幸せはそんな風に探すもんじゃない。B:四葉のクローバーは、若葉の時に出来た傷から四葉になる。踏みにじって探す奴がいないと四葉のクローバーは生まれてこない。過去2度ほど当blogで引用しているのですが、こういう話を聞くと、『宇宙船とカヌー』の「あとがき」に...

  6. 生活習慣病予防検診 - 西蔵坊だより

    生活習慣病予防検診

    最近、会う人会う人に「お疲れですね。」と言われる。そんなに疲れていると思っていないが、そう重ねて言われると、それなりに気になる。そうかと思うと、坊守は、おまいりにいくボクに「お父さんは、全身ナチュラルキラー細胞やね。」という。相当お気軽に生きていると思われているらしい。そんなわけはない。いいタイミングで、生活習慣病予防検診の案内が届いた。実は今まで健康診断というものを受けたことがない。なんと...

  7.  はねる - 西蔵坊だより

     はねる

    そこそこ有名な画像を、問題点をそこなわないようにpublisherでつくってみました。もとは、ある小学校1年生のテストの解答用紙らしいです。それぞれ、「はと」は【DFPOP1体W12】、「はねる」は【MSゴシック】というフォント。この採点を見たこどもさんは理不尽を感じただろうな、ということは想像できます。でも、こういう整合性のない傲慢というか、ホンネとタテマエというか、言行不一致というか、空...

  8. 男はつらいよ - 西蔵坊だより

    男はつらいよ

    東京オリンピック誘致のプレゼンテーションで、日本国首相は、原発事故について「状況はコントロールされている」と「演説」した。“under control”という意味合いを、ボクは好意的に“国の管理下にある”と受け取っている。制御不能な“原子力”であろうと、国は責任を放棄しない、管理し続けるのだという、厳しい決意である。男はつらいよ、なのだ。(じゃあ、女は?というツッコミはこの場ではスルーします...

  9. 明日枯れる花 - 西蔵坊だより

    明日枯れる花

    『明日枯れる花に水をやること』故大平正芳総理大臣が「政治とは」と問われ、答えたことばだと言われています。大平総理のことを、ちょっと検索してみました。自民党の政争に埋没したという政治評価。読書家、知性派、哲学者という人物像、等々。智慧やヒューマニズムで政治はできないのかもしれません。しかし、勝手ながら、政治家には、大平総理のような、学問と深い思慮に依る崇高な理想を秘めてほしいと思うわけです。パ...

  10. 年賀状と寒中見舞い - 西蔵坊だより

    年賀状と寒中見舞い

    ご門徒さんと法類寺院(おつきあいのお寺さん)には、報恩講の案内もあるので、なんとか元旦に配達していただける期日までに年賀状を出しました。が、その他のご縁の方々には、まだ年賀のごあいさつをしていません。年賀状は書いたのですが、慌ただしさのなかで、投函し忘れた方も。坊守に急かされて、やっと寒中見舞いの準備をしました。ぼやぼやしていると、また寒中見舞いのタイミングも逸してしまいそうな状況です。性分...

1 - 10 / 総件数:10 件

似ているタグ