鹿児島 木の家のタグまとめ

鹿児島 木の家」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには鹿児島 木の家に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「鹿児島 木の家」タグの記事(15)

  1. 建具工事 - 木楽な家 現場レポート

    建具工事

    西餅田の家は壁の漆喰、珪藻土塗りが終り建具屋さんの登場です。現場で採寸し工場で組み立てられた建具を搬入し、現場で建付けを調整し建てつけられますよ。何故かというと木楽な家の建具は真壁の為、鴨居は梁、敷居は床、縦枠は柱と構造材に直接取り付けられます。まっすぐ垂直に立っているように見える柱でも微妙に曲がっていたりします。建具を閉めた時にピッタリと閉まらなければならないのでその微妙な曲がりを建具に写...

  2. 基礎工事 - 木楽な家 現場レポート

    基礎工事

    基礎工事に入りました。地鎮祭前に地盤調査の結果、地盤の改良も必要もない良好な地盤でしたので砕石地業のあと丁寧に鉄筋を組み上げ、まもり住まい保険による配筋検査を受けました。配筋も許容応力度計算という構造計算によって設計してありますよ。指摘事項も無く無事検査完了。翌日にコンクリート打設というところで雨の予報!一日先送りし晴天の中コンクリートも打設出来ました。立ち上りのコンクリートも天気に恵まれ基...

  3. 南新町の家着工しました。 - 木楽な家 現場レポート

    南新町の家着工しました。

    南新町の絶好のロケーションに家族3人の為の家を着工しました。鹿児島市南部の町並みやマリンポートに豪華客船の着岸まで見渡せる素敵な土地ですよ。土地の取得にもだいぶ時間かかりましたけど。笑...夏真っ盛りのお盆前に地鎮祭を済ませ、建築確認申請の検査済証が下りるのを待っていよいよ基礎着工です。眺めが良いということは、風当たりも強いと予想されるわけで外構工事の一部として木製フェンスの基礎も鉄筋コンク...

  4. 【千年の家・・・浴室を作ってます】 - 木楽な家 現場レポート

    【千年の家・・・浴室を作ってます】

    千年の家・・・・浴室を作ってます!!家の骨組を6月初旬に組み立てた千年の家その後 外壁工事をしたり、天井を貼ったり造ってきましたが、そろそろ完了が見えてきました。あと2週間くらいで完了です。棟梁は浴室を作り始めましたよ、木楽な家で木のお風呂を作る時は、壁にはヒノキを貼っています。木材には様々な種類があるのですが、実は種類によって特徴があります、虫に強い・心を落ち着かせる・やる気を出す等 木に...

  5. 【千年の家・・・内部の大工工事進んでいます】 - 木楽な家 現場レポート

    【千年の家・・・内部の大工工事進んでいます】

    千年の家・・・内部の大工工事は着々と進んでいます1階では押入れを組み立てたり、壁の板を貼ったり一部屋ごとに進んでいますよ。同時に階段の準備も始まりました、一般的には階段は工場で加工するので、現場では組み立てるだけなんですが、木楽な家では材料を自社で乾燥させて工場に持ち込んで削ってもらい、大工さんが自分で加工します。材料をどう使って、階段をどう組み立てるのか?実は階段は家をつくる上で一番難しい...

  6. 【夏休み恒例 木工教室開催しました】 - 木楽な家 現場レポート

    【夏休み恒例 木工教室開催しました】

    先日は夏休み恒例の木工教室開催しました!!【木楽な家】を作る時は大量に木材の切れ端が発生します、そんな切れ端を利用して木工教室を開催してきました。当日は木材の切れ端を軽トラいっぱいに積みこんで出発到着すると目を輝かせた子供達がお出迎えしてくれます。多くの子供達の手にはハンマー今年は何を作ろうかな?そんな表情で待っていてくれました。普段は習い事やゲームで忙しい子供たちですが、この日は様々な大き...

  7. 【千年の家・・・外壁モルタルの秘密】 - 木楽な家 現場レポート

    【千年の家・・・外壁モルタルの秘密】

    千年の家・・・外の壁にモルタルを塗始めました!!外壁って様々な種類の材料があります。・鉄板を張っている家・木を貼っている家一般的には塗装されている外装板を貼っている家が多いですね。いろいろな素材があり、価格や耐久性などいい面・悪い面などありますので「これが最高の材料」というのは難しいのですが、木楽な家の外壁は【モルタル】です。実は【モルタル】は屋根から雨漏りなどしない限り、永く持つ伝統の材料...

