Booksのタグまとめ

Books」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはBooksに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「Books」タグの記事(35)

  1. 25072017 - 音・岩・光

    25072017

    日光の本と一緒にサイモン・シン著の「ビッグバン宇宙論(上)(下)」を借りる。前回借りた暗号解読の興奮冷めやらずの内に、今回も一気に読み進んだ。人間の考え出した宇宙観の変遷を天動説からビッグバン理論までに渡って、これまた人間ドラマを交えて時系列で並べて紹介してくれているので読みやすいと思う。今ではマルチバース理論とか複雑で難解な宇宙観が色々出てきているけれど、一応確からしいと思われるビッグバン...

  2. "旅する彫刻" - yamatoのひとりごと

    "旅する彫刻"

    モノにも魂が宿る。いや・・・モノと言ったら失礼だな。何年か前、図書館の情報コーナーでチラシを見つけた。ものすごく興味があったが、その個展はすでに終わっていた。いつか会ってみたいなぁ。+++++++ 旅する彫刻 彫刻とそのモデルになった子の物語 +++++++はしもとみお著エムディエヌコーポレーション彫刻家はしもとみおが今までつくった彫刻の写真+エッセイで綴られた初の写真集。「彫刻」と「彫刻に...

  3. 米中戦争 その時日本は - 浦安フォト日記

    米中戦争 その時日本は

    夏休み5日目、最終日は1人だったので「米中戦争 その時日本は」を。とっても信頼に値する名著でした。日中問題では尖閣問題の際の旧民主党政権の対応なんて思い出すと怖くなります。しかし北朝鮮問題もしかりですが、米中問題でも日本は完全に当事者になるのに、平和ボケしていて残念ですね。この本は是非お読みいただければ・・・。

  4. ヴァージニア・リー・バートン 『ちいさいおうち』の作者 ① - mamiノート

    ヴァージニア・リー・バートン 『ちいさいおうち』の作者 ①

    地下鉄東西線 東陽町駅近くの竹中工務店東京本店のGALLERY A4(ギャラリー エークワッド)でヴァージニア・リー・バートン(1909-1968)の『ちいさいおうち』展が8月9日まで開催されていた。ヴァージニアは、1909年ボストン近郊に生まれ、父はMITの初代学部長、母は英国人の詩人で画家で父より20歳以上年下の二度目の妻だった。バートンが10歳になる頃、母親と3人の子供たちは健康上の理...

  5. 役に立たない読書 林望 - 浦安フォト日記

    役に立たない読書 林望

    「役に立たない読書」林望氏著を読みました。夏休み3日目の昨日はママが友達と観劇に行ったので一人で読書。本を読むということはどういうことかということを考える読書論。リンボウ先生のスタンスは好きなのと、納得できることが多いです。「書棚に並んでいる本は、その人が歩んできた人生を如実に物語ります。いわばその人の脳味噌の延長線上にあるのです。むろん脳味噌の中を覗くことはできませんが、本棚は外から見るこ...

  6. "暮らしのおへそvol.20" - yamatoのひとりごと

    "暮らしのおへそvol.20"

    "雀荘に通ったり釣りに夢中になってクルーザーに住んでいたことも。お酒も一升飲んでタバコも吸って・・・・・・。猫を飼わなかったら体を壊していたかもね。"***どきっとした。私のことかと思った・・・笑(室井滋さんのお話です^^;)++++++ 暮らしのおへそvol.20 ++++++主婦と生活社20号を迎えた『暮らしのおへそ』。創刊から10年目となる記念すべき今号は、愛らしいショートケーキが表紙...

  7. 犬の本 【世界で一番美しい犬の図鑑】 - yamatoのひとりごと

    犬の本 【世界で一番美しい犬の図鑑】

    +++++++ 世界で一番美しい犬の図鑑 +++++++タムシン・ピッケラル著アストリッド・ハリソン(写真)エクスナレッジベストセラー本『世界で一番美しい猫の図鑑』のカメラマン、著者による至高の犬ガイド++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++秋田はいたけれど、柴はいませんでした・・・残念^^;***+++++++ あした、金沢へ行く +++++++...

  8. 大人の夏休み終わり - 世話要らずの庭

    大人の夏休み終わり

    夏休みの旅行から帰宅した。早く早く今すぐレイクとマリオに会いたい!と末っ子が主張するので、空港から戻る途中のお店で留守番組の大学生たちと待ち合わせて、遅い晩御飯の焼肉食べて乾杯。自宅の玄関を恐る恐る開けたら、思ってたより片付いていて、自炊と家事も交代でちゃんとしてたようだ。留守中にそれぞれが振る舞った料理など聞いて、なんとなく感慨深い。子供達は、少しずつだけど、私が思うより大人になっている。...

  9. 13072017 - 音・岩・光

    13072017

    奈良にもいきたし。カナダから帰国するとき、荷物になるからって土門さんと木村さんの写真集を持ち帰らなかったのは失敗だった。でも渡った先がRyo君だったと思うので、それはそれで良かったと思うことにしよう。土門さんの写真は、素人の僕が感じるところでは緻密で息が止まる感じがしている。きっとそれは、露出時間中に物音や動きを止めて(三脚が揺れてブレ無いように)じっと暗がりで待っていることに起因しているよ...

  10. "花ごよみ365日" - yamatoのひとりごと

    "花ごよみ365日"

    手入れの行き届いていない(?)畑では、魅力的な雑草が姿を見せる。散歩中に畑を眺めるのが私の日課。ふーん、この野菜ってこんな風に生るのね・・・小さな花の、その可憐さに思わず放っておけなない気持ちになる。お気に入りの花瓶に挿して、テーブルに飾る。数日後・・・摘んできたつぼみがひとつずつ咲いていく。ほんと綺麗だね♪散歩中はじっくり眺められないけれど、食卓に飾るといい目線で眺められる。いつも脇役の"...

