CANON EF24-105mm F4L IS USMのタグまとめ

CANON EF24-105mm F4L IS USM」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはCANON EF24-105mm F4L IS USMに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「CANON EF24-105mm F4L IS USM」タグの記事(78)

  1. 指定有形文化財「百段階段」は、日本で一番豪華なエレベーターに乗って向かいます(目黒雅叙園) - 旅プラスの日記

    指定有形文化財「百段階段」は、日本で一番豪華なエレベー...

    目黒雅叙園の百段階段は、東京都の指定有形文化財。「和のあかり展」を開催中ですが、1階ロビーと、3階から始まる百段階段を繋ぐのは、私が日本で一番豪華だと思う、螺鈿(らでん)細工のエレベーター。wikiで引くと、螺鈿(らでん)は漆工芸品の加飾法の一つ。螺は貝、鈿は物を飾る意味で、貝殻を文様に切り器物の表面に張付け漆で固定したもの。エレベーターの内部ですが、左右に金色に輝く唐獅子が施されています。...

  2. キミは空飛ぶペンギンを見たか?(その後半)(池袋、サンシャイン水族館) - 旅プラスの日記

    キミは空飛ぶペンギンを見たか?(その後半)(池袋、サン...

    7月18日に掲載した「キミは空飛ぶペンギンを見たか?」の後半です。青空を背景に、陽の光を浴びてスイスイと泳ぐペンギン。少し、アートな写真を狙ってみました。水面にユラユラする背景は、池袋の高層ビルです。なんともシュールな空飛ぶペンギン(笑)タイトル、「キミは池袋のシュール・ペンギンを見たか?」超現実的で、奇抜で、理解不能で、迷宮を泳ぐようなシュール・ペンギンは、大混雑のサンシャイン水族館でご覧...

  3. 乾杯のシャンパン & 国産牛サーロイン & 伊勢海老もある、ちょっと豪華なランチ(青山) - 旅プラスの日記

    乾杯のシャンパン & 国産牛サーロイン & 伊勢海老も...

    2,000円以下で食べれるミシュラン店のランチを、シリーズでお届けしてきましたが、2,000円以下となるとネタが切れてきました。新らしいシリーズは個室があって、大事な会食や、商談や、デートにも適したお店。でも料金は3,500円以下。お店の場所は青山の裏通り。隠れ家風の入り口で、昼は目立ちませんが・・・・お店のHPに出ていた夜の写真はお洒落です。料理長は「うかい亭」、フランス料理店、さらに六本...

  4. 江戸から続く坂道で 笑顔に出会う夏の市(文京区の朝顔・ほおずき市) - 旅プラスの日記

    江戸から続く坂道で 笑顔に出会う夏の市(文京区の朝顔・...

    7月22日、土曜日、東京は晴れ、最高気温は33.5度文京区の朝顔・ほおずき市を訪ねるのは2回目ですが、前回は5年前か6年前。4ヵ所のお寺で、ほおずき市、朝顔市、大輪朝顔展示、変化朝顔展示が行われました。「江戸から続く坂道で 笑顔に出会う夏の市」、とキャッチコピーにあるように、この近辺は坂道が多い場所。暑さも半端ではないので、ほおずき市と、変化朝顔展示を観賞して引き上げました。源覚時は、「こん...

  5. スリランカの、ここは見ておきたい(その13)(コロンボ市内の建造物) - 旅プラスの日記

    スリランカの、ここは見ておきたい(その13)(コロンボ...

    前回、ここは見ておきたい(その12)で、二つの寺院を紹介しましたが、今日はコロンボ市内の建造物を、年代順に紹介します。17~18世紀のイギリス、スペイン、オランダの植民地に多く建てられたコロニアル様式。建物は白くて正面にポーチがあり、大きな窓やベランダが特徴です。まるでホワイトハウスみたいなニュータウンホール。こちらはあまり綺麗ではありませんが、植民地時代の歴史を見てきたと思われるコロンボ港...

  6. 高さ5mの空間芸術作品。でもこれはいったい何??? - 旅プラスの日記

    高さ5mの空間芸術作品。でもこれはいったい何???

    本日のお題です。はたしてこれは何でしょうか??近くで見ると竹細工のようです。「SALE」の文字と「タカシマヤクリアランス」の文字が見えます。場所は10日ほど前の日本橋高島屋。これはインスタレーション(空間芸術作品)。国内外で活躍する竹工芸家、四代目、田辺竹雲斎さんの竹ひごを編んで作った作品です。竹雲斎さんは明治時代から続く堺市の竹工芸の家に生まれ、今年3月に四代を襲名しました。伝統的な花入れ...

  7. スリランカで、ゾ~っとした経験(その13)(ミンネリヤ国立公園) - 旅プラスの日記

    スリランカで、ゾ~っとした経験(その13)(ミンネリヤ...

