Canon 5D MarkⅡのタグまとめ

Canon 5D MarkⅡ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはCanon 5D MarkⅡに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「Canon 5D MarkⅡ」タグの記事(62)

  1. 中千本勝手神社あたり - 日々是好日 Here comes the sun. 

    中千本勝手神社あたり

    勝手神社脇の吉野の案内板を眺めとりあえず重要ポイントは外していないと確認。あとは、吉水神社だけかと思うとひーふーと坂を登って何あるんだろう?と探しあるくよりは、坂も下りで楽、時計を見ても後は吉水神社と吉野駅まで坂を下って行くだけ気分はおのぼり気分が落ち着き、ちょっと冷静に見え始めた頃。

  2. 上千本から坂を下る - 日々是好日 Here comes the sun. 

    上千本から坂を下る

    吉野の坂を登るだけ登って、坂を降りてきた。登る時とは違い、見る目にも余裕が出来たのか、こんな光景にも「いいねえ。」。向こうは大坂方面かと、普段は考えることもない「大阪」を意識すると旅に来ているだと思うと、あらためてウキウキ感出てきた。山の緑の風景は珍しくもないが、でもその山に、寺院の建物、屋根が見るえるのは見た事があるようで不思議な風景、寂しいような山の風景も、そんな寂しさもない山の風景もあ...

  3. 吉野上千本あたり - 日々是好日 Here comes the sun. 

    吉野上千本あたり

    桜で有名な吉野を新緑時期に歩く、観光客の姿はあるがパラパラと僕の想像した10分の1くらいだろうか。華やかさな桜風景だけど、観光客でいっぱいでなあと。この季節は緑が綺麗で、お天気もいい、服装だって軽装、だけど観光客がパラバラでちょっと寂しい風景ではあるけれど、人混みの苦手、寒いより暖かい方が好き、青空好きな僕はこっちの季節の風景がいいかもしれない。

  4. 緑の坂を登り、そして僕は坂を下った。 - 日々是好日 Here comes the sun. 

    緑の坂を登り、そして僕は坂を下った。

    緑の坂道はキレいだった、、、、、が、もう僕は坂は上りたくなかった。とは言え来た道を引き返すのは「ちょっとなあ。」だった。そして玉垣の並ぶ光景に一息付けそうなとそこへ歩くとトイレとその脇に急な石段があった。そして僕の今まで歩いて来た坂の”この先”を考えると坂が急で大変だけど、これは近道じゃなかろうかろうか?僕は最後の力を踏ん張るように登っては休み、登っては汗を拭き、やっと上がるとこんな光景、そ...

  5. 別れ道、僕はポストの左へと歩いた - 日々是好日 Here comes the sun. 

    別れ道、僕はポストの左へと歩いた

    別れ道。修行者が急な坂道を登って行くのを見て、これも修行なのだろうかと考えた。この時僕は吉野の坂道を登って来てヘトヘト気味だったのでちょっとは楽そうな赤いポストの左側の道を行った。すると、そこは緑のキレイ景色あった、「ほうれ当たりだ!」だったが、、、、直ぐに修行者が登っていったよりも大変なんじゃなかろうかと思うくらい急な坂道が続いた。最初は、「いいねえ、この季節の緑は綺麗で好き。」と思ってい...

  6. 吉野山で草刈をしていた - 日々是好日 Here comes the sun. 

    吉野山で草刈をしていた

    この日吉野に到着して歩き始めたのが9時ごろ。歩き始めるとあちこちホウキで道路を掃いていた。なるほど、観光地は地道な苦労があってなんだなと思い、ホウキがけしているオバンさん「おはようございます、大変ですねえ。」というと町内会で雑草刈りと掃除の行事だという。なのであちこちで草刈のオジサン、道端に置かれた、ホウキ、釜があった。そして一生懸命の人もいたが日陰で休憩している人もいた。

  7. 吉野中千本を歩く - 日々是好日 Here comes the sun. 

    吉野中千本を歩く

    歩いてみると、ここが山の上を切り拓いて出来た町、時おり、住宅の間から向こうの山が見え、三角柱の山部分を歩いているのだとわかるのだが。ここまでそこにこんな町が出来るって簡単の事でなく、それだけここ吉野山は歴史があるのだとわかった。

  8. 蔵王堂から中千本へ歩く - 日々是好日 Here comes the sun. 

    蔵王堂から中千本へ歩く

    念願と云うか、「行ってみたいなあ。」と思ってはいたけど”遠い”って事であきらめていた吉野山、そして金峯山寺、その金峯山寺をひと通り見終り中千本へを歩く。ネットGoogle street viewで下調べしてあると云っても「これかあ。」と思う風景もやっぱり現実には雰囲気は違った。

  9. 金峯山寺蔵王堂前にて - 日々是好日 Here comes the sun. 

    金峯山寺蔵王堂前にて

    来たぜーー!無理だなあとあきらめていたがやっと来た、とは思いながらもこの日の予定ではここでジッとしてられないし、と行くかと思いつつも、もうちょっと、もうちょっとと、去りがたく、時間が過ぎる。だらだらしていたら、キリがないとなと後を振り返り、デカい蔵王堂を眺めつつさらば だった。

  10. 奈良吉野、金峯山寺 - 日々是好日 Here comes the sun. 

    奈良吉野、金峯山寺

    来たぞ、来たぞと、ここまで吉野駅到着、ケーブルカー吉野山駅前の坂、金峯山寺仁王門前での「来たぞ!」だったがここ金峯山寺蔵王堂前の「来たぞ。」は「来たぞーーーー!」の本物だった。時おり見てた、金峯山寺のライブカメラ。それが今度は僕は見れる側になったのか。そして、金峯山寺蔵王堂でリアルでは見た事がなかった修験者の姿に「やっぱり、吉野山は違うわ。」と感動のシーンでもあった。

  11. 吉野山の坂道を登る - 日々是好日 Here comes the sun. 

