韓国映画のタグまとめ

韓国映画」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには韓国映画に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「韓国映画」タグの記事(22)

  1. どこかで観たことがある映画。 - ななるいるぎ

    どこかで観たことがある映画。

    ぼんやり公開予定映画を見ていると設定がどこかで観た事がある映画と同じだったのでびっくりΣ(゚Д゚)しました(笑)日本版は藤原竜也なんですね^^なんだかいつも追い込まれて叫んでいる印象が強いです。映画『22年目の告白 ―私が殺人犯です―』オフィシャルサイト殺人の告白 - 作品 - Yahoo!映画韓国スリラー映画「殺人の告白」日本リメイクが決定!藤原竜也&伊藤英明が主演務める - MOVIE ...

  2. アシュラ - 龍眼日記  Longan Diary

    アシュラ

    地獄絵図を見た。正義などという甘い言葉など存在しない世界がスクリーンに広がる。市長の犬となる汚職警官ドギョンを演じるチョン・ウソンの行くも地獄戻るも地獄な生き様の壮絶さ。そんな中にありながらもどこか自分の人生を冷めた目で嘲笑うかの如く語るファーストシーンとラストシーンのドギョンのセリフが印象に残る。病床の妻という彼の唯一の弱点を手玉に取り市長の逮捕にドギョンを利用する検事(クァク・ドウォン)...

  3. 哭声 - まい ふぇばりっと しんぐす

    哭声

    2016年韓国、監督・脚本ナ・ホンジン、出演クァク・ドウォン、ファン・ジョンミン、國村隼。おはなし:山間の村で起きた殺人事件の首謀者として、よそ者の日本人が疑われますファン・ジョンミン&KUNIMURA JUN祭り!*おそろしくネタバレです*山村で起きた不可解な殺人事件。ある夫婦が惨殺され、犯人の男は体中に吹き出物をまとい、殺人現場で茫然自失となっていた。この事件を皮切りに、同じような惨殺事...

  4. ロケ地検索・検証について - Everybody Has Secrets. 

    ロケ地検索・検証について

    まったくあれもこれも記事にまで至らずそのまま中途半端な記事だったりblogにあげることなく終わってしまいそうな勢いです(; ̄ー ̄A「ロケ地」というカテゴリに旅行記の中に埋もれてる検証しに行った写真や記事も移したいけどまったく進まずでハハハっ美日々やIRISJSA、誰ひみやetc...珍道中旅行記の中に普通の旅行記の流れで書いてるのでご興味あれば^^最初の頃はカテゴリ分けが定まらずいろんのがゴ...

  5. 久々に見た韓国映画に半端なくのめりこんだ話 - シングリッシュin シンガポール

    久々に見た韓国映画に半端なくのめりこんだ話

    今、これを書いているのは、日曜日の昼間。洗濯が終わって洗剤のいい匂いが立ち込めてお昼もキムチチヂミを作ったので満足感一杯★キムチチヂミは作るのが簡単でお腹いっぱい!ところで、チヂミつながりというか韓国映画を昨夜、まったりと見た。見るつもりは全くなく、何か面白い映画ないかなとググっていたら、面白そうな映画を発見。その名も「トンネル」というシンプルなタイトル。 詳しくはこちら→http://ci...

  6. 2017. 2.25~26 映画「シングルライダー/싱글라이더」舞台挨拶@ 京畿道 - Everybody Has Secrets. 

    2017. 2.25~26 映画「シングルライダー/싱...

    2017年2月25日・26日2日間に渡って行われた韓国映画「シングルライダー/싱글라이더」舞台挨拶2日目はソウル近郊の京畿道思えば釜山国際映画祭での舞台挨拶は別としてソウル以外に参加するの初めてなんですjoe2や王様の頃などbhが海外から帰国して急遽の突発的な舞台挨拶も続いたので参加出来る訳はなく意外でしょう(苦笑)映画と舞台挨拶を見るこれを基本にすると1日に数多くの舞台挨拶があるけれど移動...

  7. 2017.02.25~26 映画「シングルライダー/싱글라이더」舞台挨拶@ seoul - Everybody Has Secrets. 

    2017.02.25~26 映画「シングルライダー/싱...