  11. "FOOD DICTIONARY カレー" - yamatoのひとりごと

    "FOOD DICTIONARY カレー"

    枻(えい)出版社の本、大好き。デザインなんだろうな。色とか形だけのデザインじゃなくて、いろんなものを組み合わせていくセンスとか・・・写真も、取り上げるお店も、レシピも、スパイスに対するこだわりも、取材力に圧倒されました。相当好きにならないと、ここまでの本作れない気がする。***私の大好きなデリーのカシミールカレー。主人が好きな新橋タージマハールのカレー。どっちもさらさらのスープカレー。私が作...

  12. 夏休み始まりの喩え話(いろんな生物・無生物) - 世話要らずの庭

    夏休み始まりの喩え話(いろんな生物・無生物)

    帰ったらいきなり夏休みが始まっていた。家庭内にぐだぐだした空気が充満している。末っ子が宿題ノートの傍で何かブツブツ言っている。おかあさんはチーター、これ絶対。それでレイク(姉)が鹿でしょ、それも白鹿、マリオ(兄)がサルで、おとうさんはアザラシのすごい大きいやつ、何だっけ。「セイウチ?それかトドかな?」うん、それ。そしたらピノは何だと思う?「これって何の話」何に似てるかってこと。言って。「子猫...

  13. "Dear,home 1" - yamatoのひとりごと

    "Dear,home 1"

    なぜ魅かれるんでしょうね。内田彩仍さん。同じように真似される方は多いけれど、何か違います。こういうのをその人だけが持つ"センス"というのかな。普段、ラッピングや収納に使う麻ひもを使いやすいようにしたんですって。私も梱包に使うビニール紐の置き場作りたいな。少し前にマルシェの骨董品屋さんで紡織工場で使われていた木製糸巻の棒を買いました。それを取り付ける土台が見つからなくて。そのまま・・・です(汗...

  14. 05072017 - 音・岩・光

    05072017

    これは面白かった。「フェルマーの最終定理」もそうだったように、サイモン・シン氏の著書は一気に読み進められる。現在ビッグバン理論を愛読中。

  15. 犬の本【番犬屋マル】 - yamatoのひとりごと

    犬の本【番犬屋マル】

    +++++++ 番犬屋マル +++++++あなたのたいせつなもの おまもりします。きたやまようこ著メディアファクトリーベストセラー『いばりいぬシリーズ』の絵本作家・きたやまようこさん最新作!何もできない犬のマルが思いついた仕事は、犬というだけでできる番犬屋。そして、マルがする仕事はまもろうと思ったものをまもりきること。犬のマルがする「番犬屋」という仕事は、まもろうと思ったものをしっかりとまも...

  16. キューバと夏ごはんと昼顔と - 上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ*

    キューバと夏ごはんと昼顔と

    くー、三連休はほんとうにあっという間だったな。待望の若林くんの新刊をGET。書店2軒目でやっと。それもどちらのお店も店員さんに探してもらうという。タイトルを告げるときのはずかしさったら。キューバ、行きたいな。文章力云々というより、構成力がさすがだなあと思います。そして最後あたりは読みながら涙、涙、でした><実家からプチサイズのゴーヤとプチトマトを大量にもらって帰る。おっと、ルンバちゃんが働い...

  17. "豆皿の本" - yamatoのひとりごと

    "豆皿の本"

    「これ犬だよね♪可愛いから頂こうかなぁ。」「あっ、それゾウなんだけど・・・別に犬でもいいや。」作家さんご本人から購入させてもらったお皿。(その時は、その方が作られた方とは知らずに失礼な会話してました・・・反省^^;)色合いと質感が好みだった。ちょうど欲しかったお醤油皿にいい感じ。あとで知ったんだけどね・・・ぞうのお鼻はどうもシンボルを描いたものらしいの(笑犬になんか付いてる・・・と思ったんだ...

  18. Sunday afternoon - Nick's Favorite things

    Sunday afternoon

    たまには料理本を眺めてるのも楽しい

  19. エゴノネコアシ(エゴの猫足) - 世話要らずの庭

    エゴノネコアシ(エゴの猫足)

    小学生たちは友達で連れ立ってプールに出かけてしまった。夏の休日だなあ。暇。大学生の娘に誘われて、学校に公演を観に行った。時間が来るまでキャンパスをぶらつく。古い建物や荒れ果てた雑草藪、大きな池なんかがあって、長閑な良い雰囲気。同じく連れ立って散歩かなにかしているらしき人たちが、エゴノキの下で「この実可愛いね」「あ、こっちには花も」なんて話している。むむっ。失礼、その丸いのは確かにエゴの実です...

  20. 犬の本【柴犬のひみつ】 - yamatoのひとりごと

    犬の本【柴犬のひみつ】

    Q94.暇なとき、犬は何を考えているのですか?飼い主と一緒に行く散歩のことでしょうね。90%散歩のこと、10%が食べ物でしょうか。あとはほとんど何も考えていないですね。怖かったことなんかも思い出しているみたいですね。寝言を分析すると、90%が飼い主と一緒に小動物を追っかけている夢、そして10%が怖かったことを夢に見ているようです。怖かった夢というのは、飼い主に怒られた夢と、それから1人で留守...

1 - 20 / 総件数:35 件

似ているタグ