Canon100mm F2.8L マクロIS USMのタグまとめ

Canon100mm F2.8L マクロIS USM」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはCanon100mm F2.8L マクロIS USMに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「Canon100mm F2.8L マクロIS USM」タグの記事(12)

  1. 江戸の文人の協力を得て造られた元祖・民営の花園(墨田区、向島百花園) - 旅プラスの日記

    江戸の文人の協力を得て造られた元祖・民営の花園(墨田区...

    江戸の町人文化が栄えた文化・文政期(1804年~1830年)に造られた向島百花園。現在は、国の名勝及び史跡の指定を受けた都立庭園として四季百花が乱れ咲きます。本日は夏に咲く花を8枚お届けします。もみじあおいむくげききょうはすあさざのうぜんかずら手前のピンクはおいらんそう、奥の黄色はとうごうぎく大輪朝顔展もやっていて、「優」を受賞した小柳氏の作品は「那須八-四」撮影は8月6日の朝8時半。近くの...

  2. 森の妖精、レンゲショウマの花(国分寺市、殿ヶ谷戸庭園) - 旅プラスの日記

    森の妖精、レンゲショウマの花(国分寺市、殿ヶ谷戸庭園)

    国指定名勝、殿ヶ谷戸庭園の2回目は、森の妖精と言われるレンゲショウマです。(1回目の日記は8月4日の「武蔵野の山野草と湧水の庭」)蕾が小さくて可愛い。花も小さくて、下から写すのは大変です。花が蓮に、葉が「ショウマ(升麻)」という種に似ていることから、名前がレンゲショウマ。下向きに咲く奥ゆかしいたたずまいは、洋風というより純日本風。レンゲショウマの花言葉は「伝統美」だそうです。伝統工芸品などの...

  3. 空飛ぶごとく、サギソウが舞う(昭和記念公園、サギソウまつり) - 旅プラスの日記

    空飛ぶごとく、サギソウが舞う(昭和記念公園、サギソウまつり)

    8月5日、土曜日の昭和記念公園、サギソウまつりです。毎年恒例のサギソウまつりですが、今年は8月5日から9月3日まで。その初日に訪問しました。西立川口ゲート前の花壇で撮影しました。編隊飛行のようにサギソウが舞ってます。さざなみ広場では、撮影用サギソウ鉢の貸し出しサービスが人気です。初日の朝一番で、この行列。こんなサギソウ鉢を貸してくれますが、今年はゲート前花壇で何枚か撮れたのでパスしました。マ...

  4. 武蔵野の山野草と湧水の庭(国分寺市、殿ヶ谷戸庭園) - 旅プラスの日記

    武蔵野の山野草と湧水の庭(国分寺市、殿ヶ谷戸庭園)

    先日、国分寺駅南口から徒歩2分の、国指定名勝、殿ヶ谷戸庭園を訪ねました。この庭園には、「ブラタモリ」のタモリさんが喜びそうな「国分寺崖線」と呼ぶ段丘崖があります。礫層から湧き出す湧水を利用した池もあり、武蔵野の面影を残した回遊式庭園です。ここが入り口。昔は岩崎家の屋敷でした。門の右側に「今が旬の草花」という展示を見つけました。この親切な案内板があるので、山野草の名前がさっぱり分からない私でも...

  5. 江戸時代から愛好家の間に綿々と伝えられてきた大輪朝顔と、変化朝顔の展示会(日比谷公園) - 旅プラスの日記

    江戸時代から愛好家の間に綿々と伝えられてきた大輪朝顔と...

    大輪朝顔と変化朝顔の共催展示会が日比谷公園で開催中です。開催初日の7月29日(金曜日)の出勤前に、テニスコート脇の常設陳列場を訪ねました。今年の「優」は、清水さんの「社の泉」でした。この美しい朝顔は直径が20cm以上あります。清水さんは他でも「優」「秀」「佳」を、数多く受賞し、今年の大輪朝顔は清水さんの年でした。私がいいなあと思った朝顔は「初霜」という作品。評価は「佳」ですが、これも清水さん...

  6. くす玉が 割れ花吹雪 太鼓の音 宙舞う如く サギ草の咲く(世田谷区上町) - 旅プラスの日記

    くす玉が 割れ花吹雪 太鼓の音 宙舞う如く サギ草の咲...

    7月15日、土曜日、東京は晴れて、うだるような暑さ。最高気温は34度でした。取材は夕方からで、珍しく世田谷区に遠征しました。場所は東急世田谷線の上町駅からすぐ近くの「代官屋敷」17時ちょうどにくす玉が割れ、花吹雪が舞いました。のぼり旗の文字は「ホタル祭りとサギ草市」、上町天祖神社の境内で「サギ草市」が開催され、17時から代官屋敷でホタルを観賞できます。ホタルも観たかったのですが、既に500人...

