ツバメシジミのタグまとめ

ツバメシジミ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはツバメシジミに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ツバメシジミ」タグの記事(21)

  1. ゴマシジミやあい - Mag's DiaryⅢ

    ゴマシジミやあい

    ゴマシジミの山へ行く道が通行止めになっているという情報!!!さあ、どうしよう、もう一つの産地に行くしかないねえ。数年前まで行っていた場所だが、数がうんと少なくなって最近は行っていない。久しぶりに行くことにしたのはいいが・・・。昨年、「3時間探し回りました。」という仲間の言葉が頭をよぎる。うーん、3時間か。少し早めに家を出て、10時に到着。これまでに見かけた場所を中心に探し回るが、姿無し。と、...

  2. 産卵 - ピアノ教室の風景

    産卵

    ツバメシジミ、産卵中~食草は主に、マメ科の植物。これは、ハギの仲間。ハギってマメ科なのね。

  3. 近場散策 - 飛騨山脈の自然

    近場散策

    朝まで雨だったが回復したので近場に出かけた。陽ざしがないので気温が上がらず蝶影は薄い。ベニシジミが開翅したが天日の雨で汚損している。コチャバネセセリの大きな巣があった。糸を切って開いてみたら丸々と育った終齢幼虫だ。風があってピンボケになってしまった。1♂だけいたツバメシジミだがこれも破損している。スジグロチャバネセセリはまだ綺麗な個体が飛んでいた。♀はこれから産卵して世代を繫いでいくと思うが...

  4. 2017.6.28 北海道・クサフジの海岸 カバイロシジミ   2017.7.11 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2017.6.28 北海道・クサフジの海岸 カバイロシ...

    2017.6.28朝は曇っていたが少しずつ晴れ上がり、午後からは快晴。時間ができたので砂浜の続く海岸線の荒地にカバイロシジミを探しに行く。数年前、十勝でカバイロシジミを撮影したことがあるが、食草のクサフジはどこにでもあるにもかかわらず、それほど多いチョウではないと思う。現地にやっと着き、食草のクサフジを探すとあちらこちらに咲いている。しかし、まるでチョウが飛んでいる雰囲気ではない。晴れて暑す...

  5. ツバメシジミの産卵 Byヒナ - 仲良し夫婦DE生き物ブログ

    ツバメシジミの産卵 Byヒナ

    ツバメシジミは好きな蝶のひとつです。普通種ですが、尾状突起と後翅裏のオレンジ斑がチャーミングで、居るとレンズを向けたくなります。この日も帰り道で見つけました。マメの仲間で産卵していたので一生懸命撮りましたが、ちゃんと撮れていたのはこの1枚だけでした(-_-)後は産卵の合間のワンシーン。アゲハチョウの吸蜜を連写で撮るのは爽快ですが、この子たちの仲間をマクロでじっくり撮るのも良いものです~

  6. 小さきものたち 170617 #3 - LOOSE

    小さきものたち 170617 #3

  7. 産卵ちゅう~♪ - It's only photo

    産卵ちゅう~♪

    二枚目はブレてしまいましたけど、産卵中の画像ということで。。。 (*´ー`)ノ□ペタッ!今日もご訪問、イイネをありがとうございます。

  8. 小さな燕 - 夜つぐみの鳴くところで

    小さな燕

    ツバメシジミ (燕小灰蝶)は ヤマトシジミ と並んで良く見かけるシジミ蝶です。名前の由来は後翅にある小さなシッポに見える尾状突起です。翅の表面がキレイな青紫色の♂、♀は地味な黒色です。前翅長は15mmほどで20mmのミドリシジミを撮った後ではかなり小さく感じますよ。幼虫はシロツメクサなどのマメ科植物を食べ年に4~5回は発生する様です。

  9. チゴユリ - えんがる(遠軽)で見た

    チゴユリ

    2017-05-30 こんばんは今日の天気は晴れ。季節の花を見にちょっとドライブ。チゴユリです。沢山咲いていましたが、虫がたかってきてゆっくりしていられません。虫よけスプレー必須です。おまけ:ツバメシジミではまたー.

  10. 今頃になって今年2回目のギフチョウ - 蝶超天国

    今頃になって今年2回目のギフチョウ

    5月18日今年はギフチョウも満足に見ていないので本来の目的とは違いますが朝方に生息地に立ち寄りました。現地に到着と同時に運良くスミレ吸蜜が撮影できました。これも一応イエローバンドです。切り絵のようで何だか違和感が・・・・。バンドではありませんが、綺麗な♀も居ました。この日の本来の目的は、近年絶滅が心配される茶色の小さなチョウの探索でしたからギフチョウは早々に切り上げて、そちらの探索に向かいま...

  11. 小さきものたち 170506 - LOOSE

    小さきものたち 170506

  12. 2017.5.1 千葉県・江戸川河川敷 ベニシジミ   2017.5.10 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2017.5.1 千葉県・江戸川河川敷 ベニシジミ  ...

