CAMPのタグまとめ

CAMP」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはCAMPに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「CAMP」タグの記事(15)

  1. お盆休み・福島キャンプ - ボクノタカラモノ。

    お盆休み・福島キャンプ

    雨の日が続いてますね。太平洋高気圧の勢力が弱い状態が続き、東京は8月に入ってから毎日雨が降っているとか。。。その影響で、今回のお盆休みキャンプは初の本格的な雨の中でのキャンプとなりました。帰省渋滞を少しでも避けるため、AM3時に出発。結局途中、二箇所の事故渋滞にハマってしまい、予定より大幅時間超過で目的地到着。お世話になったキャンプ場はフォレストパークあだたら。自然豊かな敷地で、設備もキレイ...

  2. 鷲羽・水晶・黒五・笠[7] - @なんだか日和 VOL.2

    鷲羽・水晶・黒五・笠[7]

    at 4:30 a.m. on August 6, 2017@笠ヶ岳山荘テント場 前夜午後7時過ぎに降り始めた雨は、雷を伴って激しく降り続け、ようやく止んだのは午前1時過ぎ。テン場の水はけ具合が分からないので、猛烈な雨量に水没の危険性をヒシヒシ感じましたが、最後までボトム自体に問題はなく、いわゆるバスタブ上端の縫い目部分(防水加工未処理箇所)から、わずかに水滴が侵入した程度。ともあれ大事に至...

  3. 鷲羽・水晶・黒五・笠[6] - @なんだか日和 VOL.2

    鷲羽・水晶・黒五・笠[6]

    笠ヶ岳への行程も、およそ残り半分となりました。 笠を前にした稜線闊歩を愉しみにしての初訪問でしたが、朝の好天はどこへやら、すっかり視界不良です。抜戸岳(ぬけどだけ:2813m)山頂へは分岐から少し登るようですが、眺望が期待できないのでスルーしました。オッ、いよいよ笠ヶ岳がうっすら見えてきましたよ。と思ったら、ちょっと形の似たにせピークでした(>_<)んっ、今度こそ本物と信じたい。...

  4. 鷲羽・水晶・黒五・笠[5] - @なんだか日和 VOL.2

    鷲羽・水晶・黒五・笠[5]

    at 3:45 a.m. on August 5, 2017@双六池テント場:ヌプカ2前室 ◇◇◇夜明け前、去りゆく星が瞬くなか、槍ヶ岳を目指す登山者のヘッドライトが稜線を照らしていました。 明るくなると、視界の先には今日歩く稜線が浮かび上がっています。山旅も後半戦の4日目。荷物をまとめて歩き始めると、早速笠ヶ岳(右奥:2898m)がくっきりと見えてきました。んでもって、稜線に上がると槍・穂...

  5. 鷲羽・水晶・黒五・笠[4] - @なんだか日和 VOL.2

    鷲羽・水晶・黒五・笠[4]

    at 5:30 a.m. on August 4, 2017@三俣山荘テント場 さて、佳境の3日目。深夜に見上げた天の川に好天を確約されたものと油断していましたが、朝から低い雲が立ち込めています。 ◇◇◇この日、軽いザックで往復予定の黒部五郎岳(2840m)といえば、ヘナチョコ隊にとっては苦い思い出の地。2013年夏、雲ノ平周回の〆として向かうはずが、前夜からよもやの悪天に見舞われ、それでも...

  6. 鷲羽・水晶・黒五・笠[3] - @なんだか日和 VOL.2

    鷲羽・水晶・黒五・笠[3]

    引き続き、鷲羽岳からワリモ岳(手前左)を経て、奥に見える水晶岳(2986m:別名黒岳)を目指すとしましょう。 鷲羽岳から一度大きく下ると、ワリモ岳への急坂が待ち受けていました。ワリモ岳の山腹を回り込むと、黒部川源流域の祖父岳(じいだけ:左)の右奥に、秘境・雲ノ平の溶岩台地が広がっています。4年前の貴重な時間が懐かしい。と喜んでいたのも束の間、稜線には雲がかかり始めていました。こんなときは、足...

  7. 鷲羽・水晶・黒五・笠[1] - @なんだか日和 VOL.2

    鷲羽・水晶・黒五・笠[1]

    at 5:30 a.m. on August 2, 2017@岐阜県高山市新穂高温泉:登山者用無料駐車場(標高1090m) 満車寸前の無料駐車場にギリギリで滑り込み、Babu号にしばしの別れを告げてから、本年3月末、「湯宿連泊腑抜け旅」のついでに足を延ばした新穂高センター前へいそいそ。4ヶ月前は真白き雪を戴いていた北アルプスの峰々も、今ではすっかり夏の装いです。で、拙宅恒例・夏の家族旅行(!...