    スリランカ旅行の2日目に、ミンネリヤ国立公園のジープサファリに参加しました。「只今、スリランカを旅行中(その4)」で、写真を2枚載せましたが、その帰り道です。象の群れが道路を横断中です。5・6台のジープが渡り終わるのを待ってました。先頭のジープが、まだ渡りきってない象の背後を、通ろうと前に進み始めたので、一番後ろにいた大きな象が怒っています。突進してくる象。右端に見えてるのは1台目のジープ、...

  8. キミは空飛ぶペンギンを見たか?(池袋、サンシャイン水族館) - 旅プラスの日記

    キミは空飛ぶペンギンを見たか?(池袋、サンシャイン水族館)

    昨日登板予定だったこの日記ですが、昨日は午前も午後も、スタディアムが閉鎖中。14時間遅れの変則スライド登板です(笑)7月17日、海の日、東京は早朝に、一雨ありましたが35度のうだるような猛暑日。「キミは空飛ぶペンギンを見たか?」というキャッチコピーで、人気を集めるサンシャイン水族館に出かけました。きっと大混雑だろうと開館の30分前、9時30分には1階に到着しましたが、ここで整理券を配布してい...

  9. 清少納言の「枕草子」に、「恐ろしげなるもの」として登場するオニバス(水元公園) - 旅プラスの日記

    清少納言の「枕草子」に、「恐ろしげなるもの」として登場...

    7月16日、3連休の真ん中の日曜日、東京の最高気温は35度、暑かったです。昨年のオニバスの取材は7月30日。今年は連日の暑さで、もう咲いてるに違いないと確信し、昨日(7月16日)に、水元公園を訪ねました。歩いてオニバスの池に近づいていくと、カメラマンさんが数名見えました。咲いてることが分かり、「やった~~」と、声は出さずに歓声をあげました。「枕草子」に、「恐ろしげなるもの」として登場するオニ...

  10. くす玉が 割れ花吹雪 太鼓の音 宙舞う如く サギ草の咲く(世田谷区上町) - 旅プラスの日記

    くす玉が 割れ花吹雪 太鼓の音 宙舞う如く サギ草の咲...

    7月15日、土曜日、東京は晴れて、うだるような暑さ。最高気温は34度でした。取材は夕方からで、珍しく世田谷区に遠征しました。場所は東急世田谷線の上町駅からすぐ近くの「代官屋敷」17時ちょうどにくす玉が割れ、花吹雪が舞いました。のぼり旗の文字は「ホタル祭りとサギ草市」、上町天祖神社の境内で「サギ草市」が開催され、17時から代官屋敷でホタルを観賞できます。ホタルも観たかったのですが、既に500人...

  11. スリランカの、ここは見ておきたい(その12)(コロンボ市内の二つの寺院) - 旅プラスの日記

    スリランカの、ここは見ておきたい(その12)(コロンボ...

    只今、スリランカを旅行中(その11)、までお届けしましたが、今日からタイトルを変えました。旅行中に掲載できなかった名所や世界遺産を順番にお届けします。コロンボで見ておきたい代表的な二つの仏教寺院です。その一つがガンガラーマ寺院で、ここはその入り口。ベイラ湖の近くにある大きな寺院で、ひっきりなしに地元の参拝者が訪れます。自由に中を見学できますが、靴は脱がなけれないけません。「なんなんだ、これは...

  12. 只今、スリランカを旅行中(その11)(世界遺産、ゴール旧市街とその要塞群) - 旅プラスの日記

    只今、スリランカを旅行中(その11)(世界遺産、ゴール...

    旅の最終日はウェリガマのホテルから世界遺産の都市「ゴール」に向かいました。ゴールは、もともとはアラブ商人たちの中継貿易港として栄えた港町。半島を囲む砦の中が旧市街で写真の手前側、道路から岬沿いに開けたのが新市街です。ゴールは16世紀末にポルトガル人が入植し砦が築かれました。遠くに見える時計塔が、この砦のメインゲートです。17世紀に今度はオランダ人がその砦を拡張し、砦の中に街を造り、城塞都市の...

  13. 夏色鮮やか、小さなほおずき市(文京区、光源寺) - 旅プラスの日記

    夏色鮮やか、小さなほおずき市(文京区、光源寺)

    根津に用事があったので、ついでに向丘、光源寺の「ほおずき千成り市」を訪ねました。浅草寺と同様に、参詣すると一生分のご利益が得られるといいます。鉢植えや、枝付きのホオズキを売る店の奥に、1589年に創建されたという禅宗光源寺のモダンな本堂が見えます。御本尊は高さ6mの駒込大観音。戦災で焼けてしまったので、1993年に再建されました。境内にはいくつもの出店が並びましたが、地域の方々による手作り縁...

  14. 只今、スリランカを旅行中(その10)(スリランカ南部、ウェリガマのリゾートホテル) - 旅プラスの日記

    只今、スリランカを旅行中(その10)(スリランカ南部、...