  8. 【千年の家・・・庇の秘密】 - 木楽な家 現場レポート

    【千年の家・・・庇の秘密】

    千年の家・・・・庇が付きました!!木楽な家には小さな窓にも雨が入る様な場所の窓には小さな庇が付いています。デザインや価格の面で付けていない会社も多いのですが、実は庇ってとても大切なんです。大きな目的は2つその一つは雨対策。雨が降ってきた時、多くの方は窓は閉めますよね??雨が入り込むので普通の家だったら僕もすぐに閉めます。しかし庇が付いていると雨でも風が弱い時だったらそのままでいいんです。雨が...

  9. 左官が入りました。 - 木楽な家 現場レポート

    左官が入りました。

    梅雨が明けたと思うと猛暑が続きますね。さて現場には大工による壁下地の斜め貼りが終わったところに左官が入りましたよ。まずはアスファルトフェルト貼り。これはモルタル塗りの防水下地です。最初に遮熱仕様の透湿防水シートが貼ってありますが更に防水。ここのポイントはアスフェルト430 この430が大事です。この表記の無いアスファルトフェルトは性能保証の対象外です。このシートを貼り終えるとラス網それも波ラ...

  10. 【千年の家・・・外部の大工完了】 - 木楽な家 現場レポート

    【千年の家・・・外部の大工完了】

    千年の家・・・梅雨の雨の合間に外の大工工事完了しました外壁にはモルタルを塗るのですが、その裏には斜めに板を張っています。目的は前回少しお伝えしたのですが、板と板の間に隙間を作って日射しを浴びて熱くなったモルタルの裏の空気を抜く目的があるんですね。この隙間の事を「通気層」とも言います。この隙間がないと、これからの時期の強烈な日差しで外壁が熱くなり、その熱が家の中に伝わるという事です。そうなると...

  11. 瓦工事 - 木楽な家 現場レポート

    瓦工事

    西餅田の現場は雨の合間を縫うように瓦屋さんが入りました。この建物は太陽光発電を搭載するため特殊な瓦を一部に使用してますよ。建築屋としては屋根に穴を開けることはどんなことがあってもしたくないんです。なぜなら必ず雨漏りにつながるからです。ましてや屋根断熱の断熱材は木の繊維です。そこで瓦に穴を開けない為に支持瓦というアルミニウムで出来た瓦を葺いています。これには太陽電池のパネルを固定するための縦ラ...

  12. 瀬戸内の家Ⅱ 検査と外壁 - 木楽な家 現場レポート

    瀬戸内の家Ⅱ 検査と外壁

    瀬戸内の家Ⅱは、まもりすまい保険の検査を受けました。          木楽な家では、住宅性能保証機構に加盟しているので、まもりすまい保険が適用になります。検査員による構造金物や梁・柱等が図面通り施工されているかの検査を受けます。                             外回りの検査も受け、無事合格しました。これで、次ぎの工事へ入っていけます。木楽な家の外壁の標準仕様は、左官...

  13. 瀬戸内の家Ⅱ 上棟式 - 木楽な家 現場レポート

    瀬戸内の家Ⅱ 上棟式

    瀬戸内の家Ⅱは、樹脂サッシが入り、玄関ドアも木製断熱ドア(スウエドア)の取り付けも終わり、銀色の遮熱透湿防水シートを張りめぐらし、雨対策も 万全な状態になりました。                       今回は、びおソーラーを設置し、太陽熱を基礎に蓄熱させるために基礎断熱をやっています。外周基礎から96㎝の部分には、建物内部にも断熱材を設置します。押出発泡ポリスチレンの3種50㎜です。...

  14. 陶器瓦とびおソーラー - 木楽な家 現場レポート

    陶器瓦とびおソーラー

    自然室温で暮らすために、木楽な家では、「びおソーラー」の設置をお勧めしています。    お日様の力を借りて、冬は暖かい熱を、夏は朝方の冷気を床下に送り込み、基礎に蓄熱させます。極端に寒い日や熱帯夜には、床下エアコンで応援します。                  ちょっとだけ我慢すると、極力冷暖房に頼らない、本当の少エネ生活が出来るのです。     これがほんとの健康住宅だと思います。   ...

  15. 瀬戸内の家Ⅱ 上棟完了です。 - 木楽な家 現場レポート

    瀬戸内の家Ⅱ 上棟完了です。

    瀬戸内の家Ⅱの上棟作業の続きです。4寸角のタルキを95㎝間隔で設置していきます。軒先やテラス屋根の部分は、杉板張りとなります。                 すのこ板のように透かし張りをしたアコースティック天井を取り付けていきます。       こうすることによって、木の繊維断熱材の湿度調整をより効果的に行うことが出来ます。木の繊維断熱材をタルキ間に入れていきます。厚み12㎝で、密度60㎏...

1 - 15 / 総件数:15 件

似ているタグ