Avec Cachou カシューと一緒のタグまとめ (141件)

Avec Cachou カシューと一緒のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはAvec Cachou カシューと一緒に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

1週間ぶりにマレに行ってみるとミラベルの白い花が咲いていました!地味でかわいいこの花は、フサスグリプラム(レーヌクロード種)の花も咲いています。先日折れてしまったプラムの太い枝の先の蕾が残っていた小さい枝を水に浸けておきましたが最後の花を咲かせてくれました。嬉しいな。「忙しい、忙しい!」洋ナシは、いちばん先に咲くかなと思っていたらまだ蕾。でもたくさんの蕾がついています。「あー、忙しい、忙しい...

姫りんごの花の蕾を近くで見るとこんなに濃いピンクです。膨らんできましたね。よく晴れて、青い空にぽっかり雲。のんびりした空気です。道端にはフウロウソウ。かっちゃん、帰ってきました。^^ 日曜日は、一人と一匹で公園散歩。前日は、一人で公園を歩きましたが一人と一匹で暮らすようになってかれこれ10年近く。公園を一人で歩くことは全くないといっていいほど珍しいことで歩くのも調子がでず、なんどかずっこけそ...

かわいらしい春の刺しゅうのふたつ目チューリップとウサギの刺繍ができました。ひよこもかわいいけれど、うさぎもね。これもMajaさんのフリーチャートです。→ ★春がやってきた!と喜びに溢れる季節が始まったばかりですが時計の針は、1時間進めてもうサマータイム!です。夕方の明るい時間が長くなります。これから夏至までが、気候的にいちばんいい季節といっていいかもしれません。あ~、たくさん太陽を浴びなくち...

もう春になってしまいましたがようやく、長めの腹巻き帽子が編みあがりました。以前も同じように輪編み針を使い表メリヤスで編み続けて腹巻き帽子を作りましたがその時は、全体の長さが40㎝くらいでした。→ ☆今回は、53cmありますよ~被ってみましたが首元も暖かく包みながら頭にもすっぽり被ることができて春先でも、朝晩冷えるときや風のあるときなど、便利に使えそうです。特に、この毛糸の色の名前は、プリマヴ...

小雨の降る公園ですがこんなに美しい紅白のカメリアを見たら、傘も投げ出して近くに寄ってしまいます。同じ紅白でも絞りの八重咲きは、また雰囲気が違いますね。これも見事です。うつむき加減の白いカメリアはこういう咲き方なのでしょうね。薄いピンクでよく開いたカメリア内側の花びらがこんなふうに縮れるタイプのカメリアもいろいろあるようですね。この濃いピンクは、公園のカメリアの中でいちばんの大輪です。バラでい...

久しぶりに太陽が輝いて久しぶりにモネの小道を歩いたら「リュウキンカがたくさん咲いていました!川の水もおいしいです!」クジャクチョウも現れてじっとしていたら、もう一羽、小さいのもやってきた。青々しているのはイラクサそこに茶色く顔を出しているのはイタドリです。「おいしい水はごくごく飲んじゃう!」空の青さも雲の白さもまた少し季節が進んだことを知らせてくれる。梅の花がちぎれて空に飛んでいってのかと思...

春分の日の街に、桜が咲いていました。そろそろ咲きだしているかなという期待を大きく上回って冷たい風に、もう花びらが舞っていました。トンネルとまではいかないけれど桜の花の下をゆっくりと歩く嬉しさよ♪あちらの桜はどうかな?あちらの桜は、花に勢いがなくなってきたかしらね。ジャック・クールの館を覆うほどの勢いはなくなってしまったかな。あちらからこちらの桜を見てあっちもこっちも愛でて楽しむ春分の日空が曇...

沈丁花に見えるのだけれど私の知っている白い沈丁花の香りとは違うのと小花の集まりが手まりのような丸い形になっていないのと葉もちょっと違うな~もう少し観察を続けよう。春を告げる花たちは次々と開き そろそろ春本番の花へと変わる時季になってきたかな。レンギョウも最後の輝き梅は葉がたくさん出てきた。もう春分ですものね。牡丹やアジサイヤブデマリもぐんぐんと新しい季節に向かっています。「今日はまたちょっと...

マレの長老のダニエル爺さん(サンザシおじさんとも呼んでいるおじさんのこと)がエリタージュ(ヘリテージ)のトマトの種をくれた。黄色いトマト2種類の種で1種類は黄色いところに赤い筋の入ったトマトだそうだ。「それは綺麗なトマトねーー」って言ったら「見てるだけじゃだめだよ、食べなきゃ!おいしいんだから~」と言われました!種は少ししか採れないそうでそんな大事な種をもらったからには、今年もトマト作りに気...

16日のように気温が21度もあるともうすぐそこに夏がやってきているような気になってしまうけれど・・・おっとどっこいそうは問屋が卸さない!!ひゅ〜ぅっと気温が下がって12度あ~これが我らの春だった~「ちょっと寒くなっても、あたしは元気よ~川の水もおいしいし!もうそろそろ終わりだけど、水仙もまだきれい! ちょっと黒くなってもあたしもきれい?!水仙の間に隠れれば、黒くなってもわからない・・・でも、...

