Ai Nikkor 85mm/F1.4Sのタグまとめ

Ai Nikkor 85mm/F1.4S」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはAi Nikkor 85mm/F1.4Sに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「Ai Nikkor 85mm/F1.4S」タグの記事(23)

  1. 2017年9月19日 手持無沙汰な風力計 - Silver Oblivion

    2017年9月19日 手持無沙汰な風力計

    「ちーとも風が吹かんなあ・・・暇だなあ・・・」真夏の暑い無風の日に、風力計さんが暇そうにしておりました。でも、今は9月・・・先日の台風18号が来襲したときには、風速30メートル以上の大風が吹きました。さぞかし忙しかったことでしょうねえ(^^♪愛知県豊田市にてNikon F3Ai Nikkor 85mm f/1.4SRollei RPX 25 (EI 25)Naniwa ND76 (Dilut...

  2. 2017年9月11日 木陰で微笑む顔たち - Silver Oblivion

    2017年9月11日 木陰で微笑む顔たち

    「顔写真」と言うジャンルの写真があります。人工モノでも天然モノでも、「なんとなく人間の顔に見える」モノの写真ですね。顔写真を探すのが上手な人は凄いですよ。「へ~、確かに顔に見える・・・でも、どうやって見つけたんだろう」って思うときもありますもんね。私ははっきり言って苦手です・・・根気よく探すことができないタチのようです。こちらは路上で見つけたスマイリー・・・さすがにこれだけ顔が揃っていれば、...

  3. 2017年9月1日 残暑に耐える透明人間 - Silver Oblivion

    2017年9月1日 残暑に耐える透明人間

    「うううううう・・・今日から9月だと言うのに、この暑さはなんだ・・・」と、透明人間さんがうなってました。しょうがないよ、愛知県は下手をすると10月初旬まで30度を超える日があるからねえ。^^;最近、ベンチを見ると、透明人間が見えるような気がしてしょうがありません。びょーきがひどくなったかも、けけけけけっ。^^;愛知県豊田市にてNikon F3Ai Nikkor 85mm f/1.4SRoll...

  4. 宿場町のお盆に集う光蜥蜴 - Soul Eyes

    宿場町のお盆に集う光蜥蜴

    8月13日のお盆の入りに、豊田市の山間部にある宿場町、足助町に行ってきました。この季節の足助は、夏祭り開催中です・・・ロウソクの懐かしいヒカリトカゲに彩られていました。足助川の遊歩道に約7000個のロウソクが並べられる万燈、古い提灯、そして「たんころりん」と呼ばれる行燈・・・ほのかに暮れていく夏の宵、懐かしい光蜥蜴たちと戯れてきました。^^今回は、SONY α7IIの暗所性能チェックが主な目...

  5. 湿度を含んだ宿場町 - Soul Eyes

    湿度を含んだ宿場町

    豊田市の東の山の中にある古い宿場町、足助町に行ってきました。梅雨は開けたというものの、梅雨明け前より梅雨っぽい、蒸し暑く曇ったお天気の日でした。でも、この足助の古くからの日本の伝統的な風景には、そういう湿度を含んだ大気がよく似合うような気もします。最後のカットは、お盆にお灯明を入れて使われる「たんころりん」と呼ばれる照明器具です。今年は久しぶりに、足助の「たんころりん」を撮りに行ってみようか...

  6. 真昼のライブスポット - Soul Eyes

    真昼のライブスポット

    覚王山にある名古屋のライブジャズの老舗、"Jazz Live STAR EYES"さん、昼間に行ってみました。お店の名前は、BirdことCharlie Parkerの愛奏曲、”Star Eyes"からとられたんでしょうね。営業は夕方6時からですから、昼間は当然シーンと静まり返っておりました。やはりJAZZのお店は、夜撮ってナンボ、かもしれませんねえ。^^;名古屋市千種区菊坂町3丁目4−1 "...