    本日も「只今、スリランカを旅行中」というタイトルですが、9日に帰国しました。ウェリガマから、世界遺産のゴール旧市街は、このタイトルのままでお届けし、その後は、別のタイトルで掲載できなかった世界遺産や、町の景色をお届けします。ヤーラ国立公園でのサファリを終えてから、辿り着いたホテルは、欧米からのゲストが多い長期滞在型リゾートホテルでした。まずは夕食ブッフェです。宿泊ゲストは50人くらいいたでし...

  15. 只今、スリランカを旅行中(その9)(スリランカ南部の伝統的な釣り) - 旅プラスの日記

    只今、スリランカを旅行中(その9)(スリランカ南部の伝...

    7月8日、土曜日、曇り時々雨、気温は25度~30度でした。スリランカの南部、ウェリガマ湾の海で、かわった釣りをやってるというので、朝一番に見に行きました。あいにくの曇り空で、波も高かったです。スリランカ南部の伝統的な釣で、ストルトフィッシングと言い、浅瀬に立てた一本の棒の上に捕まり、魚を引っ掛けて捕ります。釣れるのかと見てましたが、釣り言葉では釣れなかったことを意味する「ぼーず」でした。「ぼ...

  16. 只今、スリランカを旅行中(その7)(キャンディの青空市場) - 旅プラスの日記

    只今、スリランカを旅行中(その7)(キャンディの青空市場)

    7月6日、木曜日、旅行の5日目です。出発地のキャンディも、目的地のヤーラ国立公園も曇り空でしたが、紅茶の産地である標高1000m以上のヌワラエリヤは小雨でした。キャンディからヌワラエリヤが2時間、ヌワラエリヤからヤーラが4時間で、今日は殆どが移動でしたが、日記に纏めるには、時間もかかるので、今日はキャンディの青空市場をお届けします。青空市場の入り口です。次々と車が到着しては、フルーツや、野菜...

  17. 只今、スリランカを旅行中(その6)(世界遺産の聖地キャンディと、トゥクトゥク体験) - 旅プラスの日記

    只今、スリランカを旅行中(その6)(世界遺産の聖地キャ...

    7月5日、水曜日、旅行の4日目。晴天で気温は31度ありましたが、過ごしやすい1日でした。シーギリヤで楽しんだというか、悪戦苦闘した翌日は、ダンブッラの町から、スリランカの最もスリランカらしい町と言われる「キャンディ」への移動で、かれこれ3時間かかりました。聖地キャンディとして世界遺産に指定されてるのは、王権の象徴である仏歯を祀る仏歯寺が建立され、今なおスリランカの仏教徒のあつい信仰を集めてい...

  18. 只今、スリランカを旅行中(その5)(世界遺産シーギリヤロックと世界遺産ダンブッラの黄金寺院) - 旅プラスの日記

    只今、スリランカを旅行中(その5)(世界遺産シーギリヤ...

    7月4日、火曜日、旅行の3日目です。気温は31度前後で、昨日よりは涼しく感じました。スリランカ旅行の中でも最大のハイライト、シーギリヤロックに登る日です。予定では象に乗り、世界遺産の岩山に登り、世界遺産の黄金寺院の観光と盛りだくさんの1日でしたが、疲れてないうちに象に乗り、 次にシーギリヤロックに登り、ホテルに戻って、ゆっくりと休養して、夕方からダンブッラの黄金寺院を廻ることにしました。この...

  19. 只今、スリランカを旅行中(その4)(世界遺産ポロンナルワとジープサファリ)) - 旅プラスの日記

    只今、スリランカを旅行中(その4)(世界遺産ポロンナル...

    7月3日、月曜日、スリランカ旅行の2日目ですこの日はコロンボからボロンナルワへ5時間かけて移動しました。途中で事故渋滞にはまりましたが、現場を通り過ぎる瞬間に撮った事故車がこれです。街道の途中の市場。市場の大きさはこの10倍くらいあって賑わってました。ポロンナルワに到着後は、世界遺産である「古代都市ボロンナルワ」を見学しました。こういう仏教遺跡の中を見るたびに、階段の前で帽子をとり、靴とソッ...

  20. 只今、スリランカを旅行中(その3)(コロンボの夜明けと、シェフ見習いのイケメン君) - 旅プラスの日記

    只今、スリランカを旅行中(その3)(コロンボの夜明けと...

    7月3日、月曜日、この日のスリランカは最高気温が34度。日中はムシムシする暑さでした。ホテルのレストランは朝6時から。従業員はいたけれど、朝の6時から食べようという変わった宿泊客は私だけで、食べ終わっても貸切状態でした。朝6時ちょうどに昇った陽の出です。昨夜は遅くて気が付かなかったのですが、このホテルはコロンボのハーバービューでした。太陽が昇ると周辺は日常の色彩に戻っていきますが・・・太陽の...

1 - 20 / 総件数:78 件

似ているタグ