電子書籍のタグまとめ

電子書籍」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには電子書籍に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「電子書籍」タグの記事(10)

  1. 現役DJMONA: 1st 写真集 絶賛発売中! - ISSPromotionGroup

    現役DJMONA: 1st 写真集 絶賛発売中!

  2. 8月6日 - マリカの野草画帖

    8月6日

    青空文庫の原民喜を何冊か読む。夜は花火があがった。明日は台風が通過する。

  3. 『天の川の暮らし』 - マリカの野草画帖

    『天の川の暮らし』

    六角文庫の今月の本は音座の絵日記です。音座マリカ『天の川の暮らし』↓http://rokkaku.que.jp/bunko/bunko.html#book1997年4月から1999年3月までHPに連載していた分のWeb閲覧用PDFです。絵はフォトショップで描いてます。いつものように縦スクロールでご覧くださいませね。

  4. 種村有菜原画展@西武池袋に行ってきた - みぃーのおこづかい帳

    種村有菜原画展@西武池袋に行ってきた

    こんばんは。みぃーさんです。たまには遊びに行ったことも書いてみようか。種村有菜原画展に行ってきた。前回のソラマチでの展示会はいけなかったので、満を持して行きましたよ。ソラマチの会よりも『神風怪盗ジャンヌ』の原画が増えているらしく、それも楽しみで。しかも!フラッシュたかなければ撮影し放題というサービスっぷり。種村先生の作品でリアルタイムで読んだのは『神風怪盗ジャンヌ』ぐらいかなぁ。そのうえりぼ...

  5. 今月の本は『Owl-Beatles』 - マリカの野草画帖

    今月の本は『Owl-Beatles』

    1966年6月30日から7月2日まで行われたビートルズ来日公演を記念してOwl-Beatlesの本をアップしました。一週間限定のウェブ用のPDFをご覧くださいませ。六角文庫の今月の本↓http://rokkaku.que.jp/bunko/bunko.html#book

  6. 【honto電子書籍ストア】読みたい本に必ず出会える - みぃーのおこづかい帳

    【honto電子書籍ストア】読みたい本に必ず出会える

    こんばんは。みぃーさんです。電子書籍って便利ですよね。ID/PWさえ入力すれば、家のタブレットで読んだ本の続きが、通勤中にスマホで読めたりしますから。一元化。便利。honto電子書籍ストアは、日本最大級の蔵書量を誇る電子書籍サイト。漫画だけの電子書籍サイトは多々あれど、雑誌、文芸、ビジネス書などの活字もカバーしているサイトは稀です。買った書籍はいつでも読み返しできるのも魅力的。購入するたびに...

  7. 『雨の日の三つ編み』 - マリカの野草画帖

    『雨の日の三つ編み』

    六角文庫の今月の本は音座の絵日記です。音座マリカ『雨の日の三つ編み』↓http://rokkaku.que.jp/bunko/bunko.html#book …2003年1月から4月までのHP連載分がWeb閲覧用PDFになりました。PDF化で文字がすこし読みづらくなりましたが縦スクロールでご覧くださいね。

  8. 「素浪人心得ーー自由で愉快な孤高の男の生き方」電子書籍版 - 三千綱ブログ

    「素浪人心得ーー自由で愉快な孤高の男の生き方」電子書籍版

    『素浪人心得ーー自由で愉快な孤高の男の生き方』電子書籍版が発売されました。アマゾン、楽天、i books、eBookJapan、honto、BookLive!・・・他。電子書店は下記リンクよりご覧ください。

  9. ゴールデンウイークにぜひぜひ - 早坂いあん「セキララ日記」

    ゴールデンウイークにぜひぜひ

    4月までに配信した電子書籍をまとめさせていただきます。「キュートな事情」「スウィート・ベルベット」全2巻「早坂いあんTHE BEST オムニバスラブ」以上、別冊フレンド時代の作品3冊がアマゾンのkindle版で配信開始いたしました。(横にリンクしております)それから、2月に「マンガ図書館z」さんよりコミックス未収録読み切り2作品を配信しています。こちらもkindle版が出ています。ただいま無...

  10. 詩『ラジオ局打歌』 - マリカの野草画帖

    詩『ラジオ局打歌』

    ゴールデンウイークが始まりました。六角文庫の「今月の本」(ネットで読める無料電子本)は泉井小太郎のポエムレット『ラジオ局打歌(うった)』です。泉井の若かりし頃の夢でみたというより夢で聴いたラジオ放送が一遍の詩になったものです。パーソナリティは柿本人麿。当時の詩の朗読会で何度か耳にしているので目で読んでいても作者のリズムと息遣いが蘇りはるか昔の五月一日のラジオ放送を聴いたような不思議な気分にな...

1 - 10 / 総件数:10 件

似ているタグ