CHINAのタグまとめ

CHINA」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはCHINAに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「CHINA」タグの記事(78)

  1. ある一日 紅色方陣②ー1 - Out of Far East

    ある一日 紅色方陣②ー1

    次に朱徳が生涯の話を語りにとき、私(スメドレー)は1931年の典型的な一日を選んで朝から晩まで何をしたかを話してくれるように提案した。朱徳はしばらく考えてから、過去の一日をすべて思い出すことは無理だが、やってみようと答えた。 「私は生涯、非常に早起きする習慣をもってきた。寝るのは仕事がおわってのち、――といえが非常におそく、ほとんどいつも夜中すぎになる。私の生活は、仕事と学習とによる鍛錬、と...

  2. 蒋介石による報復 紅色方陣①ー4  - Out of Far East

    蒋介石による報復 紅色方陣①ー4 

    朱将軍と捕えられたばかりの張輝サン将軍との対談はそのまま劇になりそうだった。張将軍は階級の記章で飾られた素晴らしいカーキの軍服とピカピカの黒長靴を身につけて、朱徳の司令部に送りこまれてきた。まるで苦力のようなぼろ服を着た痩せこけた男が何人かいるのを彼は見た。 朱将軍は、つめたくきびしい声でいうのだったが、「彼は、われわれを無知蒙昧な匪賊と見、こんなものは自分の残りの二師団ですぐに敗ることがで...

  3. 張将軍との決戦 紅色方陣①ー3 - Out of Far East

    張将軍との決戦 紅色方陣①ー3

    朱将軍は張将軍との戦闘が行われた戦場の略図を描き、敵の司令部と部隊の配置、味方の司令部、戦闘部隊、予備隊、野戦病院、敵の捕虜収容施設なども示した。さらに紅軍の補助部隊である人民武装隊の配置地点も示した。彼らは敵の小部隊や輸送隊を攻撃し、紅軍のために輸送したり、戦場の負傷者を運搬したりした。 朱徳と毛沢東の司令部は、張輝サン将軍が司令部を置いた竜岡からほんの四マイルほど離れた山村にあった。張将...

  4. 反逆行為 紅色方陣①ー2 - Out of Far East

    反逆行為 紅色方陣①ー2

    朱将軍は張将軍との決戦の話をする前に、紅軍内部での反逆行為のことを語り始めた。あやうく形勢を一変して敵に利するものになり得たかも知れなかったのである。何週も続く戦闘の最中に、リュウ・チ・ツァオというある地主の息子が東固の農民からなる第二十紅軍を率いて反乱を起こした。10月に吉安で入手した反ボルシェヴィキ(AB)団に関する書類によれば、少なくとも東固の一人の地主の家族のものが、国民党の秘密情報...

  5. 吉安撤退 紅色方陣①ー1 - Out of Far East

    吉安撤退 紅色方陣①ー1

    1930年の10月末、いよいよ「アカ」を絶滅するという仕事が行われることになり、上海や他の大都市では沸きかえるさわぎだった。北方の敵を征服して帰ってきた時の英雄蒋介石は、十万の精鋭部隊を江西の「紅匪」にむけるのであった。 中国では共産主義は帝国主義や封建主義とはどうしても妥協しない唯一の勢力で、党員は主義のために喜んで死ぬということを実証した唯一の組織だった。こういう人間は危険ではあるが弱い...

  6. 反ボルシェヴィキ(AB)団 「上杭の歌」③ー6 - Out of Far East

    反ボルシェヴィキ(AB)団 「上杭の歌」③ー6

    朱将軍は敵軍司令部から重要な書類を発見したことで、特に吉安陥落のことを憶えていた。これらの文書の一部は第一次「掃共戦」計画に関するものであった。蒋介石は華北での戦争をすでに中止し、紅軍を攻撃するために十万の国民党軍を江西に向けて移動させていた。戦争は10月の末に開始されることになっていた。 もう一つの文書は、いわゆる「反ボルシェヴィキ団」すなわち「AB団」に関するものだった。これは国民党秘密...

  7. 吉安陥落 「上杭の歌」③ー5 - Out of Far East

    吉安陥落 「上杭の歌」③ー5

    朱将軍は現在いる場から完全に過去に戻り、彼の兵士たちが死をかえりみないで突撃を敢行し、敵の砲火によって秋の木の葉のようにたおれていったあの悲劇的な事態に今再び生きているかのように語る感性を持っていた。何組もの兵士たちが敵の防衛線のまわりに張り巡らされた電流を通じた鉄条網を闇に紛れて突破しようとした。あらゆる工夫をして飛び込んでいったが、次々にたおされていき、その場に彼らの死体が小さな丘を築い...

  8. 李立三路線拒否 「上杭の歌」③ー4 - Out of Far East

    李立三路線拒否 「上杭の歌」③ー4

    長沙占領と時を同じくして、8月1日朱徳と毛沢東は南昌攻撃を命じた。やせて汗にまみれた兵士たちは南昌周辺の防禦陣地に向かって不眠不休で体当たりを続けたが、敵軍の砲火のもとに秋の木の葉のようにばたばたとたおれていった。朱徳の顔色がしだいに土色に変わり、かすかに緑がかった色合いを帯びてきたように見えた。 24時間後、朱徳と毛沢東は指揮下の部隊に退却を命じた。紅軍の各部隊は数マイルの間隔をおいた3つ...