  7. 都会で暮らす錆たち - Soul Eyes

    都会で暮らす錆たち

    都会で見かける錆は、田舎で見かける錆に比べると、ちょっとお洒落な印象ですね。お店のディスプレイや看板などとして、「いなたい雰囲気」を演出し、活躍している錆が多いようです。でも、時々意味不明なものに出くわしたりすることもあります。3枚目の錆び、ナニなんでしょうねえ・・・消防署の外壁で見つけたものなんですけどねえ。^^;名古屋市千種区 覚王山にてNikon D610Ai Nikkor 85mm/...

  8. 50㎜/F0.8なトラクター - Soul Eyes

    50㎜/F0.8なトラクター

    愛知牧場の入り口付近に佇む廃トラクターたちです。一枚目は"FORD 4000"、二枚目は"International Harvester 484"ですね。例によって「ボケパノ」です。85㎜?F1.4を装着したNikon D610で何枚か撮影し、それをMicrosoft ICE 2.0と言うソフトウェアで合成したものです。今まで合成した際の焦点距離とF値はあてずっぽうでしたが、今回は2枚とも5...

  9. アルファベットと漢字が混在する街角 - Soul Eyes

    アルファベットと漢字が混在する街角

    名古屋の覚王山は、日泰寺とその参道がランドマークでした。それゆえ、漢字で書かれた幟や看板が目立つ場所でした。でも昨今はお洒落なお店が増え、アルファベットが目立つ街角になりつつあるようですね。アルファベットもあれば、漢字もある・・・街撮りフォトグラファーには、変化があって楽しい街角ですね♪名古屋市千種区 覚王山にてNikon D610Ai Nikkor 85mm/F1.4S☆ブログランキングに...

  10. 真夏のオープンカフェ - Soul Eyes

    真夏のオープンカフェ

    日本でオープンカフェが快適なのは、春と秋だけ・・・そう思ってました。でも、豊田市駅前のペデストリアンデッキにあるカフェ、真夏にもかかわらずよく流行っていましたね。ここは「○七(まるなな)商店」と言い、『あそべるとよたプロジェクト』の一環として設けられた10月末までの期間限定の店です。昼の部はカフェですが、夜の部ではイタリア・シチリア料理も楽しめるそうです。またオープンカフェなので、煙草も据え...

  11. 赤錆にこだわるアメリカンビンテージ - Soul Eyes

    赤錆にこだわるアメリカンビンテージ

    名古屋の大須にあるアメリカン・ビンテージ・ファッションのお店です。ここの外観、気持ちが良いほど錆びているんですよね。天然ものなのか、はたまた養殖ものなのか・・・どうやら養殖もののようなんですが、そんなことどうでもよくなるほどの見事な赤錆でした♪名古屋市中区大須にてNikon D610Ai Nikkor 85mm/F1.4S☆ブログランキングに参加しています。この赤錆にこだわるアメリカンビンテ...

  12. 観光牧場の家畜たち - Soul Eyes

    観光牧場の家畜たち

    豊田市の郊外にある鞍ヶ池公園には、観光牧場があります。岡の中フックには、こんな牧歌的な雰囲気が広がっております。飼育員さんの手から餌を食べるポニーさんです。この牧場の羊さんたちは、コリデールと言う種類だそうですが、羊らしいのどかな雰囲気です。キャットウォーク上の山羊さん・・・羊と違って、高いところに上りたがります。羊でも、顔の黒いSwaledale Sheepは、結構高いところに登ったりする...

  13. 予定調和的に劣化進行中のチンクェチェント - Soul Eyes

    予定調和的に劣化進行中のチンクェチェント

    豊田市某所にある赤錆定点観測物件です。コンテナの上に置かれているのは、FIAT 500(フィアット・チンクェチェント)、本名は”Fiat NUOVA 500"ですね。なぜかここのコンテナの上には、錆びたFIAT 500やROVER MINIがたくさん置かれているのです。久しぶりに撮りに行ってみたら、ここのFIAT500たち、かなり劣化がひどくなってきておりました。FIATと言えば、典型的なイ...

