香りのバラのタグまとめ (19件)

香りのバラのタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには香りのバラに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。
by 彼とカヲリの庭の関係

今日の紹介はウィリアム・モリス1998年作出のイングリッシュローズ2016年一番花ウィリアムモリスは大型のシュラブだが伸長力が強くツル薔薇としての利用が出来る薔薇もちろん短く切り詰めれば大きめのブッシュでもシュラブにも出来るだろう北海道のバラ園なんかではよく見る光景下の写真は開花が始まった頃の花全体の印象としてはピンク色の薔薇だが中心にアプリコットが強く出たりピンク色になったり色の移ろう薔薇...

by 彼とカヲリの庭の関係

今日は昨年新しく迎えた薔薇 グルス アン テプリッツチャイナのオールドローズだがブルボンにも分類されるようだ珍しくオーストリア(ハンガリー)の薔薇古くから日本で愛されたオールドローズは和名が付いている事があるがデュセスドゥブラバンに「桜鏡」という和名が付けられていたようにグルスアンテプリッツも古くに日本に入ってきた薔薇のようで「日光」と言う和名が有るしかし今聞くととにかくダサい名前だ。汗ちな...

by 彼とカヲリの庭の関係

今日の紹介はアラン ティッチマーシュ2005年に作出されたイングリッシュローズコロンコロンというよりもゴロンとした大きめのディープカップの薔薇イングリッシュローズに出会った当時ジュードジオブスキュアやレディエマハミルトンなどカップ・ディープカップ咲きの薔薇に魅せられて球形に近い咲き方をする薔薇を集めた前にランキングサイトで好きな薔薇のアンケートを取った際長く育てていれば薔薇の好みは変わって行...

by 彼とカヲリの庭の関係

これが年内最後の記事になると思います最後はイングリッシュローズの名花イングリッシュヘリテージでイングッシュヘリテージは赤いノムラモミジの左横に植栽している判りにくいと思うので今回初めて線で囲ってみたそう言えばこういうのってよくブログでやっているのを見るけど自分はした事が無かった文章で説明する事が多いけど、全然分からないだろうと思ってのことだが実際は株の育ち方や花の美しさを見に来る人が程んどで...

by 彼とカヲリの庭の関係

今日の紹介はイングリッシュローズシャリファ・アスマ 1989年作出イングリッシュローズ美しい容姿と濃厚な香りを有した薔薇天は二物を与えずと言うが 薔薇に関して言えば美しさ一瞬にして人を虜にしてしまうような素晴らしい香りの両方を手にしている存在が多々有る多くが交配によって生みだされた美しさではあるが人々を虜にする美しさと香りを持たせる事は出来ても刺をなくす事までは出来なかったしかし刺を無くそう...

by 彼とカヲリの庭の関係

ア シュロップシャイア ラッド(シュロップシャーラド)1996年作出 イングリッシュローズアシュロップシャーラドとはA・Eハウスマンの19世紀末から20世紀初頭にかけて若者たちに愛読された詩集シュロップシャー生まれのデヴィッド・オースチン氏の愛読書だったのだろうか前々からER(イングリッシュローズ)のネーミングセンスは独特と書いてきた男性の名前のつく薔薇と言えば赤が多いがERでは赤もあるがピ...

by 彼とカヲリの庭の関係

今日の薔薇はジュード ジ オブスキュア1995年作出のイングリッシュローズ開き始めはすこしカラシ色っぽいの黄色の花落ち着いた色合いの薔薇だイングリッシュに多く見られるゴロンとしたディープカップ咲きの愛らしい花開くと次第に外側の花弁の色が淡くなり中心はアプリコットを帯びるようになり独特の色合いの花になる、イングリッシュローズには多い事だがこれは何色と一言で言えない薔薇が多い特にこのジュードは黄...

by 彼とカヲリの庭の関係

早いものでもう12月年々年月の過ぎるのが早くなる、この間春だと思ったらもう冬になっている(笑)あともう少しで2016年も終わり12月は何かと忙しい時期でもある、一大イベントはクリスマスだろうか仏教国の日本で純粋にクリスマスを一番楽しめるのはやはり恋人達だろうか僕はというと煌びやかな季節は嬉しいが12月は一年で最も日が短い時期でもあるその上北海道の日本海側に居住していると冬は気圧配置の関係で曇...

by 彼とカヲリの庭の関係

今日の紹介はヤングリシダス2008年作出のイングリッシュローズ出会いはホームセンターだった、バラ園でも売り場でもあまり見かけないバラだったのだがずっと気になっていたバラだった迎えた時の記事 昔の記事を見ると本来の咲き方や色合いとはちょっと違うがそれでも自分にはとても魅力的に写った迎えてから数年経つがやはり独特の色合いと素晴らしい香りに毎年ウットリする薔薇だそれより昔の記事を見て思うのは201...