    吉野山の坂道を登る

    バスと電車に乗りここまで11時間、「やっと来たぜ。」と嬉しさだったが。坂道は想定はしていたが、でもその角度は思った以上に急だった。何たる坂道、あちこち休憩がてら撮ったり。このくらいの坂道ならなんともないがなあと、歩いて進むと。出たぞ、出た出た、、、、金峯山寺の仁王門。でも。ありゃ、、、工事中???なんじゃそらあと、ケーブルカーの運休とここ金峯山寺の工事見て早くも、予定外ばかりだった。

  12. ケーブルカーでひょいってな訳にはいかず - 日々是好日 Here comes the sun. 

    ケーブルカーでひょいってな訳にはいかず

    この電車乗って降りて歩いて行けば電車とケーブルカーの乗り換えであまり無駄な時間はないなと完璧計画だなあと思っていた。すると、現地につくと係員さんに「ケーブルカーお乗り予定ですか?」と声を掛けられ僕は「ハイ。」と答えると、ケーブルカーは只今運休中になってましてこの間、この車で代行輸送してますという。そして、その言葉で僕の完璧な計画が崩れた。その代行輸送車出発までまだあるので、とりあえず運休中の...

  13. 久々に旅らしい旅でる - 日々是好日 Here comes the sun. 

    久々に旅らしい旅でる

    日帰りの旅は何度もしているが、久しぶりに連泊の旅に出た。そして出掛けた所は、奈良県。それもまだ行ったことなく、そして遠いなあと思っていた吉野だった。そういう時って駅へ降りると「やったー、やっと来たぞ。」と嬉しさとここまで11時間、やれやれ、ホッとの時でもあった。

  14. 田んぼ風景 - 日々是好日 Here comes the sun. 

    田んぼ風景

    誰もいないような鬱蒼とした森から出てきてこんな田んぼまで来るとホッとするような安堵感が出てきた。ホッとしているのもあるのだろうが、田んぼの風景が綺麗だなあと思った。

  15. 新発田市剣竜峡 - 日々是好日 Here comes the sun. 

    新発田市剣竜峡

    これだけならわからないけれど、周りに誰もいない。一部土砂崩れで通行止めになったので、本来は車で奥まで入っていけるのだがこの時は途中で車は入れないので歩いて緑の下を散策。などと書くけど、実際はビビりの僕である、途中で「熊出没注意」の黄色い立て札を見てからは後でガサガサなどと音がしたらひぃー  (◎o◎)ドキッ そして恐る恐る振り返るのであった。結局、風とかなのだけど。

  16. My favorite season. - 日々是好日 Here comes the sun. 

    My favorite season.

    毎年この季節が待ち遠しい、春の最大のイベントは桜、綺麗で妖艶で僕をカメラからはなさい、だがその時期はまだまだ肌寒く、まだまだ厚い服を着ている。この季節には、寒さはなく上着はシャツは腕まくり、もしくは半袖なんもあったりし気分共に身軽感がある。そしてこの初々しさは、落ち込んだ時でも「くよくよせず頑張ろう、何とかなるものである。」とも思えてくる。そして、この前までの冬の頃に比べると同じ時間でもかな...

  17. 親不知な夕日 - 日々是好日 Here comes the sun. 

    親不知な夕日

    久しぶりに夕日らしい夕日を見た。ここは親不知は新潟県でも、僕の家まで大雑把で170、80kmである。これからのんびりと太陽が海に沈むを見ていたかったが先へと急いだ、それでも帰宅は11時だった。

  18. 富山駅 - 日々是好日 Here comes the sun. 

    富山駅

    北陸新幹線開通で立派になった富山駅、以前、訪れた時は新幹線開通前で当然駅は工事中、そしてここ富山駅だけでなく周辺の当時JRだった駅でも工事あちこちで見られた。JR富山駅の北口の跨線橋は以前同様に残っていたが、こんな造りの建物を見るとちょっと嬉しくなる。路面電車も走っている富山市。我が新潟県には私鉄はなくなったので、こんな私鉄があると羨ましく思う、まして映画の舞台になっているのでこんな光景に僕...

  19. 富山地鉄の駅名でショック - 日々是好日 Here comes the sun. 

    富山地鉄の駅名でショック

    富山地鉄の駅名で、地図、ナビを見ながら「しもたて」、「しもたてぐち」だと思って読んでいた、別段漢字自体はさして面倒なものではないで「そうだろう。」と思っていたら、現地の駅名には「おりたて」、「おりたてぐち」を見て、「え?、そう読むの~。」だった。なので「浦山」駅では「うらやま」だろうと思っていたのが、その通りの読み方の「うらやま」で、「そうだよねえ。」とちょっとホッとした。しかし、難しい漢字...

  20. 富山地鉄 内山駅 - 日々是好日 Here comes the sun. 

    富山地鉄 内山駅

    内山駅に到着すると、下りの電車が入ってきた。これは急がないと行ってしまうなと、とりあえず頭狙いホームへと走った。すでにカメラを構えた人が二人。それものんびりした光景だった。僕も急いで撮るだけ撮って「やれやれセーフ。」でラックリしたのだが今度は中々発車しない、カメラを持った人に「なんでです?」と尋ねると上り電車の通過待ちだと教えてくれた。僕は駅風景を撮ったで移動すればよかったがその発車までの間...

1 - 20 / 総件数:62 件

似ているタグ