雪山のタグまとめ

雪山」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには雪山に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「雪山」タグの記事(113)

  1. 越後の峰々(魚沼三山を眺めて) - 人生山あり

    越後の峰々(魚沼三山を眺めて)

    前回から1週間空けてしまたった。 ブナの森を抜けて(魚沼三山を眺めて)の続き。 樹林帯を抜け、見晴らしの良い開けた、なだらかな山頂が見え始めた。時折背中から光が射しこみ、青空ものぞかせる。 空模様の回復を待つように、じっくりとラッセル登攀が続く。 途中、幕営地に適した場所を探しながら、登り詰めていった。  なだらかなピークへとたどり着いた。八海山へと続く稜線にはまだ雲が漂っていた。 八海山の...

  2. 2017年4月14日(金)恵庭岳✨お気に入りの写真 - 山登リィタ。

    2017年4月14日(金)恵庭岳✨お気に入りの写真

    2017年4月14日(金)恵庭岳を下山中に旦那から「チャック空いてるよ」と言われたので真っ先にズボンのチャックを確認しました、どうもルナです。ズボンのチャックが空いていなかったので不思議に思っていたら「誰も社会の窓とは言ってないよ。」と言われました。どうやら上着のポケットのチャックを言っていたようです。…言い方が悪いんだよ!常識的に考えてチャック=社会の窓だろうが!※ルナの脳内のみの常識です...

  3. 雪の編笠へ登ってきました。 - 山日和・ヨガ日和 -今日もいぃ天気-

    雪の編笠へ登ってきました。

    2019.3.29八ヶ岳は 編笠山に行ってきました。先日行った西岳では ハードシェルなくても暖かくて(いや、忘れたんですけどね^^;)もう春だなぁ~なんて言ってたんですがこの日は3日前に季節はずれ?の寒波で 結構な降雪があったらしく1800m地点でそりゃ テンションもあがります!!西岳のときの強烈なアイスバーンと違ってふわふわで歩きやす~い!!なんてのもつかの間途中から 踏み抜き祭り・・・ア...

  4. ブナの森を抜けて(魚沼三山を眺めて) - 人生山あり

    ブナの森を抜けて(魚沼三山を眺めて)

    残雪登山(魚沼三山を眺めて)の続き。 標高1200mあたりを越えた頃だろうか。追ってきた雲が、魚沼三山、八海山を越えてあっというまに雲に包まれてきた。 尾根は、徐々に広がっていき、急登、平らなステップ、急登、ステップこの繰り返しとなった。開けているが、至近の八海山はもう見えない。  眼の前広がるブナの森を登り進む。山の天気は変わりやすい。さっきまでの青空は消え、気づけば雪が降ってきた。先行し...

  5. 剣山 2017.4.1 - どんぐり散歩

    剣山 2017.4.1

    麓は暖かくなり、力量にあった低山に困るどんぐりです。今日はのんびりハイクだぁ~!なんて思っていたら、あれ!?シールがなぁぁぁい!少し重いけど背負って行くしかないよね( ノД`)一の森手前まで背負ったけどまじで吐きそうになったよ・・・シンドイ。釧路ナンバーのお父さんと話を少しして、さー滑るぞ!今回、この斜面の途中で、登りのトレースへ戻ったけど、下まで滑ったらどの辺までいけるのかなぁ?来シーズン...

  6. 残雪登山(魚沼三山を眺めて) - 人生山あり

    残雪登山(魚沼三山を眺めて)

    今はもう4月。3月になってからは、気温も上がり降雪も落ち着き、私の好きな山域、越後の山々も雪が落ち着いて足取り軽い季節に変わってきた。雪山登山もすっかり春に変わり、あのラッセル登攀も無く、残雪歩きとなる。 残雪期になったら登ろうと決めていた山の一つだ。奥只見、魚沼三山、谷川連峰この3つの眺望が楽しめる山域をそれぞれ巡ろうと決めていた。この山は魚沼(越後)三山の展望台だ。 この季節になると、雪...

