鳥取のタグまとめ (73件)

鳥取のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには鳥取に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。
by 写真を見る会ブログ

下記のとおり、15回目の写真を見る会を開催します。ここでは、プリントされた写真を見せ合います。感想や批評を得て、また各自の創作活動にいかそうと目論んでいます。およそ一ヶ月に一回の割合で少人数ながら集まっています。2〜3枚の人から、数十枚を持ち込む人まで、おられます。今回は、どのような作品があつまり、どのような意見がきけるのか、楽しみです。また写真展などの経験者の意見や情報を共有するとともに、...

by 見たことのない種、育てます

食べ歩きプロジェクト絶賛進行中の香魚です。さて、いきなりですが、鳥取はコーヒーの聖地らしいです。「え、そうなの?」って感じですが、だって名乗ってるんだもの('ω')ノ理由としては、2015年の一般家庭の珈琲購入額で鳥取市が全国一位になったから、らしい。ちなみに最新の調査だと金額8位、量で5位に落ちちゃっていますね。残念!総務省統計局 家計調査(二人以上の世帯) 品目別都道府県庁所在市及び政令...

by レトロな建物を訪ねて

倉吉編の最終回です。残りの気になった建物をいくつかアップします。琴櫻記念館地元が生んだ第53代横綱琴櫻、後の佐渡ヶ嶽親方を記念する施設です。旧家を記念館としています。木造2階建て。琴櫻記念館詳細 : 不明鳥取県倉吉市魚町2518撮影 : 2015.4.29ここが生家というわけではありません。古民家を活用して記念館にしています。裏側は白壁土蔵群を東に行った玉川沿いです。ここからも入ることができ...

by レトロな建物を訪ねて

倉吉は土蔵と町家が多く残った歴史を感じる町ですが、少ないながら看板建築があります。銀座商店街休憩所 福神館商店街事務所に併設する『福神館』は無料休憩所になっています。元は商店だった建物です。木造2階建て。銀座商店街休憩所 福神館1929(昭和4)年設計・施工 : 不明鳥取県倉吉市明治町1032撮影 : 2015.4.29カイタ化粧品店1階部分は改造されていますが、2階はモルタルにギリシャ風の...

by レトロな建物を訪ねて

すでにいくつかの赤瓦館をアップしていますが、その他のものと、赤瓦館に命名されていない赤い屋根の建物を紹介します。倉吉ふるさと物産館(赤瓦八号館)地元名産のお菓子やお土産品を販売し、喫茶コーナーや蕎麦処も併設されています。木造2階建て。倉吉ふるさと物産館(赤瓦八号館)詳細 : 不明鳥取県倉吉市仲ノ町812-1撮影 : 2015.4.29軽食・喫茶 天女のいずみ(赤瓦十号館)軽食と喫茶店で倉吉白...

by レトロな建物を訪ねて

倉吉の町家が並ぶ東仲町の通り、「ぎゃらりい和」の数軒離れた西側に3階建てのレトロな建物があります。創業は古く明治43年。ギフト商品や各種贈答品を販売している「やぶき漆器店」です。昭和初期に建てられた貴重な木造3階建て。やぶき漆器店1931(昭和6)年設計・施工 : 不明鳥取県倉吉市東仲町2585撮影 : 2015.4.29倉吉では珍しい木造3階建て。福の神「さすり大黒さん」があります。「さす...

by レトロな建物を訪ねて

赤瓦一号館の玉川をはさんだ向かい側、白壁土蔵群の一角にある赤瓦二号館。わたしが行ったときは「はこた人形工房」、「赤瓦こどもの館」、「笑顔のある館」の三つの表札が並んでいました。現在「はこた人形工房」は別の場所に移転しているようです。先に紹介した桑田醤油の蔵の並びなので、この部分も同時期に建てられたと思われます。土蔵造り木造平屋建て。赤瓦こどもの館、笑顔のある館(赤瓦二号館)明治初期か設計・施...

by レトロな建物を訪ねて

市街地の南、打吹山(うつぶきやま)北麓に広がる打吹公園内の一角にある歴史的建造物、飛龍閣(ひりゅうかく)です。1904年(明治37年)に倉吉町(現・倉吉市)により建築され、時の皇太子(大正天皇)の山陰行啓の際の宿泊施設として使用されました。北面に入母屋造り妻入の玄関を張り出し、左手奥に御座所(ござしょ)のほか、寝殿、浴室、化粧室などがある、格式を感じさせる和風建築です。現在は一部改修し、市有...

by レトロな建物を訪ねて

土蔵蕎麦の南西斜め前に、目を引く和風建築があります。中央に城郭を思わせる破風があり、左右に翼を広げた見事な建物です。交通量が多い通りで、ひときわ存在感がある、木造2階建て。K邸旧銭湯昭和初期設計・施工 : 不明鳥取県倉吉市新町1-2422撮影 : 2015.4.29最初に見たときは構えの感じから元旅館かなと思いました。玄関口に椅子に座った高齢の女性がいらっしゃってので、聞いてみると、元は銭湯...