  8. 早川町オートキャンプ場 - ボクノタカラモノ。

    早川町オートキャンプ場

    先週末、山梨へキャンプツーリングしてきました。天気良くて、途中の朝霧高原ではパラグライダーが青空に浮かぶように飛んでます。この日の相棒はセロー。なぜか去年の北海道ツーと同じくらいの荷物量になってしまいました。朝霧高原から先の本栖みちは初めて通る道でしたが、結構なクネクネ箇所あり。富士川の支流沿いを走ります。山をくだると富士川に出ますが、川幅もある立派な川ですね。水もきれいです。富士川に出て一...

  9. 山北でキャンプ - ボクノタカラモノ。

    山北でキャンプ

    この週末もファミキャンしてきました。先日の丹沢ツーで見かけて訪れたいと思っていた川沿いのキャンプ場、河内川ふれあいビレッジです。写真を撮り忘れましたが、テント設営を終えてすぐに川へ。今回タープ初登場で、悪戦苦闘で大汗かいたのですが、冷たい水に浸かってスッキリさっぱりでしたw川遊びなんて何年振りだったろう。ウォーターシューズを持ってくればもっと楽しめましたね。場内には小川も流れていてちびっこ大...

  10. 続:鳳凰三山[2] - @なんだか日和 VOL.2

    続:鳳凰三山[2]

    ガサゴソしていたのはホンドオコジョで、思わず目が合ってしまいました。(足元には捕獲したモグラと思しき小動物が横たわっておりました…) 「いやはや、珍しいモン見たなぁ」と上気しているうちに、五色滝への入口に到着です。分岐に重たいザックをデポして、滝へ向かうこととしましょう。かなりの落差に、思わず圧倒されそうです。滝壺まで下りることができますが、にわか雨が気になるので先を急ぐことに。気づけば植生...

  11. ファミキャンはじめました - ボクノタカラモノ。

    ファミキャンはじめました

    先週末は千葉でキャンプでした。今回はバイクではなく、クルマでファミリーキャンプ。それ用に新しいテントやキャンプグッズも用意しまして。まぁ、必要最低限のグッズがようやく揃った感じですが。クルマだと荷物もたくさん積めて便利ですねw行き先は千葉の森の牧場オートキャンプ場。広々として芝がきれいなキャンプ場です。おニューのテントはモンベルのムーンライト5。広々スペースと高さも余裕があって快適ですwメッ...

  12. 甲武信[2] - @なんだか日和 VOL.2

    甲武信[2]

    GARMINのランニングウォッチはバッテリーの消耗が激しいと聞いていたので、充電環境が不安な泊まりがけの山歩きでは使用しないつもりでいましたが、GPSをOFFにすれば懸案のバッテリーの消耗を相当程度抑えられるとのこと。そこで今回は心拍数と現在時刻だけを表示し、歩くペースの目安としてみました。(この時点の心拍数は162bpmなので、結構息が上がっております) で、事前に駐車場の高低図で確認した...

  13. 日光浴 - @なんだか日和 VOL.2

    日光浴

    at 7:30 a.m. on May 23, 2017@小金井公園 本日の日光浴の主役は僕ではなく、こちらの面々。ともに昨年10月以来冬眠中だった愛用テントのヌプカ2(左)とカミナドーム1(右)であります。さらにフライシートをかぶせて記念写真をパチリ。考えてみたら、この2つを同時に張ったことはなく、お互い初対面ということで、少々緊張気味のようです(笑)ここで登場したのは、モンベルの「SUP...

  14. GWキャンプ - ボクノタカラモノ。

    GWキャンプ

    先週に続き2週連続でキャンプw何処に行っても混むGWですが、平日を絡ませればマシかと思い4/29-5/1で。この二日間は天気も良いらしいので、富士山を見ながらのんびりくつろげればいいなぁと。この牛たちのようにのんびりを満喫してやります!今回のキャンプ地はふもとっぱらキャンプ場。広大な敷地にビックリでした。どこにでもテント張り放題なのですが、逆に広すぎてどこにしようか悩みます。場内をぐるりと回...

  15. GS初キャンプ - ボクノタカラモノ。

    GS初キャンプ

    23~24日にかけてGSでは初となるキャンプへ出掛けてきました。良い季節になったので混雑する土日は避け、有給使って日月でwキャンプ自体、去年の北海道ツー以来だから9か月ぶりか。(その北海道がキャンプデビューというちょっと無謀な初体験でした。。。なので、本州では初のキャンプだったりします)両サイドのパニアと防水バッグにマットと、旅仕様のGS。デカいけど走り出してしまうと大きさ、重さはさほど気に...

1 - 15 / 総件数:15 件

似ているタグ