  7. 焼岳*上高地へ    - part 6- - つながる*noyama

    焼岳*上高地へ - part 6-

    大正池から田代湿原へ田代湿原と田代川梓川・・・中ノ瀬園地へ。すれ違う人たちは誰しも優しげな笑顔を浮かべているそれは勿論、わたしもである。そりゃそうだ風も穏やかで青空の下の白い雲はゆっくり流れ上高地での時間もゆっくりゆったり流れているのだから。 梓川の畔まで歩いて行くと川風がふわりと心地よいもう冷たくない、けれど春のそれとも違う梓川を渡る風。田代橋から中ノ瀬園地まで来てお昼ご飯にする。すっかり...

  8. 焼岳*上高地へ    - part 5- - つながる*noyama

    焼岳*上高地へ - part 5-

    真っ暗な釜トンネルへトンネルの中は照明がついていない。非常口や非常用電話の明かりが灯るだけでそれがボォ…と遠くに光っている。皆それぞれヘッデンの灯りを頼りに歩くのだ。雪溶けの水が流れ込んで、アスファルトは所々凍りついて広く凍っているところはさながらスケートリンクのようだ。 川端康成の小説じゃないけれど釜トンネルを抜けるとそこは雪国。釜トンネルを抜けるとさらにもう一つのトンネル昨年の7月19日...

  9. 歴史の道 - 人生山あり

    歴史の道

       山旅をすると、その山に様々な歴史文化があることを知る。おかげで、地名、文化、歴史、暮らし、お酒など様々知ることができた。  私のよく訪れる山域、上越国境。これを越えるルートに”謙信新道”がある。魚沼清水集落から、尾根を登り、清水峠を越えて利根川源流域へと続く。古くは謙信公が軍馬でこの稜線を越えたとある。  4/2の山旅では、山頂からこの尾根がよく見えた。(写真では、鉄塔が立ち並んでいる...

  10. 黒斑山・蛇骨岳 新雪ひとり歩き  2017.4.2(日) - 心のまま、足の向くまま・・・

    黒斑山・蛇骨岳 新雪ひとり歩き  2017.4.2(日)

    花散策に行こうと思っていたけれど下界は前日まで雨続き 山では雪模様きっと山はふわふわ新雪で綺麗だろうな~そうだ!<黒斑山>に行ってみよう!思い立ってスノーシューとアイゼンを車に積んで 春の雪山ひとり歩きに出発します 碓氷バイパス周辺を走る車窓からはきらきら輝く霧氷がとても綺麗でしたビジターセンターの駐車場は20台位の駐車冬季閉鎖中でトイレはホテルでお借りしました9:35   車坂峠登山口表コ...

  11. Return - 月の雫

    Return

    春なのに冬の写真かよ...ってそんなことはありませんよー。正真正銘4月の野沢温泉スキー場です。(2017.04.02撮影)大好きなこの風景ももちろん寝転がって撮りました~(上にはリフトが掛かってて乗ってる人にジロジロ見られる恥ずかしさもよそにww)まだ上部の雪3m超えですって。^^そして野沢温泉といえば…情報収集させていただいてます。^^*ruu*さんroseyさんどーもありがとう~ヾ(o´...

  12. 駒の情景(会津駒) - 人生山あり

    駒の情景(会津駒)

    会津駒ヶ岳登山のつづき。山頂でのひと時、会津駒の雪景色を切り取った。雪景色が好きな私にとってはお宝だ。雄大な風景を広角で捉えるのもよし。美しいと思う景色を切り取るもよし。シラビソの向こうに、穏やかな稜線に見えた雪庇が美しい。シラビソの樹氷と中門岳への雪稜。滑らかな雪面が輝く。再び雪庇を眺めると、雲の影が走っていた。雪に埋もれるシラビソの林立。普段見られない光景があちらこちらに広がっている。滑...

