ARTのタグまとめ

ART」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはARTに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ART」タグの記事(146)

  1. いよいよ、あと一週間!〜ポスター制作現場を振り返って。〜 - Bon Copain!

    いよいよ、あと一週間!〜ポスター制作現場を振り返って。〜

    いよいよ「まんまるパン〜Yoko-Bonの世界展」まであと一週間となり、チームスタッフ一丸となってわくわくしながら準備中です。今回の展覧会のちらし、ポスター及び会場デザインとグッズ制作を担当くださっているのが SAA / SAFARI.inc。昨秋にお会いして以来、「大阪でなにかする時は、是非ご一緒したい!」と、ずっと思っていたところ、念願叶って、中之島図書館の展覧会でご協力頂けることに…。...

  2. Art #6  - Photo Diary

    Art #6 

    Reflection

  3. 五ノ神製作所一号店「いつ樹」リニューアルオープン看板制作記⑤ - Studio fu-mine Copper Works

    五ノ神製作所一号店「いつ樹」リニューアルオープン看板制作記⑤

    真鍮文字に足を溶接していきます。今回は座板から5センチほど浮かせます。足が付くと雰囲気が出てきますね。1ミリの銅板に、足を付けた真鍮文字を溶接します。溶接の熱で銅板が歪むので、冷却後に丁寧に叩いて整えます。水を付けながら耐水ペーパーで磨いたら出来上がり。鯛と文字が揃ったところで、仕上げに透明なラッカー塗料でコーティングしていきます。設置場所が交通量の多い街道沿いということもあり、汚れが酷く酸...

  4. 藝「大」コレクション展と東京藝術大学ゲーム学科(仮)展 - 鴎庵

    藝「大」コレクション展と東京藝術大学ゲーム学科(仮)展

    Monaural mini-Plug live at 不忍池を観てタイの音楽快楽に浸った後、タイ展へは行かず東京藝大へいきました。いざ藝「大」コレクション展へ!お目当ては高橋由一 / 鮭でした。そこでちょっと意外だったのが結構描写が荒く感じて。黒田清輝展@東博 もう一つの坂の上の雲の時も感じましたが絵画技巧ってやっぱ進化を続けてるんだなと逆に感銘を受けました。展示された品々はさすが銘品揃い。...

  5. 真鍮の風鈴 - Studio fu-mine Copper Works

    真鍮の風鈴

    突然、気まぐれに作った真鍮の風鈴を、7/22&23のクレープコロモ珈琲イベントで販売します。しかもホントに気まぐれだったので限定2個です(;´Д`)真鍮ならではの透き通った綺麗な音がします。音程は、高過ぎず低すぎずな感じです。ご興味のある方は是非コロモへご来店ください♪

  6. SAPPORO CITY JAZZ 2017 - Sorekara・・・

    SAPPORO CITY JAZZ 2017

  7. Palanskiart in セルビア - AURA版画工房 日誌部 「むげたほげ」

    Palanskiart in セルビア

  8. 五ノ神製作所一号店「いつ樹」リニューアルオープン看板制作記④ - Studio fu-mine Copper Works

    五ノ神製作所一号店「いつ樹」リニューアルオープン看板制作記④

    今回の看板は文字が大き目です。しかも五ノ神製作所関係にしては文字数が少なく、3文字。この時点ではペラペラで、まるで紙を切ったような感じです。これを叩いて膨らませていくと雰囲気が出てくる…、金属造形の面白いところですね。ハサミで切り出した文字を荒らして(模様を付けること)、しぼりと打ち出しを繰り返しながら膨らませていきます。こんな感じに膨らませました。さて、いよいよ座板から浮かせるための足を付...

  9. 自家製本革シート装着のビーチクルーザー - Studio fu-mine Copper Works

    自家製本革シート装着のビーチクルーザー

    もう何年も前になりますが、持っていた自転車をカスタムしたくなりまして…余計なパーツを外し、アトリエに余っていたバイクのハンドルに付け替えて、本革のシートを制作しました…。このシートは英国のBROOKS社のヴィンテージシートを参考に造りました。座板は無く、革のテンションだけで身体を支える構造です。金具類は鉄で、スプリングはステンレス棒で造っています。金具と革を止めるリベットは、錆びることを避け...