「クロッカスが咲きました!あたしは、まだあんまり黒くなっていませんよ〜、えらいでしょ?!ね、白く見えるでしょう?誰か来ないかな・・・ねずみちゃん探しは、ちょっと飽きてきちゃったな・・・」チューリップ番の退屈そうなかっちゃん!ほら、カエルが鳴き始めましたよ。2匹のカエルが川に飛びこむ姿を見ましたがそのカエルが喉の調子を確かめるように歌っています。16日の木曜日は、21度まで上がって半袖でのマレ...

クリスマスローズの萎れていく姿はちっとも悲し気ではない。萎れる度にしっかりとした春に近づいていくんだとクリスマスローズも知っているのだと思う。だから、いつも下を向いて咲いたり切り花にしても、積極的に萎れてしまうのかもしれないな。マレのフィフィ島に咲くクリスマスローズは、夏以外はフィフィとナデットはほとんど来なくなってしまったので愛でる人がいなくて、それは寂しいなと思い少しだけ家に持って帰って...

「今日もよく働いて、幸せな春の一日だったなぁ」しみじみと畑を見つめている帰り際のカシューであります。ムスカリが元気に咲きだしたマレで水仙の声援を受けて、川をジャブジャブ、ジャブジャブ「今日もかっちゃんの賑やかな足音が聞こえるね!」笑ながらそう話しているのは、水仙と同じように黄色いチューリップジャブジャブ、ジャブジャブ〜こうして、真っ黒への一日が始まりました。かっちゃんの足音を聞きながらプチ盆...

春が来たことは、ただそれだけで嬉しい梅が咲いている、柳の緑がきれいだなヒメオドリコソウがたくさん咲いている光りがとっても明るいな眩しいくらい白い梅ああ、春だ春だ、春だ日向ぼっこも気持ちいい気持ちいい日向ぼっこのじゃまはしませんよあそこには、ピンクの梅青空に白い梅、美しいな真っ白だ空が広いここにもあそこにも春が見える芽吹きも見える川の水にも春がいる春はただただ、それだけで嬉しいみんな、素直に春...

この数日で、シデコブシがかなり開いてきました!いい季節に向かっていると感じるのはとても嬉しいですね。まだ開き始めだからということもあり濃いピンクに見えますが去年の満開の姿は、白い花でした。シデコブシの花は年によって、色が変化するそうです。また会いに来ますよ♪シデコブシの花のすぐそばのカテドラルの麓の公園では高校生らしき人たちがお弁当を食べていました。外で食べるのが気持ちいい季節ですね。八重桜...

対岸公園の梅の花も満開になりました。いつの間にか、あっという間にすっかり春になりました。水辺の景色も、光の具合も、のんびりしているカモの姿も春です。木の間からのぞく梅の花は、額縁の中の絵のようです。「芝生もふさふさのふかふか!ハコベとオオイヌノフグリもいっぱい!」白い梅の向こうにピンクの梅が隠れています。ここは、紅白揃って咲いて、嬉しい散歩道です。のぞきこむ花には、見る者の笑顔が映っていそう...

Pensées et violettes au point de croixMarie-Thérèse Saint-Aubin 刺繍をする方のブログをいくつかのぞくと、あちこちでスミレが登場しています。私も以前から刺繍したいと思っていた図案があったな、と急いで糸を揃えて刺繍し始めたのはマリーテレーズさんのパンジーとスミレの花の本に載っている"soleil d'hiver" 冬の太陽と名の付い...

水仙が咲いて、やっと春らしいマレになってきました。かっちゃんの出港の様子は、こんなふうでした。「さあ、飛ぶぞ!それ、飛んだ!!やっぱりマレの眺めはいいな~はい、着地!」舟から見る景色には、花が満開の梅の木明るい黄色いレンギョウの木があって ほーっとうれしいため息をつきながら、島に舟をつけました。かっちゃんは、さっそく活動開始!動きだしたらもう止まりません!走ったり泳いだり・・・嵐のせいで、プ...

モクゲンジの新芽が顔を出した。木全体がのびのびして見える。下のマレの畑は水に浸かっているところが増えた。このまま雨の降らない日が続けば、そのうち水は引くだろう。もともと湿地だったところを人間が整備して畑にした地人間が手入れを怠れば、湿地に戻るだけのことなんだな。どの程度手を入れるか、その加減をどうするかが難しいところだ。洪水の心配のなくなる初夏から植付けの時期を迎える野菜を中心に植えるように...

公園のレンギョウが満開になった。公園には立派なレンギョウが2か所に植えられている。馬酔木も満開公園のそばのお宅のあのクロッカスが一面に咲いていた庭の大きな梅の木も満開だ。曇り空に同化する梅の花の色鳩が一緒に梅の枝と揺れて、そして飛び立った。土の近くでは、ヒマラヤユキノシタの花の季節嵐の強風のせいでブナの枝が折れてぶら下がっていた。ワスレナグサも今が季節春の初めの花が咲き揃ってきた。「あたしも...

似ているタグ