騎士団長殺しのタグまとめ

騎士団長殺し」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには騎士団長殺しに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「騎士団長殺し」タグの記事(3)

  1.  村上春樹の文学における「南京」 - 憂き世忘れ

    村上春樹の文学における「南京」

     ちょっと、文学評論風タイトルにしてみました。こういうタイトルの本は、まあ、鼻持ちなりません。イデアがナンタラカンタラ〜イデアって何だよ?と思って辞書を引いてみましたが、それでもサッパリ。 「村上かるた」の愛読者としては、例えば、村上氏自身が「イデア」などと書いていたら「ひでぇや」と読むべき。 比喩に満ちているということが解っていながら、なぜ、「南京」をそのまま中国の地名であるとするのか。そ...

  2. 村上春樹作「騎士団長殺し、第二部:遷ろうメタファー編」を読みました。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    村上春樹作「騎士団長殺し、第二部:遷ろうメタファー編」...

    この小説を読む前から、この小説がいわゆる南京大虐殺事件を扱うと聞いて、正直げんなりしておりました。しかし読んでみると、その事件は唐突に提示され、特に小説に積極的にかかわりあうこともなく、ただあったのだ、と記載されているだけでした。もっと詳述されているのかと思っておりましたので、正直拍子抜けしたわけです。さて、小説に戻ります。次第にまりえの肖像画を仕上げにかかる私でしたが、ある夜衝撃的な事件が...

  3. 村上春樹作「騎士団長殺し・第一部。顕れるイデア編」を読みました。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    村上春樹作「騎士団長殺し・第一部。顕れるイデア編」を読...

    村上春樹作「騎士団長殺し・第一部。顕れるイデア編」を読みました。第一部であるためほとんどネタバレになりますので、お嫌な方はここで読むのをおやめください。1Q84から8年。久々の長編小説の上梓です。平々凡々たる肖像画作家である「私」は、愛する妻と暮らす男です。本来は抽象画作家であった彼は、生活のために意に染まぬ肖像画家を生業としています。ちなみに私には12歳で死に別れたコミという妹があり、その...

1 - 3 / 総件数:3 件

似ているタグ