  7. 見頃を迎えていた大賀ハス(千葉市、千葉公園) - 旅プラスの日記

    見頃を迎えていた大賀ハス(千葉市、千葉公園)

    古代ハスとも言いますが、故・大賀博士が1951年に千葉市検見川で発掘した2千年以上前の古代のハスの実から発芽・開花させたハスなので、千葉県では「大賀ハス」と呼びます。18日の日曜日、千葉駅からモノレールに乗って1駅目の千葉公園まで出かけました。さっそく、千葉都市モノレールを「撮り鉄」「大賀ハス」は、千葉県の天然記念物に指定されていて、駅の壁を彩るのは千葉市のシンボルキャラクター「ちはなちゃん...

  8. 雨上がりの花菖蒲(千葉県、松戸市、本土寺) - 旅プラスの日記

    雨上がりの花菖蒲(千葉県、松戸市、本土寺)

    紫陽花が咲く小道の奥から坂を下ると花菖蒲の池が、目の前に広がります。本土寺の花菖蒲は5,000株。「見頃」から「見頃過ぎ」に移ろうかという時期でした。この日は朝方まで雨が降ってました。中にはビショビショの花びらも。でも花菖蒲の雨滴も絵になります。思いっきり拡大した水飴のような滴に、他の花菖蒲がかすかに見えました。最後の1枚は、そよ風に揺れる花紫陽花。本土寺は、紫陽花のが有名なので、花菖蒲の池...

  9. 花びらが大きな肥後の花菖蒲と、ガクアジサイが同時に楽しめる庭園(文京区、肥後細川庭園) - 旅プラスの日記

    花びらが大きな肥後の花菖蒲と、ガクアジサイが同時に楽し...

    6月10日、土曜日、東京の最高気温は31度、天気は良かったけど、じわっと暑かったです。旧熊本藩主・細川家の屋敷跡地にある文京区目白台の「肥後細川庭園」に出かけました。ネタ元は読売新聞。記事によると「肥後花菖蒲」が見頃を迎えているそうです。我が家からは都電荒川線の始発駅「三ノ輪橋」から、終点の「早稲田」まで、都電荒川線でずっと乗って行けば、運賃は安いのですが、時間もかかるので、JR大塚駅から都...

  10. 東京下町は花菖蒲が見頃を迎えました(足立区、しょうぶ沼公園) - 旅プラスの日記

    東京下町は花菖蒲が見頃を迎えました(足立区、しょうぶ沼公園)

    我が家の近くでは、葛飾区の堀切菖蒲園と、水元公園が花菖蒲の名所ですが、6月4日は朝9時から神輿の撮影をした後だったので、車で10分の「しょうぶ沼公園」に行ってみました。「しょうぶ沼公園」は、木立に囲まれた足立区立の公園で、中には五つの菖蒲田があります。見渡すと江戸系の花菖蒲が多いように見えます。足立区のHPには、140品種、8,100株の花菖蒲が咲くと書いてあり、入園は無料。有名ではありませ...

  11. いよいよ関東地方も、紫陽花の見頃となりました(文京区、六義園) - 旅プラスの日記

    いよいよ関東地方も、紫陽花の見頃となりました(文京区、...

    6月3日、土曜日、東京は快晴、16度~26度の心地よい1日。朝は六義園で紫陽花とサツキを撮影し、家に戻って食事をしてから、午後は千葉県幕張の「RED BULL AIR RACE」の観戦。忙しい土曜日でした。開園の9時ちょうどに六義園に入りました。ヤマアジサイの「シチダンカ」は、前日の雨で濡れてます。淡い青色は、落花までの間に薄紅、濃紫、藍色と変化するので、幻のアジサイと言われます。同じくヤマ...

  12. 100種、3000株のつつじが、咲いててもよかったはずのつつじ苑で・・・(文京区根津神社) - 旅プラスの日記

    100種、3000株のつつじが、咲いててもよかったはず...

    4月30日、連休前半の日曜日は雲一つない快晴、気温は11度から24度でした。昨日の「泣き相撲」が1日順延となったので、予定していた「ひたち海浜公園」のネモフィラはGW後半に行くことにして、この日は朝一番で根津神社のつつじ、その後に浅草寺の「泣き相撲」と連チャンで廻りました。周辺は5月5日までが「文京つつじまつり」。このくらい咲いてればいいなと期待が膨らみます。写真は境内の露店で売ってるつつじ...

1 - 12 / 総件数:12 件

似ているタグ