Book2017のタグまとめ

Book2017」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはBook2017に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「Book2017」タグの記事(6)

  1. ゆるい生活   群ようこ - きょうのはなwithくるみ~愛犬写真日記~

    ゆるい生活 群ようこ

    軽い目眩を起こしたことから漢方薬局で漢方薬の処方とリンパマッサージを受けた体験談。動物病院でも最近は漢方や鍼灸などを取り入れるところも有るけど、西洋医学とは違うアプローチにとても興味が湧きました。そんな薬局が近所に有れば、私も行ってみたいと思ったけど、きっとすごく高いんだろうなぁ。ドラッグストアで売ってる漢方薬も高いもんなぁ。最後に、この本の薬局がどこかは紹介できないというクレジットつき。

  2. What's Michel? - きょうのはなwithくるみ~愛犬写真日記~

    What's Michel?

    友達に借りて1巻から7巻まで読みました。1巻の初版発行は昭和60年1月18日。30年以上も前の作品ですね。はじめはその古い絵柄にとっつきにくかったんですけど、段々慣れて来ました。マイケル、ポッポ(マイケルの妻)、ミニケル(マイケル、ポッポの子供)可愛い〜!面白〜い!そして今、私のスマホの待ち受けは踊るマイケル。時計表示が顔のところに来てるのが残念。

  3. ペットのアンソロジー - きょうのはなwithくるみ~愛犬写真日記~

    ペットのアンソロジー

    以前に読んだ、本屋さんのアンソロジーと同じシリーズ。図書館でこちらを先に見つけたのだけど、犬や猫が好きだからこそ、読むのが怖い気がしてました。案の定、「里親面接」を読み始めてすぐに、「わあ、これは里親詐欺の話だ」と思い、怖くて最後を先に読んでしまいました。実際には怖い話ではなく、良いお話でした。最初の「ババアと駄犬と私」では、個人で犬猫の保護活動をされてる或る方を思い出しました。その方は近所...

  4. 桜風堂ものがたり   村山早紀 - きょうのはなwithくるみ~愛犬写真日記~

    桜風堂ものがたり 村山早紀

    初読み作家さん。この本も読み終わるのがもったいなくて最後はゆっくり読みました。 途中にとても悲しいやるせない出来事が起きるけど、最後は爽やかで温かい。「涙は流れるかもしれない。けれど悲しい涙ではありません」と帯に書かれているその言葉は本文中にも出てくるのですが、私が一番うるっと来たのは、あとがきでした。 最近書店に関する小説をよく読んでいて、そのどれもが書店の存続の難しさ...

  5. i(アイ)   西加奈子 - きょうのはなwithくるみ~愛犬写真日記~

    i(アイ) 西加奈子

    シリアからアメリカ人と日本人の夫婦の養子として迎えられたアイ。アイのような存在が身近にいないので考えたこともなかったけど、アイの幼いころからの不安がとてもリアルに伝わってきました。世界中で起きた不幸な出来事(災害や紛争、戦争など)が羅列されてる箇所ではこんなにたくさん起きていたのかと驚きました。一つ一つは記憶にあるけど、並べると恐ろしいほどの数。今無事に元気にしていられるのが、本当に幸運に感...

  6. 蜜蜂と遠雷    恩田陸 - きょうのはなwithくるみ~愛犬写真日記~

    蜜蜂と遠雷 恩田陸

    国際ピアノコンクールの予選から本選までのお話。コンクール受験者と観客の両方のドキドキワクワク感を共有できて、とてもたのしかったです。長編だったので、図書館の貸し出し期限2週間の内に読み切れるかと心配でガシガシ読み進めていたけど、最後の本選に入ってからは早く読み終えるのがもったいないような気がしてゆっくり読み進めました。(返却期限は2月1日なので十分間に合いました)型破りな演奏をするという風間...

1 - 6 / 総件数:6 件

似ているタグ