    渡韓してから1ヶ月以上が経ち写真や動画を見ても記憶が・・・映画「シングルライダー/싱글라이더」舞台挨拶に合わせて渡韓してきました久しぶりの舞台挨拶舞台挨拶的には2015年11月に公開された「インサイダー」ぶり2日間続けて参加するのは2006年12月に公開された「夏物語」の時以来_(^^;)ゞ映画は今でも映像は勿論その時感じた感情も鮮明に残っていますそして新たに知った事であったりその後に気づく...

  8. お嬢さん(韓国映画・2016年) - 映画評論家 兼 弁護士坂和章平の映画日記

    お嬢さん(韓国映画・2016年)

    洋17-37  ★★★★★                     <大阪ステーションシティシネマ>                     2017年3月12日鑑賞                     2017年3月17日記 パク・チャヌク監督最新作は、英国の小説『荊の城』を大胆に脚色し、舞台を1939年の日本統治下の挑戦半島に移したもの。そう聞くと、チェ・ドンフン監督の『暗殺』(15...

  9. 哭声/コクソン(韓国映画・2016年) - 映画評論家 兼 弁護士坂和章平の映画日記

    哭声/コクソン(韓国映画・2016年)

    洋17-36★★★★★                       <シネ・リーブル梅田>                     2017年3月11日鑑賞                     2017年3月17日記 韓国の政治はパク・クネ(朴槿恵)大統領が憲法裁判所の弾劾裁判で「罷免」宣告されるという非常(異常?)事態だが、2017年春の韓国映画は『哭声/コクソン』(16年)、『アシュ...

  10. 「哭声(コクソン)」 - ここなつ映画レビュー

    「哭声(コクソン)」

    2時間半あまりの大作。途中すごーく怖いシーンもあるので、鑑賞前には忘れずにトイレに行くことをお勧めする。などの戯言はいいとして、そう、とても怖い話であった。文系のくせに科学しか信じない私でさえ、最初こそ「いいから早く医者連れてけよ」と思ってはいたものの、終わってみると人知を超えたものに対する恐怖がひたひたと押し寄せてきて身の置き場がない。激しい雨の降るある朝、巡査部長のジョング(クァク・ドウ...

  11. 楊貴妃 Lady Of The Dynasty(中国、韓国、日本合作映画・2015年) - 映画評論家 兼 弁護士坂和章平の映画日記

    楊貴妃 Lady Of The Dynasty(中国、...

    洋17-40  ★★★★                     <シネ・リーブル梅田>                     2017年3月15日鑑賞                     2017年3月24日記 古代の中国四大美人は楊貴妃・西施・王昭君・貂蝉の4人だが、楊貴妃の知名度と美人度は群を抜いている。しかし、2001年の西安旅行の際、華清池で見た楊貴妃の像の美人度は?これなら...

  12. 3月のエッセイ 〜 映画と読書、どちらから入る? - カフェのテントの下で~cafe chez nousの12ヵ月~

    3月のエッセイ 〜 映画と読書、どちらから入る?

    たまたまCSチャンネルで好みのタイプの映画を観た。韓国映画で、ある夫婦の特別な一日を描いた『愛してる、愛してない』(2011年/監督イ・ユンギ)。人によっては退屈してしまうかもしれないほど、感情を抑えた静かなストーリーだった。いちばん印象深いのはひたすら雨が降っていること。観ている方の気持ちまで憂鬱になるくらい、重たい雨の空気や音が充満している。台風が近づくその日、妻は夫と5年間暮らした家を...

  13. 哭声(コクソン) - 龍眼日記  Longan Diary

    哭声(コクソン)

    なんか、どえらい作品を観てしまった・・・。「どえらい」というのが素晴らしいのか「ワケわからない」のか人によって判断が別れるところだと思うのだが・・・いや何しろ強烈な作品だ。目を覆いたくなるような連続殺人事件が起こったとある田舎町。人は今まで出会ったことのない異常な状況に直面した時何にすがるのか。宗教、祈祷、自らの直観・・・。善と悪、味方と敵、真と偽。それら全てが白黒つく結末ではなく灰色のまま...