  13. 春風に吹かれて - 人生山あり

    春風に吹かれて

    4/2日曜日、天気は快晴。人の列に連なって歩くのは苦手。静かな山を楽しんできた。稜線はビッシリとエビの尻尾。でも風は優しい春風だった。続きは後日。

  14. 焼岳*上高地   - part 4 - - つながる*noyama

    焼岳*上高地 - part 4 -

    お腹空いたなぁ人って本当に現金なものだ心配事があると何も手につかない、何も喉を通らないなどと言うが心配事がなくなった途端欲と言うものがムクムクと湧き上がってくるのだから。御多分に漏れずわたしもそうだ広場まで戻って焼きそばパンを食す。 焼きそばとパンという最強炭水化物コンビを食し、体力復活。さぁ、行こうか。ツボ足で意気揚々と下っていく。がしかし、意気揚々と歩けたのはほんの数百メートル程度でその...

  15. 続・初めての西穂エリア - moroyanのドタバタ夜景日記

    続・初めての西穂エリア

    夕食を頂いた後、山荘をうろついたり部屋でゴロゴロしたり…日々の疲れと天気予報に撮影予定も立てないままウダウダ過ごします。そう言えば、山荘で山岳写真家の鎌田さんをお見掛けしました。数年前、初めて冬の赤岳に行ったときに天望荘でお話したことがあったのですがその時は山岳写真協会のお仲間さん達と何日も泊まり込みで撮影に来られてました。自分は初めて行った厳冬期の八ヶ岳に緊張していたので『また、おいでよ!...

  16. 焼岳*上高地へ  -part 3- - つながる*noyama

    焼岳*上高地へ  -part 3-

    ほんの2時間ほど前まで吊り尾根が見えるぅ♪明神が見えるぅ♪♪♪と、大喜びで騒いでいたのに一人の雪山はこれほどまでに心細いものなのか?三歩進んでは振り返り二歩進んで振り返り・・・振り返りいつか視界の中に友が入ることを祈りながら少しづつ下りていく遥か下方にスキーヤーが集まっているのが見えた 友と別れた場所に再び戻ってきた。暫くの間、今下りてきたトレースをじっと見つめるがやはり友の姿はない。既に2...

  17. 焼岳*上高地へ  -part 2- - つながる*noyama

    焼岳*上高地へ  -part 2-

    明神岳、前穂高岳、霞沢岳遠くには常念から大天井岳への稜線も目の前の谷あいには梓川の清流が雪の間を悠々と流れているのが容易く想像できる もうここまででもいいかなぁこの景色見られれば私はもう満足だよパフッパフッポフッポフッ一歩足を進めるたびにその場でゴロゴロしたいくらい柔らかな雪と心地よい陽射し登山ではなく 最早ただの雪遊びいやいやいいんだよ、それでだって雪と戯れたくてここへやってきたここまで登...

  18. 谷川星景 - 人生山あり

    谷川星景

    私の好きな眺め。谷川連峰。この冬も雪山幕営を楽しんだ。4月、5月の残雪期もまた幕営を楽しむ予定だ。夏は幕営は指定地になり、賑やかになるがこの季節は自由でまったく音が無い。大自然の良さを味わえるのだ。

  19. 焼岳*上高地へ  -part 1- - つながる*noyama

    焼岳*上高地へ  -part 1-

    春と呼ぶにはまだ浅い三月の始め山の上は春どころかまだ雪深い真冬の山だった空気は出来たばかりの薄氷のように清くピン・・・と張り詰めている雲ひとつない空は どこまでも青く澄み渡っていた。 3/4 sat中央道から長野道へと繋ぎ 松本ICをout国道158号を上高地方面へと走る夏から晩秋までのこの道は北アルプスの山を求めて深夜でも沢山の車が走る。上高地方面への最後のコンビニの駐車場は週末となれば夜...

  20. 雪景色に魅せられて(会津駒) - 人生山あり

    雪景色に魅せられて(会津駒)

    会津駒ヶ岳登山のつづき。山頂の雲が流れ出し、青空がちらちらと見え始めた。登ってきたゆるやかな尾根を振り返ると、雪原にシラビソが美しい。点在してみえるシラビソが絵本のようだ。歩いていたトレースが見える。後続にハイカーも見えてきた。なんともこの穏やかな、優美な山の姿に感動する。なんて滑らかな。雪の美しさに、心を奪われる。雪面を走る雲の影が、雪肌を飾る。山頂ではスノーモンスターがお出迎え。山頂に着...

1 - 20 / 総件数:113 件

似ているタグ