  14. 英国庭園で梅雨の晴れ間を慈しむ透明人間たち - Soul Eyes

    英国庭園で梅雨の晴れ間を慈しむ透明人間たち

    ここは豊田市の鞍ヶ池公園にある英国庭園です。「台風が去ってようやく晴れ間が見えて来たなあ・・・」と、透明人間さんが呟いていました。透明人間シリーズ、フィルム写真ブログではいっぱい撮ってるんですが、デジタル写真ブログでは少ないですね。心霊写真同様、透明人間さんはデジタルと相性が悪いんでしょうか。^^;透明人間さんも、日向には座りたくないようで、こんな木陰にもおりました。え、見えない?心が〇〇な...

  15. マイクロフォーサーズは「ばけぺん」の夢を見るか? - Soul Eyes

    マイクロフォーサーズは「ばけぺん」の夢を見るか?

    例によって、豊田市の白浜公園の能天気な動物たちです。この動物さんたち、子供たちが乗って遊ぶ遊具です・・・と言うと、およそのサイズがお分かりになると思います。今回は「ボケパノ」こと、ボケ・パノラマの手法で撮ってみました。ボケパノは、ボケ写真を撮影した後、それらをパノラマ的に並べてソフトウェアで合成する撮影方法です。フォーマットは、「ボケパノ」の定番として使っている「ロクナナ」のフォーマットです...

  16. 誘惑するお店 - Soul Eyes

    誘惑するお店

    ペイントの剥げかけた窓枠・・・赤錆の浮いた缶に植えられた観葉植物・・・そして赤錆の浮いた鉄製の看板・・・ここ、シャツとボタンのオシャレなお店のようなんです。でもその外観は、滅びの美学に満ちており、そういう壊れかけたものが大好きなおじさんの心を刺激してくれます。中に入っても買うものはない、とわかっていても・・・中に誘われてしまいそうになります。^^;名古屋市千種区覚王山 日泰寺参道にてNiko...

  17. ボケパノな廃バス - Soul Eyes

    ボケパノな廃バス

    定点観測物件、シマシマの廃バスです。毎年蔓蔦が伸びる季節になると撮っていますが、昨年の初夏はドイツ旅行用に導入した高倍率ズームの試写でしたね。今年の初夏は、ボケパノ"Bokeh Pano"です♪このボケパノ、先日の愛知牧場のトラクターたちの写真で初お目見えさせた撮影方法です。上の写真はボケ写真をつなぎ合わせて作ったパノラマ写真なんですね。これは一枚目の写真の構成要素の1枚です。フルフレーム機...

  18. パノラマの中に浮かび上がるトラクター - Soul Eyes

    パノラマの中に浮かび上がるトラクター

    木陰で佇むトラクター・・・英国製のDavid Brown 770ですね。一見、ミニチュアっぽく見えますが、ミニチュアではなく、愛知牧場にある本物のトラクターです。このトラクター、私が最初に見たころから牛柄に塗られており、アイボクを訪れる子供たちのアイドルになっていたようです。さて、なぜこのDB770がミニチュアっぽく見えるかと言うと、それは85㎜/F1.4と言う大口径レンズを絞り開放で使って...

  19. 夏になりつつある日泰寺参道 - Soul Eyes

    夏になりつつある日泰寺参道

    名古屋の日泰寺参道、本来は仏具屋さんや墓石屋さんが目立つ、和の情緒の支配する参道でした。でも、不思議さバリバリのインド楽器屋さんや英国風カレー屋さんもあって、エキゾチックな街でもありました。昨今は欧米風の雑貨屋さんやカフェなども増え、東西がミックスされた不思議な街角になりました。6月に入ってもまだ気温は低めですが、それでもこの参道の雰囲気は、徐々に夏っぽくなってきているようでした。名古屋市千...

  20. 父の日が近づくショーウィンドー - Soul Eyes

    父の日が近づくショーウィンドー

    父の日が近づくショーウィンドー・・・ひねりも何もない、安易なタイトルです。^^;とりあえず今日は父の日、世の中のお父さん、おめでとうございます♪父の日と言っても、ショーウィンドーはことさらに「父の日ギフト」を強調しているわけでもない感じでした。やはり、母の日に比べると、扱いがややぞんざいと言うか軽いと言うか・・・^^;うちは、相方も私もすでに父はいないし、また子供もいないので、ごく普通の日曜...

1 - 20 / 総件数:23 件

似ているタグ