  10. ジャコメッティ展 at 新美 ー魂を凝縮し削ぎ落された彫像群 - 鴎庵

    ジャコメッティ展 at 新美 ー魂を凝縮し削ぎ落された彫像群

    国立新美術館のジャコメッティ展をみてきました。スイスに生まれ、パリにて才能を開花させた20世紀最大の彫刻家、ジャコメッティ。見ているものを見えるようにつくると小さくなってしまった彼の彫像は、せめて1mの長さにしようと細長いフォルムになっています。骨格と、肉と髪が、極限まで削ぎ落とした細長い人物彫像。卒塔婆のような、その人物の魂や人生が凝縮された静謐なる迫力。彫刻は入れ換えなしだけど素描や絵画...

  11. 光に紛れて - お蔭様で・・・

    光に紛れて

    自由に流れる大きな箱に見つからない小さなイヤリング空の上には輝き静かな時間どこにも居ないことを知る委ねてしあわせ『風に紛れて』

  12. Untitled - Sorekara・・・

    Untitled

    写真とは全然関係ないけど、とうとう降り出した、叩きつけるような雨。こんな日は、これに限る♫やっぱりblue noteがいいな♫I'ts Great!!!

  13. 何処かで - Sorekara・・・

    何処かで

  14. 暑い日が続きますね… - Studio fu-mine Copper Works

    暑い日が続きますね…

    夏季のアトリエは溶接の熱で40度を超えることもあります。さすがに「やってられん…」と思うことも多々・・・(^^;夕方はヒグラシが鳴いて、少し涼し気でした…(*'▽')

  15. 風の記憶 - Sorekara・・・

    風の記憶

    こちらでも、30°を越える暑い日々が続いておりますが何せ、短い夏です。夏を満喫!とまで行かなくとも、夏を感じて大事に(笑)過ごさねば後悔します。あっと云う間に秋が訪れ、気付けば厳しい冬が到来しているからです。

  16. 五ノ神製作所一号店「いつ樹」リニューアルオープン看板制作記② - Studio fu-mine Copper Works

    五ノ神製作所一号店「いつ樹」リニューアルオープン看板制作記②

    いつ樹看板のメインになるのは鯛です。かれこれ10年前、いつ樹がオープンしたときに制作した鯛よりも数倍大きい鯛を造っています。今回も半身ですので、完全な立体よりは手間が少ないのですが、バランスが重要になってきます。鱗の模様に合わせてパーツを造り、裏で溶接していきます。ポイントで溶接しているのには訳があります。万が一、バランスに納得がいかないときに外せるということと、溶接後に全体を叩いて形を造っ...

  17. 只今制作中 - シャルロット井上☆最近思うコト

    只今制作中

    久々にF100号(1,620×1,300cm)カンバスに向き合って絵を描いている。連日続く猛暑と戦いながら100号カンバスとも格闘中。お知らせです。11日発売の玄光社から出る絵本のいま 絵本作家2017-18 illustration FILE Picture Bookで シャルロット井上の作品も掲載させて頂きました。ご高覧ください。⬇絵はF100号に向かう前手の準備運動として描いたFor...

  18. ロンドン旅行記2017:The National Gallery - On a clear day

    ロンドン旅行記2017:The National Ga...

    2017.6.23.今年もロンドンに出発しました。NYと迷ったのですが、やっぱりロンドンの方が私的には楽しいことが多くて。(^^;(すまん、ふーちゃん)行きのフライトで『沈黙』を見ました。子供の頃に読んだ時は難解過ぎて理解できなかったけど、ああ、こういう意味だったのか、、、と。観れて良かった!ただ、あまりに重すぎて、その後口の直しに『君の名は。』を見ましたwなるほど、これは若者ははまるなぁ。...

  19. 25062017 - 音・岩・光

    25062017

    ピカソとシャガールは、ゴッホとゴーギャンの関係性ともとれるのか?雨の中を行くバスの中は湿度が増していて、窓には結露が流れ足元の床も一面に水浸しだった。それを少しでも解消しようと窓が開けられていたけれど、そのお陰もあって、小さな沢に架かった橋を渡るときには、箱根温泉の硫黄のにおいを鼻に感じることが出来た。登山鉄道と同じく山の中を縫って進むバス内は、手持ちの飲み物の持込が禁止されているらしく、バ...

  20. 四季彩の丘 - Sorekara・・・

    四季彩の丘

    空にも山にも負けない大きなパレット・・・か。ここに来たのは未だ早すぎたようだしお天気も冴えなかったが、優しい風が吹き抜けるそんな素敵な丘でした。

1 - 20 / 総件数:146 件

似ているタグ