騎士団長殺しのタグまとめ

騎士団長殺し」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには騎士団長殺しに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「騎士団長殺し」タグの記事(6)

  1.  村上春樹の文学における「南京」 - 憂き世忘れ

    村上春樹の文学における「南京」

     ちょっと、文学評論風タイトルにしてみました。こういうタイトルの本は、まあ、鼻持ちなりません。イデアがナンタラカンタラ〜イデアって何だよ?と思って辞書を引いてみましたが、それでもサッパリ。 「村上かるた」の愛読者としては、例えば、村上氏自身が「イデア」などと書いていたら「ひでぇや」と読むべき。 比喩に満ちているということが解っていながら、なぜ、「南京」をそのまま中国の地名であるとするのか。そ...

  2. 村上春樹作「騎士団長殺し、第二部:遷ろうメタファー編」を読みました。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    村上春樹作「騎士団長殺し、第二部:遷ろうメタファー編」...

    この小説を読む前から、この小説がいわゆる南京大虐殺事件を扱うと聞いて、正直げんなりしておりました。しかし読んでみると、その事件は唐突に提示され、特に小説に積極的にかかわりあうこともなく、ただあったのだ、と記載されているだけでした。もっと詳述されているのかと思っておりましたので、正直拍子抜けしたわけです。さて、小説に戻ります。次第にまりえの肖像画を仕上げにかかる私でしたが、ある夜衝撃的な事件が...

  3. 村上春樹作「騎士団長殺し・第一部。顕れるイデア編」を読みました。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    村上春樹作「騎士団長殺し・第一部。顕れるイデア編」を読...

    村上春樹作「騎士団長殺し・第一部。顕れるイデア編」を読みました。第一部であるためほとんどネタバレになりますので、お嫌な方はここで読むのをおやめください。1Q84から8年。久々の長編小説の上梓です。平々凡々たる肖像画作家である「私」は、愛する妻と暮らす男です。本来は抽象画作家であった彼は、生活のために意に染まぬ肖像画家を生業としています。ちなみに私には12歳で死に別れたコミという妹があり、その...

  4. 「騎士団長殺し」 - ひとりあそび

    「騎士団長殺し」

    ハルキストってほどではないけど、村上春樹の長編の新刊が発売されるとほぼ読んでいる。今回はワケあって、発売されてから二ヶ月余りが過ぎてからやっと購入した。ちょうど大型連休の始まる前で、何処へ行く予定もないので、せめてハルキワールドでも行ってこよっか、と思った次第。まるでディズニーランドへ行く子どもみたいに。さりとて以前のように一日読書三昧、というわけでもなく、毎日夜寝る前のお楽しみになっていた...

  5. [小説]村上春樹:「騎士団長殺し 第1部 顕れるイデア編」 - 新・日々の雑感

    [小説]村上春樹:「騎士団長殺し 第1部 顕れるイデア編」

     今年2月(だったかな)に発売になった村上春樹さんの「騎士団長殺し 第1部 顕れるイデア編」を読了。熱心な“ハルキスト”はとうの昔に読み終えているのだろうが、こちらはようやく第1部を終えたところ・・。 村上さんの作品は発売前から話題になり、新作発売直前にはカウントダウンイベントが行われるほどである。本が売れないという厳しい出版状況のなかで、著者の作品はある程度数が見込めるから、出版社の期待度...

  6. 【読書】 騎士団長殺し / 村上 春樹 - ワカバノキモチ 朝暮日記

    【読書】 騎士団長殺し / 村上 春樹

    ★★★<5段階評価>作品紹介(Amazonより)--------------------------その年の五月から翌年の初めにかけて、私は狭い谷間の入り口近くの、山の上に住んでいた。夏には谷の奥の方でひっきりなしに雨が降ったが、谷の外側はだいたい晴れていた……それは孤独で静謐な日々であるはずだった。騎士団長が顕(あらわ)れるまでは。-----------------------------...

1 - 6 / 総件数:6 件

似ているタグ