    2017.5.1ヤマトシジミの♀を探しに江戸川の河川敷に行く。♂がチラチラ飛び回っているが、気温が高いせいかとまる気配はなかった。秋にはピンクのイヌタデ群落のある場所には、黄色い花が咲いており、シジミチョウが飛び回っていた。とまらないので連写してみたらツバメシジミ。黄色い花はカタバミではなくてヘビイチゴのようだった。黄色い花にヤマトシジミの青♀が一瞬とまったが、すぐ飛び去り、後を追うも撮影は...

  13. 2014.4.24 東京・多摩川河川敷 (2)ミヤマチャバネセセリ   2017.5.6 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2014.4.24 東京・多摩川河川敷 (2)ミヤマチ...

    2017.4.24  続きこの日は午前中は薄曇り。気温が少し低いためか、晴れていても翅を開く個体が多かった。♂のほとんどは飛び古しており新鮮な個体は少なくなっていた。時々、カラスノエンドウやカタバミで吸蜜するがピントを合わせる前に飛ばれることが多い。葉被りだが、可愛らしい雰囲気は出たと思う。昼下がりは吸蜜タイム。あちこちで一斉に吸蜜が始まった。ひょろひょろしたカタバミが多く、とまるたびに花が...

  14. ツバメシジミ青い雌 - 風任せ自由人

    ツバメシジミ青い雌

    先日ツバメシジミ雌の青い鱗粉が載った個体を撮影した場所を再び探索していたら、遙かにレベルの高い雌を見つけた。ツバメシジミ♀

  15. 2017.4.20 東京・多摩川河川敷 ツバメシジミ   2017.5.3 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2017.4.20 東京・多摩川河川敷 ツバメシジミ ...

    2017.4.20晴れが続いた朝、自然教育園にトラフシジミを見に行った後(この朝も開くことはなかった)、多摩川の河川敷に行く。前日よりも気温が低いせいか、ギンイチモンジセセリは幾分飛び方は穏やかで、翅を休める姿が目についた。やはり枯葉のほうがいい感じだ。飛翔は枯草の間をぬって飛ぶ感じを出したかったので、あえて草の中にもカメラを入れて見た。幅の広い草では草被りで一部しか姿が見えない場合が多かっ...

  16. ギンイチモンジセセリ   千葉市の堤防で - 蝶のいる風景blog

    ギンイチモンジセセリ   千葉市の堤防で

    ギンイチモンジセセリの撮影は結構やっかいだ。天気が良すぎると飛び回るばかりでなかなか止まってくれない。天気が悪いとススキや葦の中にもぐって出て来てくれない。河原の葦の中に踏み込むと手を切ったり、ひどい時は目をやられたりして大変だ。カメラのレンズも傷がつかないよう要注意だ。ぼくは朝早く観察に行くことにしている。きょうは6時過ぎに家を出て、7時半には千葉市の堤防のポイントに到着した。小さな道に踏...

  17. ツバメシジミ - 公園昆虫記

    ツバメシジミ

    4月中旬ごろから、あちこちでツバメシジミを見た。今日(4月28日)見たきれいなオス4月13日に見たちょっとぼろぼろのオスそして、地元では、メスがカラスノエンドウに産卵していた。ツバメシジミは広範囲のマメ科の植物に産卵する。春はシロツメクサなど、秋はハギなどに産卵しているのを見てきたが、カラスノエンドウで産卵するのは初めて見た。卵はとても小さく、隙間に産み付けるのでなかなか撮れない。今回もなん...

  18. ツバメシジミ - Bravo! Birds

    ツバメシジミ

    ヤマトシジミのそばで一緒に?飛んでいるチョウが何か違う…と思ったら、ツバメシジミでした。♀でしょうか。身近にいるチョウですが、とても可愛いです(*^-^*)野鳥の春の渡りが始まっていますね。野鳥目当てに当ブログを訪れてくださった方、そちらの更新があまりできずに本当に申し訳ありませんm(_ _)m車が無いため、現地及び現地まで公共機関を使ってデジスコ機材+それを入れるリュックで動き回ることにな...

  19. 2017.4.16 東京・多摩川河川敷 ツバメシジミ   2017.4.27 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2017.4.16 東京・多摩川河川敷 ツバメシジミ ...

    2017.4.16自然教育園から多摩川の河川敷に移動し着いたのは昼近く。この時期としてはとても暑く、ギンイチモンジセセリは昼休みの時間帯らしくあまり飛んでいなかった。それでも、たまに飛んでくるギンイチを追う。藪に入り込まれない前が勝負。今年は不作なのか、暑さのせいだろうか、ギンイチは少なかった。静止姿は1枚も撮れずに終わった。出ているはずのミヤマチャバネセセリは1頭見ただけ。目についたのはツ...

  20. 今年観た初見のチョウ - 旅のかほり

    今年観た初見のチョウ

    初見と言っても当然私のみた、初見のチョウたちです。日曜日の暖かさでチョウも多種、みられるようになりました。4月23、25日にかけてみられたチョウたちです。クロコノマチョウ、ツマグロヒョウモンなど南方系といわれるチョウが早々と飛んでいました。クロアゲハ新緑のなか、元気に飛びまわります。トンボのいる湿地にコミスジがみられました。すぐ飛んでいき、開翅はみられませんでした。クロコノマチョウ同じく湿地...

1 - 20 / 総件数:21 件

似ているタグ