  9. 長沙占領と撤退 「上杭の歌」③ー3 - Out of Far East

    長沙占領と撤退 「上杭の歌」③ー3

    朱徳と毛沢東の第一軍団が動き出すと同時に、彭徳懐の第三軍団は江西省北西の基地を出発して西進し、湖南省の首都長沙を占領し、後に北に方向を変えて武漢に向かうはずであった。その間に、賀竜指揮下の第二軍団は西から、徐向前と張国燾は北から武漢に向かって兵力を集中させ、武漢内部からは工業労働者がゼネストに立ち上がる予定であった。東西に揚子江を抑え、南北に北京―広東鉄道を支配する「中国のシカゴ」と呼ばれる...

  10. 李立三路線への疑念 「上杭の歌」③ー2 - Out of Far East

    李立三路線への疑念 「上杭の歌」③ー2

    朱徳と毛沢東は共産党中央委員会の新しい革命戦略全体となっている理論に対して疑念を持っていた。指令によれば、すべての武器は紅軍のもとに集められることになっていた。つまり農民パルチザンが紅軍正規軍の一部となり、工業都市を攻撃する作戦のために、紅軍とともにソビエト区を離れなければならないことになる。朱徳と毛沢東はこの案を拒否した。この案を実行すれば、ソビエト区には武装した防衛兵力がまったくいなくな...

  11. 香港散歩 - Life with Leica

    香港散歩

    Nikon D700 AF NIKKOR 50mm F1.4D

  12. 上海からの指令 「上杭の歌」③ー1 - Out of Far East

    上海からの指令 「上杭の歌」③ー1

    1930年の6月頃、朱徳は福建省の西部山地にある城市汀州で、重要会議を開くために毛沢東やその他の党指導者たちが江西省から山を越えてやって来るのを待っていた。それまでの5ヶ月間、彼は徒歩で行軍していたので、一日も休むひまがなかった。44歳になっていたが、やせた身体は鋼鉄のように頑強で、一日4時間以下の睡眠でやっていけた。 ちょうどそこへ上海にある共産党中央委員会からの使者が汀州に到着した。国民...

  13. 香港散歩 歌声2 - Life with Leica

    香港散歩 歌声2

    Nikon D700 AF NIKKOR 50mm F1.4D昨日、たまたまこの動画(You Tubeにリンク)を見て、噂には聞いていたその美しい歌声に魅せられてしまい、早速アマゾンでCDを注文。その美しい歌声の持ち主とは、通称「海上自衛隊の歌姫」である。

  14. 香港散歩 コート - Life with Leica

    香港散歩 コート

    Nikon D700 AF NIKKOR 50mm F1.4Dもうそろそろコートを着ずに通勤できる季節だろうか。さすがにノーネクタイにするはまだ早いけど。2015年12月。香港。

  15. 香港散歩 ヒョウ柄 - Life with Leica

    香港散歩 ヒョウ柄

    Nikon D700 AF NIKKOR 50mm F1.4D2015年12月。香港。

  16. 香港散歩 - Life with Leica

    香港散歩

    Nikon D700 AF NIKKOR 50mm F1.4D2015年12月。香港。

  17. 康克清 「上杭の歌」②ー6 - Out of Far East

    康克清 「上杭の歌」②ー6

    婦人に対する工作は、それまできわめて貧弱だったが、各地方ソビエトに設立された「婦人青年事務部」の指導のもとに急速に進歩した。婦人たちは男女の平等について、もっとも戦闘的な主唱者になっていった。 そのころの最大の問題は経済問題だった。江西はもともと貧しい省であるうえ、ソビエト区と国民党の支配する地方との交易がわずかしか行われていなかったからだった。特に塩は品数が少く、高価だった。 この再建の期...

  18. 拡大する学習運動 「上杭の歌」②ー5 - Out of Far East

    拡大する学習運動 「上杭の歌」②ー5

    1930年の1月から3月まで、朱徳は紅軍主力の司令官として、旧雲南軍に対して迅速な進撃作戦を指導した。かつて彼が旅団長をしていたことがあるこの雲南軍は、蒋介石の命令で「紅匪」を根絶するために江西省へ引き返してきていた。6月までに、この雲南軍の諸部隊は完全に粉砕され離反してしまったので、蒋介石は新しい部隊と彼らを交代させなければならなくなってしまった。 雲南軍が内部から崩壊していく様子は朱徳を...

  19. 第九回紅軍代表大会 「上杭の歌」②ー4 - Out of Far East

    第九回紅軍代表大会 「上杭の歌」②ー4

    福建にいる毛沢東に送った使者は次のような報告を持って帰ってきた。朱徳がいなくなってから、上杭はじめ全城市が強力な敵軍に占領された。しかし農村は依然として農民の手中にあったので、毛沢東は福建省の山地の安全なソビエト区古田に撤退した。そしてこの古田で第九回紅軍代表者大会を1930年1月1日に開くことになった。わずか2週間後に迫っていたので、朱徳の指揮下の各中隊は大会への代表を選出することになった...

  20. 農民パルチザン 「上杭の歌」②ー3 - Out of Far East

    農民パルチザン 「上杭の歌」②ー3

    上杭を占領して2、3日後、朱徳はふたたび行軍を開始し、福建南部一帯の敵軍を掃討した。そしてついに10月の末に、朱徳の部隊は福建南部に隣接する広東省東江地方へ突入した。この地方は2年前に有名な「鉄軍」が撃破されたところであった。今回も朱徳は重装備の三個師団で攻撃してきた第十九路軍に敗北し、数百人の部下を失った。朱徳にとって、最大の損失の一つは最も有望で高い教育を受けた紅軍司令官のひとりである連...

1 - 20 / 総件数:78 件

似ているタグ