  14. [日本と韓国の架け橋」+「リメイク作品」3/12(日) - あばばいな~~~。

    [日本と韓国の架け橋」+「リメイク作品」3/12(日)

    3/12(日)23:20皆さん、アンニョン!今日も、朝から裁縫三昧!今日の作品は義母さんのフォークダンスのスカートがいくつか見つかりました~~。レース生地だったり、色が地味だったり、あまり、子供服には向いてなかったのですが・・。一枚だけリメイク可能な生地が見つかりました。フリルがとても上手に入っていて、さすが義母さん。フリルは、下の二段だけ使い、上は上半身に変身。左は孫のKちゃんよう。右は、...

  15. 映画感想 新しき世界(ネタばれあり) - いつかはライカ

    映画感想 新しき世界(ネタばれあり)

    インファナル・アフェアのリメイクかと思い、その興味で観ました。しかし、全然違ってしかもホントに「映画の新しき世界を見ちゃった!」感がありました。まずは最初の拷問シーンからして「新しい!」漏斗でセメントを飲ませるって…もうなんて極悪なんでしょう!ワンダフル!そして状況がよく呑み込めないままドンがいきなり謀略っぽい事故死。その事故もまたスピード感のある事故で、極悪!ワンダフル!と、ここまでで全然...

  16. 「「それだけでは... 「側面」イ・ビョンホン・ジョンミン出演!」2/1(水) - あばばいな~~~。

    「「それだけでは... 「側面」イ・ビョンホン・ジョン...

    ≪BHエンタ関係≫「BHエンタFacebook」NEVERで「BHエンタ」の掲示板「BHエンタ Instgram」***********************「マスター」メイン予告!NEW 「シングルライダー」**************************NEW「ミンジョンさん、インスタ」「あざりす日記」 次男夫婦のブログです。NEW 「ヌルボ・イルボ 韓国文化の海」 映画の興行成...

  17. 1月18日公開の期待映画! - アンニョン! ハーモニーマート 明洞 ブログ★

    1月18日公開の期待映画!

    1月18日公開、ヒョンビン主演映画「공조(共助)」ヒョンビンは久々の映画となります少女時代のユナも出演してるんですね~秘密裏に製作された偽造紙幣銅版を奪取しようとする内部組織によって、作戦中に妻と同僚を失った特殊精鋭部隊出身、北朝鮮の刑事リム・チョルリョン(ヒョンビン)。銅版を探さなければならない北は韓国に潜む組織リーダーのチャ・ギソン(キム・ジュヒョク)を捕まえるため、初の南北共助捜査を要...

  18. フィッシュマンの涙(韓国映画・2015年) - 映画評論家 兼 弁護士坂和章平の映画日記

    フィッシュマンの涙(韓国映画・2015年)

    洋16-175  ★★★★★                    <シネ・リーブル梅田>                    2016年12月23日鑑賞                    2016年12月27日記 世の中にはさまざまな奇病、難病があるが、フィッシュマン(魚人間)は病気ではなく、臨床試験の結果、副作用で人為的に作り出されたもの。世の中の注目を浴びたフィッシュマンは悪魔か...

  19. The NET 網に囚われた男(韓国映画・2016年) - 映画評論家 兼 弁護士坂和章平の映画日記

    The NET 網に囚われた男(韓国映画・2016年)

    洋16-173  ★★★★★                    <ビジュアルアーツ大阪試写室>                    2016年12月21日鑑賞                    2016年12月26日記 『レッド・ファミリー』(13年)に続いてキム・ギドク監督が南北朝鮮問題に鋭く切り込んだ本作の主人公は、北の寒村で貧しくも平穏な生活を送る漁師。魚網がエンジンに絡んだ...

  20. 《見にいきたい映画》「フィッシュマンの涙」 - Re;wind

    《見にいきたい映画》「フィッシュマンの涙」

    フィッシュマンの涙>薬の副作用で外見が魚になってしまった男の悲哀を描く、韓国製の異色青春モンスター映画。収入を得るため製薬会社の新薬治験に参加した若者の顔が、原因不明の副作用のせいで魚になってしまう。その事件は瞬く間にニュースとして広まり、若者は一躍時代の寵児となる。しかし、栄光はつかの間、やがてメディアは手のひらを返し、魚男は奈落の底へと転落していく。一方、男の家族や恋人、人権派の弁護士、...

1 - 20 / 総件数:22 件

似ているタグ