4月の花の手帳のタグまとめ

4月の花の手帳」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには4月の花の手帳に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「4月の花の手帳」タグの記事(7)

  1. きょうは旧暦5月1日,サツキの季節です,そしてツツジとの違い - 楽餓鬼

    きょうは旧暦5月1日,サツキの季節です,そしてツツジとの違い

    サツキ ツツジ科 ツツジ属きょうは旧暦5月1日,皐月です。「語源由来辞典」によれば  皐月は、耕作を意味する古語「さ」から、稲作の月  として「さつき」になった。  早苗を植える月「早苗月(さなえづき)」が略され、  「さつき」になったとする説もあるが、「早苗」の  「さ」も耕作の「さ」が語源とされる。  漢字「皐」には、「神に捧げる稲」の意味があるた  め、皐月が当てられたと思われる。との...

  2. 「みはらしの丘」の1/2250ですが「ネモフィラの丘」に行ってきました - 楽餓鬼

    「みはらしの丘」の1/2250ですが「ネモフィラの丘」...

    ルリカラクサ ハゼリソウ科 ネモフィラ属ネモフィラ(ルリカラクサ)との初めての出会いは昨年の3月初めでした。その時に茨城県ひたちなか市の「国営ひたち海浜公園」内の「みはらしの丘」に咲く450万株を知りました。450万株にははるかに及びませんが,2000株の「ネモフィラの丘」が大阪にあることを知り,先日行ってきました。JR大阪駅の北の「うめきたガーデンⅡ」で,10万株の花が咲いています。貨物駅...

  3. ヒアシンスのミニ版のようです,プシュキニア - 楽餓鬼

    ヒアシンスのミニ版のようです,プシュキニア

    プシュキニア ユリ科(ヒヤシンス科) プシュキニア属プシュキニア(プシキニア)と教えていただきました。原産地はコーカサス,トルコ,レバノンです。背丈は10センチほどの小さな花です。ヒヤシンスのミニ版といったところです。科名については「キジカクシ科」とするものもありました。また,プシュキニアは属名で,個々に品種名があるようです。1つの花は一戦ほどで,白地に淡い青筋がちょっとおしゃれな感じがしま...

  4. これまで気づきませんでした,「近くの公園」のナツグミ - 楽餓鬼

    これまで気づきませんでした,「近くの公園」のナツグミ

    ナツグミ(夏茱萸) グミ科 グミ属ナツグミ(夏茱萸) と教えていただきました。「近くの公園」です。2〜4メートルになる落葉低木ですが,刈り込まれているために1メートル弱です。夏(6月から7月)に赤い実を付けるグミなので「夏グミ」です。その赤い実にも花にもこれまで気づきませんでした。なぜなのでしょうか。また「茱萸」を「グミ」と詠ませていますが,「山・茱萸」は「ヤマ・グミ」ではなく「サン・シュユ...

  5. 近所に咲いていました,クサノオウ - 楽餓鬼

    近所に咲いていました,クサノオウ

    クサノオウ ケシ科 クサノオウ属クサノオウです。背丈は40センチほどです。「近くの公園」横の路地です。クサノオウとは8年前の8月に出会っています。場所は「ゲンノショウコ」と同じ旅先でした。もう見ることはないと思っていましたが,こんな近くで再会できるとは嬉しい限りです。クサノオウの漢字表記について,8年前には下記のように書いていますが,「草の王」を訂正です。「草の黄」 茎や葉を傷つけると黄色の...

  6. 花径は1センチほどです,ヒメブタナ - 楽餓鬼

    花径は1センチほどです,ヒメブタナ

    ヒメブタナ  キク科 エゾコウゾリナ属「近くの公園」です。ヒメブタナと教えていただきました。ブタナより小型なのでヒメブタナです。ブタナの花期は5〜9月ですが,こちらは3〜5月背丈は30センチほどですからブタナよりは10〜20センチ低いでしょうか。ブタナの花径は3センチ前後ですが,ヒメブタナは1センチ前後です。ブタナ出会ったのは2007年5月の末ですから,かなり早くに出会っています。その後もブ...

  7. ローマン・ヒアシンスでしょうか - 楽餓鬼

    ローマン・ヒアシンスでしょうか

    ローマン・ヒヤシンス ユリ科 ヒヤシンス属ローマン・ヒアシンスでしょうか。ヒアシンスには2種類あることを知りました。ダッチ・ヒアシンスとローマン・ヒアシンスです。・ダッチ・ヒアシンス  オランダで品種改良され,花がびっしりと付く。1  個の球根から1本の茎が伸びる。・ローマン・ヒアシンス  フランスで品種改良され,花数は少ない。1個の球  根から数本の茎が伸びる。写真からはよくわかりませんが...

1 - 7 / 総件数:7 件

似ているタグ