Vファーレン長崎のタグまとめ

Vファーレン長崎」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはVファーレン長崎に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「Vファーレン長崎」タグの記事(11)

  1. 夏場の試合、闘い方も変わる? - ウエストコースト日日抄

    夏場の試合、闘い方も変わる?

    サッカーマガジン買う目的は実は「名波浩のフットボール新論」が大きな部分を占める。名波さんは、選手時代を見てきているし、その時代の裏エピソードなども代表ファンたちから届いていたしで、なんとなく親密感を持った人でもある。まだまだ選手の感覚が残っている監督さんが、どんな考え方をし、チームを引っ張っているのだろう、と思って読んでいた。、中村俊輔選手を獲得したときの「うちは年齢なんか関係ない。必要な選...

  2. エルヴィス対決?(^^;; 町田ゼルビア戦 - ウエストコースト日日抄

    エルヴィス対決?(^^;; 町田ゼルビア戦

    ガーン!入場時からこの衝撃。なんですか、このマッチデーの写真は!😍今までの「ヴィタコラ」では見られなかったアングルではありませんか。杉さまだからこそデザイナーさんはこの冒険をしたのかな。高杉選手というのは、不思議な選手です。イケメン枠です。決して高ぶったりコミュ嫌いではないのに、近寄りがたい雰囲気を持ってます。雰囲気というか、独特の空気感を持った選手です。そして写真より動いて...

  3. ジャパネットたかたの「目標をもたない経営」を読んで - ウエストコースト日日抄

    ジャパネットたかたの「目標をもたない経営」を読んで

    通販大手企業ジャパネットたかたの創業者 高田 明氏がVファーレン長崎を子会社化し、社長になった。旧経営陣の私物化したような杜撰な経営からクラブを救ったとも言える今回の子会社化。サラリーマンなら定年退職している年齢からの新規事業への参入は普通の企業家なら決して「おいしい」仕事ではないはず。新しいことにチャレンジといえば見た目はかっこいいが、社会資本の一つとも言えるプロサッカークラブの経営は失敗...

  4. 待ってた東京ヴェルディ戦、そして梶くん - ウエストコースト日日抄

    待ってた東京ヴェルディ戦、そして梶くん

    ついにロティーナ監督の東京ヴェルディを迎えた。日本代表ハリルホリッジ監督に並び称される名監督が率いるヴェルディはどんなチームになっているのだろう。楽しみに待っていた。天皇杯予選で俊輔を削って怪我させても謝らなかった心が幼稚な若手が出てきたらブーイングと思ってたら怪我らしい。キックオフ。ヴェルディの早いパス回しからの攻撃。訓練されてるなあって感じのパス回しだし、攻撃の展開も早い。パスを奪ったV...

  5. 新社長さんのフットワークが元気をくれる - ウエストコースト日日抄

    新社長さんのフットワークが元気をくれる

    日曜日の午前中は気持ちをだらりとさせながら、おやすみ感を楽しみたい。ブランチ食べながら、パソコンいじっていたら、驚きの写真がtwitterに流れてきた。ファジアーノ岡山のサポさんと並ぶVファーレン長崎の高田社長の姿!場所も岡山のスタジアムみたい。社長、今日のうちの試合は岐阜ですよ、場所間違えてませんか〜と思ったけど写真をアップされた人のツイートを見ると、「今日は勉強でこられたそうです」って。...

  6. 5月17日はアディショナルタイム逆転の日! - ウエストコースト日日抄

    5月17日はアディショナルタイム逆転の日!

    今まで1度も勝てなかった大分トリニータにやっと勝った。どうしても選手バスが入ってくるのを待って声援を贈りたかったので早々にお店をしめてトラスタに向かった。選手バスを待つ間に度肝を抜かれたのは、平日なのにトリニータサポさんの多いこと。圧倒されそう。そして大分のゴール裏も相変わらずすばらしい雰囲気を持っていた。一枚一枚は違うテイストなのに統一感がある弾幕はさすが。長崎のゴール裏のようなグループの...

  7. そんな日もあるさ、前向こうVファーレン - ウエストコースト日日抄

    そんな日もあるさ、前向こうVファーレン

    ある朝、グローバーはねぼうしてしまい、あわててとびおきた。それがとんでもない一日のはじまり。ミルクはこぼす、ちこくはする、アイスクリームはおっことす、雨でびしょぬれになる…。だれだって、そんなついてない日はあるよね。(セサミストリートの絵本「なんてついてない日なの!の解説」から)アウエージェフ千葉戦の前日、今にも崩れそうな空模様を気にしながら朝から練習場に向かいましたが、到着した時は雨が降り...

  8. 平和ユニで石橋巡り - ウエストコースト日日抄

    平和ユニで石橋巡り

    毎年5月4日は、史跡巡りの案内をしている。長崎歴史文化協会の越中哲也先生が共同主催として取り組んでいらっしゃるイベントで、長崎の街の歴史を巡りながら平和であることを実感し平和な日々の大切さを実感しようという趣旨のもの。今回は螢茶屋の一の瀬橋に集まり旧道を巡りながらめがね橋までのコース。歴史文化協会の理事をしている関係で毎回このイベントのお手伝いをしている。説明は人気の長崎歩きの達人・山口広助...

  9. 「サッカーと愛国」 今読むべき本かも(ガンバ応援旗問題に思う) - ウエストコースト日日抄

    「サッカーと愛国」 今読むべき本かも(ガンバ応援旗問題...

    「サッカーと愛国」清義明 イースト・プレス昨年11月に読んだ本ですが、今ぜひサポーターと名乗る人たちに読んでほしいと思って、改めて紹介します。ミズノスポーツライター優秀賞に選ばれている本です。この本の帯にも書かれていますが、「スタジアムには日本人が知らない世界基準」があるのです。昨日あたり、ガンバ大阪のサポーターのフラッグのデザインがナチスの親衛隊SSのロゴそっくりだという話がネット上を賑わ...

  10. いよいよ九州ダービー!帰ってきたのかよ〜 - ウエストコースト日日抄

    いよいよ九州ダービー!帰ってきたのかよ〜

    いよいよ今日、ホームにアビスパ福岡を迎える。あの日、アビスパ福岡のゴール裏に眦を決して乗り込んだ。プレーオフ。あの人もこの人も本当に真剣な顔で、チャントを歌い続けたけど、勝ち上がれなかった。負けた長崎の選手たちにもっともっとコールを送りたかったけれど、彼らが早く引っ込んでしまったので、気持ちの高ぶりを持た余した長崎ゴール裏は勝ち上がったアビスパ福岡にさらに勝ってもらおうと、「アビスパ福岡」コ...

  11. クリーンに熱く、そういう試合になればいい - ウエストコースト日日抄

    クリーンに熱く、そういう試合になればいい

    今日は静岡ダービー俊輔くんの居残り練習相手をしていた選手たちが、いろんなチームで頑張っている。清水のGK六反勇治選手もその一人。六反くんはアビスパからマリノスに移籍してずっと第3キーパーだった。その間俊輔の居残り練習でのFKやシュート練習の相手をしてくれていた。その間、いろんなことを俊輔から学んだという。(静岡新聞よりhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20...

1 - 11 / 総件数:11 件

似ているタグ