by 彼とカヲリの庭の関係

今日はいつもとはちょっと違う華やかなフレンチローズの紹介上の美しい薔薇はラローズドゥモリナール 2008年作出デルバールの薔薇毎年紹介しているのでお馴染みになってきているが今年は房咲きの花がとても美しかったこの薔薇は強香でオールドやイングリッシュには無い素晴らしいフルーツ香が備わっているしかし香りの強い薔薇の宿命で花弁が日差しにとても弱いこの房咲き以前に沢山咲いていた一輪咲きはあっという間に...

by 彼とカヲリの庭の関係

今日の紹介はスヴニール ドクトール ジャメイン 1865年ハイブリッドパーペチュアルのオールドローズ開き始めは赤いバラだが黒っぽい紫色になる黒薔薇と呼ばれる分類の薔薇実際に見たかったので迎えて鉢植えにしたスヴニールドクトールジャメイン迎える前はバロンジロードランに似ているのかと思ったが全く違うバラだった、まあ当たり前だが。汗この薔薇の色合いは深い赤から黒っぽい紫になるがバロンは鮮明な赤から濃...

by 彼とカヲリの庭の関係

今日は6月の一番花からブラザーカドフィールの紹介大輪のディープカップ咲き、1990年作出のイングリッシュローズこれまでも述べてきた通り この薔薇は強い日差しで花焼けしやすい香り高い薔薇は花弁が薄いことが多く、香りをよく発散する反面 日差しや雨に弱いことが多いようだ僕が育てた中でこのブラザーカドフィールとジェフハミルトンは特に日差しで花焼けする事が多いバラだった例年のように上の写真で見える花は...

by 彼とカヲリの庭の関係

今日は久しぶりに今年の一番花の紹介マダム イサーク プレールブルボンのオールドローズで作出年は1881年フランスの薔薇オールドとしては大輪でゴージャスな花を持つマダムイサークこうやって見ると今のオールド風の薔薇に引けを取らないゴージャスな花だ巨大過ぎず小さすぎずとてもバランスの良い美しい花を咲かせるオールドとしてはちょっと無骨な伸び方をしていてその辺りはモダンに近いが明るい色合いのマットな葉...

by 彼とカヲリの庭の関係

今日は我が家の新たに迎えた薔薇コルデスのクリスティアーナの紹介2013年作出の薔薇だが日本ではまだ売り出されたばかりの新品種ほぼ真っ白に見える花弁に中心がライラックピンクに染まる薔薇昨年の秋に裸苗で迎えて冬を越して植え付けたので大したことを書けないが写真だけ沢山有ったので紹介しようと思うクリスティアーナハは1.8m~2.0m程のショートクライマーと紹介されているがコルデスでは0.7m程のブッ...

by 彼とカヲリの庭の関係

今日の紹介はまた2016年の一番花のシーズンの薔薇オールドローズのブランシュ・モロー1880年作出の1季咲きのモスローズ、フランスの薔薇であるこの薔薇は今年初めて紹介する薔薇開き始めた頃は下の画像ようなヘンちくりんな花が咲いていた僕はオールドのこのような花が咲いても可愛い~!とか思えないたちなのでブランシュモローは迎えて失敗かとちょっと思っていたしかし開花が進むにつれて美しい花が出現するよう...

by 彼とカヲリの庭の関係

連投しています(笑)撮ってすぐにアップというのは良い、余計な手間が無くて記事にしやすいそれにちょっと身体に余裕が有る、今週は(笑)すぐ続かなくなると思うけど。大汗今日は秋のしのぶれどこの薔薇もルシファー同様鉢で育てている結構大きくなる薔薇なので地植えを考えていたがいろいろ考えて鉢植えにした品種秋の花は一番花の最初の花どうよう高芯咲きになっているまあこれはこれで悪くないと思った朝日が壁に当って...

by とこの小箱

やさしく、小箱の中から可愛い花が赤くちょっと自己主張が・・・でも、とっても神秘的なやさしい香清々しい空間に咲く花を表現しました。

by 彼とカヲリの庭の関係

Lusiferは明けの明星を意味するラテン語、光をもたらすものと言う意味を持つようだ天使たちの中で最も美しい大天使であったが創造主に逆らい自ら堕天使となり悪魔、サタンとなる別にキリスト教を意識して迎えたわけではないがブロ友さんが次々この生育に難ありのルシファーに挑戦しているのを横目に関心していたら僕の前に安くなった大天使が現れたので、これってもしかして僕に育てろって事か?と思った(誰も言って...

by 彼とカヲリの庭の関係

ヴァリエガタ ディ ボローニャ1909年作出ラ・フランス発表後の作出だがブルボンのオールドローズ白地に赤紫の絞りが入る個性的な薔薇現代の薔薇に負けないくらいのギュッと詰まった花弁のカップ咲きの薔非常に整った花型を持った品種である明るいグリーンでマットな葉を持っており葉の形も特徴的で細長く尖っている下の写真は実は桔梗の葉も一緒に写っているが見分けが付かない(笑)下は開花前半の全景どの薔薇もよく...

似ているタグ