NBAのタグまとめ

NBA」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはNBAに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「NBA」タグの記事(11)

  1. NBAは今年も2強対決か、高梨乱調 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    NBAは今年も2強対決か、高梨乱調

    NBAプレイオフも2回戦が佳境にさしかかっている。東西カンファレンスですでに4試合が行われ、キャブスとウォーリアーズがいずれも4連勝でカンファレンス決勝にコマをすすめている。キャブスはエースのレブロン・ジェームズが絶好調のようで、ラプターズとの第4戦、敵地にも関わらず、試合の要所で得点をあげトータル35得点と活躍し、3年連続してカンファレンス決勝に無傷(1、2回戦は8連勝)ですすんだ。一方の...

  2. 負の連鎖止まらず9連敗、ウォーリアーズも1回戦突破 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    負の連鎖止まらず9連敗、ウォーリアーズも1回戦突破

    日本ハムの連敗が止まらない。昨日からソフトバンク3連戦がはじまった。カード別対戦で唯一勝ち越しているチームだけに淡い期待をもってTV観戦した。高梨、千賀両投手の先発は第1戦と同じであった。先手をとったのは日本ハム、3回一死1、2塁から松本剛のプロ入り初となるホームランで3点を先制した。高梨の出来はよくこの3点があれば連敗脱出は十分可能と思ったが、先制点をもらったために守りの投球となってしまっ...

  3. NBAプレイオフ、ホンダがザウバーにエンジン供給? - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    NBAプレイオフ、ホンダがザウバーにエンジン供給?

    NBAプレイオフ1回戦、キャブスが4連勝で早々と2回戦進出を決めた。敵地でむかえたプレイオフ1回線の第4戦、キャブスは第2Qでリードを奪うと、第3Qには88-77とリードを拡げた。しかし第4Qにはいりペイサーズの反撃にあい、残り1分半で100-102と逆転されてしまった。しかしタイムアウトをとり体制を立て直したキャブスはジェームズがボールを持ってドリブルし、左30度から 3ポイントを放った。...

  4. NBAプレイオフ、キャブス3連勝で1回戦突破に王手、そしてスーパーラグビー - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    NBAプレイオフ、キャブス3連勝で1回戦突破に王手、そ...

    NBAプレイオフ1回戦が全米各地で開催されている。ファイナル連覇を目指すキャブスは地元で連勝した勢いで敵地に乗り込んでの第3戦であった。地元に帰りペイサーズは息を吹き返したかのように得点を重ねていき、キャブスは防戦一方、前半終了時には49-74とリードされてしまった。しかしキャブスは第3Q以降、追い上げをみせ、第3Q終了時には84-91と10点差以内に追いつき、最終第4Qで一気に逆転、最終的...

  5. NBAプレイオフ開始、初戦から異変が - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    NBAプレイオフ開始、初戦から異変が

    NBAもレギュラーシーズンが終了しファイナルに向けたプレイオフがはじまった。すでに1回戦の第1試合8戦はすでに終了、ほぼ順当に上位シードチームが勝ちあがっている。しかし東地区の第1シードのセルティックスはブルズに敗れて黒星発進となってしまった。セルティックスのエース、トーマスは妹を交通事故で亡くしてしまう不運に見舞われながら先発出場し、33得点をあげたが第4Qに競り負けてしまった。第1シード...

  6. NBA天王山はキャブス、日本ハム連敗、今日からWRCラリー・フランス - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    NBA天王山はキャブス、日本ハム連敗、今日からWRCラ...

    NBA東地区の首位を争うキャブスとセルティックスが戦った。試合はレブロン・ジェームスの活躍もあり、終始キャブスがセルティックスをリードする展開、最終的には114-91で勝った。この勝利で東地区の単独首位にたったキャブスであるが、直接対決を3勝1敗としたことで、1勝以上の価値ある勝利であった(タイブレイクでも優位にたった)。残りは両チームとも4試合である。また西地区はウォーリアーズが連勝を13...

  7. 岩隈敗戦も収穫あり、NBAでは記録達成、どうした日本ハム - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    岩隈敗戦も収穫あり、NBAでは記録達成、どうした日本ハム

    マリナーズの岩隈久志がアストロズ戦に今シーズン初登板した。立ち上がりから落ち着いた投球でオープン戦の不調がうそのような出来であった。ただ年齢とともに球速が落ちてきているので、制球が甘くなることだけが注意点であったが、この日はよく低めにボールが集められていた。強力アストロズ打線を6回4安打2失点におさえたことは評価できると思う。味方打線が不発であったことが不運だったのかもしれないが、次回の登板...

  8. NBAも最終ステージプレイオフ進出チームも続々、昨日のクローズアップ現代 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    NBAも最終ステージプレイオフ進出チームも続々、昨日の...

    NBAも残すところ各チームとも5試合前後となり、続々とプレイオフ進出チームが決まっている。西地区では早々とウォーリアーズが地区優勝を決め、プレイオフ進出を決定、昨日の試合でもウィザーズを圧倒し(139-115)、11連勝を飾り第1シード獲得までみえる位置につけている。なかでもステフィン・カリーは絶好調と見え、9本の3ポイントを決め42得点をあげた。ウォーリアーズはカリーのほか、クレイ・トンプ...

  9. NBAオールスターはウェストが勝利、スマイルジャパンは辛勝、初の外国人棋士誕生 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    NBAオールスターはウェストが勝利、スマイルジャパンは...

    NBAオールスターゲームが開催された。今年の舞台はニューオーリンズ、ペリカンズのホームであった。そのペリカンズから唯一選出されたのがアンソニー・デイビスであった。そのデイビスが大活躍、52得点をあげウェストの勝利に貢献しMVPに輝いた。52得点は1962年にチェンバレンが記録した42得点を大きく上回るものであったし、両軍合計374点は昨年を5点上回る最高得点であった。ウェストはオールスター3...

  10. WBCのルール発表、フェド杯第1ラウンド開幕、そしてNBAは - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    WBCのルール発表、フェド杯第1ラウンド開幕、そしてNBAは

    3月に行われるWBCのルールが発表された。一番大きな変更点は登録メンバー28名とは別に予備投手枠10名が新設されたことである。各国は予備投手枠に入っているピッチャーから1次ラウンド、2次ラウンド、決勝ラウンドでそれぞれ最大2人を登録メンバーと入れ替えることができるようになるそうだ。決勝ラウンドなど期間限定で主力ピッチャーを参加しやすくする狙いがあるようで、MLB在籍の投手にとっては朗報なのか...

  11. 大江正篤のどっきり - 大江正篤の一言

    大江正篤のどっきり

    大江正篤はどっきりが大好きなのですが、最近よく見ているのがこちらの動画です。おじいちゃんがバスケ!?おじいちゃんの正体はNBAの…NBAのキャバリアーズのカイリー・アービングですね。特殊メイクでおじいちゃんに扮し、バスケで大活躍です。これがNBA選手だと言わんばかりの大活躍です!!見ていて気持ちがいいです。実はこれはCMでして、ペプシのCMです。このシリーズはほかにもありますので、見てみてく...

1 - 11 / 総件数:11 件

似ているタグ