by 見たことのない種、育てます

食べ歩きプロジェクト絶賛進行中の香魚です。肉より魚派!を表明してはばからない私にとって日本海の幸は宝箱~(^^)/というわけで出張の機会は美味しいご飯も食べようと、移動中ニマニマしてるくらい楽しみにしています。で、先日鳥取出張の際に出会って、「当たりだ~!!」と幸せになったのが山田屋さんの元祖イカ丼!最初はシンプルなイカのお刺身が盛り付けられた丼が提供されて、「ふむ…美味しそうだけど福岡で食...

by レトロな建物を訪ねて

昨日の「久楽」の1ブロック北にある「土蔵蕎麦(どぞうそば)」です。1階は民芸品のショップ、2階が蕎麦屋になっています。外観は名前の通り土蔵造りで、内部は良質な木材の柱や梁を多用し、民芸品を展示するなど、レトロ感を出しています。木造2階建て。土蔵蕎麦詳細 : 不明鳥取県倉吉市新町1-2429-5撮影 : 2015.4.29以下はネットにあった内部写真です。

by レトロな建物を訪ねて

白壁土蔵群の入り口付近、桑田醤油の蔵の玉川を挟んだ北向かいにあります。古民家を改装して作られた、お土産と休憩スペースがあるカフェ“久楽(くら)”です。赤瓦五号館の木造2階建て。久楽(赤瓦五号館)詳細 : 不明鳥取県倉吉市新町1-2424-2撮影 : 2015.4.291階は地元作家の作品を中心に販売している民芸品のショップです。2階はカフェです。以下、ネットに内部写真がありましたので借用しま...

by レトロな建物を訪ねて

倉吉の赤瓦館を代表する建築物の一つ桑田醤油。明治9年創業の醤油醸造場です。明治初期の主屋を残しつつ、大正4年に敷地全体を改修しました。先に紹介した「高田酒造」と同じように、敷地全体を使った近代の醸造業の典型です。店舗兼住宅は近代的な意匠をもつ大規模商家の店構えで、いわゆる町家。付属する醸造施設を含め、近代の醤油醸造の形態を良く留め、貴重ということで鳥取県の保護文化財に指定された木造2階建て。...

公立鳥取環境大学で毎年開催されている小学生から一般人までを対象とした講座です。学生の皆様にコーヒーをサービスしていただいて、楽しく有意義な時間を過ごすことができました。お世話をしていただいた足利教授にはこの場を借りて感謝します。 もちろん、講座は素晴らしかったです。私が参加した講座は、これです。2月26日(日)の午後1時~3時 第5回 テーマ「ブラックホールと重力波天文学」ゲスト 長峯 健太...

by レトロな建物を訪ねて

工場の事務所ながら瀟洒なデザインの事務所があるのをネットで知り、印象に残っていたので、見に行きました。工場の門から目の前に建っています。倉吉らしい赤瓦の屋根に濃い茶色の下見板張りに上部は白い壁の組み合わせが美しい建物です。工場の創業が1933年なので、事務所もその直前に建てられたと思いますが、未確認です。木造一部2階建て。倉吉グンゼ事務所旧郡是製糸倉吉工場事務所1933(昭和8)年か設計・施...

by 見たことのない種、育てます

プロジェクト立ち上げ屋の香魚です。最近本業で立ち上げているのが、鳥取県のIoT人材育成プロジェクト:TORIoT。鳥取県外の人も対象にIoTリーダーを目指す教育を受けてもらいながら、鳥取でIoTリーダーになる就職をしてもらうことを目指す試みです。まだ全体像は整理中ですが、取り急ぎ教育プログラムを順次立てつけているところです。来月には鳥取でアイデアソンをやります。IoTビジネスに必要な発想力を...

by レトロな建物を訪ねて

普通の住宅に見えますが、明治40年頃に建築され、現在も営業している、鳥取県内に現存する最古の銭湯です。1階西半部は浴場、東半部と2階が居住部分になっています。下部はレンガ造りで、番台、床板、天井板、タイルなど内装の大半が当初のままだそうです。当時の公衆浴場の形態をよく残しているとして国の登録有形文化財に指定された、木造平屋建て、一部2階建て。大社湯浴場および主屋旧第三鶴の湯1907(明治40...

by Blog

漫画コンテストの授賞式で、また鳥取県にご招待していただきました。日本でヒトコマ漫画で賞をいただけるのは、本当にありがたいです。そして鳥取県立博物館で水木しげる 魂の漫画展を見てきました。素晴らしすぎて感動しっぱなしでした。書き込みがもの凄くて、色も綺麗で…4月2日までやっているそうです。機会があれば是非、行ってみてください。ぬりかべ鳥取砂丘今回も、とても良い記念になりました。

by レトロな建物を訪ねて

倉吉の伝統的な町家として文化財登録されている「豊田家住宅」。久米郡倉吉驛だった施設でした。驛とは街道に設けられ,宿泊施設・馬・舟・人夫その他を供給した場所のことで、うまやとも言われます。なおこの豊田家は代々呉服屋だったそうです。「主屋」は明治33年に建てられた真壁造りで、正面外壁は鼠漆喰塗りが施され,2階には手摺があります。「離れ」は敷地の南寄りにあり、北の主屋と渡り廊下で結ばれています。こ...

似ているタグ